World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« IOTA Oceania QSL collection OC-045 Tutuila Island | トップページ | OC-271P Babar Island Plan(3.Nov.2012)-4 »

2012年11月 3日 (土)

OC-271P Babar Island Plan(3.Nov.2018)

OC-271P Babar IslandのwebsiteのGuestbookにAndyによりメッセージが入りました。

2012-11-03 16:10:16
Joppy-YB8XM, current position 12 nautical port Tepa Babar island he will go down in Letwurung
Joppy-YB8XM、現在位置はババル島のテパ港の12海里にいます。間もなく彼はLetwurungタウンに下船するだろう。
時間は現地時間です。日本時間より1時間遅れですので、夕方の5時10分に投稿されたようです。12海里は約22kmです。多分、今日のQRVは無いと思います。明日の早朝からセットアップまでの準備はすると思います。事故や怪我の無いよう勧めてほしいです。
インドネシアではこれくらいの遅れは普通なのでしょう。そのため、Joppyは詳細時間を教えてくれませんでした。
ネットがつながるようですので、アポイントを取ります。ドナーのためのSkedを優先に相談してみます。多分、JoppyはFT-847に貼りつけた贈呈プレートをチェックリストとして利用することと思います。
Ft847
 
写真は、彼らのwebsiteに貼りつけられたFT-847の上から撮った写真です。Joppyの感謝の意が伝わってきます。YB8XMのシールはJP1EWY服部さんがマイク購入時にサービスをいただいたコールサインシールです。下の白いプレートは当FT-847の寄贈プレートで寄付をいただいた方のコールサインとハンドルを刻印しています。自動的にいつも目の前にありますので、交信の有無のチェックリストを兼ねています。交信時にハンドルを言ってくれるはずです。
 
また、QSLカードはYB9BUより自動的にJN6RZMへ国内外を問わず、一括で送られ、私の方から転送します。わずか1000円のドネーションで実施しております。ご協力ください。

« IOTA Oceania QSL collection OC-045 Tutuila Island | トップページ | OC-271P Babar Island Plan(3.Nov.2012)-4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA Oceania QSL collection OC-045 Tutuila Island | トップページ | OC-271P Babar Island Plan(3.Nov.2012)-4 »