World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« EU-178 ES0W QSL received | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-111 Tongoa Island »

2012年11月 9日 (金)

OC-271P Babar Island Plan(9.Nov.2012)

8日(木)の夕方にAndy YC0MVPよりメールが届き、NA/EUを含むドナー全員へ配信しました。Spiderbeamは半田がつかないようで、21MHzと7MHz以外のバンドは断念せざるを得なくなりました。しかし、961stationsとの報告に胸をなでおろすやら、1300予想との差でDupe QSOが多いと直感しました。

 
9日(金)の朝はほとんどNAからのメール処理です。EUはOE6IMDとSP5APWのみですが、NAは交信終了者からの御礼と、未交信者からの依頼メールの対応でした。Joppyのoperation habitが分からないと引き下がらない局もいました。交信できないとある一定線を越えた行動をされるようです。一番辞めてほしいのはJoppyへメールを送り続けることです。本当に困ったものです。ようやく私の飛ばないアンテナで、明日の2030UTCに21MHzでJoppyより了解を得ることができまきた。この一番の困難性は私のアンテナではQRN状態で100%コピーできないところであります。
 
Kadek YB9BUよりRoger G3KMA宛のメールがCCで送られてきました。1061局(ダブりを除く)、6大陸交信が確認されたとのこと。これにより、まずはOC-271 Babar Island YB8XM/PがRSGB IOTA committeeにクレジットされることがほぼ確実になりました。
 
VE6VK Russから幾度となくメールが届きます。私はJoppy & Kadek Projectの説明をしました。えらく賛同してくれたことは先日報告のとおりです。ところが、JAがそこまでやってくれることに感謝してくれたようで、It would be nice if the YB guys could get a small amplifier to go with their antennas.と言いだしました。要するにSpiderbeam antennaの寄贈はJAのためではなく、もっと遠くに飛ばすため、つまりEU/NAのIOTA chaserに電波を届けるために実施したことを理解していただき、NAでリニアアンプを送りたいと言うものでありました。
 
今回のJoppyの信号の弱さを体験し、NAもやろうぜという意見を出し始めたのです。「NAにはそれくらいのrich manが一人や二人はいるから大丈夫」と続けていました。
 Cezar VE3LYCからも30行に渡る御礼のメールをいただきました。私は勘違いして、交信できないのでもう一度Skedをというメールと勘違いしてしまいましたが、ドネーション協力をし損じたお詫びでもありました。ただし、今でも受け付けは可能なんですが。
 夕方5時前にウォーキングから戻ると14260にYB8XM/Pが出ていました。なんとワンコールでした。Spiderbeamの半田づけに成功したようです。すぐにYB9BU Kadekより交信祝いのメールが届きました。しばらくして引っ込みましたが、なんとか14MHzも今日明日と追い込みに使えそうです。
 
日々刻々と状況が変化していますが、これがインドネシア流のやり方であると寛容な気持ちで接しております。まずはIOTAルールの5大陸、1000局がクリアできたことにたいへんな喜びを感じます。
 よくやったJoppyさん!
 
【追記】夜の7時30分前にAndyからメールが届きました。今晩までとのアナウンスです。
 
hello SHU, Joppy-YB8XM / P last night he was on the island of Babar and tonight she will air on 14MHz band, please contact the station that has not and will make contact last night. SHU, Joppy contacts informed me last night to get an amateur radio station 1250. regards andy
 
この朝のKadekが報告した交信局数とこのAndyの昨晩までの交信局数が200くらい違うところが少し気にはなるところですが、どちらも1000局をクリアしていますので良しとしましよう。 開始時間というより開始日や終了日も大きく動きましたが、これがインドネシア流なのでしょう。
 
 世界で初めてBabar Islandから電波がでた訳ですから、しかも1000を超える局にNew IOTAをプレゼントしました。2000年7月にOC-271P Babar Islandとして分離誕生して12年目でようやくPを外すことになりました。本当に長い時間だったと思います。
 
 なお、ドナーの方は11月17日(土)までにQSOデータをお送りください。2013年1月15日までにQSLカードをお届けできるよう全力をあげます。ご協力ください。

« EU-178 ES0W QSL received | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-111 Tongoa Island »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EU-178 ES0W QSL received | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-111 Tongoa Island »