World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« IOTA Oceania QSL collection OC-281 Caroline Island | トップページ | 第1回 九州IOTA Meeting in Fukuoka参加者を締めきりました »

2012年9月23日 (日)

OC-271P Babar Island Plan(23.Sept.2012)

j毎週土曜日に発行されますイタリアの425DXnews#1116に表題の情報がJN6RZM名で掲載されました。

4 2 5 D X N E W S No 1116
YB - Joppy, YB8XM has plans to be QRV from Babar Island (OC-271, new
one for IOTA) starting on 2 November for six days [425DXN 1113].
Shu, JN6RZM (jn6rzm[@]nifty.com) is collecting donations by Paypal
to purchase a better antenna for him. [TNX JN6RZM]

 I1JQJ Mauroが気を利かせていただいたようです。このブログから引用されました。私が依頼したものではありません。たいへん有難いです。お金の件をニュースに短文で掲載し効果をあげることはたいへん難しいです。場合によっては私利的なお金集めとみられることもあれます。

 私は2004年まではアマチュア無線にお金をかけないとワイフに約束して楽しんでいました。GSかIRCで請求するかケチケチでやっていました。初めて1万円を清水の舞台から飛び降りる気持ちでYBへ送金しました。2005年にOC-217 YE3KとOC-268 YB7Mの二つのIOTAペディションに成功し、それまでのケチケチ体制を「これでは海外局と電波は通じても、心は通じない」と、強く考え直しました。

以来、8年間で30件を超えるIOTA supportingを実施してきました。お預かりしましたドネーションは明朗、明確、有効、有益の明名有有(めいめいゆうゆう)で運営してきました。時には手出しも覚悟してやってきました。

今回のNA-240 KL7RRC/P Pingurbek IslandのQSLカードに印刷されましたN3QQ Yuriさんの御礼の言葉にも感動しました。20人を超える人たちの協力への感謝と、それがあって成り立っていることが分かりました。本当に頭の下がる思いです。

DX情報で知り、クラスターを見て、コールし、交信し、カードを得るということでも良いと思いますが、これらのサポートに加わり、体感することもまた楽しく、さらに付加価値のあるハムライフを感じることができると確信します。

YB8XMへの支援は5月に実施されましたOC-249 Wamar Islandの経験をもとにOC-271P Babar Islandの実施をIOTA rule の5continents and 1000stationsの条件を達成し成功させることにあります。

« IOTA Oceania QSL collection OC-281 Caroline Island | トップページ | 第1回 九州IOTA Meeting in Fukuoka参加者を締めきりました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA Oceania QSL collection OC-281 Caroline Island | トップページ | 第1回 九州IOTA Meeting in Fukuoka参加者を締めきりました »