World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

IOTA Marathon for operation on March 2013

私のIOTA Marathonは2月末で400ポイントですが、結果は407の+7で2月を終えました。
今年の12月31日まで、各月10ポイントで500ポイントのシルバー賞に達成します。
                                                                                                                                                         
32月28日3月10日NA-011TX5K
33月8日3月13日OC-161YB6N
33月9日3月17日OC-245YE6ARondo Island
33月12日3月23日OC-015T2GM
23月20日3月27日SA-001XR0YG
33月21日3月27日OC-038ZL7LZ 
-3月26日4月16日OC-049A3EAQ-
23月30日4月13日OC-003VK9C/GM2MP15m
    
13 3月410
 
左端が目標の交信バンド数です。3ポイントで目標通りですが、可能な限り貯金を作っておかなければいけません。今月も10ポイント以上を達成しないとかなり苦しくなります。私の個人的データですが、ご参考ください。

OC-161 YB6N Nias Island website

YB1TC/3 Kardiさんより表題の詳細に関してのメールが届きました。

14名の大所帯で行くようです。

http://www.ybdxc.net/2013/02/yb6n-nias-island-dxpedition-2013.html#.US7_0ZczKDY.gmail
 
Good Luck
OM Anton YB5QZ & OM Imam YB4IR as QSL Manager
 
*de wong ndeso YB1TC/3*
 
 
 
 


詳細はこちらから
 
http://www.qrz.com/db/YB6N


Members of The Indonesian Amateur Radio Organization of North Sumatra Area and also YB0SAT/6, YB1HK/6, YB4IR/6, YB5QZ/6, YG5TZ/6, YB7GRN/6 will be QRV from Nias Island (OC-161) as YB6N

Activation of Nias Island (OC-161) from 8 March 2013 until 13 March 2013

Team Leader: YB6VK

QSL Manager: YB4IR

Team of North Sumatra Area: YC6HDZ, YC6ODD, YE6YE, YD6RMT, YB6CA, YC6JO, YC6LBH, YC6IXJ, YC6UAK

Band: 10M, 15M, 20M, 40M, 80M

Mode: CW, SSB, RTTY

 

Please NOTE!!

Because this is The Seasonal DXpedition event so for ALL QSLing must sent via QSL Manager YB4IR and the ending QSL Receive date until 31 August 2013 and after August 2013 NO QSL receive, only reply QSL by QSL Manager YB4IR



Hello from Kadek,YB9BU(27th Feb 2013)

YB9BU Kadekよりメールが届きました。12月中旬より入院しているようです。
 
Dear Shu-san.

I,m very sorry for my bad condition.
18 days in the hospital,high blood sugar...more than 400 hi,complicated with MAAG.
Now I,m getting better and now rest in the village.
Again sorry also for the YB8XM/P cards OC-271 its too late.
Please relay my message in to IOTA friends world wide.
Thank's and again very sorry.
Adhi,YB3MM visit in to my house 2 weeks ago and he knew my health condition.

73 & Arigato,

Kadek,YB9BU.
 
すぐに返信し、慌てなくても結構です。心配しないで、OC-271のQSLカードよりも貴方の健康の方が重要です。早く回復することを世界中のお友達が望んでいます。もし、時間がとれたら、時々メールで近状をお知らせくださいとお願いしました。
 
2012年11月のOC-271 YB8XM/P Babar Islands等のQSL発行をしばらくお待ちください。Kadekからの情報は随時当ブログでお知らせします。

2013年2月27日 (水)

GDXFとIREFよりのドネーション支援

この度、YB5NOF JohnのOC-208 Banggai Islandへのプランに伴い、彼と調整したうえで、GDXFとIREFよりドネーションの支援をいただくことが決定しましたのでレポートします。

 
YB5NOFは過去のペディションにおいて、QSO数に対するQSL請求の割合があまりにも低く、その実施の効果に疑問を抱いていました。昨年10月にYB-IOTAの焦げ付き回収支援によりFacebookでJohnと接触することに成功しました。私がその実施の効果をあげるようにJAと海外のQSL支援を丁寧にかつ、しつこくやっているうちにNusantara Awardが絡んできて、ますますQSLカードの発行の需要と供給が増加し、信頼感が大きくなりました。
 
この2月初めにOC-122 Tambelan IslandとOC-208 Banggai Islandの提案にすぐに応えてくれました。第1に私たちJA friendsが実施している資金サポートを説明し500USDをいつも目標に集めていることを伝えました。そこで、Johnのコスト見積もりをだしてもらいました。
 
Transportation costs and accommodation expensesとして、
①YB5NOF 500USD ②YB5QZ 500USD ③YB5RA 500USD ④⑤Palu members 200USD
Total 1,900USDが見積もられました。総勢5名の予算です。まるまる自己負担ならば、まず誰も無線などしに行かないことは確実です。
 
そこで、ドイツの友人のIOTA chaserであるDL5ME Marioにお願いして、以前より強い興味をもっていましたGDXFへ申請をチャレンジすることにしました。
GDXF(German DX Foundation)
http://www.gdxf.de/
会員制 約700名
Mailing listサービス、QSLサービスなどを実施。
DXCCのサポートが中心と思っていました。さらに敷居の高さを感じていました。YB5NOFは私以上に敷居の高さを感じて幾分逃げ腰でした。GDXFにはAS-167 XY4KQのペディションなどで有名なFrankや秘書兼ディレクターのDK8UH Lutzがおられ、気さくにメールで支援のメッセージを送ってくれました。Marioを含めドイツのIOTA界をリードする3人でした。申請フォームもDXCC中心ではなく、むしろIOTA中心ではないかと思うほどでした。
 
私が代行申請して良いとの許可をいただき、もちろんJohnの意見を主体に申請書を送信し、2日後にOC-208 Banggai Islandのレア度合いにより300Euro(400USD)の支援を決定していただけました。日本円で38,000円くらいです。もちろん、YB5NOF Johnは感謝感謝でありました。
 
続いて、たまたまOC-161 YB6N Nias Islandの件でメールをいただいていたW9DC DonよりOC-208のIREF申請を薦められていました。こちらはいつもJA9IFF中嶋さんのご協力で本人に申請してもらっています。そこで、Johnへ本人でないとできないと伝えましたが、一向に申請をされないので、GDXFの申請をひな形としIREFの申請データを作成しました。
 
IREF(Island Radio Expedition Foundation)
http://www.islandradio.org/
ドネーション送金制 129名
アメリカ テキサス州にあります。web申請に基づき世界中に7名のBoard of Directorにより支援の有無、金額などを討議して調整されます。その7名のお一人が中嶋さんであり、また一人がW9DC Donでありました。私は8年ほど前から5USDをPaypalで送金し、メンバーになりましょうという活動をしてきました。現在JAは32名(1名はSK)です。素晴らしい支援組織と思います。新しくIOTAを始められる方へは是非のお願いをしておりましたが、ここのところ停滞しています。
 
IREFの申請も私が代行で送りました。もちろん、初めての体験でした。昨日、中嶋さんからメールをいただき、IREFの支援額が500USDで決定したとのご連絡をいただきました。すぐにYB5NOF Johnへ連絡したことは言うまでもありません。Johnは即答で「まずは1000QSOsを超える」と返答がありましたね。
 
私はいままでIREFの申請は本人任せでした。今回はすべてお手伝いをさせていただき、やはり本当に感激しました。素晴らしい組織であると体感しました。残念ながらJAに無いんですね。ドイツやアメリカの先達メンバーは積極的に支援されますが、残念ながらJAではその様な交流がないですね。
 
JA IOTA friedsへも昨日に正式にドネーションのお願いを発信しました。今回は上記二つの組織からの支援もあり、また多くのJAの皆様にも参加いただきたく1000円としました。すでに30名を超えるお申し込みをいただいております。3月20日に締めきります。トータルで1400USDを目指しています。ぜひご支援ください。
 
このことにより、実施前の収支予算書、実施後の収支報告書(日本文と英文)を作成することにします。そのため、ペディショナーからも概算で支出報告書を出してもらうようにします。これによりさらにマネジメントができる風通しの良いペディション支援が実現できると思います。もちろん、ドナーの皆様へ配布いたします。

GDXFs

2013年2月26日 (火)

OC-161 YB6N Nias Island

YB4IR Imamよりメールが届きました。

わずか1行と訂正されたロゴマークです。
 
YB6N will be QRV from Nias Island, 7 - 13 march 2013 with QSL manager YB4IR


 
Yb6n
W9DC Donさんが徹底的に支援したようです。多分、ImamはDonとSkedを何度も組む
と思います。OC-161を確実に交信されたい方はPaypalで10USD程度をドネーション
とQSL送料として送ってみてください。きっと、Skedを組んでくれます。
2月17日にいただいたメールです。
 


Yes dear Shu.. I have paypal account yb4ir@yahoo.com
3月9日から17日まで、OC-245 YE6A Rondo Islandのペディションも実施されます。
確実に交信しましょう。

OC-208 YE8B Banggai Islandペディション支援の依頼発信

本日下記メールをいつもご協力をいただいているIOTA chaserの皆さんへ発信しました。

 
 OC-208 YE8B Banggai Island(4/26-5/2)ペディションへのご支援のお願い
 
皆様、
 
表題のペディションが4月26日から5月2日に実施されることが決まりました。
ここにOC-208 YE8B Banggai Islandペディションへのドネーション募集をさせていただきます。YB5NOF JohnとYB5QZ Anton等、総勢5名で実施されます。オペレータの2名はCWとRTTYを中心に80-10mにQRVされます。
 
すでにYB5NOF Johnと打ち合わせをしてGDXF(German DX Foundartion)へDL5MEの支援をもらい300EURO(400USD,38000円)の支援決定し、さらにIREFへJA9IFF中嶋さんにお手伝いをいただき500USDの支援を決定しました。JAグループより400USD、EU/NAグループより100USDを目標にドネーションの募金を実施いたしますのでご協力くださいますようお願い申し上げます。
 
そのため、1,000円(10Euro, 15USD)とさせてください。海外からの希望者もありますが、JAを40名程度、EU/NAより10名と考えたいと思います。すでにQSLカードの調整も始めました。一気に準備しますので、3月20日(水)期限とさせてください。QSLカードはJN6RZMが一括してYB5NOFより受領し、転送します。
 
送金先
①西日本シティ銀行 博多支店 普通 1889911 山本 修二
②ゆうちょ銀行  17410-29230291 山本 修二
③Paypal   jn6rzm@nifty.com
 
以上、よろしくお願いいたします。
なお、すでにブログで発表したため、20名ほど申し込みをいただいております。重複しますが、お許しください。また、このペディションの終了後にOC-109 Natuna Selatan IslandsとOC-122 Tambelan Islandsのプランが作成される予定です。
 
Shu JN6RZM
 
この文章を発信するまえにJA9IFF中嶋さんよりIREFより500USDの支援が決まったとのメールをいただきましたので、YB5NOF Johnへ連絡しました。中嶋さんへの御礼と、1000QSO超を目指すそうです。
 
John E. Daluas

My thanks to you first and to JA9IFF too...hope our activity will be success with more then a thousand QSO

Yb5nof_john

YB5NOF Johnさんです。アメリカの映画スターJoel Brinerに似ていると言われるそうです。hi

2013年2月25日 (月)

インドネシアのアワード、Nusantara Award 60Islands達成

2013年2月25日にNusantara Award主宰者のYB3MM Adhiさんより50と60のシールが届きました。Nusantara Awardの新規取得はインドネシアの10島からのQSL取得(ただし、ジャワ、スマトラ、ボルネオ、バリ、スラウェシ、イリアンジュヤの6島中、5島を含む)と2名のGCR、またはQSLカードの実物ファイルのメール添付送付、Paypalにより6USDを送金することです。追加申請は同様にGCRまたはQSLカードの実物ファイルのメール添付送付と1USD送金です。

 
10月にAdhiさんより申請して欲しいと連絡があり、正直いやいやながら申請しました。IOTA申請で使いました46島で新規申請しました。ところが、Nusantara Awardのための申請リストのエクセルファイルを作成しているうちにはまってしまいました。驚くほどYBの島と交信していたことに気づきました。その結果23島の追加QSOを洗い出し、2012年11月27日よりQSL回収を行いました。現在累計で63島です。あと6島回収中です。
 
Img838_1680x1274
注意すべき点はOC-034 New Guinea, OC-088 Borneo, OC-148 Timor, OC-295 Sebatik各島は、YBの免許である局とのQSLである必要があります。
意外と回収できないのが、OC-088 YB7のQSLです。交信は沢山していますが、QSLを意外と持っていないようです。
 
今回感じましたのはYBのアクティブ局の多くがNusantara Awardを取得しています。YB5NOFもそうです。ですから話がしやすくなったのです。また、Nusantara Award取得のために協力して下さいと申し上げたら、多くの局が協力してくれました。中にはSASE不要で送ってくれた局も数局ありました。皆様のNusantara Award取得をお願い申し上げます。

IOTA-VE7 wanted list 中間報告(2月28日に締めます)

2013年2月17日に当ブログでお願いとして発信しましたVE7の未交信調査のための協力者は2月24日現在、19名に達してびっくりしています。

 
私はVEのIOTAは北極海や大西洋回りのIOTAはからっきし駄目ですが、太平洋回りのVE7-IOTAは2003年6月に交信したNA-181 VC7Kをもって完了していましたので、最近IOTAを始められた方を除いてある程度IOTAをされている方は簡単に終わっているものとばかり勘違いしていました。
 
そのため、たまたまVE7DPがVE7のIOTAを巡りますと聞きましたので、その延長としてDU-IOTAのペディションを願い、軽い気持ちで当ブログに発信してしまいました。
 
本日現在の19名のデータを客観的に見て、多分Frankは2-3年かけて全部回るのではないかと思いました。それには一人でも多くのエントリがあった方が可能性が高まると判断しています。完了の方は不要ですが、未交信のIOTA-VE7を2月28日までにお知らせください。
再度のお願いをさせていただきます。

NA-041 KL2AXとのスケジュール

2013年2月23日24日の週末にJohn KL2AXとSkedを実施しました。昨年からIOTA Marathonをやっている中でクラスターで見つけてそのうちSkedをと思っていましたが、失念していました。N7ZYSとのSked失敗でKL2AXをIOTA MarathonのリストのNA-041に補記していたのを見つけ早速Skedの依頼をした次第でした。QRZ.comにはCWマンでロングワイヤーを使用しているようでした。

 
土曜日、日曜日と数局が交信に成功されましたが、私は交信に至らず。Johnから月曜日もやろうとメールが届き、この朝もトライしましたが、まったくコピーできませんでした。ビームvsピームがベスト、どちらかがビームが2番目、そしてどちらもワイヤ系のDP/GPになるとその成功率はかなり苦しくなります。
 
しかしながら、一発で交信するとそれきりで終わってしまいますが、交信できない私には次々とプレゼントのように次のSkedが舞い込みます。タイトルは「No Joy」でした。

Hi Shu, No luck today, the band just started getting warm abt 10 mins ago on 17m and 15m, made a contact with UA0IT but could hear no JA stations.  I can try again tomorrow if you can, i will be going out of town maybe on tuesday, back by friday!  We will make the contact someday! Thanks for trying! Best 73 Jon

前回のメールでは仕事をリタイヤされたことがかいてあり、いつでもSkedに応じるよと伝えてきました。このメールでね優しく親しみを持って次のSkedを連絡してきました。しかも名前はJohnからJonへ変わったようです。つまり、交信できないことがJohnとの交流を深めてくれます。
 
Johnは多くの局と交信することを望んでいるようです。IOTA NA-041をご希望の方はご一報ください。

2013年2月24日 (日)

OC-208 YE8B Banggai Islandについて

この朝のいただいたYB5NOF Johnさんのメッセージです。

 John E. Daluas

Tnx Shu san I still wait for a good news from the...next week I will be back to Pekanbaru and start to prepare our equipment there and to send a letter to Palu for arrange with theme in Palu... after then I go to Palu for technical meeting.

 点点々のところはIREFからの回答を言っているようです。JA9IFF中嶋さんがIREFのBoard Directorとして頑張っていただいております。IREFの存在を今回ほど有難いと思ったことはありません。結果はまだ出ていませんが、やはり素晴らしい支援組織と再認識しております。

 OC-109 Natuna Selatan Islands、OC-122 Tambelan Islands、OC-208 Banggai Islands、そして、YB5NOFとYB5QZが住むPekanbaruは以下の位置づけです。

Yb5nof_point

最初にYB5NOF Johnさんにお願いしたのはOC-122 Tambelan Islandでした。すぐに友人のYB5QZ Antonさんを誘って行こうということになりました。OC-109と合わせて連続で行くと言っていました。さらに私の未交信がOC-122とOC-157 Banda IslandとOC-208 Banggai Islandsとお話しし、OC-157はYB8XM Joppyさんへお願いしていることを伝えました。するとJohnさんは先にOC-208 Banggai Islandsへ行く意思決定をしてくれました。その理由はセレベス島からビームアンテナや電源、支援者を調達できるからです。

したがって今回はEU/NAへの奥深くまで1週間かけて大サービスを考えているようです。当然コストがかかってしまうために支援が必要です。明日、JohnさんはYB8スラウェシ島のPaluへ行って4月26日からの準備と、OC-208 YE8Bの免許を受領されます。

この時点で正式にドネーションご支援の依頼を発信させていただきます。この成功が、OC-109、OC-122へとつながります。ご支援をぜひお願いいたします。

Oc208_map1

PaluとLuwuk、そしてOC-208 Banggai Islandsの位置を示します。PaluからLuwukへは陸路を走るのか航空機の利用かは未確認です。LuwukからBanggai Islandsへは多くの船がでています。このBanggai Islandはスキューバダイビングのメッカです。検索ソフトで確認するとこの関係のwebsiteが目白押しです。諸外国から多くのダイバーが集まっていますので、もっとはやくQRVできるものと思っていました。

Oc208_map2これがBanggai Islandsです。電気、水道などのインフラは場所にもよりますが、比較的に整備されています。予備に発電機も持っていくようです。OC-245 YE5RのQSLカードを昨晩掲載しましたが、この写真のイメージになると思われます。

NA-041 N7ZYS & KL2AXとのスケジュール

先般、DX summitにNA-041 N7ZYSがスポットされていましたので、すぐにメールを送り、Skedの依頼をしました。JAから7名の参加をいただきましたが、私はお膳立てはできるのですが、彼らの信号が弱く、聞こえないことも多いです。そうすると聞こえる局は順番や先方からのコールに関係なく呼び始めます。私はそのコールが聞こえますと、呼んでいるのか呼ばれているのかさっぱり分からなくなります。正直、ぐちゃぐちゃ状態になります。

 
裏では本人とメールやり取りをしますが、やはりアパマンハムがお膳立てするSkedにビーム利用の局と混合するとある意味の草刈り場になってしまうと感じています。
 
この朝はKL2AX Johnと午前8時からSkedを開始しました。昨日に第1回目を実施しましたが、No signalでありました。朝一番にメールを確認すると「時間を間違えた」とJohnからのメッセージがありました。これで本日は間違いなくでてくると確信しました。
 
結果は参加の皆さんからもメールが届きましたが、Johnからのメールです。
 
HI Shu,
The schedule worked fine for me today! I was not able to copy your signal, I think I heard part of your call but could not be certain so yes let us try again tomorrow. The band was a little weak on 20m but  on 17m   I was able to copy JI3DST , JK1TCV, JQ0AZG ,JI1RXO and JA1AGG.  On 15m  heard was JI3DST,JK1TCV  and JA6FIO,  so the higher band were performing well.  Good luck for tomorrow's try Shu, hope to hear you!
Thanks for the fun meet!
Sincerely John
 
と、Johnよりメールが戻りました。残念ながら私はまったく聞こえなかったのが現実でした。しかしながら、私と交信できるまで、Johnは何回でもSkedを組んでくれる関係になってきたようです。まだ、4回くらいしかメールのやり取りをしておりません。多くのJAの皆さんにこの程度の調整、橋渡しをできるように力を付けていただくよう望むところです。明日に再度トライします。ひょっとしたらずっと続くかもしれません。(笑い)

38年前の思い出 for my JCGサービス

IOTAとは関係ない情報です。1975年5月号ハムライフという雑誌の記事を見つけましたのでご紹介します。

 
昭和47(1972)年7月にJH6DVLのコールサインでようやく開局しましたが、当時は21MHzを中心にDXを楽しんでいる方が沢山おられました。一方、モービルハム用の2mリグが爆発的に普及し始めコールサインの進み方も尋常ではないほど進んでいました。
 
私はすぐにCWの魅力に取りつかれ、14MHzのQRVと100ワットの電波監理局検査を受けました。一方、HFを楽しむローカル局も多く、福岡県早良郡、佐賀県唐津市、多久市、福岡県山田市、筑紫野市とJCCペディションも楽しんでいました。
 
1975年3月1日付けで福岡県早良郡早良町が福岡市西区に合併され、早良郡が消滅することになり、その最終の2月の日曜日にJA6CJR局の自宅からサービスしたものです。
 
Img833_928x1280ちょうど、ぴたり38年前でしたので記念に掲載させていただきました。
右下のところに岡山県児島郡藤田村とありますが、JF4VZT澤山さんのご住所ではないかと思います。なんだか妙な縁を感じます。
 
虫眼鏡を使わないと見えないかもしれません。ファイルをダウンロードしてください。

2013年2月23日 (土)

OC-245 Rupat Island YE5R & OC-107 Singkep Island YB5NOF/P QSL

本日午前中に書留が届きました。12月初めにインドネシアの初めてのアワード、Nusantara AwardのためにYB5NOF Johnさんに請求していました2枚のカードが戻りました。合計で4枚Nusantara Awardのために必要となりましたが、正月明けに届いたQSLカードが間違っていたため、再度送り直してもらいました。送りなおしたものが届かなかったので、17日に再度お願いしましたら18日に速達書留で送ってくれたものです。5日で到着する早さです。

 
Img834_1280x820
OC-245 Rupat IslandのQSLです。4月26日より5月2日までに実施されるOC-208 Banggai Islandのペディションはこのイメージに近いと思います。YB5NOF JohnさんをリーダーにYB5QZ Antonさんがサブリーダー、技術担当としてYB5RA、地元Paluより2名の計5名です。ちなみにJohnさんは左から●番目、Antonさんは同じく左から4番目です。もっとビームを高く上げてほしいですね。QSLカードをしっかり見ていただくと運用スタイルがわかります。なお、二人ともRTTY/CWが大好きです。
Img835
Nusantara Awardに1Island追加です。62Islandsとなりました。
 
Img836
OC-107 Lingga Islandです。OC-075,OC-106, OC-107,OC-108,OC-109, OC-122すべて共通カードです。OC-122 Tambelan Islandへ行くつもりで印刷したようです。
 
Img837
Nusantara AwardのためにSingkep Islandと手書きしてもらいました。2000年7月のOC-107 YB5NOF/PはすべてSingkep Islandとなります。
すぐにJohn宛へ御礼のメールを送りました。すぐに返事が戻りました。
 
John E. Daluas

Tnx for info...if Ur Japanis friend has problem for my QSL card just
say me...all my operation on IOTA still on my log book. Cu agn Shu San

多くのハムがカード請求で事故に遭われたのではないかとたいへん心配しています。これから請求される方はぜひメールで私宛へご一報ください。彼はセカンドアドレスを使用しています。それをお教えします。
これでNusantara Awardは63Islandsとなりました。史上初の60Island達成としてORARIのNewsに記事を出しますとYB3MM Adhiさんより連絡がありました。
 
ぜひ皆さん、YB5NOFのQSLカードを再度ご確認ください。前に掲載しましたIndonesian Island check listをぜひ利用して下さい。

2013年2月22日 (金)

YB5NOF 支援状況 6 (QSOvsQSL請求の割合)

YB5NOF Johnさんへの支援は順調に進み始めました。数名の方からドネーションの申し込みをいただきました。昨晩に再びJohnさんより相談をいただきました。「Spiderbeamを購入したいのだか。もちろん自費で購入したい」と言ってきました。

 
その理由は4月26日からのOC-208 Banggai Islandへのペディションには、Sulawesi島のPaluに住むハム仲間より3エレビームアンテナをレンタルできるが、OC-109 YE5SとOC-122 YE5TはPaluの仲間は参加せずにYB5QZ Antonさん等の2-3名になり、ビームが準備できないのでその対応として考えたいとのことでした。
 
昨年OC-271 Babar Island終了後にドナー全員へ報告しました収支計算書ファイルをこの朝に送付しました。
 
話は少し変わりますが、YB5NOFのQSLマネジャ探しに回答をいただきましたJO1CRA四十物(あいもの)さんにJohnさん自身がQSL発行を実施すると報告する中で四十物さんがQSLマネジャをされているV31IZや7P8ZMのQSOvsQSL請求の割合をレポートいただきました。
 
V31IZ:150/2100 7% 7P8ZM:70/1100 6%(7P8はQRT間もないので、まだあがると思います)という状況で、N7ROやN6AWDにもデータ協力を依頼して欲しいとのご提案をいただきました。実は私もこのデータはIOTA peditionerを支援する観点でたいへん重要な要素と思っています。
 
2005年OC-269 YE7Pと2006年OC-270 YE6Pを実施したYB1TC Kardiさんからのぼやきとして、その前年に実施されたOC-245 YE1Pと合わせてJA向けのQSLカードをいれた段ボールが3箱目の前にあると言っていました。YBのビューローは機能せず、DirectのためにQSO分のプリントをしたQSLカードがそのまま残ってしまっています。
 
ここで話が再びYB5NOFへ戻ります。YB5NOFは過去に沢山のIOTAペディションを実施しています。ところがなぜか今までIOTA peditionerとして脚光を浴びなかったようです。私も国内外のIOTA chaserのYB5NOF関係のQSL回収支援を実施しています。昨日のやり取りの中に1月にvia YB5NOFから回収のJH4GJRさんの支援をしました。
 
John E. Daluas
Thanks for ur help Shu San, I can't do it alone...so I hope this pedition wil be success. Another informs for our friend TOSHI SAN JH4GJR...his card will send to day He is OK on my log for OC-107 and 108...on my log too many Japan's wkd with me but QSL card as I received no more then 10 %...may be they send via bureau...ok Shu san...I still wait ur information for make the OC DXPEDITION success.
 
なんとYB5NOFのQSOvsQSL請求の割合はトータルで10%+α程度とのこと。大きな問題と感じています。JH4GJRさんからのQSLのお世話を終えて、本当に嬉しそうにしているJohnさんの気持ちが組み取れると思います。
 
Directでしか回収できないことはありますが、このQSOvsQSL請求の割合が低いと無駄が多くなりペディショナーのヤル気をなくしていくと思えます。どうぞ、QSLカードを請求しないQSOを極力少なくしていただけますようご協力をお願いしたいです。また、交信されましたならば速やかにQSLカード請求をしていただきたいと思います。
 
YBは郵便事故も確かに多いです。JohnさんはQRZ.comのパスワードを失い、second addressにて対応してくれていました。今回新しいPOBを開設し、QRZ.comのBiographyに回収方法の詳細を掲示してくれます。

2013年2月21日 (木)

YB5NOF IOTA ペディションへの支援状況 5(ドネーションを開始します)

この朝にYB5NOF Johnより正式にYE8B Bangai Islandの免許が許可になったとの連絡がありました。さらに、来週から3月下旬までスラウェシ(セレベス)島のPaluへ訪問し、YE8B免許状の受領、Paluからの参加者の決定、アンテナや発電機などの調達を調整するとのことでした。

 
そこで、3月下旬にIREF(Island Radio Expedition Foundation)への支援申請でも良いとは思いましたが、ほぼ概要が決定しましたので、IREFの申請を今週中に済ませるようお願いしました。本人が本人のPCからするものと思いましたが、調べてみますと代行も可能と判断し、申請様式の項目ごとにtextに作成しJohnと数回ファイルでやり取りしました。
 
夕方6時に完成し、IREFへ申請を完了するとともにIREFのBoard Directorを担当されていますJA9IFF中嶋さんへ様式を合わせて送付しご協力のお願いをしました。また、すでにドネーションを送っていただいたW9DC Donへもご参考として送りました。
なお、「What other support have you obtained for this expedition, if any? 」というIREFの設問に「Yes. I get the JN6RZM Japanese IOTA friends group and already got the GDXF this week.」と報告させていただきました。
 
ここにOC-208 YE8B Banggai Islandペディションへのドネーション募集をさせていただきます。1,000円(10Euro, 15USD)です。海外からの希望者もありますが、JAを40名程度、EU/NAより20名程度までで締めきりたいと思います。QSLカードも一気に準備しますので、3月20日までとさせてください。QSLカードはJN6RZMが一括してYB5NOFより受領し、転送します。
 
送金先
西日本シティ銀行 博多支店 普通 1889911 山本 修二
ゆうちょ銀行  17410-29230291 山本 修二
Paypal   jn6rzm@nifty.com
 
 
 

2013年2月20日 (水)

YB5NOF IOTA ペディションへの支援状況 4

昨日、GDXFからのメールを確認後に私とJohn YB5NOFとの会話内容です。(Johnのみ)
 
GDXF Lutzからのメールを見ました。
ORARI HEAD QUARTERから早くYE8Bのライセンスをもらいたいです。
その後にOC-208 DXpeditionのアナウンスを開始したいです。
 
多分私はORARIからライセンスをもらうために、来週セントラルセレベス州都のPaluへ行くでしょう。免許を受けた後の3月下旬に戻ってきます。あなたのアイデアの通りOC-208へは4月26日に開始し5月2日までとしましょう。ところでQSLマネジャーへのアイデアはありますか。
 
私のQTHは、
* PAMULANG PERMAI 1 BLOK i/12
Jln. Rajawali RT/RW 004/022
Pamulang Barat
Tangerang Selatan
BANTEN 15417
*. PO BOX 194 CIPUTAT 15400 です。
QRZ.comに掲載できますか。
 
私はPekanbaruにPOBを持っています。年間120.000Rpです。しかし、昨年12月にクローズしました。このアドレスをQRZ.comへ登録できますか。
あれれ、確かパスワードがありましたが、忘れてしまいました。hi hi
 
私は今日YB5QZ Antonとコンタクトをとります。すでにOC-208の件は知っていると思います。今日はYB8Bライセンスの件でYB1PRと会います。
 
もし私がQRZ.comに新しい住所を登録できたら、QSLingのための最高の情報を掲載します。
 
All OKです。全てのQSLカードはダイレクトで受けます。そしてダイレクトで返信します。ビューローも使えますが、返信がほぼできないです。
またお会いしましょう。
 
このほかにIREFに関してURLやペディションの評価基準、申請方法を説明しています。Johnはライセンスがおりて全てにとりかかるようです。このOC-208 Banggai Islandの成功によりOC-109 YE5SとOC-122 YE5Tのプランに取り掛かるようです。

YB-IOTA を過去ログから見つける方法

2013年2月15日投稿の記事「Indonesian Islands list 2013 FEB for Nusantara Awardの公開」で、エクセルファイルを掲載しましたところお宝を見つけたとのご報告をJA7BWT時田さんよりいただきました。
 
過去のYB Island operationを可能な限り掲載し、IOTA Directoryの掲載順にすべてのYB局、すべてのQRV date、すべてのQSLinformationを盛り込んでいますので、一見の価値というより、一確認の価値は十分にあると思い、多くの皆さまへ必ず喜んでいただけると思います。
 
時田さん曰く、数件見つかった。そのうちのいくつかがYB9BUの分とのこと。このように長くDXを楽しんでおられ、途中からIOTAを始められた方には絶対にお役にたつファイルと確信しております。インドネシアのアワード、Nusantara Award申請のために作成したのですが、IOTA-YBの過去ログチェック、QSL回収にお役にたちます。
 
この朝にK3EST Bobよりメールをいただきました。皆さんご存じのCQ WW contestの前Directorで、超有名なコンテスターです。YB-IOTAの回収に関してのご相談でした。あまりにも有名な方ですが、IOTAは申請していないと思います。このクラスの方がIOTAを一生懸命になられることはたいへん喜ばしいことです。しかもしがないアパマンの私にご質問のメールをいただけるとは本当に有難いことです。IOTA chasingの素晴らしさを感じます。

2013年2月19日 (火)

はじめてのGDXF利用 for OC-208 Banggai Island 2

この朝にGDXG(German DX Foundation)のSecretary & QSL-Managerを担当されるLutz, DK8UHよりメールが届き、300Euro(400USD)、日本円で38,000円のサポートをいただくことが決定しました。あまり大きな声では言えませんが、「快挙」と言ってよいでしょう。

 
Hello Shu and John,
 
我々はIOTA DXpeditionのサポートについてBanggai島(OC-208)の申請を受理し、ここにドイツのDX財団GDXFは、諮問委員会を開き、申請に関して議論し次の通り決定した。これは、あなたに知らせるためであにあります。300ユーロ(約US $ 400)をDXpeditionをサポートしています。私はあなたに期限内にお金を転送するために私達の会計係に指示しました。あなたより報告のありましたPayPalアカウントへ送金します。我々は、すべての成功をお祈りしております。
 
ジョンのDXpeditionの今後の予定では、興味深いものです。ところで、私は個人として私のコレクションを拡大するためのOC-122を必要としています。
(現在952 IOTAs)。
 
73、
Lutz, DK8UH
Secretary & QSL-Manager, GDXF
 
DL5ME Marioが窓口になってくれました。GDXFのDL4KQ Frankがサポートに入ってくれ橋渡しをしてくれました。そして、DK8UH Lutsが秘書として対応していただけました。IOTAに対する評価がたいへん高いと感じました。最初に申請フォームにIOTAを入力する箇所があり、DXCC中心と思っていた壁がなくなりましたが、それ以上にIOTAを大切にする方がたくさんおられることに感激しました。
 
GDXFに関してご興味のある方はGoogle検索で調べてください。サポートが必要な場合はご一報ください。

2013年2月18日 (月)

インドネシアのIOTA進捗状況(2013.Feb.17)

インドネシアのIOTAアクティビティが急上昇しそうです。2013年2月17日現在の状況を報告します。

 
①YB8XM  OC-271 Babar Islandが終了した直後より、自宅ののあるAmbon Island OC-070よりQRVするよう提案をしていますが、動向がありません。特にSpiderbeamアンテナを寄贈しましたが、Babar Islandへ持っていっただけで実際には使用していません。リグとアンテナがありますので、ぜひSpiderbeamアンテナの威力を聞かせてほしいものです。
 
②YB9BU 現在入院中。OC-271のQSL発行の進捗を求めていますが情報は止まったままです。また、寄贈しましたIC-706mk2などは自宅に届いたとの回答のみです。そのためのドネーションも保留しています。調整せずに全額Kadekへ送金して精算したいところです。
 しかしながら、この二人が動き出すと2013年後半にでも大きな動きがでるでしょう。前半は休養でしょう。
 
③OC-245 Bunta Island YB6AR/P 残念ながら2月16日午前1時前に7165でスポットがあがりましたが、その2件のみでした。ロゴマークや自作のSpiderbeamアンテナの写真を発表した割にはお粗末な結果になりたいへん残念です。
 
④OC-245 Rondo Island YE6A 3月9日から17日を予定しています。上記のYB6AR UcokにYB3MM Adhiが加わります。AdhiよりJAから参加を要請されました。CWもありますので、上記より少しはましになるとは思います。かなり心配しております。
 
⑤OC-161 Nias Island YBDXCが主宰します。その責任者がYB4IR Imamです。3月8日から13日で決定したサポートがもらえるならばお願いしたいとのメールをいただきました。OC-161は過去に実施したこと、準備の期間が無いこと、他の支援で手いっぱいであることを伝えてお断りしました。逆にUSAチームからはぜひ支援したいとの申し出があり、私がYB4IRよりPaypalアカウントを聞き、既にW9DC Donが個人的に25USDを送金されました。他のUSA局もSmall donationを送っている可能性があります。特別コールを申請しているようです。希望者があればPaypal利用でご支援ください。メールをいただければお伝えします。
 
⑥OC-208 Banggai Island YE8B とりあえず、YB5NOF Johnの意見を聞いて、GDXFへ申請を送りました。5-7daysで結果報告をいただきます。4月26日から5月2日を予定です。5名。八木ビームを使用する。ただし、コールサインを含めて変更の可能性があります。今週中にある程度決定すると思います。すでにW9DCより25USDをPaypalで私の口座に入金いただきました。まだ早いです。(笑い)
なお、、OC-109並びにOC-122はとりあえず6月と7月と当初予定しましたが、7月と10月くらいに変更すると思います。こちらは機材の調整が重要となります。
 
ここに書くとWorld DXにどんどん取り上げられてしまいますが、冷や冷やしています。可能な限り正確で素早い情報を伝達したいのですが、日本国内の感覚でお伝えしているものがいきなりイコール世界的情報になってしまいます。YB局が驚いてメールが来るたびに当ブログの閉鎖を考えたりしております。
 
個人的には伝えることよりも実質的な支援の方が有難いことは言うまでもありません。ドネーションのみならず、Nusantara Awardの申請、ましてやIOTAの申請は当然と思っております。
 
【追記】さきほど新しい情報がYB3MM Adhiさんよりはいりました。
 

As explained by Ucok YB6AR. His Bunta Island operation is Fun DX-pedition. It is used for simple testing and checking for preparation of Rondo Island. That's why, they were operating only a few hours.

Adhi YB3MM
 
Other information : YE6N from Nias Island cancelled. Instead of this, the operator will use his home call YB4IR/6 The date will be arrounf 10 - 16 March 2013
 
OC-161はグループで実施するのではなく、YB4IR単独で実施するようですね。日程がまだ動く可能性もあるようです。W9DCのドネーションが効いているのかもしれません。Imamの性格としてはUSAを中心にサービスするのではないかと思われます。

2013年2月17日 (日)

V63ZM operation is not OC-010 but OC-011

IOTA Marathonを楽しんでおりますが、表題のOC-011は2012年に15mで交信済みですが、まだ2バンド必要でした。 V63ZMが出てきましたので、すぐにIOTA reference numberを調べました。

 
QRZ.comにOC-010とありましたが、さらに調べるとQSLマネジャのM0URXで下記の文書を見つけました。

V63ZM

I'm now in FSM Chuuk.  No radio tonight, as light lost before antenna work complete.  Hope to be fully operational tomorrow, Thursday from around 1000z.

QTH Chuuk Islands IOTA OC-011 Federal State of Micronesia.
Please note that the QRZ.com entry is not correct for the IOTA reference, this is from a previous licence holder.

73 Bob V63ZM  - QSL Via M0URX

間違いなくOC-010ではなく、OC-011 Chuuk Islandであることが確認できました。20mCWで交信し、スポットをあげました。すると、OC-010の間違いだとメールがきました。すぐに上記の文面をメールしました。
 
そして、本日12mCWで3バンド目を交信し、クラスターへあげましたところ、再び、OC-010ではないかとのメールが届きました。しつこいなと内心思いながら確認するとなんとK6VVA Rickからでありました。
 
皆さんどうぞ、お間違えの無きようお願いします。ときどきYB局のQRZ.comが間違っていることがあります。本島に住んでいて、一番近いIOTAをQRZ.comのDetailに書いている場合がありました。ご留意いただき、IOTAを楽しみましょう。
 
ご参考
http://www.m0urx.com/

IOTA-VE7 wanted list

2月はじめにIOTA Marathonを目的にNA-036 Vancouvar IslandとのSkedを依頼されました。そこで、私が1年前に依頼して14/21MHzで成功したVE7DP Frankと2月9日10日にSkedを18/21MHzにて実施しました。FrankはDUへのIOTAペディションで有名ですが、NA-036のニーズに大満足でありました。

 
今週は土曜日は希望者が無く、時間調整のために日曜日のSkedはこの朝に届いていました。前回寝坊されて参加できなかったお一人のみでした。

GM  Shu-san , yes, I can try this  Saturday - 16/Feb  ....  will  QRV  18.080 +/-  QRM   at  23:00  UTC  and will QRX  for  JI3DST . I hope we have propagation  because the  forecast for DX is not good today ... also 15 m very QRM because of  ARRL  CW-contest ; if  no QSO , we can make another SKED  next week. For your information , this year I hope to be QRV from  other  VE7-islands - when my schedule is complete I will email you and you can publish  the details  on you blog . 73 , Frank

 
すぐにそのお一人に転送するとともに再び朝寝坊されないことを祈りました。
8時に18080のコールが始まりました。応答が一回目に無かったので、軌跡としてのクラスターアップを実施しました。2回目に応答があり無事に完了しました。しかし、クラスターに気付かれたJAが次から次とコールしてきました。10から20局近くは交信したのではないかと思いましたが、8時25分には呼ぶ局がなくなりQRTしてしまいました。
 
すべてがIOTA chaserでしたら素晴らしいことですが、FrankはQSLはビューローに回すと打ってQRTしました。これだけの局に呼ばれてやはり満足したようです。いままで、NA-036 VE7DPを個へ本人が意識していなかったようです。全てがIOTA NA-036を必要とする方ではありませんが、彼にとってはたいへん大きな発見だと思いました。それが、上記の文面にも出ています。
 
昨年9月にNA-161 Plesant IslandからVE7DP/KL5でQRVしました。私はIOTA new oneでしたので連絡をとってしっかりと打ち合わせもしていたのですが、私のアンテナではまったく信号をとらえることができませんでした。ここで、IOTA-VE7へのプランを企画しているようです。
 
私はIOTA-VE7は随分前に完了していますが、新しい方のためにIOTA-VE7 wanted listを作成し、Frankへ伝えたいと思います。以下の部分をメールへコピーして各行の前に有無を書き入れ、jn6rzm( )nifty.comへお送りください。2月28日に締めて3月1日にFrankへ送ります。
 
BRITISH COLUMBIA PROVINCE
NA-036 d.BRITISH COLUMBIA PROVINCE (VANCOUVER ISLAND) group(56.1%)
NA-051 c.BRITISH COLUMBIA PROVINCE (HAIDA GWAII) group(38.0%)
NA-061 a.BRITISH COLUMBIA PROVINCE NORTH group(30.5%)
NA-075 e.BRITISH COLUMBIA PROVINCE (GULF ISLANDS) group(40.4%)
NA-091 b.BRITISH COLUMBIA PROVINCE SOUTH group(25.8%)
NA-118 f.BRITISH COLUMBIA PROVINCE (DUNDAS ISLANDS) group(30.5%)
NA-181 g.BRITISH COLUMBIA PROVINCE (ESTEVAN GROUP)(18.9%)
 
Iotave7
IOTA-VE7は全部で7つです。

2013年2月16日 (土)

USAチームのYB-IOTA サポート

W9DC Donさんより度々メールがくるようになりました。彼はIOTA credited scoreも1000を超えられ、世界トップ10、USA IOTA Best3に入る実績であり、さらにRSGB CHECKPOINTS USA call area 4,5&6並びにカリブ海地域をたんとうされています。さらにIREF(Island Radio Expedition Fundartion)のBoard of Directorsを担当されています。

 
JAではいずれもJA9IFF/1中嶋さんが同列で担当されています。IREFはUSAの組織で、IOTAペディショナーの申請により、中嶋さんやDonさん等7名のDirectorにより支援の有無、支援金額の決定を実施されます。IOTAペディショナーはその発行するQSLカードにIREFのロゴを印刷しています。ほとんどのIOTAファンがその恩恵を授かっているはずです。私はいつも「寄付の最低額が5USDからとなっていますので、IOTA chasingを楽しむならば必ず気持ち良く支援してください」と常々申し上げております。
 
話は戻りそのDonさんがOC-161 Nias Islandを是非交信したい。さらにYB5NOFのドネーションも支援したいと言ってきました。Donさんは昨年11月のOC-271 YB8XM/P Babar Islandでもドネーション支援をいただきました。そのため今回も実施したいとのことでした。すでにDonさんは私に対し信用と信頼をしてくれました。特にIREFの支援も合わせてやりたいと申し出てこられました。
 
2006年のOC-269 YE7Pの支援から2012年のOC-271までの経緯とJA friendsの強い協力と絆、ドネーションの額などをできるだけ分かり易く丁寧に説明しました。最後のOC-271はJA friendsから飛び出てIOTA chasers Forumで支援依頼をしたところほとんど反応がなかったこと、そこにW5GAI Skipがサポート役を担って10名の海外からの支援をいただいたこと。さらにSkip自身がOC-271と交信できず、少し頼みづらいことなどを説明しました。
 
最後に添付資料として、OC-161に関するYB4IR Imamとのやり取りと彼の感覚を伝える資料と、IOTA-YB wanted list 2013を添付してJA IOTA支援のハウツーをすべて伝達しました。
 
最後の最後にDonさんへ「是非、あなたのご友人10名へ10USDずつImamへPaypalで送ってメールをしてくだい。そして、YB-NAのコンディション情報を作成し送ってみてください。彼は必ずUSAを意識して探すはずです」と伝えました。
10USDは少ないと判断するでしょうが、全部で100USDサポートすれば彼らは絶対に頑張ってくれるはずです。QSLカードもまとめて送ってくれるでしょう。
 
OC-208 Banggai Islandに関しては、数日中にYB5NOF Johnがプランを送ってきますのでその時点よりドネーションの案内をNA/EUへも送る予定ですと伝えました。
 
2006年のドネーション支援の開始以来、毎回500USDを目標にギャザリングしていましたが、USAの有志が立ちあがると同じくらいの額が見込めることになるでしょう。そのため、JA側の目標を単価を下げて落とす予定です。さあ、USAチームの頑張りを期待します。

2013年2月15日 (金)

Indonesian Islands list 2013 FEB for Nusantara Awardの公開

昨年11月よりインドネシアの島アワードNusantara AwardのためのチェックリストをYB3MM W2FBの監修のもとに作成しました。Nusantara Awardの詳細はこちらから参照ください。

http://www.nusantaraaward.com/
 
このチェックリストはNusantara Award管理、申請のためのみではなく、ベースがIOTA DirectoryのYBの部分から作成しておりますので、過去のYB交信分からのIOTAに該当の有無、さらにそれぞれのQSL informationまで埋め込ませていただきました。
 
すでに20年30年も経過し、ログやQSLカードが入手困難なものなども摘要に掲載させていただきました。また、過去ログからYBのお宝探しの参考データとしても利用できます。 
 
配列をIOTA DirectoryのとおりYB0エリアからYB9エリアに合わせています。また、Nusantara Awardは約13,000の島を保有していますが、新しい島からのオンエアが実施されるとYB側の方でRSGB IOTA Committeeへ申請されますので、ほぼ確実にweb版のIOTA Directoryへ追加さけ、常にIOTAと連動いたします。
 
リスト上で、残念ながら一部該当のIsland nameが判断できないコールサインが存在します。万一、島名の判断できるQSLカードを保有されている場合はjpegファイル等でご一報いただければ幸いです。
 
ぜひ、エクセルファイルを開封してご確認ください。なお、第1シートは書き方サンプルとしてJN6RZMのデータを記載、第2シートは各人の管理申請用シートとしてご利用ください。
 

2013年2月14日 (木)

OC-161 Nias Island YB4IR/6

昨日にIOTA-YB wanted list 2013をYBのペディショナー10名へ発信しました。さきほどYB4IR Imamよりメールが戻り表題のペディション日程を連絡してきました。コールサインはまだ不明です。多分、YE6Nは使わないと思います。

Dear Shu-san,

I will be QRV from Nias Island (OC-161) 8-13 March 2013.
If any supports for this DXpeditions is wellcome.
Regards,
Imam YB4IR
 
残念ながらドネーションを集める期間が短いこと、OC-285PとOC-208を優先すること、すでにNias Islandは2006年にドネーション支援を実施して多くのJAが交信していることを理由にお断りしました。ただし、Newを得られる方はぜひSASEを余分に送っていただければ有難いです。必ずや次のペディションに繋がります。
 
どうぞわずかのプラスアルファで結構です。Imamさんを支援してあげてください。
続報が届きましたら掲載します。
なお、IOTA-YB wanted list 2013には14名のOC-161未交信者がおられます。Skedの調整をさせていただきます。時間、周波数をご連絡します。

はじめてのGDXF利用 for OC-208 Banggai Island

OC-208 Banggai Islandへのペディションも急ピッチに進み始めました。

昨晩、DL5ME Marioよりメールをいただき、できる限り早く申請して欲しいとの依頼をいただきました。以前よりGDXF(German DX Fundation)の組織の考え方、運用の方法などその素晴らしさを感じていましたが、敷居が高いのではなく、こちらのレベルが低いと若干尻込みしていました。
 
今回Marioに相談しましたところ、すぐに協力を開始してくれました。DK8UH (also big IOTA-hunter) he is the secretary of the GDXFへ連絡と手配を完璧にしていただいたのです。
 
John YB5NOFは私と同じように敷居を感じたのか、若干敬遠していました。私とMarioが積極的に紹介し、Marioが私が代理申請することで前進することになりました。
 
この朝にたたき台を作成し、Johnと2度やり取りしました。そして、0400UTCの午後1時に完成しGDXFへApplication formを発信完了しました。後はお沙汰を待つことになります。申請の内容は次の通りです。なお、日付などあくまでも仮の内容ですのでご留意ください。
 
Call sign of the DXpedition: *YE8B
Destination(s):*Banggai Island Indonesia 
IOTA Reference: *OC-208   
First day of operation: *04/26/2013  mm/dd/yyyy
Last day of operation: *05/02/2013  mm/dd/yyyy
Which bands will you be operating: * 
  80m*  40m*  30m*  20m*  17m*
15m*  12m*  10m* 
Which modes will you be operating: * 
CW*  SSB*  RTTY* 
Have all operating permissions been granted: * 
Yes*  No
How many operators will you have: *5 
Please give a short info about your team members:
*Team leader
YB5NOF John
co-leader
YB5QZ Anton
technical
YB5RA from Pekanbaru
member1 from Palu(undecided)
member2 from Palu(undecided)
 
Please explain what equipment you will be using:
*IC-738(YB5NOF)
and others 1 rig.
antenna may be can support us with good antenna.
We have only home-brew 3 element beam and 4 element beam.
vertical Higain 4 band
1 Generator
 
Please give an overview about your budget:
*Transportation costs and accommodation expenses
YB5NOF 500USD YB5QZ 500USD YB5RA 500USD Palu members 200USD
Total 1900USD
 
Name of your QSL Manager:
*JOHN E. DALUAS
 
Call sign of your QSL Manager:
*YB5NOF
 
E-mail address of your QSL-Manager:   
********@gmail.com
   
Do you have a DXpedition website:*   
Do you have a DXpedition News page:   
   
Your call sign: *JN6RZM 
Your e-mail address: *jn6rzm@nifty.com 
Your name: *Shuji Yamamoto 
Address line #1:*2-23-24-402 Nishijin Sawara 
Address line #2:*Fukuoka   
ZIP code and city:*814-002 
Country:*Japan
 
Your bank account information   We use this information to transfer the DXpedition donation onto your account
Name of your bank:   
German bank code (applies to German applicants):   
German bank account (applies to German applicants):   
IBAN for European applicants:   
BIC for European applicants:   
PayPal account for none-EU applicants (if you have one):jn6rzm@nifty.com   
The applicant agrees on behalf of the DXpedition that the guidelines as given in 'Conditions for a Support of a DXpedition' will be accepted.
The applicant is obliged to refund the paid-off financial help back to the GDXF if the DXpedition has to be cancelled.
The GDXF will only support DX activities if their organizers are willing to reproduce our logo on their QSL cards and in the Internet. In exceptional cases it will be sufficient to mention the grant in another suitable form which must be approved by the GDXF Secretary.
Do you want to place the GDXF logo on your QSL cards and on your DXpedition website: * 
Yes*  No
Can you provide an article for our GDXF Journal after the DXpedition: * 
Yes*  No
Will you accept the GDXF QSL-Service for GDXF members: * 
Yes*  No
I am Shu JN6RZM Japanese IOTA chaser and supporter for YB5NOF John.
John has plan for OC-208 Banggai Island. It's very rare IOTA and if he has successful OC-208 IOTA pedition, he will has OC-109 and OC-122 IOTA peditions.
I've been supporting IOTA peditions more than 30 in 2005.
I was asked to support GDXF for the first time.
Thank you for your help please.
GDXFもQSLサービスを私たちJAが実施するドネーションと同様に設けているようです。YBのQSL回収はなかなかまともではありません。そのため、GDXFも間違いなくOKを出すのではないでしょうか。また、これが成功すればOC-109とOC-122を企画するようにしたいと考えております。
 
JAの方が海外へのペディションを実施する際にGDXFを利用するご参考としても掲載させていただきました。なかなか素晴らしいシステムと思います。Thanks to Mario DL5ME.
 
日本にもこの様なシステム、グループがあると良いですね。
 
【追記】John YB5NOFより御礼のメッセージをいただきました。

Thanks Shu san...we try to do the best on this DX'pedition, many isl I wkd a lone "SINGLE FITHER" without donation so now my first operation with donation...so thank's to you and our friend Japan's stn...hope our activity will success...cu OM

 

2013年2月13日 (水)

YB5NOF IOTA ペディションへの支援状況 3

本日午前中にYB5NOF Johnと表題の件に関しまして打ち合わせを行いました。ようやくは次の通りです。

 
①まず、OC-208 Banggai Islandの企画を進める。他のOC-109、OC-122はその後に作成する。予定を6月と7月としていたが、7月と10月に実施するよう提案する。
 
②OC-208を4月最終週にする。最低4日、できれば1週間にする。必ず土曜と日曜フル運用する。2012年4月27日28日を含んだ実行の可能性が高い。
 
③参加予定はYB5QZ AntonとPulu在住のJohnの友人2-3名。
 
④Pulu在住の友人達に機材提供を受ける。3バンド3エレ八木、予備の発電機など。
 
⑤DL5ME Marioの支援を受けてGDXFの支援を得る。Marioより連絡があり、JN6RZMが代理申請することが可能となる。私の口座が使用できる。
 Johnも了解済み。この申請様式自体がペディションの内容となっている。初めてトライしますので、Marioの支援はたいへん重要です。Tnx Mario
 
⑥W9DC Donよりドネーション支援の申し出をいただく。アメリカの各局の支援依頼をしました。
  http://www.w9dc.com/  ご承知と思いますがDonはIOTAの世界ではすごい人です。
 
⑦ドネーションは基本的に1000円程度(15USD/100EURO)とします。
 
⑧QSLカードはSASEを送る必要はなく、ドネーターへはvia JN6RZMで自動配送します。
 そのため、実質的なドネーションは600円程度です。
 
⑨IREFの申請はJA9IFF中嶋さんのご協力をいただき、Johnに直接申請してもらいます。
 
以上が、本日Johnと話し合った内容です。早急にOC-208の企画を作成するとのことです。企画決定後にドネーションのお願いを発信いたします。ご協力をお願い申し上げます。

2013年2月12日 (火)

YB5NOF IOTA ペディションへの支援状況 2

この朝にYB5NOF Johnさんよりメッセージをいただきました。

3つのIOTAペディションの企画を作成中です。
①OC-208 Banggai IslandはORARIへYE8Bで申請するそうです。2週間ほどかけて4月最後の週から5月にかけて実施予定。スラウェシ島のPaluの友人達も2-3人参加し、ビームアンテナや予備の機材を借りる予定です。
 
②OC-109は島名が分かっていませんが、YE5Sのコールで申請するとのこと。6月に実施したいとのこと。
 
③OC-122 Tambelan IslandsはYE5TのコールでORARIに申請するとのこと。7月のIOTA contest時にQRVしたいそうです。
当初は②③を一緒にやるように言っていましたが分けるようですね。
全て予定ですがまずはお知らせします。

2013年2月11日 (月)

YB5NOF IOTA ペディションへの支援状況

YB5NOF JohnさんよりOC-208 Banggai Islandへ行くという快諾をいただきました。現在、彼はORARIのSulawesi支部へYE8I等の特別コール申請に入っています。また、YB5QZ Antonさんにも同行を依頼していると思います。Sulawesi島のPaluに多くのハム仲間がいるそうです。数名の参加があり、3エレ八木アンテナ、予備のための発電機などの機材を借りる手配を調整中です。

 
特別コールが数カ月かかる可能性があるようで、Banggai Islandの次に予定するOC-109 Natuna Seltan IslandとOC-122 Tambelan IslandsもYB5 Riau地区のORARIに申請するものと思われます。現在、スケジュール等の企画にはいっていることでしょう。
 
私の方も以下の準備に取り掛かっています。①YB-IOTA wanted listの完成、②QSLマネジャの新設検討、③IREF、GDXFなどの支援団体への申請方法について進めています。
 
②のQSLマネジャはJO1CRA四十物(あいもの)さんより情報をいただきました。ご本人が受けても良いとのご返事をいただいております。
 
③GDXFの利用方法はDL5ME Marioに丁寧に教えていただけました。JAからばかりでなく、支援団体からのサポートも進めております。すでにIREFと合わせてJohnへ連絡済みです。
http://www.gdxf.de/forms/support_application_en.html
ドイツのサポートの考え方が垣間見れます。DXCCのみならず、IOTAもしっかりサポートしています。今回、Johnと一緒にMarioのサポートをいただきチャレンジします。
 
日程が決定次第、JA有志のドネーションの依頼をさせていただきます。ぜひ、ご協力ください。協力者のQSLカードはマネジャより無償でお届けいたします。3月から遅くとも5月までには実行されるものと思われます。

2013年2月10日 (日)

K6VVA want to get AS-077 Kyushu Island

2月8日にK6VVA Rickよりメールをいただきました。
その内容はAS-077 JF6CHY Masaのメールアドレスを教えて欲しいとの問い合わせでした。2012年11月10日に21SSBで交信したが、AS-077 Kyushu Islandを入手したいとのこと。K6VVAはIOTAペディショナーとして有名ですが、1970年代にQRTして、2003年から再開したため、多くのIOTAと交信できていないとのことでした。
 
多くのJA6と交信しているが、島名が入ったカードを持たないと言ってきました。2001年1月1日以降の交信分のQSLカードには島名が必要となりました。そこで、私が交信して、QSLカードをダイレクトで送る旨を伝えました。9日の朝一番にNA-036 VE7DP Vancouver IslandとSkedサポートをして多くのJAが交信されたので、日曜日の朝にでもSkedを組みましょうと提案しました。
 
2月10日お昼過ぎに、
GE, Shu:
Sorry for delay in getting back to you about a SKED for AS-077. 
>If you want AS-077, I may make a Sked with you this weekend.
Maybe it is too late now?  Possibly on Monday or Tuesday?  Maybe 15m or 20m?
CW?
(中略)
FYI, 10 February is my 69th Birthday ... I am a very old man here - hi :^)
73,Rick と、戻ってきました。
 
なんとRickは2月10日が誕生日だそうです。ものすごく馬力のある69歳ですね。(笑い)
2月10日の2300UTC(日本時間2月11日午前8時)にやろうと提案しましたら、都合が悪く、日本時間12日午前8時にSkedを行うことになりました。14/18/21MHzCWのいずれかになると思います。
 
IOTAペディショナーとしては超有名人になります。もし、記念にでも結構です、K6VVAと交信し、QSLカードが欲しいという方はご一報ください。こんなことも言っていました。
I wanted to go back to C6 - to NA-113 this time to also focus on JA/Asia,but too much other QRL I had previously scheduled.  Maybe at the end of 2013 or early 2014.
 
この冬に二つのC6-IOTAであるNA-048とNA-054へ行ってJAサービスをやってくれました。続けてNA-113へも行くつもりだったそうですが、仕事が忙しくなり1年延期したようです。ぜひ、お近づきに1QSOにチャレンジしてください。ご一報ください。

NA-041 N7ZYS Revillagigedo Island Sked 2

NA-041 N7ZYS Neilに2月11日朝に了解をもらいました。

Sounds good. I'll be there at that time.

Sent from Neil's iPhone

On Feb 9, 2013, at 16:17, jn6rzm@nifty.com wrote:

> Hello Neil,

> Thank you very much for your replying.

> I had another Sked for NA-036 Vancouver Island VE7DP this morning.

> We made many QSOs on 21050 and 18080 between 2300 to 2330UTC.

> If you can, Please make our Sked;

> 2300 to 2305UTC for starting on 21050, on 10th February 2013

> 2310 to 2315UTC for 18085,

> 2320 to 2325UTC for 14045

>

> And my Japanese friends JK1TCV Kazu, JA7MGP Toshi, JA6FIO Sai will

> be waiting for you. Please call them.

> Of cause, please call me JN6RZM. Hi

> How about my Sked?

> Shu JN6RZM

すでに希望をいただいていました。JK1TCV栗原さん、JA7MGP佐々木さん、そしてJA6FIO西園寺さんはNeilに伝えました。明日の朝7時くらいまでに希望の方はご一報ください。3人の方に追加して連絡します。

 
Neilに主導権を渡していますので、JK1TCVさんから順に、最後が私JN6RZMを呼んでもらうようにします。遅刻や聞こえない場合はパスしてもらいます。ご協力ください。すでに4人目5人目は決定していますのでスムーズな運営にご協力ください。
 
P.S. 本当はN7ZYS/KL7が正しいと思うのですが、N7ZYSでオンエアしています。

ベトナム旅行記 for IOTA de JA4-4665/1

JAのSWLで有名なJA4-4665/1杉原さんが2013年1/19~1/24にベトナムへ観光旅行へ行かれました。40年ほど前までの戦争のイメージが強かったのですが、気軽にベトナムへ行ける時代になったんだと感じました。その中に、たいへん貴重なベトナムのIOTAのレポートも含まれていましたので、無理を承知でお願いしましたら快くご了解をいただきましたので掲載させていただきます。
 
ベトナムのIOTA6つはすべてQRVがありましたが、あまり話題にならない傾向があります。参考になると考え掲載させていただきます。
以下、IOTAに関連しての話題。
ホイアンの海岸からAS-162を眺めました。すぐそこに見えています。
ここは2002年3月のChamからの3W3C(OP.JA6IEF)でCFMしています。
そのカードの写真の奥の方に写っている対岸がChamから見たホイアンの
海岸だったのですね。島への観光船もあるようです。
 
次はハロン湾観光で行ったAS-132ですが、観光船で行く島々はご存じの
とおり石灰岩が浸食されてできたもので、海から突き出た格好です。
本当に多数の島がありますが、ほとんど上陸は難しく、また頂上へ登ら
ない限り、岩の壁で電波は限られた方向にしか飛ばないでしょう。
見ての実感でした。ただし、鍾乳洞観光で上陸する島があり、そこには
桟橋が作られ、照明用の電気もありました。
 
IOTA pediをできそうなところはと見ていたわけですが、観光船の船着場
に到達する数㎞手前のところに本土から橋で繋がったTuan Chauという島
があります。確かに橋のようなものが見えました。地図でも橋と思える
直線が書かれています。ハロン湾エリアで唯一の有人島とのことです。
ここでリゾート開発が進んでおり、数軒のホテルが既に稼動しているよう
です。ハノイから車で3時間、ハイフォンからは1時間半とのことです。
車で行ける島ですので、そのうち多くの局が出てくることになりそうな
気がしています。
 
AS-132は、2000年3月の3W50K(OP.OKDXF)と2000年5月のXV5JY(OP.JA1KJW)
を聞いています。両局ともハロン湾の南のCat BaからのQRVでした。どち
らもカードをいただいていますが、上海で受信したもので、現在のIOTA
にはカウントできません。その後、国内では未受信のままとなっています。
 
以上、思いつくままに書かせていただきました。乱文をご容赦ください。
 
では。
de JA4-4665 杉原
 
AS-162 Cham IslandはJI6KVR出口さんが2002年3月にJA6IEF局とご一緒に初めてQRVされました。早いものです。11年も経過してしまいました。その時に私はアジア地区のサブパイロットステーションに任命していただきました。NA地区のパイロットステーションがE3LYC Cezarでした。Cham島のロケーションが日本側に山があり、信号がたいへん弱かったことを覚えています。Cezarから初めてのメールが届き、聞こえないとぼやいていたことを
記憶しています。
OC-162のクレジットは、16.9%です。3W3C, 3W3M, XV3C, XV7RRCなどがクレジットされていますが、このうち3W3CとXV3Cは上記のお二人です。まだまだレアであり、JAからもペディションに出かけやすい環境に大きく変わってきているようです。杉原さん、たいへん貴重な素敵なお土産をありがとうございました。
 
Img829
杉原さんはこのカードを説明されています。左からJA6IEF, JI6KVR
Img830
交信はJA6IEF局オペレートの3W3Cによる14MHzCWのみです。レポートも559と苦しいところでした。月日の経つのは早いですね。

2013年2月 9日 (土)

*18th Annual Islands On The Air (IOTA) Dinner Announcement*

N6VR Rayさんより表題のご案内発信の依頼をいただきました。ここに掲載させていただきます。
 
The 18th annual *Islands On The Air (IOTA) Dinner* will be held in
conjunction with the 64th annual Visalia International DX Convention on
Friday, 19 April 2013, in the San Joaquin Room of the Visalia Conference
Center, Downtown Visalia, 303 East Acequia, Visalia, CA. See Convention Web
site for details on the DX Convention: http://dxconvention.com. Please note
change of Convention site.
 
This dinner is open to all who are active in the IOTA program or want to
see beautiful pictures of far away islands. If you do not wish dinner, you
may sit and enjoy the IOTA program following the dinner.
 
The program agenda is as follows:
 
 1730 - 1830     Doors open, socializing and eyeball QSOs
 
 1830            Welcoming & Introductions by Rick, K6VVA
 
                 Dinner served, buffet style

 1845            IOTA Programs/Speakers. As of Feb 8: Don, G3XTT, 
                 Rick,K6VVA
 
 2200            Closing
 
The dinner will be served buffet style in the San Joaquin Room at a cost of
$30 per person (service charge and tax included). The buffet menu will
contain entrée choice of sliced Tri-tip/fried chicken or Penne
Pasta/Lasagna (not both) along with salad, vegetables, dinner rolls,
dessert, and a beverage (coffee, ice tea or ice water). Vegetarian meal is
available with a two week notice. Beer, wine and liquor can be purchased
separately from the Happy Hour Bar just prior, or at the Marriott Hotel bar.
 
Reservations and advanced payment is required. Prepayment must be received
10 days prior to the Dinner: April 9, 2013. Please send your check/payment
to N6VR’s address below. I will confirm receipt by email. At this time,
buffet service is set for 50 persons but can be increased. And, as with
previous IOTA dinners, admission is free for those wishing to watch the
presentations without dinner. Paid attendees will have priority seating.
 
For additional information regarding this event, please contact Ray or Will
at:
            Ray Benny, N6VR
 
            IOTA Dinner Coordinator
 
            462 South Reed Road,
 
            Chino Valley, AZ 86323
 
            Phone: 928 848-2158
 
            rayn6vr@cableone.net
 
 
            Will Costello, WC6DX
 
            IOTA Dinner Assistant Coordinator
 
            Phone: 831 375-8133
 
            wc6dx@sbcglobal.net

As a note, the Marriott Hotel has no rooms available. Check the NCDXC
Website for other motels. You may ask the NCDXC Convention coordinators if
they have any rooms reserved for foreign guests if you reside outside of
the USA.


「2013_iota_dinner_announcement.doc」をダウンロード

NA-036 Vancouver Island Sked today's result and tomorrow

本日並びに明日にNA-036 Vancouver Islandの住むVE7DP FrankとのSkedを実施し、その結果と明日の予定が届きました。Frankは沢山のJAにIOTA NA-036をサービスすることを望んでいます。事前に私宛メール(jn6rzm@nifty.com)をいただければFrankに呼んでもらえます。

 
Shu-san ,

it was a good SKED :  JE2VFX , JP3AYQ , JN3ONX , JA1HTK , JA7GUT , JA2LWA , JF3MYU , JA6BLX  all on

17 meters and later JA7AXN , JH3EUJ , JA4FVE , JA3HU   on 15 meters  all in the log .
I also called  many times  for JA6FIO but he was not  on QRG ....
tomorrow  I  will start  on 18.080 +/-  QRM  and  will stay on 17 m   minimum  10-15 minutes - QRX for JF4VZT , JA6FIO  ++++
and afterno more JA calling ,  will  QSY to  21.050 .
If you know more JA who  need  NA-036 , we can try again Friday , 15/Feb  .... 16-17/Feb is ARRL contest ,  VY QRM ;

good DX , IOTA  and  73
Frank / VE7DP
本日はJAと8局交信できてたいへん喜んでいました。私のしょぼいアンテナでも18MHzで449-559、21MHzで589で入ってきました。ダイポールでも交信できると思います。日曜日の朝にぜひ参加してください。

YB9BU Kadek Feb 2013

FacebookのYB3MM Adhiさんの投稿に「Kadek OM 回復」というようなタイトルで病院へ見舞いへ行ったような写真が掲載されました。コメントにはインドネシア語で○○病院とか、健康回復などの単語がならんでいました。

 
 
手元には外国から届いた多くの封筒のようなものがおいてあります。皆さん、今しばらくそっとしておきましょう。QSLの発行については今しばらく我慢して下さい。病名や退院時期などなにもわかりません。分かり次第、掲載します。向かって左側がYB9BU Kadekさん、右側がYB3MM Adhiさんです。くれぐれも取り違え間違いの無いようお願いします。

2013年2月 8日 (金)

NA-036 Vancouver Island Sked for IOTA Marathon

IOTA的にはあまり珍しくありませんが、IOTA Marathonをなさっておられる方からの要望でVancouver Island NA-036に住むVE7DP FrankとSkedのアポイントメントが取れました。明日土曜日の朝と日曜日の朝に14/18/21MHzでのSkedです。

 
ご希望者はメールにて私にご一報ください。なお、今回日程が合わなくても3月初めくらいまでSkedを実施して良いとのメッセージをいただきました。
 
Frankとは昨年2月18日に14/21MHzの2バンドでSkedを成功させました。とても強い信号でした。さらに5月に7MHzのSkedで3バンドを終了しました。折角のご厚意です。希望の方は私宛にメールをください。
 
なお、NA-041に関しましてはその後、連絡が取れていません。メールで再度お願いをしておりますのでしばらくお待ちください。

Cuba2013 IOTA NA-218/086/204 T46/47/48RRC

表題のIOTAペディションが2月11日から18日までの間実施されます。
http://cuba2013.ru/
 
N3QQ 我らのYuriさんも参加します。さきほど、メールが届きました。
 
Hello Shu-san,
We will try to operate towards JA around 21-24Z as Mr. Gou JA1QXY suggested.
15/17/20m depending on propagation.
 
73,
Yuri N3QQ
I will take part only during NA-218, Moa Grande island.
Expedition's website:
www.Cuba2013.ru
 
JA1QXY花崎さんが交渉されたようです。
ただし、最初のNA-218 T48RRCのみに参加するようです。運用周波数もウェブに掲載しているとおりと返事がありました。

QSLマネジャ募集

表題の件、確定ではありませんが、インドネシア局のIOTAサービスを支援する目的でJA有志でQSLマネジャーをできる方、また希望される方を募集したいと思います。
 
現在、YB5NOF JohnさんやYB8RBI RamさんにはQRZ.com掲載の住所では郵便事故に遭うことがほぼ確実との認識でセカンドアドレスを教えていただき、対応と回収に成功しています。Johnさんには近日中にOC-208等のペディション実行が期待できますが、最大の問題はQSL発行です。
 
セカンドアドレスも郵便物が少量ならば良いのですが、ペディション後に大量の郵便物が届けばサード、フォースアドレスが必要となり、長期間を考えるならば混乱することは間違いありません。また、QSLサービスを実施する場合、Paypalを使用するケースもあり、利用できる環境が必要です。
 
私がやることも考えましたが、実際にはIOTA supporting業務のペディション実施支援が多岐にわたります。当初はたいへんシンプルでしたが、特にお金の管理が年々複雑化しており、これにQSL発行業務を加えますと相当厳しいと判断しております。決定ではありませんが、やってみたい、やっても良いという方がおられましたらご一報ください。いずれもボランティアの精神でお願いいたします。

インドネシアの3つのIOTA activity plan

2月1日付けの当ブログ記事にYB5NOF JohnさんのQSL supportを掲載しました。7つのIOTAと8つのIndonesian Island for Nusantara Awardでありますが、これはJohnさんが過去に実施したIOTAペディションそのものであります。
 
1997年のOC-213 YE8Tを皮切りに2007年のOC-075 Bintan Islandまで11回のIOTAペディションを私が明確にし、そして評価したことにより、まず最初にOC-208 Banggai Islandを、そして少し間を開けてOC-109とOC-122 Tambelan Islandを実施するプランにとりかかりました。
 
OC-208は3月から数カ月以内に実施しそうな勢いになってきました。以下、3つのIOTAがどの様な状況下をまとめました。
 
●OC-208 Banggai Island
 スラウェシ島の東部中央に位置する群島です。住民もあり、電気水道等の
 インフラも整備されています。ハムは1局見つけましたが、アポイントは
 とれない状況です。1995年10月にYE8Iのコールで14名が参加して行われま
 した。発表時は8A8BIのコールを予定しましたが、YE8Iになりました。
 2012年のクレジットは8.7%です。JAのクレジッター35名とレアのIOTAです。
 
●OC-109 Natuna Selatan Islands
  ボルネオ島の北西部、南シナ海の一番南に位置しています。
 1989年10月にYB5NOC/Pが初回。続いてYC5XIPが97年10月にMidai Island
 から、98年10-11月にSerasan Islandからペディションを実施しました。
 2012年のクレジットは4.3%と超レアのIOTAです。JAのクレジッターは
 7名+SWL1名です。今回のIOTA-YB wanted list 2013でも高いニーズ
 を示しています。私はなぜか上記のYC5XIPを2回ともに交信しました。
 
●OC-122 Tambelan Island
 上記のOC-109の少し南側に位置します。太平洋戦争中は日本軍も駐留して
 いたようです。1990年8月にYB5NOC/Pで実施されたのみです。クレジットは
 2012年時点で4.7%です。JAクレジッターは0です。OC-109 よりOC-122の方が
 レアと思いましたが、現実は逆のようです。またJAでの交信者はおられません。
 ぜひ実行を実現させたいです。
 
YB5NOF Johnさんの存在、IOTAへの貢献をぜひ皆さんで認めてあげ評価していただくことをお願いしたいと思います。近日中にOC-208 Banggai Islandのプランが発表されます。また、OC-109とOC-122は少し間を開けて実施されると考えております。
(Tnx for IOTA JA data supporting to RSGB IOTA CP JA  JA9IFF)

2013年2月 7日 (木)

IOTA-YB wanted list 2013作成協力のお願い

先月末にH44RK RalphにIOTA-H4 wanted list 2008という縦にIOTA H4分の一覧、横に参加協力者のIOTA H4の有無を掲載し、縦横計を取りIOTAペディショナーの参考となる資料を提供しました。すぐに最新の2013版を34名の協力を得て作成しました。5月から開始とのこと。そのプラン作成に役立てていただきます。

 
34名の協力者に感謝しておりましたら、一昨日よりYB5NOF JohnさんとYB-IOTAペディションのプランを作成するとのことで、これも2008年に作成しましたファイルを2013年版で作成することになり、昨日メールアドレスが分かる方に依頼のメールと添付ファイルを送付しました。
 
まったく偶然ですが、OC-161 Nias Islandの件でそのプランを作成しているYB4IR Imamさんからメールをもらいました。彼は2週間前にYB4IR/5にてOC-075 Batam IslandからQRVしたばかりです。彼にご挨拶を含め、IOTA-YB wanted list 2008を差し上げましたら、以下のメールが戻りました。
 

Dear Shu-san, Thank you for your IOTA-YB wanted list report. I see in your list that OC-144 Bangka/Belitung Island still wanted (25,2%) and it is possible for me to trip direct by aeroplane from my city Palembang to Pangkal Pinang city in Bangka Island. I need your respond, Is it possible one of  IOTA wanted..? de YB4IR Imam

 
OC-075の次にOC-144へ行く予定にしていたが、最新版のIOTA-YB wanted listを望んできました。
 
皆様個人のデータをご提供いただけるとねそこへ訪問する確率が高くなることは言うまでもありません。2月11日に締めて12日に完成させますのでぜひご遠慮なく参加ください。添付のエクセルファイルの黄色部分にWanted=1をエントリして送っていただくか、あるいは未交信のYB-IOTAをメールにてお送りください。2013年2月11日までの期限でお願いします。
 
YBの各ペディショナーへ配布します。今後のYB-IOTAプランに大いに利用されるものと思います。
 

2013年2月 6日 (水)

OC-208 Banggai Islandについて

表題のペディションが決定しそうです。
 
昨日、YB5NOF JohnさんにOC-122 Tambelan Islandの提案をしましたところ、たいへん乗り気になられプランと見積もりを作ることでお話しを終えました。ところがメッセージの中にBanggai Islandへも行くとのくだりがあり、この朝に質問をしました。なお、JohnさんとはFacebookでやり取りをしています。以下の通りです。
 
Shuji Yamamoto
Is Banggai Island OC-208, Sulawesi Tengah, YB8 area?
Here is very rare IOTA, I think so. Do you have a plan for OC-208 Banggai Island?
 
John
これが1995年にBanggai Islandへ行った時のQSLカードの写真です。おっと。
Shu san あなたのe-mailアドレスを教えてください。Banggai Islandからの写真も送ります。
もし貴方がBanggaiを望むならばOC-109とOC-122へ行く前に行っても良いですよ。
 
BanggaiでPhone CW RTTYで5000QSOしました。ところで私の友人Syam YB8NAは2年前にSKとなりログシートが失われました。1週間前にSulawesi TengahのPaluへ行った時にログを探しましたが、しかし。
Syamの家族が見つかりません。もし貴方がご支援していただけるならば、YB5QZ AntonとPaluに住む数人の友人とでそこへ行きましょう。しかし、地元の彼らはほとんどIOTAに興味がありません。その近辺には多くのIOTAにカウントできる島があります。Una-Una isl, Togian isl, Banggai Isl, etc。あなたはどの島を望みますか。私はIOTAに全力でトライしますよ。私はアマチュア無線に多くの時間を費やすことができます。なぜなら、2012年2月よりリタイアしました。
 
Shuji Yamamoto
GM John-san,
I think you are not correct. OC-208 Banggai Island operation is only YE8I on Oct 1995. Your operation is OC-213 Togian Island on Sept 2003 with YB8NA.(これは勘違いです)
I made IOTA wanted YB-IOTA list 2008 with my Japanese friends. I and many JA friend would like to work for OC-208 Banggai Island. Hi
 
08:36
Shuji Yamamoto
I send you my attachment.
John
1995年に私たちはそこでオペレートしましたよ。もし貴方がYE8IのQSLをご覧になったら私のコールサインを見つけることができます。RTTYのオペレータは私です。
 
Shuji Yamamoto
Wow, very very sorry for no contact with your OC-208 operation. I would like to make a contact with OC-122 OC-157 Banda Island and OC-208 Banggai Island.
I and Japanese IOTA friends always donate for our wanted YB-IOTAs.
Last week, I made the IOTA wanted H4 from 34 stations. Probably, if I make new YB-IOTA wanted list 2013, we gather about 40 stations. Hi
I will be able to gather 500USD minimam from friends. And I can gather from EU/NA, but they will be noisy. Ahahahaha.
If you can, please make those plan for Islands. I will gather donations from my friends. But EU/NA stations want strong signal and good ears. Hi
 
John
私はAnton YB5QZと一緒にベストルートを探してPekanbaruからJakartaまでのルートを作ります。私たちは2-3日かかります。なぜならPaluでの飛行機の到着時間やBanggaiへの船の待ち合わせがあります。ボートで15時間かかります。オペレーションは3-5日程度です。3エレビームと1バーチカルを持参します。すべてPaluの友人達から調達できます。BanggaiにはPLNがあるか分かりませんが、発電機も持参します。多分、CW Phone RTTYのオールバンドでQRVできます。
 
Shuji Yamamoto
It will be great job. The first, I inform to JA friends(about 40 members). And the second, I will QSP to EU/NA's gentlemanly friends.
The third, I pray and question to DL5ME Mario for German DX Fundertion(GDXF). The forth, you can make application for IREF on website. Probably, you can accept about from 500USD to 1000USD.And do you have your Paypal account or credit card?
 
John
数日待ってください。私はORARI Sulawesi Tengahへ問い合わせ、特別コールの申請も行いたいと思います。特別コールは結構時間がかかります。どう思いますか?
 
Shuji Yamamoto
Yes,John-san. You must to spend few months for preparing. And please check IREF. website.http://www.islandradio.org/sponsoredtrips.html
And you ought to take a new callsign , I think so.
The most problem is QSL management, I think so too. Hi
と、いう会話で終わりました。Orariに一度問い合わせて、その結果をみて、YB5NOF/8でやるか、YE8Iなどの特別プリフィックスで発表するタイミングを調整してみます。OC-208のペディションをこれから企画し、そして、その後にOC-109とOC-122を合わせて実施することとなりそうです。ご期待ください。

インドネシアのアワード、Nusantara Award追加申請

2012年8月に発表されました表題のNuasantara Awardの追加申請を昨日行いました。11月に作成を開始しましたエクセルによるチェックリストをベースに11月末から12月にかけて過去分QSOのチェック、Island名の確認を続けていますが、いろいろな情報交換を実施しています。

 
2月4日にYB8RBI RamさんよりOC-236 YB8ZCとOC-242 YE8Aの2枚を回収し、ちょうど60 Indonesian Islandsに達成しました。残りは調査分も含めて9Islandを引き続き回収促進を行います。来週のOC-245 YB6AR/Pで70wkdとなりますので、70で申請しようと考えておりました。
 
YB3MM AdhiさんとOC-245 YB6AR/Pのやり取りをするなかで60Islandsの受領を伝えましたところ、昼過ぎにメールが届きました。
 
Shu san,
Please send me scanned new qsl card, and then send email to me.
I will issue sticker for you as soon as possible.
Best 73
Adhi YB3MM
 
まだ早いよと一瞬思いましたが、すぐに14枚のQSLファイルを作成し、上記のチェックリストを添付して送りました。Paypalで追加申請料1USDを送りました。正直言って「簡単、早い」です。新規申請料もPaypalで6USD送るだけと言う簡単さです。
 
私も70Islandsまでと思っていましたが、Adhiさんに両肩を押されてすぐに追加申請しました。インドネシアの各局は「Nusantara AwardのためにQSLカードをお願いします」とメール等で伝えるとさらに協力的になられる傾向が出ています。先方より送るというのも数件あります。料金は必要ないと言われますが、私は必ず対価分を送っています。
 
また、申請者一覧もNusantara Awardのwebsiteで確認することができます。YB-IOTAの活性化につながりますので多くの方へ申請をお願いいたします。
http://www.nusantaraaward.com/2012/08/outstanding.html
さらに、FacebookでもAdhiさんが写真情報を主に流されています。Facebookの検索で探してみてください。
 
Nusantara Awardの要点はJava (YB0,1,2,3) , Sumatera / Sumatra (YB4,5,6) , Kalimantan / Borneo (YB7), Sulawesi / Celebes (YB8) , Irian / Papua (YB9), and Bali (YB9)の6島のうち、5島を含む10島のインドネシアの島からQSLを得ることです。新規は6USDをPaypalで送付します。追加は1USDです。申請書と島リストと2名のGCRまたはQSLコピーファイルをメールで送るのみです。
 
最後にインドネシアの島、60Islandsというのはすごい数字だと思います。皆さん、ぜひご体験ください。それが必ずYB-IOTA活性化につながります。
 
【追記】YB3MM Adhiさんより申請の結果が送ってきました。
 
Hi Shu san....
I downloaded all files.
Congratulation. You are soooooooooo great !!!!
CONFIRMED ALL 60 ISLANDS. *** new record ***
I am so surprised. Even local Indonesian here maybe cannot achieve your
record.

Please wait. I must prepare the sticker of 60 first. Hi hi hi

Adhi YB3MM

2013年2月 5日 (火)

OC-122 Tambelan Island ペディション実施の調整

YB5NOF Johnさんへ私のQRZ.comに掲載しているIOTA supportingsをコピーして下記のようにして送りました。
This is Japanese IOTA friends(about 50 members) and my supporting IOTA peditions;
(1)OC-268 YB7M Moresses Island9-14 Mar 2005
(2)OC-217 YE3K Kangean Island24-28 Mar 2005
(3)SA-043 CE6TBN/7 Ascension Island 14-18 Jan 2005
(4)OC-269 YE7P Karimata Island 16-21 Sept2005
(5)OC-175 DX0TIC Sarangani Island 13-14 Nov 2005
(6)OC-207 DX0ST Cagayan Island 05-07 Nov 2005
(7)NA-124 XF1K Espiritu Santo Island 03-05 Feb 2006
(8)NA-178 K6VVA/6 SouthEast Farallon Island 16-Feb 2006
(9)OC-161 YE6N Nias Island20-27 April 2006
(10)OC-270 YE6P Simeulue Island 24-29 May 2006
(11)SA-095p Pupuya Island
(12) OC-189 3D2RI Yanuca Island 03-05 May 2007
(13) OC-284 P29VCX Nukumanu Island27-30 Sept 2007
(14) OC-283 P29NI Takuu Island 03-06 Oct 2007
(15) SA-053 XR7W Wager Island 10-12 Feb 2008
(16) AS-185 XV3M Con Co Island 20-21 Mar 2008
(17) NA-234 KL7DX Chuginadak Island 21-25 Jul 2008
(18) OC-041 P29NI Hermit Island 29-1 Oct-Nov 2008
(19) NA-191 TI7KK Isla San Jose17-20 Apr 2009
(20) NA-233 KL7RRC Ogliuga Island 12-17 Jun 2009
(21) OC-205 P29NI Woodlark Island 7-8 Nov 2009
(22) OC-279 T32MI Malden Island 26-27 Mar 2010
(23) OC-280 T32SI Starbuck Island 11-12 Apr 2010
(24) OC-281 T32CI Caroline Island 03-04 Apr 2010
(25) OC-282 T32VI Vostok Island 06-07 Apr 2010
(26) NA-235 KL7RRC Chirikof Island 22-25 Jul 2010
(27) EU-126 OH9AA/P Syvaletto Island 18-19 Aug 2010
(28) OC-278 V73RRC Ujelang Atoll 08-11 Dec 2010
(29) P29 2011(OC-101 OC-257 OC-231)
(30) NA-232 KL7RRC St.Matthew Island 19 Jul- 22Jul 2011
(31) NA-242 K6VVA/KL7 Point LadyBarrier Island 21-27Jul 2011
(32) YB8XM FT-847 Apr 2012
(33) NA-240 KL7RRC Pingurbek Island 11-13May 2012
(34) OC-249YB8XM/P WamarIsland 25-28May 2012
(35) P29 2012(OC-103 OC-099 OC-069 OC-135 OC-025)
(36) OC-271 YB8XM/P Babar Island 4-9 Nov 2012 and Spiderbeam antenna
Those are my all supportings. I gathered about 300USD to 1200USD. Especially, I gathered donations 1200USD on OC-271 Babar Island from 40 Japanese friends and 10 EU/NA friends.
How much do you need OC-122 DX pedition? Hi
 
この朝にJohnさんよりメッセージが戻りました。
私にとって素晴らしいニュースです。私はどれくらいのコストがかかるかチェックしてみます。通常私は一人で行くのですが、BanggaiとTogian、そしてRupat Islandsはチームと一緒に行いたい。私は今たいへんハイな気持ちです。

私は2001年11月に警察を退職していました。しかし、2012年2月までリソースグループ内の仕事に就き取り組んだ後に退職しました。とくにハイテク関係の仕事です。すでにIOTAの活動のためにアマチュア無線の私の趣味に多くの時間をたくさん持っています。
できるだけ早く私はあなたに情報を送りたいと思います。
 
2012年11月に実施されたYB8XM Joppyさんの3週間に及ぶOC-271 Babar Islandのペディションは交通費、島の滞在費として日本円で6万円ほどかかっています。IREFやドイツのGDXFなどにも協力を求めると面白いと思います。Johnさんはすっかり心を開いてお話ししていただけるところまできました。JohnさんはもともとOC-122 Tambelan Islandへ行きたかったようです。ここを逃すとOC-122からのQRVは相当難しくなると思っております。
 
瓢箪から駒ではなく、じっくりとJohnさんとの信頼を構築してきました。2012年9月頃からOC-122の実行を提案しようとタイミングをはかっていました。

OC-236 YB8ZC 2005 and OC-242 YE8A 2003 QSL received

昨日、表題のOC-236 YB8ZC Kodingareng Keke Island 2005 と OC-242 YE8A Rajuni Kecil Island 2003 QSL cardをYB8RBI Ramさんより受領しました。その経緯は次の通りです。

 
2011年9月にDXハンターのためのQSL回収情報の半年以上の未回収のコラムにJA1AML古家さんが2005年に実施されたOC-236 YB8ZCのQSLをマネジャのYB8HZより回答が無いとのメッセージを掲載されました。私はYB8HZと数回メールのやりとりをした経験がありましたので、すぐにHajar YB8HZへ連絡する旨を伝えました。しかし、まったく反応がありませんでした。
 
1年後の2012年9月にJA7DHJ宅井さんよりYB8RBI Ramさんの紹介をいただきました。宅井さんがOC-242 YE8AのQSLをRamさんに請求され受領されましたが、Ramさんより当該QSLカードの過去の請求の多くが郵便事故にあっているようで、もっと多くの方にOC-242 YE8AのQSLカードを提供したいと言うものでありました。
 
さらにRamさんは九州大学を卒業されたとのことで子供は福岡市内の小中学校を卒業し、現在は大分の大学へ通っているとのことでした。私はOC-236もOC-242もすでにクレジット済みでありましたので、お世話の意味で当ブログに掲載するとともに、問い合わせの支援を開始しました。
 
OC-242 YE8AのオペレーションはYB8RBIがリーダーで15名で実施していました。調べてみるとなんとYB8HZ Hajarさんも同行していたことが分かりました。そこで、YB8RBI RamさんへOC-236 YB8ZCのQSLカードに関しまして相談しましたところ、YB8HZ Hajarさんともちろん友人であり、支援していただくこととなり、複数のJA局のみならず海外のIOTA chaserとの橋渡しをしました。
 
注意点はRamさんは住所を変更して指定することでしょう。QRZ.comの住所は事故に遭うことを知っているようで、かれのセカンドアドレスへ送ることです。
 
私もNusantara awardを取りかかりましたので、両方のQRVが別カウントになることが分かり、2012年12月2日に2USDでRamさん指定の住所へ送付し、2013年2月4日に受領しました。私のNusantara awardはちょうど60Islandsとなりました。結構Nusantara awardは面白いです。
 
Img824
OC-236 YB8ZC KODINGARENG KEKE IslandのQSLカードです。
 
Img825
Nusantara awardの観点から見て、よくもまあ交信していたものだと思います。すでにクレジットが終わったIOTAは呼ばないようにしていますが、1回のみ手を付けたようです。
 
Img826
OC-242 YE8A RAJUNI KECIL IslandのQSLカードです。
 
Img827
これも1回のみ交信していました。本当に有難いです。Nusantara awardにも感謝します。
 
2013年1月にJH4GJR田岡さんより、このQSL回収方法の問い合わせがあり、これらに加え、さらにOC-146 YB8HZ and OC-247 YB8HZの二つもどうにかならないか支援を求めてこられました。Ramさんへ相談しましたところ、特別に面倒を見ますとの回答をいただきました。正直、「わあ、厚かましい」と思いました。ハイ
 
私が未交信のYB-IOTAの3つ、OC-157 Banda IslandはYB8XM Joppyさんへ、OC-122 Tambelan IslandをYB5NOF Johnさんへ、そしてOC-208 Banggai IslandはYB8RBI Ramさんへと考えています。





2013年2月 4日 (月)

OC-122 YB5 Tambelan Island ペディション実施の提案

表題のOC-122 Tambelan Islandは1990年8月にYB5NOCが一度実施したのみでクレジット率が4.7%と超レアのYB-IOTAです。世界で65名の申請者という状況です。私は数年前よりインドネシアのIOTA peditionerにことあるごとにOC-122実行の提案をしていましたがいたらずでした。

 
昨年8月に発表されましたNusantara awardの関係でYB5NOF Johnと彼が実施したIOTAペディションのQSL回収で急接近してきました。機会あればOC-122 Tambelan Islandへのペディションの提案をしてみようと考えていました。
 
本日、Johnよりメールが届きまして、「今日は出張から戻り私のシャックにいます。私が実施したIOTAのログが全て手元にある」と言ってきました。まさに、既に私を信頼、信用してくれていると判断し、御礼を申し上げるとともにOC-122の相談と、過去の支援状況をレポートしました。下記のメールが戻りました。以下、Johnの返事です。
 
Tambelan and Natuna SelatanへDX peditionへ行くことは長年の私の夢であり、可能な限りチェックしてみます。長い間、私はそこへ行くことを望んでいましたが、その機会と寄付の支援が無いためにとても難しいことでした。それまで実施したペディションはすべて私の趣味の範囲でやっていました。
私がそこへ行くにはジャカルタからPontianakへ向かわなければならない。その後ボートによりSarasan Island/natuna Selatan OC-109を経由してOC-122 Tambelan Islandへ向かうことになります。私は2人3人と一緒に3週間ほどかかるでしょう。予定ルートは次の通りです。
*飛行機でプカンバルーからRanaiナトゥナベサール島に向かいます。
*Sarasan South Natuna Islandへ行く船を約2-3日待ちます。... Srasanから1週間程度のオペレーション
*ボートでTambelanに移動し、そこで1週間のオンエア
すべてのアクティビィティに約1カ月の日数と高いコストを必要とします。貴方が本当に寄付ができたらですが。
Shuさん、私はどのくらいのコストがこのペディションに必要なのかチェックしてみましょう。
そして、それが本当に可能ならば、私たちは特に私にとって実行したいと思います。ハイ
私はあなたの回答を待ちます。
 
私のQRZ.comに掲載しています2005年からの支援ペディションの一覧と集まったドネーションのMin値とMax値を返事しました。ぜひOC-122 Tambelan Islandのコスト見積もりを作ってもらうよう依頼しました。OC-122の件でここまで提案に乗ってきましたのは初めてのことです。鍵をこじ開けられそうです。

OC-245 Bunta Island YB6AR/P その3

YB3MM Adhiさんより「

Aceh's spiderbeam made by YB6AR
」のタイトルでメールが届きました。

 
Home made spiderbeam which will be used on Rondo Island
(total 4 pcs) are almost ready.
We will try these antenna on 15-17 Feb in Bunta Island.
 
Wish us luck. 73
Adhi YB3MM
 
来週末に実施されるOC-245 Bunta IslandのリーダーであるYB6AR UcokさんがSpiderbeamアンテナを作ったそうです。まずはBunta Islandで使用され、続いて3月に実施されるOC-245 Rondo Islandペディションで利用されるようです。
 
Img00910201302021503
グラスファイバー等を使っているようでドイツから購入したのでしょうか。14/21/28MHzの3バンドのようです。きっと両方のペディションともに強力な電波を送りこんでくれることでしょう。私はNusantara awardの70番目、71番目Workedになりますのでたいへん楽しみです。

OC-285P H44RK Stewart Islands plan

JA有志34名のご協力をいただき、IOTA-H4 wanted list 2013をエクセルで作成し、H44RK Ralph(現在は5W0Wで運営中)とNR6M Rex、そしてご協力をいただいた33名の協力者へ1月31日に添付ファイルにて送信しました。

 
2月2日土曜日午後にRalphより御礼のメールが戻りました。有志には原文を転送しました。要点は次の通りです。
①いただいたリストは高く評価し重要な情報が含まれます。
②OC-285 Stewart Islandsは絶対的に第1優先として訪問します。
③H44MK 現地YLオペレータのマギーが参加するでしょう。
④5月の最初の週にOC- 149を皮切りに, 168, 047, 158, 285 and 127と回るプランを計画中
 
あと1カ月ほどで計画が確定するのではないかと思います。

2013年2月 3日 (日)

OC-245 Bunta Island YB6AR/P その2

表題のメインメンバーであるYB6ARへメールを送り、IOTA Marathonの説明やお願いをさせてもらいました。さっそく下記のご返事をいただきました。かなりネアカの方のようです。一部漢字もまじっていました。QRZ.comも参考してください。
 
了解了解....全く問題ありません。
ご質問をありがとうございます....
JN6RZM DE YB6AR...
拝啓...
私はYB6ARです。Rohadi Siregarですが、みんなは私をUcokと呼びます。
それは本当です。我々のチームは2013年2月15日から17日にBunta島でオンエアします。Loc.NJ75on
 
私が住んでいる場所からのメッセージとして28.225mhzに10メートル帯の伝搬を使用可能なビーコンを確認してください。わずか1.5ワットで24時間運用しています。40メートル、20メートル、15メートル、10メートルのバンドの上のQRVはqrz.com/db/yb6arチャットオンラインで、輝きのレポートを与えます。
 
これは、DXで興奮するとともに、釣ったエビに醤油を付けて食べることとDXには絶好の場所です。私は、私たちがオンエアするときに、バンドの一部でコンタクトできることを願っています。
 
アマチュア無線の挨拶 de YB6AR/ P Buunta島....
各バンドにあなたとお会いしましょう。そして各バンドで私と一緒にダンスをしましょう。
73 ...
http://www.qrz.com/db/YB6AR
 
Bunta_island_iota
最近のYB局はロゴマークが流行しているようです。多分、YB2TJVがデザインしているのでしょう。YBDXCのメンバーの中で流行っているようです。
 
是非とも多くの方に交信していただき、QSLカードを交換し、IOTA申請のみならず、インドネシアの初めて発行されたNusantara awardにも使用ください。私はこの分がちょうど70ポイントWorkedになりますのでたいへん楽しみにしています。インドネシアのIOTAが活性化してきます。ご協力ください。

2013年2月 2日 (土)

アメリカ領ヴァージン諸島から運用をいたします。

JI3DST舟木さんからメールをいただきました。敬意を表して掲載いたします。
どうやってKP2へ行くことになったかよりも、どうやってこれだけお休みが取れるかということの方が巷での噂です。私も含め、皆さんの羨望のまなざしを受けています。
 
下記の日程で、アメリカ領ヴァージン諸島から運用をいたします。

1、日時: 2013年3月11日(22:00)-19日(21:00)JST

2、周波数 モード 1.8、3.5、3.8、7、10、14、18、
          21、24、28、50MHz CW/SSB/FM
          (RTTY・PSK・JT65A)
 
 
3、運用地:アメリカ領ヴァージン諸島(United States Virgin Islands)
          ZONE: CQ 8
  IOTA: NA-106 KP2  United States Virgin Islands
 
4、QSLカード:QRZ.COMをご覧下さい。
 

KP2/KI3DNN:JI3DNN宛
KP2/W3JH  :JR3QFB宛
KP2/K2JA  :JL3SIK宛
KP2/JS6RRR:JS6RRR宛 
KP2/NH2KY :JR3QFB宛*1

*1:JARL経由では、送付できないことがあります。
 
5、運用者:
KP2/KI3DNN:島武
KP2/W3JH  :曽根
KP2/K2JA  :西村
KP2/JS6RRR:舟木
KP2/NH2KY :クラブ局

6、E-MAIL; JS6RRR @jarl.com

7、雨天等及び運用状況により、運用の中止がありますので、
  よろしくお願いいたします。
 
詳細はご本人に直接に問い合わせください。昨年のAS-008 JI3DST/1の式根島ではカナダのIOTA chaserのVE3VHBとのSkedに積極的に応対していただき、見事に交信されました。Skedの相談をされてもよいかと思います。
 

2013年2月 1日 (金)

OC-245 Bunta Island YB6AR/P and others

YB3MM AdhiさんからのQSPです。表題のペディションが下記の要領で実行されます。
 
YB6AR and several operators will active from Bunta Island OC-245,
Locator is NJ75on between 15 - 17 February 2013
using portable callsign (YB6AR/P etc).
QSL via each home call or listen to their instruction.
40m, 30m, 20m, 15m and 10m and mode of SSB and RTTY.
5 transceiver with each 500watt amplifier.
All antenna are homebrew (vertical, yagi and spiderbeam)
 
OC-245はIOTAではクレジット20.1%で過去のQRVは、
•YB5NOF/P
•YB6LYS/P
•YC3MM/5
•YC6JKV/P
•YC6LAY/P
•YC6PLG/P
•YE5R
です。ただしYB6LYS/P, YC6JKV/P, YC6LAY/P, YC6PLG/Pはグループでの同時運用です。また、YB5NOF/PとYE5RもJohnの運用です。つまり過去に3-4回程度の運用です。
 
また、Bunta IslandはIOTA Directory上では記載されていません。Nusantara Award上では以前に説明しました通り小分類になります。しかしながら、Adhiさんが指導されると思いますが、YB6AR達はRSGB IOTA委員会へエビデンスを間違いなく提出するものと考えます。
 
提出しなければIOTAの運用とは認められないことを知っているからです。これにより中分類へ格上げされます。もちろん、Nusantara awardでも新島として追加されます。Nusantara awardを楽しまれる方におきましては是非とも交信しておきたいものです。
 
Mapをどうぞ。
http://mapcarta.com/14773758
 
YouTubeをどうぞ。バンガローなどが建っています。キャンプ地のようです。
http://www.youtube.com/watch?v=MM93RZe_TqU

YB5NOF QSL Support

Nusantara awardが2012年8月に発表され、YB3MM Adhiさんに強制的(?)に申請させられ、このアワードにはまり始めました。その中でNusantara award取得のためのチェックリストをエクセルでほぼ完成していますが、一部島名が不明で問い合わせの回答待ちがあるために部分的に必要な方のみに提供しています。

 
その作成過程の中でYB5NOF Johnさんと急速に親しくなってきました。IOTAのレベルではOC-122 Tambelan Islandなど残り3つとProvisional IOTAのみと考え、あとはもう過去のものと思っていましたが、Nusantara awardのために見直しをやっていましたら、JohnのIOTAペディションの多さが浮き彫りになってきました。まとめると次の通りです。
 
OC-245 Rupat Island YB5NOF/P  Jul 2001
OC-245 Rupat Island YE5R      Jul 2006
OC-075 Bintan Island YB5NOF/P 2000
OC-075 Bintan Island YB5NOF/P 2007
OC-075 Kundur Island YB5NOF/P Feb/Mar 2001
OC-107 Singkep Island YB5NOF/P 2000
OC-107 Singkep Island YB5NOF/P 2007
OC-108 Siantan Island YB5NOF/P Sep 2001
OC-106 Natuna Besar Island YB5NOF/P Sep 2001
OC-210 Sangihe Island YB5NOF/8 Mar 2000
OC-213 Togian Island YE8T Mar 1997
 
OC-213 YE8TのみJA friendの支援をしたことがありますが、他にもこんなにありました。YB5NOF Johnとは別にYB5NOCもいますがこれで混乱する面もありました。こちらはイタリアのQSLmgrです。
 
これらを整理していますと、EU7A Andyから未回収QSLの支援依頼をいただき、Johnと相撲を取るように連絡を取り合いました。彼はQRZ.com掲載のアドレスとは別のセカンドアドレスを教えてくれました。そのうち、私もNusantara awardのためにJohnさんからのカードサポート上記分全てをサポートしていただくことになりました。1月3日にAndyよりOC-213 YE8Tカード到着の御礼のメールが届きました。
 
Hi Shu-san!
I have received today your envelope and very, very appreciated for
your help in getting QSL card from so rare IOTA island. Thank you so
much! Take care my friend, Happy New Year!
73, Andy
EU7A
 
これを聞きつけたようでVE3VHB MikeからもYB5NOF JohnのQSL未回収の支援依頼がありました。昨日、JohnよりMikeへ直接送るとの返事をいただきました。その御礼がさきほどMikeより届きました。
  Many thanks, Shu! I shall be glad to get that QSL, it will be the first
one to submit next year! I just mailed my IOTA cards today to VE7IG and
have a total of 806 this time. I have not received RI0K yet, I will
probably find it in my mailbox tomorrow!
Thanks for your help, very much appreciated.
Mike VE3VHB
 
13年前の2000年のQSLカードです。Johnは過去分のQSL請求において、相当の郵便事故にあっていることを知っています。そのために私が連絡すると直接送りますと返事してきます。しかしながら、是非とも彼に負担させないようお願いをしています。
 
なお、Johnには近いうちにOC-122 Tambelan Islandへのペディションを依頼するつもりです。ここはたいへんレアなIOTAです。JAでのクレジットは0%です。
 
もっとも大切なことはYB5NOF JohnさんがこれだけのIOTAペディションを実行したことを知ること、そして評価してあげることであると思います。その気持ちで多くの方が接すると必ず次のペディション実施に繋がるはずです。私一人の力では動かすことはできません。皆さんのご配慮をお願いいたします。
 

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »