World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« IOTA Oceania QSL collection OC-029 Majuro Island | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-087 Enewetak Atoll »

2012年9月26日 (水)

IOTA peditionerへの重いルール変更

RSGB IOTA Directory には「IOTA PROGRAMME RULES」が掲示されています。その中に新規のIOTAからQRVする場合の交信に関する条件がE章のMORE ABOUT THE ISLAND LISTの2.3に記載されています。

最新版では、
The IOTA Committee requires an operation to make a minimum contacts with different stations in five continents
と記載されています。つまり、2010年4月以降は「初めてのIOTAからは5大陸における異なった局から1000交信」と記載してあります。要約すると「5大陸1000局

その前の変更前の版では、
a minimum 200 contacts with different stations in  three continents
と、「3大陸200局」とあります。2000年7月から2010年3月までのルールでした。

それ以前2000年3月より前は英文は省略しますが、「5カントリーの50局以上の交信」が必要とありました。ご記憶の方も多いと思います。

JA9IFF中嶋さんの説明によりますと、数年ごとに条件を上げていることは、「IOTA人気により200局ではIOTAチェイサーの要求を十分満足できないことによる措置」とRSGBが決めたとのことです。

また、1000局の条件を1000交信と勘違いされるケースもしばしば見受けます。一般のサービス局がDXCCの点取り表のようにバンド・モードを変えて交信し、たくさんの局にサービスしたとしますと、1000交信では上記のルール上では受け付けられなくなることが理解できると思います。

その様な意味でOC-271P Babar IslandのYB8XM Joppyを支援しなければならない訳です。ご承知の通り彼は21MHzSSBを得意とします。YB局は21260のみのQRVが圧倒的に多いですが、ダイポールで5大陸、1000局の交信はかなりハードではないかと考えています。万一、このルールでアウトになるとOC-272P以降のプランも水泡になると思われます。

:現在、Jakartaから数名のハムが参加する予定ですが、彼らの役割や力量、装備の状況をヒヤリング中です。 Joppyに早めに明確にしてもらうようお願いしています。

« IOTA Oceania QSL collection OC-029 Majuro Island | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-087 Enewetak Atoll »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA Oceania QSL collection OC-029 Majuro Island | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-087 Enewetak Atoll »