World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

IOTA Marathon for operation on February 2013

2012年1月1日にスタートしたIOTA Marathonも折り返し点を過ぎて、2年24カ月のうち、今日で13カ月を終わろうとしています。私は500ポイントのSilverを目標に1IOTAにつき3バンド交信の3ポイントを探しています。今日現在で399ポイントと残すところ11か月で101ポイントが必要です。
 
IOTAを1997年5月に始めて16年になりますが、その経験の中で学んだこととして「IOTAは整理との勝負」と強く感じています。毎年のIOTA申請に関しても、このIOTA Marathonを楽しむのも整理してきちんと管理することが本当に大切と思います。これを実施することにより、さらに興味が湧き、戦略が生まれてきます。そして、行動に繋がっていきます。
 
下記データは私がIOTA Marathonを楽しむために作成しましたエクセルの表です。2013年2月分ですが、実際には同じ並びで2013年12月まで繰り返して続いています。
 
2  2月 8日 2月21日 OC-060 3D2RX  20m
2  2月13日 2月21日 SA-001 XR0YG 
2  2月18日 2月28日 OC-047 H44KW  20m
0  2月20日       OC-049 A31WH  40m30m20m
2        3月 3日 OC-064 A31WH/p -
------------------------------------------------- 
8  2月                     400
 
左端の数字の2は2バンドで交信したい数字です。日にちはスタートとエンドです。右端は、既に交信したバンドです。つまり、2月8日からQRVのあるOC-060 3D2RXは既に20mで交信済み、残り2バンドを目指したいという意味です。左下の8は望むバンド(ポイント)の縦計の合計数です。
 
右端の400は2月末の目標ポイントです。つまり、現在399ポイントですから2月末まであと1ポイントが必要ということが分かります。12月末目標が500ポイントでありますので、ちょうど10カ月で割って10ポイント/月としています。
 
DX Worldや425DX newsで得られたQRV情報はすぐにこのエクセルシートに差し込んで管理していきます。誠に残念ですが、私のアンテナでは飛ぶ限りがありますので、カリブやアフリカ西海岸のIOTA情報は管理に入れていません。過去の経験からそうしました。
 
IOTAは情報を管理する、QSLカードを管理する、この2点がIOTA chasingを楽しくするコツと考えます。今年の11月30日まで私の毎月IOTA QRV情報を公開していきます。
 
P29 2012などのお陰で、11月末にはかなりの貯金があったのですが、この2月でその貯金もなくなりそうです。頑張らなければという気にさせてくれる次第です。

2013年1月30日 (水)

International DX Convention and 18th Annual IOTA Dinner

N6VR Rayさんから表題の案内が届きました。多くの方へお伝えくださいとありますので掲載させていただきました。
 
To IOTA Dx-Peditioners:
 
I am sending you this email to announce the International DX Convention and
18th Annual IOTA Dinner on 19 April 2013 in Visalia, California. Please
check out the DX Convention web page for details: www.dxconvention.com.
 
http://www.dxconvention.com/
 
de Ray, N6VR, and I am organizing the Friday evening IOTA Dinner. I would
like to ask if you would like to attend and make an IOTA presentation at
the IOTA Dinner? The official IOTA Dinner Announcement has not been sent
out yet. I am still waiting on the final room/meal contract from the
Marriott Hotel. You will receive the notice very soon.
 
Currently, I have Yuri, N3QQ presenting on NA150 and NA240, and Rick, K6VVA
presenting on some of his recent IOTA operations. Over the years, we have
most often have had representatives from the RSGB who tell us about the
RSGB IOTA program and provide door prizes.  We would certainly like to have
you at this Dinner and see your presentation on some of your IOTA
operations.
 
Please let me know your thoughts. If you are not able to make it to DX
Convention this year, think about next year! If you know of other IOTA
Expeditioners that may like to attend, please forward this email to them.
 
Tnx and 73,
 
Ray,
N6VR
Chino Valley, AZ
 
上記ウェブサイトは大変参考になります。IOTA Meetingを国内で実施する際の企画内容として参考にしたいです。N3QQ YuriさんやK6VVA Rickさんのペディションの発表をされるならば、「JAサポーターによるOC-271 YB8XM/P Babar Island実行への支援」の内容で発表できるレベルと思います。どうにかして実現したいですね。
 
昨年のN3QQ Yuriさんのプレゼンテーションは2012年9月に開催しました第1回九州IOTA Meeting in Fukuokaへ持参しましたが、場所が悪く公開することができませんでした。たいへん残念です。
 
Idxc

2013年1月29日 (火)

IOTA-H4 Solomon Islands wanted list 2013

H44RK Ralphより依頼されました表題のリストを明日1月30日に締めて31日に彼とQSLマネジャのNR6M Rexへ送付します。彼らはこのデータを参考に4月からのH4ペディションの訪問地を決定する者と思います。
 
Nr--IOTA------Islands name-Credited-合計-希望率
1 OC-047 Solomon Islands 64.9%      0   0.0%
2 OC-065 Reef Islands--- 33.7%      3   9.1%
3 OC-100 Nendo Island---50.1%      1   3.0%
4 OC-127 Rennell Island-- 19.5%      4  12.1%
5 OC-149 New Georgia Isl  29.1%      0   0.0%
6 OC-158 Florida Islands --15.3%     14  42.4%
7 OC-162 Shortland Islan   22.2%          5  15.2%
8 OC-163 Vanikolo and Utu 13.9%           8  24.2%
9 OC-168 Russell Islands-- 11.7%         25  75.8%
10 OC-178 Tikopia and Anut  17.0%          8  24.2%
11 OC-179 Duff Islands           6.1%         30  90.9%
12 OC-192 Ontong Java Atol 16.1%          7  21.2%
13 OC-285p Stewart Islands   0.0%         33 100.0%
 
現時点で33名の局にご協力をいただきました。各局の明細を取り除いていますが、実際の明細形式はなかなか迫力があります。ここでは合計表のみの掲載です。
2009年1月に作成したものでは22名の協力でしたが、今回は現時点で33名です。明日の分まで受け付けますので皆様のH4未交信IOTAをお知らせください。
 
いつものメンバーに加え、新規にIOTAを始められた方のデータも入りました。ここまで作っているところはありませんので彼らの参考になると思います。ベスト5まで出して欲しいと言っていました。

求む! JA1KJW e-mail address

ドイツのSWLであるDE0MST FredyよりJA1KJW中山さんのメールアドレスを教えてほしいとのメールをいただきました。QRZ.comには多くの国内外のペディションを実施されています。jarl.comも利用されていないようでした。
 
hello Shu,
maybe you can help me oncemore with Info.
Today I got a QSL card from OM Sasi / JA1KJW
from Yonaguni Is.. This is a new one for my
WLOTA-Collection.
I like to go in contact with OM Sasi, but I'm
missing his e-mail-adress.
I must ask him about his activity from Tokashiki Is.,
AS-017 / WLOTA LH 2131 (QRV 2009 or 2010).
Maybe you can give me an info ?!?!
I wish you a nice week with sun at the sky and sun
in your heart.

73 / 77 de Fredy-DE0MST
 


FredyとはIOTAとWLOTAに関して、お付き合いさせていただいております。JA関係の質問を毎月のようにされます。皆様のご協力をお願いいたします。

2013年1月28日 (月)

NA-041 N7ZYS Revillagigedo Island Sked

この朝に表題の局がクラスターにスポットされていました。すぐにQRZ.comを確認しましたら、アラスカ州のRevillagigedo IslandのKetchikan市に住むN7ZYS Neilさんです。IOTA Marathonも1年目を終了し、2年目に入ったところです。すぐにSked依頼のメールを送りました。QRZ.comにはシャックの写真、アンテナの写真などが掲載されていました。すぐに下記メールが戻りました。
 
Shu, 
I will be back in town in 3 days. I will email you to make a sked.
Neil
N7ZYS

Sent from Neil's iPhone

On Jan 27, 2013, at 15:40, jn6rzm@nifty.com wrote:

> Hello Neil,
> 
> I am Shu JN6RZM Japanese IOTA chaser.
> I found your callsign on DX cluster.
> I am now enjoying for CW and IOTA marathon.
> I'd like to make a contact with your IOTA NA-041 for IOTA Marathon.
> If you have a chance, please make a Sked with me.
> And I have many Japanese IOTA friends. They would like too.
> Thanks for your reading.
> 
> Shu JN6RZM
 
3日ほどシャックから離れるようです。早くて2月2日3日の今週末になると思います。交信希望の方はご一報ください。複数でのSkedを希望していますので安心して参加ください。
 
ちょうど1年前にもNA-036 Vancouver IslandのVE7DP Frankと14/21CWで交信に成功しています。

OC-285P H44 Stewart Islands 調べ

H44RK Ralphのペディションが計画されています。肝心のOC-285P Stewart Islandsの情報を調べてみました。位置は前述したとおりSolomon Islandsの太平洋側にあります。

 
Oc285_map
島の形は珊瑚礁でできた環礁です。ウィキペディアでは、「Sikaianaは旧称スチュワート島は小さい環礁であり、そのラグーンの長さはほぼ14キロであり、完全にサンゴ礁で囲まれています。その総土地面はわずか2キロ平方です。波が荒く頻繁にアクセス不能になって、
この環礁に近く、安全な停泊港はありません。本島は、Sikaianaと呼ばれています。
環礁の西に三つの小さな島ですTehaolei、MatuilotoとMatuavi。リーフ上の2つの人工島は、Te PalenaとHakatai'atataもあります。Sikaianaの人口は約300人です」
 
Googleでズームインしてみると、4つの島には屋根を見つけることができます。1st activationとなりますので、5大陸1000局以上の交信が必要です。最低でも3日はQRVするでしょう。多くの局の協力が必要です。
 
現地は電気はないと思うます。軒先をかりてのQRVになるでしょう。イメージはP29シリーズを実施しているG3KHZ/SM6CVXのようなイメージになると思います。コールサインはH44RK/Pになるかどうか、これからいろいろと決まっていくでしょう。

[IOTA-chasers] IOTA BASH - Speaker update

IOTA-chasers Forumに下記の書き込みが掲載されました。2013年3月1日-2日にアメリカのテキサスで開催されますIOTA Bashの案内です。
 
Just a save the date reminder that the IOTA BASH is scheduled for March 1 &
2, 2013. The venues will be the same as last year.
 
Registration forms and basic agenda are on the IREF website,
www.islandradio.org , Please register as soon as you can so that plans can
be made for the Friday dinner.
 
Friday night dinner: AD5A's QTH near Boerne, TX
 
Saturday's meeting and presentations:
 
Fairfield Inn & Suites by Marriott
6 Cascade Caverns Road
Boerne, Texas 78006
830-368-4167
 
When making reservations mention the Bash for a special rate.
 
N3QQ, Yuri will present on his trips to NA-240 and NA-150.
 
G3ZAY - Martin will talk about some of his expedition exploits and will
update us on the latest happenings on the IOTA Program
 
K5WQG - Eddy will present on the P29NI expedition to OC-103, OC-099 and
OC-069
 
AB5EB - Mike will talk about his trip to St. Paul Island, CY9M
 
We may try to have G3KMA present via Skype if we can work the logistics.
 
There are a couple of outstanding invitations, but as is, this will make a
nice day of IOTA.
 
There will also by a day of shopping planned for the XYL's on Saturday,
departing around 8:30 am and returning around 4:00 pm.
 
申し込み用紙などはIREFのウェブに掲載されています。N3QQ Yuriさんの昨年使われましたIOTA Bash 2012のプレゼンテーションは2012年9月30日に開催しました第1回Kyushu IOTA Meetingへ持ち込んだのですが、準備が悪くご紹介の場を失ってしまいました。残念。
 
上記のようなカリキュラムで日本国内でも実施できたらというのが私の夢でもあります。ご参考ください。

Solomon Ialands IOTA TOUR 2013 その3(NR6Mの紹介)

表題の件、皆様のご協力をいただき、IOTA-H4 wanted list 2013を作成中です。30日に締めて31日にRalph H44RKとQSLマネジャーを担当されるRex NR6M、並びにご協力の皆様へ送付する予定です。明らかにこのリストを大いに参考にするものと思います。是非、この機会に未参加の方のご協力をお願いいたします。ようするにIOTA-H4の未交信を送付ください。

 
QSLマネジャーのRexさんへは数回のメールを送りました。以下、その内容を和訳しました。
 
こんにちは Shu、
現在5W0W(H44RX)で出ていますRalphにできるだけの支援をいただけるとのことで
たいへん感謝します。
私の名前はRex Turvin NR6MでRalphのQSLマネジャーです。私がお手伝いできる
サービスをする目的で担当しています。私が皆さんへQSLカードを送付できることに
喜びを感じ幸せなことです。
私はRalphがこのペディションに関していろいろな配慮をしつつあることを知って
います。OC-285からQRVする困難や危険性に関しても沢山の相談を受けています。
これらは新しいIOTAを活性化するためにその選択は彼の犠牲で時間や費用をかけます。
私はどの様な支援をすればよいか知りたいです。私にメールをください。
全ての支援者を記載するウェブサイトを持っています。www.nr6mです。
ARIGATO Sayonara 73 NR6M
 
親愛なるShu,
 
ご返信いただきありがとうございます。私は、あなたが米国西海岸の友人のリストに
私を追加していただければ幸いです。あなたの説明にありましたドナー分のQSLを
合法的にあなたに送付させていただきます。そのようなやり方は立派な支援のやり方
と思います。私はRalphと彼のオペレーターがドナーと交信することに特別の注意を
払います。私はたいへん幸せに思います。
 
私はこのツアーは皆さんのご支援により、非常に成功したIOTAツアーになると思います。
私は今までにはないOC-285のアクティブIOTAの興奮を覚えます。
 
どうぞ、Ralphと私にあなたの質問などをお送りください。
73 NR6M
 
N3QQ YuriさんとN7RO Dickさんとのお付き合い、K6VVA RickさんやN6AWD Fredさんの関係などをJAからのサポートをお話ししました。
 
積極的に交流していただいております。Rexのwebsiteをぜひ確認してください。
 
http://www.qrz.com/db/NR6M
 
http://www.nr6m.com/

2013年1月27日 (日)

OC-075 YE5B Galang Island QSL card

昨晩1月26日夕方に表題のQSLカードが届きました。発信者はYB5QZ Antonさんからです。交信は1998年10月24日に14MHzSSBで行っています。1998年11月5日にQSLマネジャとアナウンスされたYC5TMLへ1IRCで送付しましたが、それきりでした。

 
1997年5月からIOTAを始めて初めてのOC-075で気をもんでいましたが、翌1999年5月に同じOC-075 YC5YASと交信し、6月30日に受領したため、前述のYE5Bの方はすっかり忘れていました。
 
昨年2012年8月にW2FBとYB3MM主宰によりスタートしましたNusantara awardが引き金になりました。受領してIOTA申請に使用したYC5YASはBatam Islandでした。そのままNusantara awardに使用しましたがよく調べるとYE5BはGalang Islandであることが分かり、非常に欲しくなってしまいました。
 
YB5エリアはYB5NOF Johnさんと11月から12月にかけてNusantara awardの件もあり急速に親しくなっていましたが、YC5TMLに関して相談したところ分かりませんでした。続いて、OC-269 YE7Pのペディション支援から知り合いでありましたYB5QZ Antonさんに相談しました。彼はYBで第1号の5Band DXCCホルダーです。YB1TC Kardiさんの指示でJN6RZMは大切に付き合いなさいと言われたそうです。Antonさんは「大船に乗ったつもりで待っていてください。あなたのYE5Bを入手してお送りします」との回答を12月初めにいただきました。
 
昨年12月の下旬に「あなた宛てのOC-075 YE5BのQSLカードを入手したので本日お送りします」とメールが届きました。メールを返信し、不要だと言われた送料の送付の件、さらに他の方でYE5BのQSLカードが欲しい方がおられるのでQSLルートを欲しいと連絡しました。
 
なんとQSLはYE5TA Agusが扱うと言ってきました。Agusさんは昨年5月にJH2IEE荻原さんのOC-075初交信の支援時に知り合って、以来5月、9月、10月にJA各局とSkedを何度も組んだ中でありました。すぐにYE5TA Agusへも連絡をいれておきました。
 
その後、JH2IEE荻原さんからいただいたメールを再確認しましたら、なんとYE5TAのQSLカードと合わせてYE5BのQSLカードも見本的に添付ファイルで私宛へ送ってありました。QSLカードは2回折りの6ページに渡るものです。
 
Img818
YC5YASやYE5TAのQSLカードはすべてこの当時はこの橋をデザインしています。
 
Img819
まかして下さいと言うはずです。オペレーターはYB5QZ,YB5PD,YC5TML,YC5YAS,YC5SST,YC5NKK,YC5SEY,YD5TGBと記載してありました。Antonも参加です。
 
Img820
Batam IslandからRempang IslandそしてGalang Islandまで橋が架かりました。荻原さんはお勤めだった会社のシンガポール支局に長年おられたそうです。会社がBatam Islandに工場を出すとのことで日帰りも含め何度もBatam Islandへ訪問したご経歴をお持ちでした。どうしてもこのOC-075と交信したいとの相談から縁作りに繋がっていきました。Tnx to JH2IEE
 
Img821
解説はいたしませんが、是非ここはご一読いただきたいですね。
 
Img822
お揃いのYE5B capまで被り、一生懸命のサービスをしていたようです。インドネシアはCWが少なく、私も開局した1994年以来、ほとんどかCW交信でしたが、14SSBのQSLカードは本当に珍しいです。このあたりから14260/21260のみスポットでSSBに出て良いと自己ルールを変更した記憶があります。
 
Img823_1280x822
橋が架かった喜びを伝えるようなQSLカードですね。九州の天草五橋の地元民の喜びと同じような感じがします。ここはマラッカ海峡のシンガポール・マレーシアとインドネシアの接点となる世界的にも重要な地域と思えます。
 
15年経過して受け取ったQSLカードですが、いろんなことを感じるカードでした。Nusantara awardではやっと58ポイントになりました。カードがなかなか戻ってきません。





 
 
 

2013年1月26日 (土)

OC-075 YB4IR/5 Batam Island

表題の局が21010で1月25日夕方にレポートされました。私もすぐに見つけてコールしました。YB4IR ImamがBatam Islandに移動してQRVしてきました。up1-2くらいでJA/EUを相手していました。一度QRTして1時間後くらいに再び21011のup1でEU/JAへサービスしていました。IOTA OC-075では最もアクティビティが高いのが、このBatam Islandです。

 
30分くらいのオペレーションです。QRZ.comには下記のメッセージが書きくわえてあります。
 
I will be QRV from Batam Island OC-075 with callsign YB4IR/5
 
Only 3 days, start date: 25 January 2013 08:00 UTC until 28 January 2013  00:00 UTC
 
1月28日午前9時までの3日間でてくるようです。彼とは21CWと14CWとで交信したことがあります。メジャーなコンテストにはSSBも含めてよく出てきます。概ね21010近辺に再度出てくる可能性が高いでしょう。
 
彼のブログもご参考ください。
http://yb4ir.blogspot.jp/
 
たいへんアクティビティが高いですので、今回Batam IslandからのQRVを楽しんで、IOTAサービスに開眼してくれると面白いのですが。

2013年1月25日 (金)

OC-194 South Solitary Islandの話題

IOTA-chasers Forumに表題の話題が掲載されました。F4BKV VincentがVK2DX Nickへリスエストしたものです。
http://groups.yahoo.com/group/IOTA-chasers/message/1221
 
VK2DX NickはVK1AA/2というコールサインで、 Broughton Island, OC-212をFebruary 2007に、
http://www.youtube.com/watch?v=ZJGj-dGSc48
 
OC-223 Montague Island2008に実施しています。
 http://www.youtube.com/watch?v=ia6EAoJbSMs
 
私もNickへOC-194へのプランを企画していただくよう提案したことがあります。フォーラムのメッセージを読んでいただけると分かる通り、Nickは結構積極的にOC-194の企画を考えていたようです。問題はSouth Solitary Islandの場合は資金の問題ととらえているようです。また、VK2の仲間もいるようですね。
 
すぐに私たちJAチームが少し資金的支援が可能であること、上陸しづらいSolitary Islandsのみでなく、Cook IslandやKorffs Islandの存在と上陸運用の可能性の有無を調べてもらうよう提案しました。
 
以下、RSGB IOTA websiteからの情報です。
クレジット率:申請者の10.4%
グループは以下の島で構成されます。
 
  Cook
  Korffs
  Solitary Islands :
  North West Solitary
  South Solitary
   South West Solitary [ 別名 Groper ]
  Split Solitary
 
以下の運用は、3局以上にクレジットされています。
 
  VK4CRR/2
 
なお、VK2DX Nickは数年前にユーゴスラビアから移ってこられました。プランが実現したら、ぜひ支援したいですね。また、VK4CRRは現在のVK4FWです。1994年3月末から4月に実施されました。JAでは10名がクレジット済みのレアIOTAです。

2013年1月24日 (木)

Solomon Ialands IOTA TOUR 2013 その2

昨日1月23日に表題の件でIOTA-H4 wanted list 2013作成依頼をたくさんの方へ発信しました。一番にJA9IFF中嶋さんから返信がありました。その後も続々と届いていますが、Ralphの本命はOC-285Pでありますが、5つほど挙げてほしいとの要望であります。

 
現在16名より回答が届いていますが13個のIOTA-H4ではOC-285Pに続くはOC-179 Duff Islandが圧倒的。そして、3位にはOC-168 Russell Islandsと続いています。あとはOC-192を除いては概ね数年に1回ずつ程度QRVがあるために50歩100歩の状態のようです。
 
ただし、30日まで受け付けますので、多くの方にIOTA-H4未交信のレポートをお願いしたいです。
 
昨晩、その気になった方よりOC-179 Duff Islandには絶対行って欲しい。ところが上陸などできるだろうかとの問い合わせをいただきましたので、下記にOC-179の報告をしておきます。私のIOTA Oceania 未交信のファイルを持っています。そこから転記します。
IOTA OC-179 Duff Islands
1993年にH44MSでペディションが実施されました。クレジット率は6.1%。全世界1,376名中84名。JAはJF1SEK高橋さんのみがクレジットを受けておられます。当時はH40のプリフィックスと分かれておらずH44が使われていました。
 
東部ソロモン諸島の11の島から形成されています。人口は1999年に最後の国勢調査で439名でした。島はカヌーで遠距離を航海した勇敢なナビゲーターの故郷でした。住民はポリネシアの言語を話し、物理的にメラネシア語に似ています。Duff Island groupは7つの島から成りますElingi, Lakao, Taumako, Te Ako, Tuleki, Ulaka, Bass Islandsです。1797年に島へ航海した宣教師船「Duff」にちなんで命名されました。
 
Solomon_islands 
Solomon Islands(H44)はマップの北西側、Temotu Islands(H40)は南東側に位置しています。Honiaraは首都でもありRalphが住む出発点でもあります。第1目標のOC-285はH44側の太平洋側に位置しています。そして、OC-179はH40側ではありますが、比較的にOC-285からは近いところに位置しています。また、第3位のOC-168はHoniaraのすぐ西側です。
 
Iota_oc1791 
これがOC-179 Duff Islandsです。7つの島々で構成されています。真ん中の大きな島以外はGoogle Earthでズームインするとボケてしまいます。その大きな島はTaumako Islandです。
 
Iota_oc1792
 
Taumako Islandの全容です。完璧ではありませんが、島を細かくチェックすると南半分の海岸際に住宅の屋根や構築物を見つけることができます。南西部の雲がかかったところには小さな島があり、住宅が密集しています。南東部に海が削られた跡が見えます。ここに入江を人工的に作ったようです。マップで見る限り、大きな産業はなく、自給自足レベルの漁業と農業が産業ではないかと思われます。電気、ガス等はもちろんなく、雨除けがある程度でしょう。
 
上陸は大丈夫でしょう。H44RK Ralph、NR6M Rexに31日に伝えたいと思います。
 

Paypalの本人確認について

2013年1月12日に表題の件に関しましてPaypalよりメールが届きました。

 
-----------------------------------------------------------------------
[PayPal] 重要: 本人確認手続きのお願い - 提出期限があります/ Request for submission of identity verification documents
-----------------------------------------------------------------------
 
Yamamoto Shuji さま
 
ペイパルをご利用いただき、誠にありがとうございます。
本人確認手続きについて、重要なお知らせがあります。
詳しくはこちらからご確認ください。
 
【以下省略】
 
いつもIOTAでお世話になっている数名の方に確認しましたが、どなたも届いておらず
私だけかなと思い保留しておりましたら、再び1月16日に再度の依頼メールが届きましたので
偽物ではないと判断し、手続きを終わりました。
 
手続きの要点としてはPaypalをログインして、
①免許証のコピー送付(私の場合はプリンタのスキャナで表と裏をjpegに落としました。
②ウェブ上で英文の住所を日本語に訂正
を実施し、
③0120の指定電話へ「訂正等完了」を連絡
の3段階を終わりました。電話オペレータはマレーシアの女性オペレータでした。もちろん日本語です。


昨日23日に書留が届き、その番号を再度Paypalをログインし、エントリして全て
完了しました。下記のメッセージをメールでいただきました。
 
----------------------------------------------------------------------
[PayPal]お客さまの本人確認が完了しました
----------------------------------------------------------------------
 
 
山本 修二様

PayPalをご利用いただき、ありがとうございます。お客さまの本人確認の手続きが完了しました。今後はPayPalで支払いを受け取ることができます。

ご不明な点は、PayPalサイトのページの下部の[お問い合わせ]リンクをクリックしてカスタマーサービスにお問い合わせください。

PayPalは今後とも、より安心でより安全なサービスがご提供できるように努めてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。
PayPal
 
Paypal利用において海外からのドネーション受領も今回のOC-271で行ったためにこの様な
手続きが必要となったと判断できます。今現在でも送金オンリーの方が海外から受領される
ことになるとこの手続きが必要となる可能性がありますので、不安解消を目的に掲載いたしました。

2013年1月23日 (水)

IOTA-H4 wanted list 2013作成協力のお願い

Ralphは現在5W0Wで西サモアからQRVしています。朝一番の私のメールに対してご返事をいただきましたので、H4に関して調べてみましたら2009年1月10日にIOTA P29/H4 wanted listを作成していました。22局にご協力いただきましたものです。すでに4年前となっていました。

 
 
当時のドナー協力者からいただいたデータですが、その2か月前の2008年11月にKM9D MikeによるOC-192 H44MYが実施され、これに触発されてデータを作成したようです。本当に月日の経つのははやいものです。
 
掲載者にお断りしませんでした。ここぞとばかりにRalfh宛へご参考として送付いたしました。13個のH4-IOTAすべては回らないと思います。世界全体の意見を参考にすると思いますが、たいへん良いデータと思いますので先手必勝で送付しました。かなり参考になるものと確信しています。すぐにRalphより返答がありました。
 
you are welcome Shu, thanks for the list.
if you can check for No.2 spot again please that would be great.
if it is no longer in the top 5 of your group, please nominate another
alternative for my consideration.
Aregato Shu
ralph
On Wed, Jan 23, 2013 at 3:22 PM, <jn6rzm@nifty.com> wrote:
> Hi Ralph,
>
>  Thank you very much for your very quickly replying.
>  I have made the IOTA wanted list for H4 IOTA file in Jan 2009.
>  I send you this attachment of excel file.
>
>  It's in 22 Japanese IOTA chasers.
>  Of cause,No.1 is OC-285 for all members.
>  And No.2 is OC-192. But in Nov 2008, H44MY Mike was QRVing.
>  Almost members worked, I think so. This QSO data is not in this file.
>
>  No.3 is OC-179 Duff Island and No.4 is OC-168 and No.5 is OC-162.
>
>  This is our Japanese IOTA chasers data.
>  Please refer this attachment.
>
> Shu JN6RZM 
 

もちろん、決定は彼らが決めますので、あくまでもご参考でした。しかし、影響は大となるでしょう。

 
そこで、上記のRalfhの依頼のとおり、「IOTA-H4 wanted list 2013」を1週間ほどで作り上げて渡したいと思いますので、コールサイン掲載の方は上から修正、コールサインが無い方は右端の空欄にコールとデータをエントリのうえ、1月30日までにjn6rzm宛へ送付ください。1月31日にRalphへ最新のIOTA-H4 wanted list 2013を送付します。

Solomon Ialands IOTA TOUR 2013

H44RK Ralphは4月中旬に現在住んでいるOC-047のホニアラを出発し、Solomon Islandsの島々を巡ってIOTAツアーを企画していることはWorld DXでもすでに紹介されました。その詳細がQRZ.comにさらに進んだ内容で掲載を開始しました。

http://www.qrz.com/db/H40RK
 
現在オペレータを募集しているようですが、気持ちはH40並びにH44のIOTA全島をまわるつもりでいるようです。現実には1カ月は要すると思いますが、リタイヤ組の参加になるのでしょう。
 
OC-285P Stewart IslandのみProvisionalのため、5大陸1000局の必要性があります。QSLmgrとドネーションの受け付けはNR6M Rexが担当するようです。
 
個人的にH4はOC-168 Russel Islands, OC-179 Duff Idlands, そしてOC-285P Stewart Islandの3つを残すのみです。一気に終わってしまうのも勿体ないと少々複雑なところです。JN6RZMとしていつも通りですが、少し支援をやりたいと思います。従来のようにドネーションをまとめるか否か皆さんのご意見を伺いたいと思います。
 
彼は昨年2012年の春くらいから出てくるようになりましたが、SSBのみの運用のようです。いろいろなバンドも出ているようですが、14MHzSSB以外はお耳にかかっていません。
 
また、今回はすべて回ると13IOTAsとなり、例えば1000円のドネーションで13枚のQSLを得るとなると少しバランスが合わない感じもいたします。大いに検討しましょう。
 
2013年1月23日朝の8時40分過ぎにRalphへメールを送りましたならば、20分ほどで下記のメールがもどりまとた。
 
good afternoon Shu, it is a pleasure to hear from, you and your interest in
IOTA activation.

i will be activating several OC islands as we start from the western
provinces of the Solomon Islands heading eastwards towards Honiara.
from there we will be going to cativate oc-285, never activated as you well
know and then the journey will continue to H40 to activate other OC as we
return with the boat back via the barrier reef to VK4.
as you can read there will be many OC's on our trip to fill up logbooks,hihi.
thank you for your offer, which is deeply appreciated.
i will cc my manager Rex NR6M as he is an essential part of the current
team and a brilliant manager.
If there are any specific iotas that you or yor group need please feel free
to make suggestions while we are still in the planning phase.

best 73
Sayonara, aregato.

Ralph 5w0w / h44-40rk
www.qrz.com/db/h40rk
 
まだ詳細は決定しておらず、第1にOC-285Pへ行くこと、その後VK4方面を巡って戻ってくることの大まかなプランのようです。

2013年1月22日 (火)

SA-096 LU6W JA support、6名から50名超へ

今回のSA-096 LU6Wペディションにおける船頭さんの怪我やリグ2台とアンテナ1基の流失にも負けずにオペレーションを実施したCezarの行動に粋を感じ、個人的に机の奥に眠っていました20ドル札2枚をQSL請求とともに11日に送付しました。

 
その3日後の14日にCezarよりJAからのサポートが少ないとのメッセージをいただき、当ブログで紹介しました。また、それらの旨を金額は伏せてメール返信を行いました。
 
本日22日午前中にCezarより御礼のメールが届きました。11日に送ったSASEが届いたようです。返事をどのようにしようか考えていましたが、この午後にLU6Wのwebsiteのスポンサー欄が大きく書き換えられました。JAからは6名だったドナーの数が、50名に増えていました。ただし、金額のランクに分け、コールサインの大きさを比例させているようです。
 http://lu6w.yolasite.com/support.php
 
私は実質にはペディションに対するドネーションではなく、冒頭にも書いています通り、紛失したリグ等に対する補てんの意味で支援しました。大小付けてグループ別になるとは思っていませんでした。
 
本音のところ、危険が伴うIOTAペディションは実施して欲しくないと思っています。以前の雪中のSOS事件以来、彼のペディションへのドネーションはしないことを決めていました。事故遭遇の確率を高く感じさせ、事故の方棒を担ぐことを避けていました。通常はIOTAペディションを続けてほしいという支援でしょうが、私の場合はこの様なことが起きるような島へのペディションは止めてほしいと思っています。
 
しかしながら、JAからの多くのご支援はJAのIOTAチェイサーの意識の高さを表していると思います。もっと危険性の無い計画を望みたいです。

2013年1月21日 (月)

AS-061 RI0K QSL card

RW3RN Alexよりさきほどメールが届きました。(2013/01/21 12:39JST)
Hello!
Today I sent for you direct.
--
73! Alex ( RW3RN-QSL-Service)
今日ダイレクトで発送したそうです。1週間はかかりますので、今年の申請は無理
と判断しました。来年にします。
なお、同じメールとしてJA7DOT JH4DYP JK1OPL JQ3DUE局も同時発信されていました。
ドネーションの有無で早い遅いがありそうですね。(笑い)
ご参考ください。

2013年1月20日 (日)

IOTAペディションの海外への通知

2013年1月18日(金)朝にJP1EWY服部さんよりメールをいただき、AS-043八丈島へ2泊3日で訪問し、IOTAペディションを行う旨のレポートをいただきました。すぐに425DXnews(https://groups.google.com/forum/#!forum/425eng)とDX World(http://dx-world.net/)へ投稿させていただき、当ブログにも掲載いたしました。

 
残念ながら、1月19日(土)の設置時に強風によりアンテナマストに使う予定のつりざおが折れてしまうというアクシデントに遭われました。土曜日の夜と日曜日の朝のQRVは中止し、日曜日に代替の釣竿を探すこととなりました。その旨を当ブログに掲載しました。
 
20日(日)昼過ぎには残念ながら釣竿が見つからず、やむなく延期する旨のメールをいただきました。再度、当ブログに掲載しました。
 
実は個人的にもIOTA-chasers Forumを通してJA-IOTAとのSkedを世界中のIOTA chaserへ発信しています。今回はIT9DAA CorradoさんとRZ3EC Eugeneさんより服部さんとのSked希望のメールをいただいていました。2日間で数回のメールやりとりをしました。これらはメールのCcですべて服部さんへも配信しました。
 
こんなところが私のIOTA supportingです。国内の島移動(IOTAペディション)を実施され、国外との交信も希望される場合、ぜひご一報ください。わたしもJA-IOTAとの交信を希望する海外のIOTA chaserをたくさん存じておりますので、彼らとの橋渡しを望んでおります。
その中に、K6VVA RickやF6AML Sam、キプロスのCheck pointの5B4AHJ Alanなどの一流のIOTA chaserやpeditionerが含まれます。
 
現在では、JA6EGL三宅さんのT88/KH0/V63などの海外ペディション、JI3DST舟木さんの国内IOTAペディションなどのお世話をさせていただきました。なお、服部さんはAS-043のリベンジを計画しますとのことです。
 
【追伸】JA-IOTAペディション情報を集約させていただきますので、例えば次のようなメールが届きます。
Thanks for the info, Shu, but I do not need AS-043.  But there are still at least 8 JA IOTAs that I do need!  AS-024, -036, -037, -040, -049, -056, -067 and -147.  And, of course, AS-194.
Now I have 806 IOTAs confirmed, will be 807 if I receive RI0K in time for annual update.
73, Happy New Year, and thanks again for all your help!
Mike VE3VHB
 
Mikeにはいつもお世話になっています。AS-024八重山、AS-036壱岐対馬、AS-037甑、AS-040五島、AS-049トカラ、AS-056男女、AS-067宇治、AS-147北海道沿岸、AS-194尖閣が未交信だそうです。MikeのJAに対する希望はペディションにビームアンテナを使って欲しいとのことです。

2013年1月19日 (土)

SA-096 LU6W 交信局数に見るIOTA大国はどこ?

SA-096 LU6Wのウェブサイト、Online logsのページに7大陸別並びに国別交信数のデータが表示されました。ここに貼り付けようとしましたが、技術的に難しいので、国別ランキングのみ掲載しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     
DXCC STN
1 K 256
2 JA 205
3 I 139
4 DL 121
5 LU 98
6 RA 80
7 PY 56
8 RA0 49
9 F 46
10 EA 42
11 G 39
12 VE 39
13 UR 37
14 SM 34
15 HA 28
16 ON 24
17 SP 24
18 VK 17
19 9A 16
20 EA8 16
21 HB 16
22 CT 15
23 OH 14
24 ZL 11
25 OK 10
26 OZ 10
27 OE 9
28 XE 9
29 PA 8
30 S5 8
31 YU 8
32 CE 7
33 OM 7
34 YV 7
35 CX 5
36 EI 5
37 GM 5
38 CU 4
39 HK 4
40 KH6 4
41 KP4 3
42 LA 3
43 LZ 3
44 SV 3
45 4X 2
46 5B 2
47 GI 2
48 HL 2
49 LY 2
50 RA2 2
51 YO 2
52 ZS 2
53 7X 1
54 9H 1
55 BY 1
56 EU 1
57 FM 1
58 GD 1
59 GJ 1
60 GU 1
61 GW 1
62 HC 1
63 KG4 1
64 LX 1
65 OA 1
66 PJ7 1
67 PZ 1
68 TI 1
69 V5 1
70 V7 1
71 VP5 1
total 1,579
1月初旬のコンディションの状態がもちろん関わってきますが、2行目のJAには大きく味方してくれたようです。5日の午後に14260では8時間ほど開けていました。トップはKのアメリカです。アメリカはIOTA大国とは思っていませんでしたが、LU6Wとの位置関係もあるようです。最近始められたIOTAファンの増加もあるようです。
 
5行目のLU、7行目のPYは地元という交信局数と思われます。XE以南の中南米の局もちらほら見つけることができます。上位はアメリカ、日本、ヨーロッパ諸国、そしてカナダで占められています。VKとZLも見受けられます。
 
アジア・オセアニアではHLが2局、BYが1局、BV, VR2, DU, YB, 9M, 9V, HS, V8, VUなどは全くのゼロであります。 このあたりの増加がIOTAの発展につながるのではないかと考えられます。アフリカや中近東もZSの2局を除いてまったく無しでありました。
 
JAは205局の交信ですが、昨年のJAのIOTAリスト掲載者数134名を大幅に上回っています。先日、Cezar VE3LYCからの文章を掲載し、「JAからのドネーションが少ない」との意見に対し、数名の方から「JAはリタイヤ再開局組がとりあえずIOTAを呼んでおく局が多い」とのご意見をいただきました。
 
確かに私も7-8年くらい前から感じていました。OC-269 YE7Pを実施したYB1TC KardiさんはJA宛のQSLカードをダンポール箱2つにYE1P/YE7P/YE6PのQSLを保管していると言っていました。OC-122 Tambelan Islandをネクストペディションで5年ほど前に依頼していましたが、多く刷り過ぎた段ボールの中のQSLカードを見ると絶対しないだろうと諦めています。
 
LU6Wにおきましてはぜひ交信された方におかれましては全員QSLカードの請求だけでもして欲しいです。こちらはビューローでも可能ですね。

2013年1月18日 (金)

AS-043 Hachijyo Island JP1EWY/1 info

JP1EWY服部さんよりメールをいただき、明日からAS-043 八丈島からJP1EWY/1でペディションを行うそうです。要点は次の通りです。

 
Hachijo の運用 (Hachijo AS-043):
開始日:2013年1月19日(土)
終了日:2013年1月21日(月)
コールサイン: JP1EWY/1
オペレータ: JP1EWY
QSL情報: QSL direct or bureau to JP1EWY
JP1EWY
コメント: Operation will be mostly CW, some SSB.
連絡者: JP1EWY 14 Jan 2013日付:
 
Nob服部さんのコメント
①IC-7000と10mの釣竿に20mのロングワイヤー
②ロケーションは八丈島の東海岸沿いの高台にあるホテルの離れ部屋です。
 0度から150度の方向が海で開けています。
③EUとNA向けのサービスに徹したいと思っています。
④なお、ログは運用終了後にClub Logにアップする予定です。
 
私はIOTA Marathonで2012年に7K1GMK局とJI1PLF/1局と3バンド交信済みです。また、IOTA-chasers Forumのメンバー中、挙手して残っている未交信はVE3VHBのみです。メール連絡をする予定です。
【追伸】服部さんより追加情報です。
宿の部屋は無線LAN環境のある部屋ですので、インターネットは使えます。
現地での状況は逐次ご連絡しますね。
ちなみに19日のスケジュールは、0730JSTに羽田を出発し、0830JSTに現地着。
チェックインが1500JSTなので、それまでは温泉や観光で時間を潰します。
チェックイン後、すぐに設営開始。
1時間ほどで設営が終わりますので、QRVは早くても1600JST(0700UTC)になりそうです。
EU/NA向けに頑張ります。
 
P.S.
Hi OMs,

 Nob is now in Hachijyo Island.
 But he had problem. His antenna mast is broken by strong windows.
 He will try to get another mast tomorrow.
 I send you next information.

Shu JN6RZM( 1326UTC 19th January)

P.P.S

Hi all,

 I just received e-mail from Nob.
 He says "While looking for a fishing rod as an antenna mast, can not be raise
d, but this time I gave up."

 Very sorry.

Shu JN6RZM(0441UTC 20th January)

2013年1月17日 (木)

IOTA application (申請) 2013

いよいよIOTA申請です。3つの事項を実施する必要があります。

1.QSLカードとチェックポイントへの送付用並びに返信用封筒の準備、
2.RSGB IOTA websiteからの申請データの発信、
3.チェックポイントへの申請料送金
私は1998年1月にその前年12月にチェックポイントになられましたJA9IFF中嶋さんへはじめてのIOTA申請を行いました。初回は100枚を必ず超えますので、QSLカード送料、返信料が結構かかりました。以来、16回目のIOTA追加申請を迎えました。
 
毎年、決算を行うつもりで毎年申請することを目的にIOTAを楽しんでいます。お祭りですね。最近はQSLカードも10枚に届かなくなりました。
Dsc09504_1280x960
AF/AN/AS/EU/NA/OC/SAの7大陸順のIOTA referenceコード順に「審査しやすいように」整然と並べて封入します。
Dsc09503_1280x960
送付用封筒と返信用封筒です。基本は書留を使うように指導されています。私の場合は枚数も少ないために通常のSASE請求と同じ送りが角形8号、受けが洋形2号封筒をそのまま使用しています。郵送のポイントは全体の重さが50g以内ならば、「定形郵便」にすることができます。QSLカード12-13枚が分岐点となります。50g超の場合、定型外郵便となり料金も120円以上に上がります。25g以内は80円、50g以内は90円の定形郵便となります。
 
続いて2番目のRSGB IOTA websiteからの申請データの発信です。
http://www.rsgbiota.org/  より、処理を行います。IOTA CP JAのJA9IFF中嶋さんへ申し込んだパスワードをエントリすると「自分のクレジット」において、QSLカード並びにコンテストログからのエントリができます。一般的に新規申請および追加申請のQSLエントリは1枚1分くらいの時間を要します。私はQSL受領時に必ずエントリしています。
 
A
一番上の行に、前回までに受けたクレジット数が掲載されます。真ん中にエントリされた件数が表示されています。
 
B
すでにエントリされた明細が出てきます。私の場合は8件です。あと1件待っています。今日にでも届くと期待しています。また、過去のコンテストでログ提出者の分もここでエントリして取り込むことができます。しかもQSLカード提出が不要であり、審査料に含まれません。
これらの画面の最後に「申請書提出」ボタンが出てきますのでクリックすれば終了です。
なお、最終時に申請料が表示されます。
 
最後にチェックポイントへの申請料送金です。詳細は、次のwebsiteを参考ください。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/ja9iff/iota.html
この中に、IOTA申請料の送金方法
*訂正されましたので必ず上記ウェブを参照ください。(下記追伸も参照ください)
とありますので、website画面で表示されました金額を振り込みます。
 
私はゆうちょ銀行のネットを利用します。無料です。また、簡易書留は送金料、定額小為替も送料と手数料が送金側にかかります。Paypalは送信者側が送った金額から受信者側は3.6%+40円の手数料を引かれて入金されますので不足する場合が生じると思います。端数が生じ面倒です。切手は受け取り側にいろいろと手間をあたえそうです。ゆうちょ銀行のネット登録は10日ほどかかります。郵便局のATMからゆうちょ銀行 ぱるる口座へ振り込んだ方が早くて手数料は3万円以下は80円です。
 
2013年のIOTA申請はまたまた10枚に届きませんでした。750の優秀の楯まではあと15年くらいかかりそうです。やはり優秀ではないのでしょう。(笑い)
 
【追伸】中嶋さんより訂正の依頼がありました。次の通りです。
1) 今年から IOTA コンテストの QSO 分にも料金が必要になりました。
  詳細は添付資料でご確認下さい。「charges-jp_2013.pdf」をダウンロード
2) Paypal のアカウントは、ja9iff@ba2.so-net.ne.jp です。
  受取側の手数料による不足は、為替レートを高めに設定しているので、
  表示通りの金額で問題ありません。(若干の差益がある)
3) ゆうちょのネット振込は5回/月までは無料ですが、その回数を超えると
  手数料が発生しますので、必ずしも無料ではありません。
以上、訂正方お願いいたします。中嶋さん、ご指摘をありがとうございました。

NA-048 BIMINI ISLANDS C6AVA #5

Rickへは「あなたのC6Aは開局して19年の間でC6Aを聞いたのは2回目だ」と聞こえただけでもたいへん嬉しかったとメールを返信しました。再び、下記のメールの返信がありました。

Hi, Shu:
Can you please tell me about your station:
1. How much output power?
2. What antennas and how high on:
A. 40m
B. 20m
C. 17m
???
So very sorry again I could not copy JN6RZM from NA-048 ;-(
Tnx & 73,
Rick
P.S. I got to ride "Shotgun" in the Co-Pilot's seat of the 9 passenger Piper
Navajo on the return from Bimini - very cool :^)
 
なんと、私のリグとアンテナのコンサルティングがはじまりました。回答は12メーターハイのフィッシングロッドタイプアンテナに100wattsです。とうとうRickのブラックリストに載ってしまいました。(笑い)
 
写真も送ってきてくれました。コックピットの写真もありましたが省略します。


 
C6ava_na048_welcometobimini 
Erichilding_pioneerairservice_piper 
あれっ、Rickさんはかなり痩せたようですね。たしか来年70になられます。
600局近いJAと交信したにもかかわらず、JN6RZMと交信できずに悔しい思いを
しているのは私より彼のようです。たいへん有難いです。
いつもすごいバイタリティです。

2013年1月16日 (水)

NA-048 BIMINI ISLANDS C6AVA #4

NA-048 C6AVAで11日から15日朝までQRVしたK6VVA Rickが自宅に戻ったようです。早速メールが届きました。

 
こんにちは、Shu:

私は今、カリフォルニアの自宅にこの午前中にいます。あなたの電子メールを受け取りました。私の携帯とWi-FiサービスはNA-048では非常に断続的でした;-(

だから我々は申し訳ありませんが、NA-048からQSOしませんでした。私もJN6RZMに"ブラインドコール"の時間を作って呼んだり、そのコールバックを望みましたが、私の呼び出しはありませんでした。

中略

C6からJAへは北極のパスを介した信号のために非常に重いQSBでした。しかし、私はJAとこの旅で573局交信できました。この旅のQSO数(NA-054より以上)が、多くを得るためにコピーするのに大変苦労しました。しかし、たいへん強い信号のJAもいました。
時々でしたが、八木とアンプと良い物を使っている可能性が高いと思います。

73、

Rick
 
たいへんお疲れさまでした。11日の出だしの14MHzCWが結果として最も強かったようです。2012年12月のNA-054は全く聞くことができませんでしたが、NA-048の14MHzCWはなんとか聞こえていました。私のアパマンアンテナでは開局19年でC6Aの信号を聞いたのはこれが2回目という結果でした。
 
ペディション局から交信を望まれて事前に、また現地からメールが届くと言うことはたいへん嬉しいことです。しかし、アンテナが非力で申し訳なく思ったりします。しかしながら、Rickは私と交信したいために多くのJAとの交信も楽しんでくれたようです。
 
573局のJAがQSLカードを請求していただき、さらにIOTA申請をしていただければ、Rickもたいへん喜んでくれると思います。残念ながら、JAからは1/4もQSLカード請求は無いようです。とりあえず交信というJA局が多いので彼らのペディション意欲を弱めてしまうようです。

2013年1月15日 (火)

5H Tanzanian IOTA QRVing

本日のDX Worldに表題のIOTAに関してのレポートが掲載されました。

 

Sam, F6AML will again be QRV from Zanzibar AF-032 as 5H1Z between January 20 to February 28, 2013.

Using an FT857 and verticals, look for him on 10-40m CW/SSB.

He says he may also try to be active from Mafia AF-054, Pemba AF-063 and the Dar Es Salaam / Pwani Region Group AF-075

Note: no internet/cluster connection.

AF-032 Zanzibar Islandのみならず、タンザニアにある6つのIOTAのうちAF-054, AF-063, AF-075の4つのIOTAからでるかもしれません。

AF-032 55.4%,  AF-054 30.2%, AF-063 30.6%, AF-075 20.3%のクレジット率です。EUは高く、JAは低いと思われます。

ところで、実はSam F6AMLとは昨年の4月に知り合いました。それは、JA-IOTAの固定局とのSkedを企画しIOTA-chasers Forumにて紹介しましたところ、挙手していただいた15局のうちの1局でした。2012年4月5月6月の3ヶ月間で29メールをSamからいただきました。結果としてSamはAS-012 天草, AS-023 喜界島, AS-041 隠岐の島の3つのIOTAとの交信に成功しました。

またSamはAS-030 火山, AS-037 甑, AS-052 男女, AS-067 宇治, AS-147 北海道沿岸が残っています。ペディションが実施され次第、JA-IOTAとのSkedを実施予定です。

すぐにSamへメールを送りました。次の日曜日にはZanzibar Islandから出てくる予定ですので、連絡がつけばぜひSkedを依頼してみたいと思います。World DXの文書にあるとおり、現地ではインターネットができないようですので、事前のアポイントが重要でしょう。楽しみです。

【追記】すぐに返信メールが戻りました。

Hello

I will look for you : mostly on CW but some SSB

only QRV during my free time, sri , it is not a DXpedition.

HNY

73.....Sam.....F6AML

彼のフリータイムに概ねCWで出てくる運用のようです。QRZ.comの5H1Zの写真を拝見しました。どうも奥様との40日程度の長期旅行のようです。自宅はビームを上げていますが、タンザニアではバーチカルのためにEU中心のサービスと思えます。JAからはビーム等でないとかなり厳しいと思えます。彼の5H1Zの過去運用と周波数は次の通りです。

2001 Nov  14046

2007  Jan   7003

2011  Jan  14005/10106   

ご参考ください。今回はタンザニアの島めぐりツアーにでも参加するのでしょうね。

2013年1月14日 (月)

VE6VK Russさんからのサポートの紹介

昨年2012年11月に実施されましたOC-271 Babar Island YB8XM/Pの支援をしていますときにVE6VK Russさんと知り合いました。ご存じの方も多いと思いますが、IOTAスコア1089の世界第4位のOMです。カナダのカルガリーに住んでおられます。

 
OC-271 Joppyをコールしているときにコールバックがうまく拾えないとサポートを求めてきましたことが最初のきっかけです。さらにQSLマネジャーのYB9BU Kadekとも親しいそうでDaddy Russと呼んでくれると言っていました。
 
年末からOC-271のQSLカード回収のサポートを手伝ってもらえましたが、「わたしはもう余命がないので早くカードを発行してくれ」とKadekへメールを送っていました。思わず笑ってしまいました。それは、私がJoppyに続いてのKadekへのリグ提供を行ったため、「まだまだ死ねないね」と言っていたためです。御年は88歳です。
 
1月12日にOC-271 QSLカードの件でメールやり取りをしていますときにNA-048 C6AVA RickとのSkedのサポートを依頼しました。すぐに引き受けてくれました。その引き受け方はさすが1089をなさるほどのきめ細かく、激しいフォローでした。感激です。(時間はJST)
 
2013/01/12 11:23
Hi Shu San,
I will see if I can contact Rick and ask him to look for you. Do you have a particular time and frequency you would like Rick to try?
中略
I have been very lucky at my age, I have no real problem except getting old
I put an alert on my computer so I will keep a sharp look out for Rick.
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/13 03:03
Hi Su san,
I see he is qrv 2200 to 0030 most likely on 20m I will look for him today and tomorrow and qsp if I can.
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/13 08:01
He is on 21051 Shu san.
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/13 08:05
A spot shows him on 21051.2 but I hear nothing with a 5 element beam. I will
keep looking. There is a contest on and 20M is all contest  stns and lots of
qrm.
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/13 08:13
Hi Shu san,
He is not on the air as there are no further spots.I will give you a call on 14040 see if you hear me you can answer me on 14040.
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/13 08:18
I have called you a few times on 14040 Shu san if you hear me please answer on 14040.
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/13 08:19
With the contest there is too much qrm Shu san. We will try again tomorrow.
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/13 09:04
Hi Shu san,
I called you on 14041 for a couple of minutes then I changed over to 14040.
Too much qrm from the contest.
Rick did not operate as far as I know. There was one spot earlier but
nothing after that.
Will give it a try tomorrow Shu san. Hope you can make it.
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/13 09:07
Yes,Franc is also friend of mine. VE7DP.  OK on Cezar. He sent me an email.
He will be working on the log on line soon. He just arrived back home
yesterday.
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/13 09:47
Hi Fred,
A friend of Rick’s JN6RZM Shu is trying desperately to work Rick from Bimini. He is transmitting on 14041 listening on 14040
If you have contact with Rick would you please ask him to listen for Shu . He has a very poor antenna system but is definitely a keen IOTA guy.  I will also be around from 2000-2330z  13th. The contest is making things tough with the qrm.  Thanks 73
Best wishes..Russ.
 
2013/01/13 09:54
Hi Fred,
I know you are the qsl manager for Rick C6AVA. His friend JN6RZM Shu, is
trying desperately to work Rick from Bimini.
If you have contact with Rick at all please ask him to listen from Shu on
14041. Shu will be listening on 14040. Shu says he has a poor antenna system
but will certainly try. I will be on tomorrow 13th from 2000-2330 14040
transmitting 14041. If you can help at all it would be very much
appreciated. Thanks. 73.
Best wishes-Russ.
 
2013/01/14 05:14
Hi Shu san,
I am listening on 14040. Rick has not shown yet. I did not get a reply from N6AWD Fred but I am sure he will help if possible.
If I hear Rick I will tell him to listen for your transmission on 14041. 73
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/14 07:09
Hi Shu
I contacted Rick he will be transmitting on 14040 and will look for you 5 up 14045 at 0000z
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/14 07:18
Hi Shu san,
I contacted Rick. he will look for you at 0000z . Rick will transmit on 14040 and you call him on 14045
Please. Good luck.
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/14 07:28
Hi Shu san,
Rick is working a few JA stations transmitting  1.10 up 14.041.1 He has called for JA once in a while
Rick is on 14040
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/14 07:30
Rick just called you hoping you might be on 14041. If you hear Rick transmit to him on 14041
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/14 07:55
Gave Rick that message Shu san,. he said JA signal peak at 0000z I will try
and be here if I can.
73
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/14 08:06
Hi Shu San,
Rick has gone qrt for dinner. He will be b ack at 2330z. He is very loud here even off the back of my beam.
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/14 08:31
Rick is back on 14040 calling cq
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/14 08:42
OK Shu san I hope it gets better at 0000z gl
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/14 09:06
Hi Shu san,
Rick called you several times at 0000z  and listened on 14045 but no copy. I did not hear you either and I have good prop into JA now, Sri it did not work out
Best Wishes---Russ.
 
2013/01/14 09:18
Dear Shu san,
I am sorry too. Rick called you again but no luck. I told him you had no
copy and he said thanks for the help.
I am very sorry you could not make it. I must leave now for my dinner. 73
Best Wishes---Russ.

引き受けたら徹底的にやるという見本のようなメールの量(22メール)と質でした。ここまでやっていただけるとは思ってもいませんでした。感謝感激です。読むとよく分かります。
ところがNA-048 C6AVAはSkedが決まった本日が最も弱く、予定の00:00UTCには全く聞こえなくなってしまいました。
 
しかしながら、New one IOTAのQSLカードを得られませんでしたが、VE6VK Russとのfriendshipはますます強くなったと思います。若い者を育てると言う感覚をお持ちの素晴らしい支援をいただきましたので報告いたします。

VE3LYC Cesarからのメッセージ for SA-096 LU6W

SA-096 LU6Wから戻ってきたVE3LYC Cezarよりこの朝にメールが届きました。

私は彼の実施する過去のペディションは1度も聞こえたことはありませんでしたが、5日の午後に偶然に聞こえて交信することができました。11日の朝にログの確認を済ませ、さらにCezarの意気に感じた行動に共鳴して机の中に眠っていた20USD2枚を送金したところでした。また、当ブログでもOQRSを利用しPaypalで5USDを送られる方が多いと判断し、プラス10USDのドネーションを加えていただけるようお願いしたところでした。私の送金やSASEはまだCezarに届いていないと思います。
 
Dear Shu-san and Gou-san,
 
I would like to congratulate the both of you for having made the log of LU6W. It was a very difficult operation, unfortunately made even more difficult by some mishaps of the logistical team. In any case, "well is well when ends well", so we made almost 2000 QSOs and are back home safe and sound.
 
Unfortunately, during the operation we lost a lot of equipment (I personally lost two ICOM IC-7000, one antenna, my only electronic key, a wonderful Heli 4 headphone set, a foot paddle, as well as other accessories, while Johan lost his waterproof laptop, etc. - all now at the bottom of the Atlantic Ocean). As I mentioned on out website, our team takes full responsibility for this loss. We are not requesting any specific additional donations from the community. However, I mentioned on our website that if some of the island chasers wish to donate a little more, we will express our gratitude.
 
It is my great pleasure to acknowledge that many island chasers added a donation to their QSL requests through OQRS over the Club Log. As I mentioned earlier, their callsign will be listed accordingly. To my surprise, only a very limited number of the JA operators soliciting direct QSL cards through OQRS are including any donation, not only an additional dollar. The percentage of JA operators who added a donation to their OQRS submission is minuscule compared to that of operators from EU and NA, which I appreciate to be somewhat artificial. As I wonder why, I suspect that many of them may not have read our account of facts over the website as maybe English is not their strength. Once again, it is not my intention to make our loss somebody else's problem. We will deal with it the best we can. Meanwhile, we are obviously thankful for many who did understand the difficulty we are now in and decided to offer a little help.
 
Based on the above, and since I know how suportive you are of the IOTA program, I wonder if you translate in Japanese the last announcement on our website at lu6w.yolasite.com and post it some of the sites which might be visited by JA island chasers. I don't know, it may already be too late, since many JA hams have already made their OQRS submissions, but maybe it will help a little. In any case, if you appreciate that my request has no merit, please discard it. I will understand.
 
Warmest regards,
 
Cezar, VE3LYC
 
要約しますと、①LU6Wの終了報告、②事故にあった内容について、③すでにOQRSで送付されているが、EU/NAに比べてJAからのプラスアルファ送金が少ないこと、④既に全体が動いているがサポートに関してたいへん感謝していること、追加のサポートに関してもご協力させていただきたいことを述べています。
(JA9IFF中嶋さんより指摘をいただき、訂正しました。要約の中で、「JAはEUやNAと比べてOQRSでの追加ドネーションが少ない」じゃないでしょうか?only very limited number = ほとんどない
 
多分、私とJA1QXYさんが後ろで動いていると感じて当メールを送ったものと思います。Paypalで追加でよろしいと思いますのでご支援できます方は是非のご協力をお願いいたします。
 
必ずや彼の次の行動に繋がっていくものと確信いたします。2台のリグと1基のバーチカルアンテナを海にさらわれた後でも、一生懸命にLU6Wを運営したことに意気を感じる方のご協力をお願いいたします。

2013年1月13日 (日)

NA-048 BIMINI ISLANDS C6AVA #3 for Sked

2012年12月12日にK6VVA RickはNA-054 Berry IslandよりQRVしました。JA friendsよりJN6RZMを何度も呼んでいるとメールをいただいたり、Rickからも直接メールをいただきましたが、まったく聞こえもしませんでした。1994年にアパマンハムとして開局しましたが、20年近く、C6Aは1度14MHzSSBで聞いただけで、一度も交信したことはありませんでした。

 
そのため、4つのIOTAはどれでもNew oneとなるのですが、「私の電波はフロリダ半島を超えたところで海に墜落してします」と冗談で言っているうちに交信できない、聞こえないという先入観ができてしまいました。
 
2013年1月11日朝にローカルのJF6XQJ坂本さんがNA-048 C6AVAのスポットを14042であげておられました。14042を聞いてみるとなんと聞こえないと先入観があったC6AVAがup1-2で聞こえるではないですか。午前9時頃のレポートに対し、すでに30分超過していましたが、何度か呼びましたけども10時前には信号が消えてしまいました。
 
NA-054のときはメールが向こうから来ていましたが、同じメールアドレスへ2回ほど送りましたが、即答はありませんでした。11日の夜にも7015CWで微かに聞こえましたが、コールバックにはいたりませんでした。
 
そして、1月12日の土曜日の朝は午前8時30分くらいから14041のup1-2で微かですが聞こえてきました。呼ぶにいたらす、呼んでもコールバックに至らずの感じでした。丁度、K5MT MerleとVE6VK Russとのメールのやり取りをしていましたので、そのついでに彼らにNA-048のサポートをお願いしたところ、すぐに引き受けてくれました。しかし、12日は交信にいたりませんでした。
 
1月13日の日曜日の朝にはVE6VK Russよりメールが入っていました。この朝にメールのやり取りで7メールほどいただきました。その内容をかいつまむと、①C6AVAは21051でQRVしている。②14MHzCWはコンテストがあっている。14040近辺はQRM状態である。③VE6VKからJN6RZMをコールしてパスの有無を確認する。(見事に聞こえました。)④Rickに14040にQSYするよう依頼する。⑤QRMが14MHzCWはますます強くなってきた。⑥明日にもう一度トライしましょう。
こんな感じで徹底してフォローして下さいました。
 
VE6VKはご承知かもしれませんがIOTAスコアが1000を超えられる88歳のOMさんです。そのPositionも世界第4位です。OC-271 YB8XM/P Babar Islandの時に知り合い、それ以来多くの情報交換をしていただけるようになりました。私もカナダのカルガリーを議題にしていろいろなお話をさせていただいております。明日のNA-048 C6AVAとのスケジュールが楽しみです。
 
Russのラストメッセージです。
Yes,Franc is also friend of mine. VE7DP.  OK on Cezar. He sent me an email. 
He will be working on the log on line soon. He just arrived back home 
yesterday.
Best Wishes---Russ.

2013年1月12日 (土)

QSLカード100%回収のためのSASEについて

JF6WTY林さんのリクエストにより、QSLカード100%回収を実現するSASEの作り方を紹介します。最近はペディション支援によりマネジャより送ってもらうケースやIOTAのNew oneを得ることが減っていますので、年に5-6通くらいの送付状況ですが、参考にしていただければ幸いです。

 
まず、QSLカードです。
001_1280x960
私はHamlogを利用しています。10年くらい前に1枚3円で3000枚を作ったのですが、なかなか減りません。今回はSA-096 LU6W via VE3LYCへ送付するSASEを見本としました。
 
まず送付用の封筒です。 
Dsc09495_1280x960DIY店で100枚298円の角形8号封筒を使用しています。FUJITSUBO(緑色)またはマルアイ(青色)のどちらでも良いです。100枚198円のものもありますが、少し薄いので使っていません。回りが青赤白に彩られたエアメール封筒は使用しません。第1に高いからです。エアメール封筒は昔、10gまで110円の送料の時代の産物であり、現在は25gまで110円となりました。青色の票を確認してください。角形8号は唯一、定形郵便として送付できます。大きな割には送料も普通の定形郵便と変わらず、しかも1枚当たり3円とお得です。
 
続いて返信用封筒です。
Dsc09496_1280x960洋形2号を使用します。郵便番号欄無しがベストです。糊無しです。上記の角形8号は返信には使用しません。定形は日本国内並びに日本から発信する場合のみです。海外からですと郵送料が上がる場合があります。私のこの洋形2号封筒は100円ショップで見つけました。郵便番号はありません。あると透かすと郵便番号が印刷された封筒が入っていることが分かる場合があるためです。22枚入りですので、1枚当たり4.5円と通常の洋形2号封筒の半額以下です。協和紙工株式会社と書いてあります。
 
Dsc09497_1280x960
この22枚の洋形2号を取り出し、両面テープ「ニチバン ナイスタック NW-5SF 5mmx9m 2個入り」で閉じしろにテープを22枚すべてに貼ります。そして、閉じしろ中央に鉛筆でコールサインを手書きします。QSLマネジャが間違わないように配慮しています。このテープは10年以上前に購入しましたが、先日にようやく2本目の使用にはいりました。
 
続いて送付用封筒の作成です。
Dsc09498_1280x960エクセルによるプリントシステムを作っています。概ねQRZ.comからコピーして、貼りつけてプリンタで打ち出します。差出人は会社名(架空)を入れています。住所もシンプルにしています。cityやshi、ku、県名を入れてわざわざ文字数を多くしておられる方がおられますが、私は可能な限り住所をシンプルにしています。それは封筒を作り替えたり、いろんなケースがありますので、相手が手書きで書いてきますので少しでも楽に書けるように配慮しています。名前の上の会社名もビジネスライクの手紙と思わせる目的です。AIR MAILはシャチハタのXstamperを使用しています。なかなか綺麗ですよ。
 
続いて封詰めです。
Dsc09499_1280x960洋形2号の返信用封筒の中にQSLカード、IRCなどを折り目なく整然と入れます。
閉じしろを折り、送付用封筒へ入れます。
Dsc09500_1280x960この送付用角形8号と返信用洋形2号のマッチングは最高です。少し余裕を持ってきちっと中に入ります。送受に同じ封筒を使った場合、受の方は二つ折りなどにしなければ入りません。そうすると手触りが悪くなり、明らかに折り曲げた封筒が入っているとの判断が開封しなくてもでき事故に遭う確率が高まります。これにすると手触りがたいへん良くなります。
 
これが完成品です。
Dsc09501_1280x960
切手は80円と30円を準備しています。数年かけていろいろ試した結果です。なかなか綺麗です。そして中身が動かないので振ったり指で弾いてたたいたりしても変化しません。このタイプにしてすでに10年以上使用していますが、事故はゼロです。
 
もう一つ、鉄則としていることとして、2QSOしたら一刻も早くSASEを準備して送付しています。それはマネジャの立場で考えればすぐにわかることですが、早く着くころは郵便物の数が少なく、時間の経過とともに郵便料が一気に増えるということです。場合によっては多量の郵便物が届き、多量のIRCと海外向けの郵便物をもったQSLマネジャが郵便局に現れるとどうなるかということでしょう。
 
最後に忘れてはいけません。重さを25g以内であることの確認をして封をしポストインすることです。
Dsc09502_1280x960
私はこのハカリを20年近く使っています。ちなみに今回は17gであり25g以内です。大型文房具店で売っています。
また、ポストイン後にはマネジャへメールを送り、QSLカードが届いたら同様に御礼のメールを送っています。以上、ご参考ください。



OC-034 YC9WZJ QSL card

昨晩、1通の手紙が届きました。インドネシアのSorong Joni YB9WZJからです。つい数日前にOC-239 YB0MWM/9 Doom IslandのQSLカードをJoniさんからいただいたばかりでした。開封すると下記のQSLカードが入っていました。

Img815
過去のJoniさんとの交信した分をわざわざ送付してくれたものです。過去分はプリフィックスがYB9ではなく、YC9WZJです。Nusantara awardを一生懸命にやっていること、土台作りのために申請用のシートを作成していることなどなどを伝えたために協力してくれたようで、わざわざおくってくれたものです。
 
Facebookを利用されている方はSearchのテキストフィールドに「Nusantara award」と入力して検索してみてください。Joniさんの写真も含め、インドネシアの皆さんが協力してアワードを盛り上げようとしている写真などを見ることができます。JAからもまだ5-6名の申請者です。
 
インドネシアは2006年3月に実施されたOC-270 YE6P Simeulue Islandを最後に、昨年のOC-271 YB8XM/P Babar Islandまで6年半の間、YB-IOTAの活動が止まっていたと言っても過言ではないと思います。それを活性化させるために多くの皆様に協力をいただき、YB8XM JoppyへFT-847とSpiderbeam antennaの寄贈、そしてYB9BU KadekへのIC-706mk2の寄贈を実施しました。
 
このNusantara awardは、こちらがAward huntingを楽しむということ以上にYB-IOTAを活性化させることができるものと確信しております。JN6RZMがいろいろやってYB-IOTAが出てくる。単にワンコールで交信して、QSLを回収するということのみで終わるのではなく、ぜひ、Nusantara awardをベースとしたYB-IOTAの活性化支援をお願いしたいです。
 
Joppy & Kadek Projectに続く3番目のものがこのNusantara awardの推進と思います。YBの島、10島あれば書類を作成して6USDをPaypalで送付するのみです。ご協力を重ねてお願いいたします。SWLもあります。
 
なお、申請のためのエクセルによるチェックリスト・シートはQSLinfoも埋め込み、アワード取得のみならず、YBのQSL回収に関して必ず役に立つところまで仕上げ中です。事前に欲しい方はお申し出ください。
【追伸】10年以上前にJARL経由でいただいていたJoniさんのQSLカードです。
Img776

2013年1月11日 (金)

[IOTA-chasers] LU6W Club Log

一昨晩にW5GAI SkipからのIOTA-chasers Forumへの投稿として下記のメッセージが入っていました。
 
Per Cezar VE3LYC The LU6W log will be on the ClubLog before the weekend.
Skip W5GAI
 
今日1月11日あたりにSA-096 LU6Wのログサーチが可能となりそうです。
 
ご承知の通りVE3LYC CezarとPA3EXX Johanは4年ほど前からIOTAペディションを実施し、世界中のIOTA chaserへ珍しいIOTAを提供してきました。私も彼らとは親しくさせていただいておりますが、残念ながら私のアパマンアンテナでは聞こえることは全て一度もありませんでした。
 
今回のSA-096の状況はすでにご承知の通り、船頭さんの怪我、1回目の上陸時に島に残したIC-7000、2台とVertical antennaなどの流失したなどのトラブルを乗り越えてQRVしました。しかもキーが全く使えずSSBオンリーとなりました。ところが、1月5日午後から14260ではJAでもかなり強く入り、私のアンテナで初めてCezar等の信号を聞くことができました。
 
彼はいつも資金支援を訴えていました。私は聞こえないことを理由に手を差し伸べることは一度もしませんでした。過去に費用を見積もってみましたが、1回あたり30万から70万円の持ち出しが発生していると思います。さらに今回はリグ2台などを失っており、Cezarの今後のIOTAペディション実施の大きなターニングポイントになると思います。
 
CezarへのQSLカード請求はOQRSが主流と聞いています。彼の次回以降のペディションを望まれますならばOQRSの5USDにプラス10USDくらいを多くの方にしていただけたら、彼も復活するのではないかと期待しております。ここで10USD/870円くらいの投資をお願いしたいものです。
 
Cezarは2007年にYB9BU Kadekの自宅が火災にあったときも「Help Kadek」のプロジェクトを立ち上げ支援をしています。IOTA Directoryに掲載されている「The Golden List of SILENT KEYS」の発案も彼の提案によるものです。そういう意味での福利厚生をしっかり考え、しっかり実施する人物です。今こそ、Cezarを支援しましょう。

OC-009 T88SM 2013 Sked

2013年1月9日よりT88SMでQRVされていますJA6EGL三宅さんのJA向けSkedを紹介しておきます。 昨晩からこの朝にかけてT88SMの検索にて当ブログに訪問された方の要望におこたえしました。

JA6EGL三宅さんからのMessage
 
2013年1月10(木)、11(金)、12(土)、13日(日)
7.150Mhz SSB
21:00〜21:30
 
2013年1月12(土)、13日(日)
21.300Mhz SSB
11:00〜12:00
 
ぜひともお声掛けください。

2013年1月10日 (木)

IOTA application 2013

今年もIOTA追加申請を間もなく行います。通常、毎年のYears ranking listに掲載されるために1月末までにRSGB IOTA 委員会より任命された世界中のCheck Pointに申請します。そうです。企業で言う年一回の決算にあたります。もちろん期中の通常月でも申請は行われますが、折角ならば1月末決算にのせ、その成果を他と比較したいものです。

 
私の場合は1997年5月に日本語版IOTA Directoryを購入し、1998年1月に第1回目の新規申請を行いました。以来、16年になります。今回は16回目の申請となります。アパマンのために当初の頃は40から70島くらいを申請していましたが、最近は10島が精一杯です。しかし、毎年決算の申請は必ずすることと固く決めています。
 
現在ではIOTA HonourRollに到達したこととアンテナの限界があり近場のIOTA chasingとそれらの企画に入り込んだIOTA supportingを楽しんでおります。
 
特に新規申請の方には徹底してサポートをしております。この文章を読まれた方で、申請の方法などがわからない方がおられましたらぜひご遠慮なくメールをお送りください。
私のコールサイン+@nifty.comです。
 

2013年1月 9日 (水)

Our friendships from Hans and Derek 2

昨晩、G3KHZ DerekよりOC-099 P29NIとOC-069 P29VPBのQSLが届きました。

 
Img811
まずはOC-099 Tatau IslandのQSLです。Derek G3KHZ, Hans SM6CVX, HansPeter HB9BXE, Eddy K5WQG, Axel DL6KVA and Stigの6名によるペディションです。4日間で14,813QSOs達成。宿泊したTatau guest houseの過ごしやすさが書かれています。
 
Img812
QSL受領が目的ではなく、IOTA Marathonでの3ポイント3バンド交信が目的でした。たくさんのポイントをいただきました。
 
続いて、OC-069 Lihir Islandです。Lakakot bay resortからのQRVです。
Img813
たいへん運用し易い環境のようですね。
 
Img814
こちらもあっと言う間に3バンド交信を終わりました。実はDerekもIOTA Marathonを楽しんでいるそうです。Hans SM6CVXへは自動的に伝わると思いましたが、残念ながら伝わっていないためか、P29VCXの方はIOTA Marathonを意識していなかったようです。
 
2012年もP29 2012を十二分に楽しめました。Thanks tp Derek and Hans

8th Annual IOTA Bash

AD5A MikeよりIOTA-chasers Forumに表題の第8回IOTA Bash開催の案内が掲載されました。2カ月後の3月1日(金)-2日(土)の二日間テキサス州BoerneのFairfield Inn & Suites by Marriottにて開催されます。
Its time again for the Annual IOTA BASH. Started in 2006, the BASH has become one of the signature IOTA events in the U.S., with presentations from some of the most active expeditioners in IOTA and lots of time to interact with many "Top of the List" islandchasers as well as the expeditioners in a quaint Texas Hill Country setting. 
The dates this year are March 1 -2, 2013.
 
The Bash will be held at the :
Fairfield Inn & Suites by Marriott
6 Cascade Caverns Road
Boerne, Texas 78006
830-368-4167
Reserve your room today and mention the BASH for a special rate.
Agenda:
Friday , March 1
7:00 - ??? Dinner at AD5A's QTH (spouses welcome)(worth the registration fee)
This dinner is always rich in conversation both of expeditions but also has seen the germination of many expedition plans. It's always a great time.
__________________________________________________
Saturday , March 2
8:00 Breakfast at the Fairfield (spouses) welcome
9:00 - 4:00 Presentations and social time (lunch provided)
(XYL's leave after breakfast for an all shopping trip until 4:00)
6:00 Dutch dinner TBD in Boerne
___________________________________________________
Registration forms are available on the Island Radio Expedition Foundation (IREF) website, www.islandradio.org .
As you can see, the BASH is very XYL friendly.
Drop me an email at ad5a(at) arrl.net with any questions. I hope to see you there.
73,
Mike AD5A
 
登録用紙はIREFのwebに掲載されているようです。

2013年1月 8日 (火)

OC-239 YB0MWM/9 Doom Island for Nusantara award

表題のQSL cardは私にとり2番目となったため請求不要としておりました。しかしながら、Nusantara awardにとりかかったためにDoom Islandは1stとなり必要になってしまいました。YB9WZJ Joniさんへメールをいれ、その旨を伝え協力を依頼してポストインしたのが12月4日でした。1カ月と4日でようやく戻ってきました。

 
Img809
Nusantara awardにはまってしまい、2000年11月に交信したOC-239 YC9WZJ/PはBatanta Islandであり、別の島と分かりました。それこそ、両手を合わせてDoom Islandと交信しているように祈ってログをチェックしました。YB9WZJ/Pとは交信していませんでしたが、YB0MWM/9と1交信のみログに見つけました。
 
Img810
ちなみにYB9WZJ JoniさんもNusantara awardを取得され、当アワード推進者のひとりです。2013年中にOC-239 Raja ampat islandへのペディションを企画しています。
このQSLコンファームによりIndonesian Islandsは57となりました。
 
当初46Islandsで申請して、11Islandsを増やしました。状況は次の通りです。
①OC-034 YC9WZJ   New Guinea Island               ●あり
②OC-070 YE8XM/P  Nusa Laut Island    via YB9BU  △漏れ/依頼メール12/13
③OC-075 YE5B     Galang Island       via YC5TML  ○12/15YB5QZ支援
④OC-075 YB5NOF/P Kundur Island 2001              ●12/21受領、◎YB5NOF確認中
⑤OC-088 YC7SKM   Borneo Island       via IZ8CCW ◎ログオン返事あり12/2SASE
 
⑥OC-106 YC5XIP   Sedanau Island      via I1WFF   △QSL送付12/14
⑦OC-107 YB5NOF/P Singkep Island                  ○YB5NOF確認中 
⑧OC-109 YC5XIP   Serasan Island      via I1WFF   △QSL送付12/14
⑨OC-144 YC4FIJ   Belitung            via YB9BU   ●12/21受領、◎先方より送付12/5
⑩OC-148 YC9BU/P  Timor Isiand                ●あり  
⑪OC-150 YB0AJR/9 Air Island          via OK1JN   △確認メール 発送12/4      
⑫OC-150 YC3CZ/9  Sumbawa Island 2001 via YB9BU   ●12/21受領、先方より送付   
⑬OC-150 YE9IOTA  Trawangan Island  via YB9BU   ◎先方より送付
⑭OC-177 YE0A     Ayer Island 2010        ●12/30受領、
⑭OC-177 YB0/WK1S Ayer Island 2011   via JA1PBV   ●12/21受領、◎発送12/11
⑮OC-177 YE0M     Kaliage Besar Island 2012    ●12/30受領
 
⑯OC-236 YB8ZC    Kodingareng Keke    via YB8RBI  ◎ログオン返事あり12/2SASE
⑰OC-237 YC2MTA/P Panjang Island      via YB1TC   ●12/21受領、◎先方YE3AAより
⑱OC-237 YE1P     Peucang Island                  ●YB1TC 12/2SASE送付2USD
⑲OC-239 YB0MWM/9 Doom Island 2011                ●1/8受領、◎YB9WZJ確認メール
⑳OC-241 YE9R     Rote Island 2003                ●あり
 
21OC-242 YE8A     Taka' Bonerate Isls via YB8BRI  ◎ログオン返事あり12/2SASE
22OC-245 YE5R     Rupat Island 2007         ○11/27発信YB5NOF
23OC-271 YB8XM/P  Babar Island 2012               ○11/19リスト発信YB9BU
 
 Nusantara award申請のためのチェックリストも上記の結果をもって、websiteの方に掲載していただくことになりました。QSLマネジャも埋め込んでおりますので、アワード取得に関係なくお役に立てるとおもいます。1カ月ほどお待ちください。
 
【余談】
このQSLカードには「Desined by YB2TJV」とレポート欄の左下にありました。紙質もインドネシアのいままでのカードとしてはたいへん上等で、IT9EJWばりの手触りです。確認してみましたらNusantara awardのデザインも同じYB2TJVのデザインと入っていました。Daniさんは最近YE2RなどをはじめとしてYB局のロゴマーク利用が目立ってきましたが、それらのデザインをほとんど手がけているようです。QSLカードを地元で作り易くなるということは発行もしやすくなると思います。YB2TJV製のQSLカードが今後増えることに期待します。

2013年1月 7日 (月)

9-island IOTA tour

2013年1月10日よりF4BKV VincentとMM0NDX Colが9つのEU IOTAを回ります。IOTA Marathonをなさっておられる方にはポイントの大幅増が見込まれます。Colさんより届いたばかりの情報です。Twitterでも随時情報を流すというIOTA tourです。みんなでchasingを行いましょう。
 
Dear Shu,
Starting on January 10th look for Vincent F4BKV and Col MM0NDX to be active
from the following Danish, German and Polish IOTA:
   - EU-029 <http://www.rsgbiota.org/info/search.php?q=eu029&search=Search>
   , EU-128  <http://www.rsgbiota.org/info/search.php?q=eu128&search=Search>
   , EU-057 <http://www.rsgbiota.org/info/search.php?q=eu057&search=Search>
   , EU-129 <http://www.rsgbiota.org/info/search.php?q=eu129&search=Search>
   , EU-132 <http://www.rsgbiota.org/info/search.php?q=eu132&search=Search>
   , EU-042 <http://www.rsgbiota.org/info/search.php?q=eu042&search=Search>
   , EU-125 <http://www.rsgbiota.org/info/search.php?q=eu125&search=Search>
   , EU-172 <http://www.rsgbiota.org/info/search.php?q=eu172&search=Search>
   , EU-171 <http://www.rsgbiota.org/info/search.php?q=eu171&search=Search>.
Full itinerary can be found
*here<https://twitter.com/IOTA_Trip/status/286920748596088832/photo/1/large>
*.
Twitter: https://twitter.com/IOTA_Trip
73!
Col, MM0NDX
 
Ozdlsp_iota_tour_201302
Tour Mapを.pngファイルで送ってもらいました。ブログには重くて添付できません。ご希望者へはメールの添付ファイルで送付します。ズームイン、ズームアウトができて便利です。
 
Thank you very much for the nice informations, Col.
Probably many Japanese stations will be chasing and looking for you.

EU-125 Romo Island OZ1RDP 2013 operation

表題の局はここ10年くらい、毎年5月から7月にかけて1週間ほどQRVしてくれます。私もOZ-IOTAでは唯一の未交信で残しています。ドイツの未交信でありましたEU-042 Sylt Islandとは昨年2012年にようやく交信し、DL-IOTAを完了しました。このSylt Islandの北側にドイツとデンマーク国境を境に北海に面したところに位置しています。

 
昨年2012年5月にOZ-RDPの信号を21MHzSSBで初めてとらえましたが残念ながら交信にいたりませんでした。そこでメールアポイントによりOZ1RDPの責任者になるDL9BCP Guenterさんとアポイントが取れました。丁寧なメールをいただき、2013年の企画がまとまったら連絡をもらうことで終わっていました。2012年から2013年の手帳に切り替える際も5月初めのマーカーとして、「EU-125 OZ1RDP mgr DL9BCPへメール送付 5月連休中 」とメモをしていました。
 
この朝にGuenterさんよりかなり詳細なEU-125 OZ1RDPの企画を知らせたメールが届きました。そのまま添付するには彼の了解をいただく必要があると思います。従来の10-80mSSBの装備、160mの件、JAとの交信について、希望者について、現地でのメールやSkypeの利用など打ち合わせるべき提案もあります。多くのJAとの交信をかなり意識し乗り気のようです。BUT WE WILL BE VERY INTERESTED TO MAKE MUCH MORE CONTACTS TO JA-STATIONS!!!とメッセージにありました。
 
オペレーション日は2012年5月17日(金)正午から21日(火)正午までとのことです。18日と19日の週末がSkedの中心になると思います。交信の希望がありますならば多くのIOTA chaserに参加いただきたいと思います。ぜひ、ご一報ください。
 
なお、5月のQRVに向けてGuenterさんと調整していきたいと思います。

2013年1月 6日 (日)

Our friendships from Hans and Derek

昨日、JM2LEI長濱さんよりメールをいただき、SM6CVX HansよりP29VCX関係のQSLをダイレクトで届いた。さらにG3KHZ DerekからはP29NI関係のQSLを送るので住所確認のメールが届いたとの報告をいただきました。SASE請求はまだ先方に届いていないので驚いたとのこと。

 
そのメールを見た後、我が家は午後6時には郵便が届いていませんでしたが、午後7時には下記の封筒が届きました。
Img804
ぱっと見ただけではどこから届いたかまったくわかりませんでした。複数枚のQSLが入っていると感じました。YBからのQSLを待っていましたのでその一つと思い開封しましたところ二つ折りQSLカード4枚が入っていました。
 
Img805
OC-103 P29VCX Anosau IslandのQSLカードです。SM6CVX Hansから届いたものでした。
 
Img806
OC-135 P29VCX Buka Island
 
Img807
OC-025 P29VCX Manus Island
 
Img808
OC-240 P29VCX Loloata Island
 
2007年以来、JAの皆様のご協力によりDerekを通して500USD前後のドネーション支援を実施していました。私は2010年にP29のIOTAを全て完了しました。一昨年2011年のP29 2011はJA各局よりドネーション集めは停止し、個人的に3千円を寄付しました。この時もDerekよりP29のQSLの交信分を請求しなくとも送付してくれました。
 
2012年も個人的に3千円を支援しましたが、たまたまJI3DST舟木さんの3千円を預かっていましたので、一緒に送金しました。そして、P29 2012の終了時点にDerekへJI3DST分のQSLを直接舟木さんへ送ってもらうようお願いし了解を得ていました。
 
結果として、従来からのJAドナーに対し、JN6RZM, JI3DSTはもちろんのこと、JM2LEI長濱さん等へ直接にHansのP29VCXとDerekのP29NI並びにP29VPBのQSLが送付されたようです。つまり、従来一括してJN6RZMへ送り、私から転送する業務を彼らが直接に担ってくれたものと判断しました。
 
じきにDerekからも送ってくるものと思います。彼らの友情に感謝します。CQ誌ではP29 2012が最後のように書いてありましたが、彼らが数年前から利用していたBarbarian号の船主が売りに出していて、場合によっては使えなくなるという判断をしており彼らのP29 2013はまだまだ続きそうです。Hansからの御礼への返信がそう言っています。
 
Hi Shu
Many thanks also to you for all your suport.

Hope we meet again in my next expedition,,,, where not sure yat ?

Happy 2013

Hans SM6CVX
さきほど届きました。


2013年1月 5日 (土)

OC-070 YB8ZYZ new QSL information

昨晩、YB9BUのQRZ.comを確認しましたら、2012年6月に実施されましたOC-070 Ambon Island YB8ZYZのQSLマネジャになっていました。合わせてNusantara awardのチェックリストを確認のためにKadekへ送りました。その分を反映してNusantara awardのためにIOTA用のみならず島名を含んで掲載されていました。

 
なお、昨年2012年7月に実施されたOC-150 YE9IOTAはQSLカードが12月中旬に届き、すでに世界中から到着の報告が上がっています。OC-271 Babar Island YB8XM/Pに関しては返事がありません。(2013年1月5日11時30分JST)

2013年1月 4日 (金)

SA-096 LU6W news

IOTA chasers Forumに主宰のK0AP Draganさんからの書き込みがありました。
 
[IOTA-chasers] LU6W SA-096 news
Jan 03 - 2013
"The team arrived on the island but only two of the six crew left the elements for radio stations.
They returned to the coast due to health problems of the owner of the boat. All team members are well. Tomorrow will return to the island and will assemble the stations.
We'll wait until tomorrow."
73 Dragan K0AP
 
すでに2日遅れていますが、くれぐれも無理をしないようにお願いしたいものです。
年末にはJohanとCezarより「Dear Shu,Happy Holidays, see you from SA-096!」とメッセージをいただいていました。たいへん元気に出発したようですが、天候だけはどうにもなりません。

2013 YB-IOTA activities

2012年はYB8XM JoppyさんへFT-847とSpiderbeamの寄贈を行い、OC-249とOC-271 Babar Islandのペディションを実施していただきました。しかし、現実にはSpiderbeamアンテナは未使用のままであります。11月末よりJoppyさんの住まいであるOC-070 Ambon Islandからドナーを中心にサービスするようお願いしていますが進捗はありません。

 
同様にOC-271 QSLカードも11月終了時点でQSLプリントを12月末くらいに終了し、ドナー分だけでも1月初旬に提供できるようお願いしましたが、Joppy & Kadekからの返事はありません。VE6VK Russさんにも手伝っていただきKadekへ連絡中です。
 
そのYB9BU Kadekさんへは自宅からQRV可能とするための電源DM-330MVと移動用としてのIC-706mk2の提供を実施しました。すでに届いて実弟に受け取ってもらったと言うメールをいただきました。税金も支援するので金額等を知らせてもらうよう依頼していますが、すでに半月が経過しました。メール連絡は随時いれています。
 
インドネシアのアクティビィティを高める第3の人物としてYB3MM AdhiさんとはNusantara awardの関係でやり取りを行っています。このAwardの関係でインドネシアのIOTAからAdhiさん自身が5-6つのIOTAから出てくる可能性が高いと思います。Nusantara awardのおかけでで住居の近くや出張先の近くの島から出てくるケースがかなり増えてくるでしょう。
 
すでにJAからは5名がNusantara awardを申請済です。このお正月に4-5局の方が準備されていますので、Adhiさんを中心に確実に活性化が実現されそうです。ジャワ、スマトラ、セレベス(スラウェシ)、ボルネオ、イリアンジャヤ、パリ島の6島のうち5島を含む10島のQSLカードで申請できます。申請料も6USDをPaypal送金するのみで至ってイージーです。
 
そして、第4、第5の人物はYB5NOF JohnさんとYB8RBI Ramさんです。お二人ともにここ3ヶ月でQSLカード回収においてたくさんの協力をいただきました。JAのみならず諸外国からも未回収の報告があり、回収に成功しました。お二人ともにたいへん協力的でした。さらによくよく調べるとあまり目立ってはいませんでしたが、二人ともにNusantara awardレベルでは数多くのペディションをやっていました。私がQSL回収で接することにより、お二人ともにペディションの価値観を高めたものと思います。今後は新しい提案ができるものと思います。
 
さらに第6の人物が現れました。YB0ECT Priさんです。CWが大好きです。OC-269 YE7PやOC-270 YE6PのオペレータとしてYB1TC Kardiさんのもとで大活躍をしてくれました。今回、OC-177 YE0AとYE0MのQSL回収に協力してくれましたが、彼からYB8Y, YE0Mのジャカルタチームの出動を期待できるメッセージが届きました。
 
その中の質問としてメンバーは20-25名くらいいて、YBのトップクラスが集まっているとのこと。YE0MのYouTubeをぜひ見てください。ここには企業や個人からの支援が必要とのことです。そこで、過去のインドネシアアクティビィティに対するドネーションの状況をレポートしておきました。インドネシアチームに伝わると思います。
ジャカルタチームが実施したOC-221 YB8YのQSLカードに記載されたスポンサーを見ると、IREF,  GDXF,  Radio FM Jakarta,  ICOM(PT. Mirusa Graha)の4つでした。
 
ここのところたいへん有難いのは「Nusantara award推進のために」とお願いしますと多くのYB局がさらに協力していただけることです。間接的ではありますが、皆さまのNusantara awardの申請と取得をしていただけるとたいへん有難いです。ぜひご協力ください。 

2013年1月 3日 (木)

OC-239 YB9 Raja Ampat Island plan

年末にNusantara awardの準備を開始されましたJG1UKW宮嶋さんからJaOC-239 YE9I Jefman IslandのQSLカード回収の依頼をいただきました。Google検索で調べましたが、明確に分からず数名のYB局へ調査を依頼しました。

 
この朝にIrian JayaのSorongに住むYB9WZJ Joniさんから下記の返事をいただきました。
Hi Shu San
Happy New Year 2013Wish you all the best in 2013
I will try help for JG1UKW. I don't know who is QSL manager YE9I Jefman island. Because when YE9I QRV , I'm not be a Amateur Radio.Some operator for YE9I already silent key,but don't worry, will try QRV on OC-239 this year.I try to QRV on Raja ampat island
73 de yb9wzj
 
1990年QRVのYE9Iの痕跡を掴むのはすぐには判断できないようですが、Joniさんは2013年中にOC-239 Raja Ampat Islandsにペディションへ行く計画をしています。ここです。
 
Oc239_raja_ampatニューギニア島の西端にSorongがあります。そのすぐ西側に一昨年ペディションを実施したDoom Islandがあります。Raja Ampat Islandsはその北側67kmに存在する赤道直下の島です。すぐにYB3MM Adhiさんへ連絡しましたら、すでにJoniさんから聞いていたようです。次のメッセージが戻ってきました。
 
Yes, Joni YB9WZJ also invite me to qrv from Raja Ampat. We are now arranging the time of it
We will let you know after fix
Nusantara awardの推進のためにAdhiさんは3月にOC-245 YE6Aを運用しますが、JoniさんもOC-239 Raja Ampat IslandsからQRVを計画しています。多くの方にコールしていただきたいですね。そして、その運用価値を認めてあげたいです。上記地図の東側にはOC-275POC-276Pの二つが存在しています。きっと徐々に近づいていくことでしょう。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »