World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« IOTA Oceania QSL collection OC-077 Island | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-200 Swains Island »

2012年11月 4日 (日)

OC-271P Babar Island Plan(4.Nov.2012)

Babar Islandに到着して3日目の予定になるはずでしたが、突然のAndy不参加のメールには驚きました。

I'm very sorry. But please do not mind. I want to help in the best Joppy. Please help us. I hope Joppy has success IOTA pedition. と返信するしかありませんでした。

しかしながら、YB8XM/P Joppyは昨晩の現地時間夜11時(日本時間午前1時)に到着しています。この朝に間違いなくQRVしてくるものと思います。
 
あくまでも予想ですが、Spiderbeamアンテナは初回調整が必ず事前に必要です。短くても二人で8時間ほどかかるそうです。Joppyは持参はしていますが、初回セットアップは船の中でやっていなければ、Babar Islandで調整する時間をとることはかなり厳しいのではないかと思います。オペレーションの合間を見て、組み立てられないこともないと思いますが、一人ではたいへんと思います。
 
21MHzモノバンド3エレ八木はAndyのものですが、Ambonで一度組み立てたと言っていました。これをまずセットアップする可能性が高いと思います。
 
CWのQRVは如何なものでしょう。Andyがいろんな機材を貸与してくれています。JoppyのCWは一度も聞いたことはありません。4月のFT-847贈呈時にパドルもプレゼントし、その後もCWで出てもらう提案を何度かしましたが、そこまでで終わっています。
CWでしか交信をしないと私も開局時には3年ほどマイクをつながずやっていましたが、IOTAに取り掛かってとうとう、21260と14260のみSSBを出て良いと決めて現在に至っています。ここはCWerの皆さんにもご理解いただきたいと思います。
 
4日の日曜日、そして8日までいると言っていますが、この日は考えない方が良いと思いますので、本日日曜日と残り月火水の3日間が勝負と思います。IOTAルールの1000局達成のためには、最も交信量の多い本日に400から500QSOくらいまで伸ばさないと、残り平日3日間では厳しくなるかもしれません。コンディションが大きく影響するでしょう。
 
ここはJoppyの過去の経験で頑張っていただくことでしょうが、ご家族やご友人にも交信していただくよう依頼することも必要ではないかと提案させていただきます。
このOC-271Pが成功しませんと、以後のOC-272Pへ数年間進まないことになるでしょう。

« IOTA Oceania QSL collection OC-077 Island | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-200 Swains Island »

コメント

山本さん

ありがとうございました。

舟木

ありがとうございました!ハードコースの一つで、幸運

de UA0AOZ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA Oceania QSL collection OC-077 Island | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-200 Swains Island »