World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« OC-075 YF5PQM QSL | トップページ | Strong windows »

2013年3月 8日 (金)

本日より3月度のインドネシアンIOTA activityがはじまります

本日よのインドネシアのIOTAアクティビィティがスタートします。
まずは、OC-161 YB6N Nias Islandです。3月8日(金)から13日(水)の予定です。
QRZ.comのYB4IRに詳細が掲載されています。大人数ですので強い電波が期待できます。YB4IR Imamの性格上、早めに切り上げる可能性が高いと思います。また、QSLカードの請求も3カ月以内という期間限定になっていますので、ご注意ください。
 
続いて、OC-245 YB6AR/P等 Rondo Islandです。3月9日(土)から16(土)までです。これも早く切り上げる可能性があります。QSL via IZ8CCWです。当初YE6Aを使う予定だと言っていましたが、最近の正式案内ではYE6Aを表示していません。個人コール/P or /6を使うようです。
 
さらに、OC-236 Balang Lompo Islandです。YB8HZ/P, YB8BRI/Pのコールで3月28日(木)より31日(日)まで実施の予定です。
 
OC-208 Banggai Islandは4月26日(金)より5月2日(木)の予定で現在調整中です。コールサインはYE8Bが使えなくなり、数日中に決まる予定です。この分は私が100%企画に入っています。GDXF、IREFからのFoundationを受けることに成功しました。JAからも支援を行います。今回より1000円のご支援にしてお願いしております。3月20日に締めて、YB5NOFへ送金いたします。また、支援者にはSASE不要でJN6RZM経由でQSLカード提供を実施します。
 
YB5NOF Johnさんはこれを踏まえ、OC-109とOC-122のインドネシアでは最も珍しいと言われるIOTA企画に入ってもらいます。OC-109が7月のIOTAコンテスト時、OC-122は10月で提案しています。OC-208はYB8エリアで移動コストがかかります。OC-109とOC-122はYB5エリアで比較的近いですが、船自体をチャーターしないといけないようです。個人負担で実行することは余程のお金持ちでないと無理です。Johnさんもアップアップ言いながら実行されますので、皆様のご支援を引き続きお願いいたします。

« OC-075 YF5PQM QSL | トップページ | Strong windows »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-075 YF5PQM QSL | トップページ | Strong windows »