World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« OC-271 YB8XM/P QSL information | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-110 Loh Island »

2012年11月 8日 (木)

OC-271P Babar Island Plan(8.Nov.2012)

7日(水)の午前中の北米サービスは多くのUSA/Canadaからのコールを確認できました。N6VR Ray等よりセントラルや東海岸へのサービス依頼のメールをいただきました。午前中に2回ほどJoppyへ連絡しました。午後は出かけましたが、ほとんどQRVはなく夕方は21260でSpot的にCQを出していました。JR0DLU大堀さんから夜の10時ちょうどに14260でCQを見つけ交信できたとの報告をいただきました。NAとのSked1500UTC 14260は聞かずに就寝しました。
 
8日(木)の6時前に起床しPCメールを確認すると、NAのOMさんから1500UTC 21260で交信できたとのメールが入っていました。さらにYB9BU KadekよりPaypal使用のQSLカード請求に関してメッセージが入っていました。依頼通りブログで紹介しました。その返信メールとして、Joppyのラストオペレーションを訪ねました。
 
8日は当初の予定ではBabar Islandから離島の予定でしたので、QRVの有無が不明でした。日本時間9時20分に21260でCQがありましたので、すぐにクラスターアップをしました。1時間近くCQ NAでしたが、五大湖近辺やW5などのコールを確認しました。11時くらいにKadekより返信メールがありJoppyへ電話で確認するとのメッセージが戻りました。
 
 その後もCQを出していましたが、一部JAも数局交信されていましたので、JAはほとんど充足された感じがします。11時30分にはQRTしたようでした。この後のQRVに関しては月曜日まで残るか否か、Kadekからのメール待ち、並びに本日の夜のQRVの有無にかかっています。
 
 【追記】本日15時頃にJF6XQJ坂本さんがJoppyに21260で確認したら11月11日までという回答をいただいたそうです。多分、オペレーションを日曜日までで月曜日に離島するのではないかと思われます。

« OC-271 YB8XM/P QSL information | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-110 Loh Island »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-271 YB8XM/P QSL information | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-110 Loh Island »