World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« IOTA Oceania QSL collection OC-096 Kingman Reef | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-020 Kure Island »

2012年11月 1日 (木)

IOTA Oceania QSL collection OC-019 Hawaii Island

1982年にハワイのオアフ島に富士通が出資して作りましたJAIMSへ短期受講をしたことがあります。QSLカードにあるハワイ諸島はすべて火山島であり、北西から南東に向かって島が生まれ、そして小さくなり消滅していっていると学んだ記憶があります。一番南東にあるハワイ島がもっとも若く、北西に上がるほど年をとった島であります。N3QQ Yuriさんが実行しようとしているKH6のNew IOTAの島々はいわば残骸に近いのでしょう。また、IOTAファンとして願わくばこのOC-019ももう少し分割して欲しかったですね。
OC-019 NH6XMは1994年11月12日にSSBで交信し、JARL経由で96年08月13日に受領しました。1994年2月に再開局してCWオンリーでしたが、SSBをやっていたとは思いませんでした。
グループ名: Hawaiian Islands
クレジット率:申請者の86.5%
主なプリフィックス: KH6;KH7
3局以上のクレジット利用の局が128件ありますので省略します。
 
Oc019
 
ここに出させていただいているQSLカードは私が1998年1月にIOTA100を申請するときに手元にあったものです。手っ取り早く選択していきました。

« IOTA Oceania QSL collection OC-096 Kingman Reef | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-020 Kure Island »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA Oceania QSL collection OC-096 Kingman Reef | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-020 Kure Island »