World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« OC-009 Palau Island QRV information 2013 | トップページ | インドネシアのアワード、Nusantara awardのチェックリスト作成に協力ください。 »

2012年12月 6日 (木)

QSL回収の効果を高めるIBRS(受取人払いの国際版)利用の薦め

久しぶりにインドネシアへSASEを送っています。このブログを見られました国内外からのご意見としてYBからの焦げ付きの報告を数件いただきました。その対処として、すべてのQSLマネジャーへ普段使用しているQRZ.com以外の住所をお聞きするメールを発信しました。ただし、すでに仕事場であるオフィスへ送付しているYB8RBIは除きました。

 
数件、集まりましたが、良いのか悪いのか、Shu-sanのNusantara awardのためにSASE不要、こちらから送りますというものが多くなってしまいました。ただし、お困りの方のためにセカンド・アドレスを準備しておりますので問い合わせてください。
 
インドネシア、ジャカルタのマネジャーは2USD必要とのこと。日本円で約160円。これが:現地の価値で15倍くらいになるようです。よって、狙われ紛失するようです。
 
そこでIBRSをお勧めします。要するに「受取人払いの国際版」です。私は最近は年間10QSLくらいしか回収できず、ペディション支援で先方から送ってもらう分が半分くらいで、残りがSASEですが、5通程度のため使用していません。年間に20通以上コンスタントにSASEを出される方にはお勧めします。QSLカードとご自分のPCプリンタで出力した返信用封筒を送り、その返信用封筒で送り返されたときに1通120円を支払うシステムです。
 
万一、事故になっても送料のみの負担となるだけです。過去に私が回収しました国は次の通りです。
 
CE  CT  DJ  EA  G  HR  I  K  LA  OH  ON  OY  OZ  PA  PY  SM  UA3  UR  VE  VK  YB  YO  YV   の23カ国でした。
EUとUSA  VE並びにYBは大丈夫でした。事故で戻らないことは皆無でした。メールで申し出ていただければエクセルファイルをお送りします。ファイル修正し打ち出して、メインの郵便局へ持参し申請しなければいけません。2003年ころ、郵便局もあまりよく分かっていませんでした。4年間使用してかなりの実績を上げてくれました。
 
因みにYB9BU KadekはIBRSをたいへん喜んでいました。GS/IRCは換金、切手交換の手間が入ります。IBRSは封をして投函するのみです。

« OC-009 Palau Island QRV information 2013 | トップページ | インドネシアのアワード、Nusantara awardのチェックリスト作成に協力ください。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-009 Palau Island QRV information 2013 | トップページ | インドネシアのアワード、Nusantara awardのチェックリスト作成に協力ください。 »