World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« AS-008 JI3DST Take Shikine Island | トップページ | EU-018 OY1CT on IOTA Marathon »

2012年9月13日 (木)

IOTA Oceania QSL collection OC-156 Rara Island

OC-156 3D2MT/PはJJ1DWB 丹沢さんによるQRVです。同じ3D2のOC-121のオペレーションでも3局以上のクレジット局の中に3D2MTでありましたが、1999年以前に他の免許で運営されたようで記録を見つけ出せませんでした。JJ1DWB局はOC-016Fiji本OC-156のみでした。
OC-156 3D2MT/Pは1998年05月01日に交信しました。JARL経由で99年01月12日に受領しました。QSLカードに写っているミニマルチの2el HB9CVが光ります。

グループ名: Yasawa group
クレジット率:申請者の26.9%
主なプリフィックス: 3D2

3D2CA    (Aug 1994) 
3D2DA    Tavewa Island(Sep 1998)
3D2EK    (Jun 1995)
3D2FI    Nacula Island(Dec 2004)
3D2LF    Nanuya Sewa Island(Jun 1995)
3D2LJ/P  (May 1998)
3D2ML    Waya island(Jul 2011)
3D2MT/P  (May 1998)
3D2RF    (Jul 1993)
3D2RW    (Dec 2001)
3D2TS/P  (May 1998)
3D2WD    Tavewa Island(Sep 1998)
3D2YA    Yageta Island(Mar 2012)
3D2ZW    Nanuya Balavu Island/Naviti Island(May 2009)

ここも3~4年に1回くらいの割合でペディションが実施されています。JA1NLX吉田さんも3D2YAでQRVされました。

Oc156f

Oc156b

島名が間違っているようです。QSLカードにはRana Islandと印刷されていますので、そのままタイトルとしています。しかしながら、IOTA DirectoryのOC-156の中には該当の島名はありません。多分、NararaとDirectoryにありますので、頭のNaを落とされたのではと推察します。2000年までは正確な島名はあまり意識されていなかったということでしょう。

« AS-008 JI3DST Take Shikine Island | トップページ | EU-018 OY1CT on IOTA Marathon »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-008 JI3DST Take Shikine Island | トップページ | EU-018 OY1CT on IOTA Marathon »