World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« P29 2012の終了とP29 2013の実現性について | トップページ | YB9BU Kadekへの無線機提供に関するご協力のお願い(その3) »

2012年11月22日 (木)

インドネシアのアワード「Nusantara Award」普及ご協力のお願い

JH2IEE荻原さんのご紹介によりCQ誌のアワードチームに所属されておりますJH5GEN越智様へ表題の件のお願いメールを発信しました。

JH5GEN 越智様
 
  突然のメールをお許しください。わたくし福岡のJN6RZM 山本修二と申します。
 JH2IEE荻原さんのご紹介でメールをさせていただきました。
 16年前よりIOTAを楽しんでおります。11階建てのマンションの4階からAPA-4を
 南側に振り出して細々と楽しんでおります。
 
 そのため、インドネシアには飛びが良く、ご縁でYB3MM Adhiさんと親交を深めて
 おります。
 今年の初めにAdhiさんからメールをいただき、インドネシアのアワードを発行
 したいのでJAの皆さんにアンケートを取って欲しいと依頼をいただきました。
 IOTAをなさっておられる30人くらいからアンケートを回収しました。
 そして、今年の8月16日に「Nusantara Award」が発表されました。
 http://www.nusantaraaward.com/
 
 当webの右上にGoogle Translateがありますので、簡単に日本語へ変換できます。
 一般にはIndonesiaと言っていますが、現地ではNusantaraと言うそうです。日本の
 対外的にはJapan、国内ではNipponのそれに該当するそうです。
 つまりそのものズバリで「インドネシア賞」ということになります。
 
 インドネシアには13000を超える島がありますが、そのハンティングと言えます。
 どうぞ、お手すきの時にでもご確認くださいますようお願い申し上げます。
 可能ならばCQ誌でご紹介いただければ幸いでございます。
 わたくしAdhiさんとW2FB Steveの推薦で9月にIIHG(Indonesian Island Hunter Group
s)
 の担当に任命されました。そのため、申請方法を簡略化し、ルールどおりの2名の
 GCRの方式と、QSLカードのjpegファイルをAdhiさんへ送付する方式もJA専用で設けて
 くださいました。
 
 Adhiさんは日本企業の現地法人にお勤めで、英語・日本語ぺらぺら、漢字、平仮名、
 カタカナOKのまるで日本人のような方です。
 どうぞ、Nusantara Awardの普及にご協力くださいますようお願い申し上げます。
                                    福岡市早良区西新
                                      山本 修二
 
*このヌサンタラ・アワードのwebには取得者一覧のページが設けられています。インドネシアのIOTAを10件もっておられましたら、6USDと書類を準備してAdhiさんへ送付すればいただけます。インドネシアのIOTAアクティビィティも高まります。皆さんの積極的なアワード取得をお願いいたします。
 
Jn6rzm
 
私は47ポイントで取得しました。すでにアワード取得をしたJAグループの中で50ポイント一番乗りを目指すべくバトルがはじまりつつあります。
 

« P29 2012の終了とP29 2013の実現性について | トップページ | YB9BU Kadekへの無線機提供に関するご協力のお願い(その3) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« P29 2012の終了とP29 2013の実現性について | トップページ | YB9BU Kadekへの無線機提供に関するご協力のお願い(その3) »