World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« IOTA Oceania QSL collection OC-020 Kure Island | トップページ | OC-271P Babar Island Plan(2.Nov.2012) »

2012年11月 2日 (金)

IOTA Oceania non QSL collection OC-055 Tern Island (French Frigate Shoals)

1997年9月にN4BQW ChuckがQRVして以来15年が経過しました。私はIOTAを始めたばかりでCWオンリーであったため見事に交信できませんでした。Tern Islandには10名前後のボランティアが常駐し、島の生態保護観察や気象観察をやっています。
2010年に彼らがブログを始め、Tern Islandからの情報を発信し始めました。
http://ffs2011.blogspot.jp/search?updated-min=2012-01-01T00:00:00-10:00&updated-max=2013-01-01T00:00:00-10:00&max-results=15
2012年からはブログが移動しました。
http://frenchfrigateshoals.org/
 
半年ごとにメンバーを半分ずつ入れ替えるために2012年に入ってブログの書き込みが減ってしまいました。たくさんの皆さんに見ていただきたいです。良ければコメントもお願いします。さらにUSAの皆さんにお願いしたいのは、ペディションの実行を勧めるよりもアマチュア無線のライセンスを持ったボランティアを送り込むことでしょう。ホテル並みの設備が島にはあります。HFのリグもありそうな感じです。そうなると1年間毎日のように運用されると思っています。どなたかお手伝いください。クレジット率も8.8%とレアです。運用証明のエビデンスは当ブログをRSGBへ報告すれば十分と思われます。
 
グループ名: French Frigate Shoals
クレジット率:申請者の8.8%
主なプリフィックス: KH6;KH7
グループは以下の島で構成されます:
Disappearing
La Perouse Pinnacle
Tern
 
K5CGI/KH6 Tern Island()
KH6ABH    Tern Island(Jul 1957) USCG Loran Transmitter Station
N4BQW/KH6 Tern Island(Aug-Sep 1997)
WH6BLQ/P  Tern Island()
USAのIOTA chaserの皆さん、合同で支援しませんか。

« IOTA Oceania QSL collection OC-020 Kure Island | トップページ | OC-271P Babar Island Plan(2.Nov.2012) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA Oceania QSL collection OC-020 Kure Island | トップページ | OC-271P Babar Island Plan(2.Nov.2012) »