World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« Paypal 送金における感想(インドネシアにおけるリグ等贈呈) | トップページ | YB9BU Kadekへの無線機提供に関するご協力のお願い(その2) »

2012年11月21日 (水)

インドネシアからのQSL回収支援 ~2012年

今年はNA-240 KL7RRC/P、OC-249 YB8XM/P、OC-271 YB8XM/Pの全体的支援と、P29 2012への個人的支援で終わりそうです。
その中でOC-271 YB8XM/Pの支援も無事終わりましたが、特に強く感じることはインドネシアからのQSL回収の困難性でした。欧米のチームが運営するペディションとは大きくことなり、21MHzSSB中心の運用であり、QSLも焦げ付きだらけと感じました。
今年は、いろんな方の焦げ付きQSLカード回収の支援をさせていただきました。
 
そのポイントは、DXCCをやっていますとYBのカードは1枚回収で基本的に終わりです。まずまずのQRVがあるので、適度に交信して、JARLへ送っておけば、運よくJARL経由で戻り、半永久的にYBは消し込み済みとなります。しかし、IOTAに入り込むとDXCCでいう1件が60件近くに増えます。
 
ところが、基本的にSASEをGSは当然に事故に遭いますが、IRCでも事故に遭う確率が相当に高いようです。首都のジャカルタ近辺と、YB5/YB8/YB9などではまた大きく環境が変わるようです。今回感じましたのは、QSLマネジャー側も自宅や自分のPOBへ送付させるのではなく、事務所や仕事場へ送らせることが多くなったようです。
 
今回支援しましたのは次のYB局です。
①OC-213 YE8T  Feb 1996
②OC-236 YB8ZC Dec 2005
③OC-242 YE8A  Feb 2003
④OC-269 YE7P 
 
先日、YB9BU Kadekへメールを送りましたが、その中に2004年に初めてドネーションを送りましたが、Kadekの自宅や事務所・仕事場ではなく、奥さんの実家へ送付したことを書いたら、私の愛妻の実家へ送ったとはよく覚えていましたねと返信がありました。つまり、この頃にはすでにYBの郵便事情の対策をしていたようです。
 
その支援で私の失敗があります。それは、焦げ付きをお持ちの方は藁をもすがる思いでメールをいただきます。マネジャやオフィスや仕事場などの特定のアドレスをお教えし、喜んでいただくのですが、「それっきり」がたいへん多いことです。
回収の結果報告がほとんどないことが私の失敗であります。昨年、AS-143 BD7JAのQSL回収に関しまして、国内外で5名ほどにお教えしたのですが、回収されたのかいなかさっぱり分からない状態で、事後紹介する自信を失っております。
 
一つの成功事例を紹介します。
上記の②OC-236 YB8ZCのQSL回収方法が分かりましたので、確か6名にその方法をお教えしました。1カ月ほどたってEU7A ベラルーシのAndyが回収に成功したとの御礼のメールと続いてOC-213 YE8Tも未回収だがサポートして欲しいと厚かましく依頼してきました。
 
このカードは2年前にJA3UCO細川さん、2012年の5月にJH2IEE荻原さんが回収に成功されましたので、その状況を調べてマネジャのYB5NOC JohnへFacebookでアプローチしました。見事に返信をいただき、自宅ではなく、事務所へ送ることで了解をもらいました。
少し行き違いがあり、1カ月旅行にでるとのことで数日前にAndyよりメールをもらいました。
 
Joppy & Kadek Projectですっかり忘れていましたが、AndyとJohnの間を調整し、ようやくこの朝にJohnからvia JN6RZM経由でAndyのOC-213 YE8TのQSLカードを送っていただけることになりました。要因としては、私は直接送っていただくようお願いしましたが、インドネシア独特の信頼感などがからみこの様になったようです。
 
残念ながら、私はボランティアでやっているため、個人個人の状況を明確に掴むことはできません。しかし、必死でなさる方は進捗報告や完成報告を実施されるようです。ぼーっと待ってたから回収できなかった訳で徹底的に進める自己意欲が必要だと思いました。
 
JF6WTY林さんの焦げ付きリストを支援していましたが、その中にOC-269 YE7Pがありました。リーダーのYB1TC Kardiと徹底して情報交換を行った2006年に実施されたペディションです。久しぶりに問い合わせすると「直接送ってあげます」との返事。私も含めドネーターが3000円ずつ出し合って支援したペディションでしたが、ラッキー中のラッキーです。林さんが届いたとの喜びのメールを私とKardiへ送られましたので、私もKardiへ御礼のメールを送り、2~3往復のメールのやりとりを行い、友情の証しを喜びあいました。
 
【追記】 
昨晩11月21日に、JM2LEI長濱さんよりメールがあり、上記のOC-236を10月25日にIBRSで請求し、11月20日に受領できたとの報告をいただきました。長濱さんは一番最後に少し遅れて請求されました。私もQSLmgrへ御礼のメールを送りました。Tnx Nori-san
 
Hello Ram san,

 How have you been?
 My friend Nori JM2LEI informed to me "I just received OC-236 YB8ZC QSL card. 
Happy!"
 Thank you very very much. His IBRS envelope is very useful.
 
 Domo Arigatou gozaimasu Ram-san.

Shu JN6RZM

« Paypal 送金における感想(インドネシアにおけるリグ等贈呈) | トップページ | YB9BU Kadekへの無線機提供に関するご協力のお願い(その2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Paypal 送金における感想(インドネシアにおけるリグ等贈呈) | トップページ | YB9BU Kadekへの無線機提供に関するご協力のお願い(その2) »