World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« OC-271P Babar Island Plan(29.Aug.2012) | トップページ | 第1回 九州IOTA Meeting in Fukuoka 2012開催報告 »

2012年9月30日 (日)

IOTA Oceania QSL collection OC-036 North Island

IOTAのルールでは、2001年1月1日以降交信のQSLカードに「島名」が必要となりました。New Zealandはご承知の通りNorth IslandSouth Islandがあり、それぞれZL1,ZL2とZL3,ZL4のprefixが割り当てられていましたが、最近はその割り当ても基準がなくなっているようです。

さらにQSL cardにIOTA OC-036OC-134とIOTA codeは印刷しているが「島名」を印刷されているQSLはほとんど見受けられません。申請に使われたいときは、第1に、RSGB IOTA websiteで下記の161件に該当しているかチェックされてください。該当すれば前例有でOKのようです。

第2に、IOTA CP JAのJA9IFF中嶋さんへメールで個別にご相談ください。可能ならばQSLカードの両面コピーを添付されると良いでしょう。イギリスのEU-005なども同様です。IOTAを始めたころから懇切丁寧に教えていただけました。遠慮される必要はまったくありません。

私はOC-036 ZL2VSと1994年10月08日に交信し、JARL経由で95年11月11日に受領しました。因みにZL2VSは161件の中に入っています。RSGB IOTA webを確認してみてください。

グループ名: North Island
クレジット率:申請者の85.2%
主なプリフィックス: ZL

3局以上のクレジット利用局が161件ですので省略します。

Oc036

 

« OC-271P Babar Island Plan(29.Aug.2012) | トップページ | 第1回 九州IOTA Meeting in Fukuoka 2012開催報告 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-271P Babar Island Plan(29.Aug.2012) | トップページ | 第1回 九州IOTA Meeting in Fukuoka 2012開催報告 »