World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« IOTA Oceania QSL collection OC-133 Labuan Island | トップページ | The IOTA meeting in Fukuoka 2012 on 29th September »

2012年9月 5日 (水)

OC-242 YE8A QSL card

2003年3月に実施されました表題のOC-242 YE8AのQSLカードに関しまして、JA7DHJ宅井さんからの情報です。
QSL managerのYB8BRI Ramさんと連絡が取れたそうです。
Ramさん曰く、「折角のペディションを実施しましたが、カード請求されたSASEが事故にあっているようです。GSで送られたものはほとんど受領できていないようです。」とのことです。

そのため、封筒の作り方、SASEの要領、送り先住所などを預かりましたので、QSLカードをご希望の方はjn6rzmまでメールでお問い合わせください。なお、Ramさんのお嬢さんは福岡の小中学校におられたこともあり、彼自身は九州大学を出られています。そのため、Ramさんのローマ字による日本語メールを転送いたします。

海外局へは英語にしてご紹介します。


インドネシアではJARLのようなビューローはありますが機能していません。YB0とYB1の一部、Jakarta近辺のみと聞いております。2002年にインフレが起こり、ガソリンをはじめとして物価が高騰しました。このあたりから、JAからのSASEの紛失が多発しはじめました。GS/USDはほぼアウトです。2004年くらいにはIRCまで紛失するようになりました。最近はYBへSASEを送ることがありませんので実態が分かりませんが基本的には変わっていないでしょう。海外にお金を入れて送ることは基本的にアウトですが、YBの郵便局では多分没収は当然業務になっていると思います。没収後は公金になるのか、私腹を肥やすのかは不明です。

ウクライナも駄目ですね。また、これらの周辺国も同じような風潮があるようです。

表題のQSLカードを未回収の方はご遠慮なく、私か宅井さんへご一報ください。


« IOTA Oceania QSL collection OC-133 Labuan Island | トップページ | The IOTA meeting in Fukuoka 2012 on 29th September »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA Oceania QSL collection OC-133 Labuan Island | トップページ | The IOTA meeting in Fukuoka 2012 on 29th September »