World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« IOTA Oceania QSL collection OC-095 Vanua Baiavu Island | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-112 Conway Reef »

2012年9月10日 (月)

NA-240 KL7RRC/P QSL card 挨拶分の和訳

JH2IEE荻原さんのリクエストにより、NA-240 KL7RRC/PのQSLカードに掲載されています挨拶文を和訳してみました。固有名詞が重なり少し手直ししますが、まずはざっと目を通していただければ幸いです。

Thank you for a QSO with KL7RRC/p expedition by Russian Robinson Club members Yuri
Sushkin N3QQ(RRC#106),Tim Tilleman NL8F(RRC#887) to Pengurbek Island(NA-240)
from May 10th to May 13th 2012.

This Island was actvated from second attempt and was last one from series of expeditions
organized by RRC during 2008-2012. Team members are: Sergey RA3NAN/ Yuri UA9OBA/
Merle K5MT/ Alexander RW3RN/ Johnny KE7V/ Tim NL8F/ Yuri N3QQ Result: Five new ones
IOTA activated in Alaska during six expeditions.

We are grateful to Council of Native Village of Kipnuk for a permission to visit their land
on a very short notice. Pingurbek Island located only few miles off shore not very far from
native village Kipnuk.

We would like to thank Homer Office of US Fish and Wildlife Service,Jeff Williams KL2HD
and Poppy Benson. We would like to thank all our sponsors (IREF, GDXF, Icom America,
Hydro-pro Dutch Harbor, DX-world.net), and individual supporters, Wade Renfro's Team
for professional expedition support, Nase Paul and his friend from Kipnuk for a sale ride in
and back from Island on snowmobiles. Dean WL7COJ, Dave KA1NCN, Norman KL2IW,Mark
WL7BCT and Ken NL7SP from Bethel for help and hospitality in Betthel. Special thanks to
KYUK.org management and Joe AL1F for help with strage of our equipment. Oleg UA6GG
for QSL printing and Yuri Zaruba UA9OBA and Dick Moen N7RO for QSL Management.

Also we warmly thanks all hams and especially First Vice-President of RRC Sergey Morozov
RA3NAN(RRC#461), Vice-President of Andy RZ3EM(RRC#078) and Serge UA9OTY
(www.qrz.ru). For more information about our expedition or to view more pictures ans our
future plans, please visit WWW.NA-234.com

ロシアン・ロビンソン・クラブメンバーのYuri Suskin N3QQ(RRC#106)とTim Tilleman NL8F(RRC#887)
による2012年5月10日から13日までのPingurbek島(IOTA NA-240)へのKL7RRC/ P遠征と交信して
いただきありがとうございます。

この島へは2回目の試みでありましたが、2008年から2012年の間のRRCによる活動の(アラスカにおける)
最後の活動でした。チームのメンバーは以下のとおりです。
セルゲイRA3NAN/ユーリUA9OBA/メルルK5MT/アレキサンダーRW3RN/ジョニーKE7V/ティムNL8F/ユーリN3QQ。結果として6回の遠征で5つのIOTA newを活性化しました。

私たちは非常に短期間にその許可のために彼らの土地を訪問し、Kipnuk村の評議会に感謝しています。
Pingurbek島はKipnuk村からそんなに遠くない岸からわずか数マイル沖に位置しています。

私たちは米国魚類野生生物局のジェフ·ウィリアムスKL2HDとポピーベンソンによるホーマー事務所にも
感謝したいと思います。
また、すべてのスポンサーに感謝したいと思います(IREF、GDXF、アイコムアメリカ、ハイドロプロ
ダッチハーバー、DX-world.net)、および個々のサポーター、プロの遠征支援ウェイド・レンフロの
チーム、スノーモービルの乗り方と安全に島から戻るためにKipnukからのナセ・ポールと彼の友人の
ためのサポート、Betthelから献身的に駆け付けていただいたWL7COJディーン、デイブKA1NCN、
ノーマンKL2IW、マークとWL7BCTとケンNL7SP。
特別な感謝として私たちの機器を預かっていただいたKYUK.org管理のジョーAL1F。オレグUA6GGにはQSL
カードの印刷、そしてユーリザールバUA9OBAとディック·モーエンN7ROのQSLマネジメントに感謝します。

同様に、私たちはは温かく全てハムに、さらにセルゲイ·モロゾフRA3NAN(PRC#461)第一副会長と
、アンディRZ3EM(RRC#078)とセルジュUA9OTY各副会長(Www.qrz.ru)に感謝します。
最後に私たちの遠征に関してより以上の将来のプランなどを知りたい場合は、WWW.NA-234.comをご覧く
ださい。
(NA-240 KL7RRC/P QSL cardより)

要点として、
①NA-240を最後のKL7RRCとして位置付けている。ただし、NA-150は来年の夏に再度行くそうです。
②6月からときどきみち-039からQRVしているJeff KL2HDも関わっていることが分かりました。

« IOTA Oceania QSL collection OC-095 Vanua Baiavu Island | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-112 Conway Reef »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA Oceania QSL collection OC-095 Vanua Baiavu Island | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-112 Conway Reef »