World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

OC-208 Banggai Islandの進捗 (30.Mar.2013)

昨晩3月30日にOC-208 Banggai Islandのドネーション新規追加者募集を締め切り、0名であったことをYB5NOF Johnへ伝えました。しかし、新規追加者よりも既存のドナー45名全員のリストを同時に送付しました。すでに残念ながらOC-109/OC-122はキャンセルという前提で、このOC-208の実行の有無はJohnさんに委ねました。この朝の回答と合わせて確認ください。

 
  • Shuji Yamamoto

    I tried to gather the donation for OC-208 Bangai Island for another stations from last Saturday. I am informing this info on IOTA-chasers Forum and my Blog. But none sent me another donations. I am very very sorry.
    This is our donors;
    7K1CPT, 7K3EOP Nori, JA1EY Don, JA1BPA Icko, JA2AYP Masa, JA3FGJ, JA3UCO Koh, JA5IU Yoshi, JA6BLX, JA6FIO Sai, JA6TNY Toku, JA7BWT Aki, JA7DHJ Tak, JA7DOT Etsu,JA7EJO Sam, JA7MGP Toshi, JA9GPG Shige, JA9IFF Jim, JE2VFX Yoshi, JE3GUG,JF4VZT Yuu,JF6XQJ Moto, JG1OWV, JG1UKW Toshi, JG3LGD, JH1QVW Kazu, JH2IEE Ogi, JH4GJR Toshi,JI3DST Take, JI3MJK, JK1TCV Kazu, JM2LEI Nori, JN6RZM Shu, JO1CRA Hide, JP1EWY Nob, JR0DLU Ohr,

    AB5EU, DL5ME, K9AJ, K0AP, N6VR, SP5APW, VE6VK, W9DC, W0GLG

    DX World.net, GDXF, IREF

    Please decide to go to Banggai Island or not from you.
    If you decide NO, I return those donations to them. And I will try to propose to another YB8 stations for OC-208 plan.
    But if you can, I will send you our Japanese friends donations.
    Thanks for your reading. John-san.

  • 今日
  • John E. Daluas

    I wait for my licens from ORARI if ok I will go with the team...or alone, hope on this week it's ok Shu San

私個人はお金のことでトラぶりたくないのでOC-208 Banggai Islandもキャンセルされて良いと言う気持ちではありますが、最後の誠意が通じたようです。Johnさんが描いていたプランを少し縮小あるいは一人で実行するというつもりに変わったようです。
 
Banggai Islandに関してはJohnさんの友人にも話していますし、OC-213に住む友人からリグも預かってきているためにそれを修理して返さなければならない、さらにBanggai IslandからのコールサインをORARIに申請しているなどの関係で実行したいようです。
 
しかし、OC-109とOC-122は白紙状態です。ただし、OC-109をやるならば7月下旬のIOTAコンテスト時から8月にかけてとキャンセル回答後のやり取りの中で発言しています。また、OC-208はスマトラ島の中央部にあるぺカンパルからボルネオ島を飛び越えて、スラウェシ島へと渡り、つまりYB5からYB7を飛び越えてYB8の離島へ行きますのでコストがかかります。OC-109とOC-122は同じYB5エリアでありますので、OC-208実行後の判断となりそうです。
 
aloneというのは一人で行くという意味より、一人オペレータという意味の方が強いと判断しています。YB5QZが参加せず、YB5NOF/8のコールサインになる可能性も含んでいます。一人で行くならばビームなど使えませんので念のため。

2013年3月30日 (土)

OC-236 Balang Lompo IslandがIOTA Directoryに載っていない!

OC-245 YB8HZ/P, YB8BRI/Pもいよいよ今日で終了し、日曜日の朝に離島します。ところで、表題の質問をここのところちょくちょく耳にします。2週間前に実施されましたOC-245 YB3MM/6, YF1AR/6 Breueh Islandの時も同様の質問が国内外から届きました。

 
特にNusantara Awardを一生懸命されはじめるとこのこんがらがった質問がでてくるようです。実はBalang Lompo IslandもBreueh IslandもインドネシアのアワードであるNusantara Awardのリストには存在しています。私はすでにOC-236もOC-245もIOTAクレジット済みのため、まったくIOTAの対象外と興味を失っていましたが、Nusantara Awardをやるようになって、ここでのNew oneとして強い興味がでてきます。以前説明しました。小分類になります。
 
そこで、ご心配はありません。YB3MM AdhiさんもYB8BRI RamさんもRSGB IOTA 委員会のG3KMA Rogerとはメールで十分に問い合わせています。つまりペディションの終了後にはエビデンスという島へ行った証明書を提出するということです。
 
このエビデンスに基づき、RSGB IOTA 委員会はRSGB IOTA website上のIOTA newsでクレジット可能となった旨を掲載し、さらにそれぞれの島がそれぞれのIOTAで申請エントリを可能としてくれます。さらにIOTA DirectoryのPDF版も一定時期ごとに追加してくれます。是非このあたりはRSGB IOTA websiteで一度確認されることをお勧めします。
 
IOTAルールが厳格に進められていることを感じると思います。また、W2FBとYB3MMにより発行されるNusantara AwardがIOTA Directory上の島数を増やす活動にもなっていることがお分かりになると思います。近いか遠いかわかりませんが、将来のIOTA分割も考えられるのではないかと思います。
 
ここのところのYB-IOTA活性化をNusantara Awardの発行が担っていると私は強く感じています。海外の局にも紹介しております。皆様もぜひNusantara Awardの入手をご検討ください。
 
ところで、インドネシアの島を10個増やすと言うのはたいへんなことですね。でも目標もできてYB-IOTAの活性に繋がると思います。私の目標は今年Nusantara Award 70ポイントです。

2013年3月29日 (金)

OC-236 Balang Lompo Island info3(明日まで)

表題のYB8HZ/P & YB8BRI/Pのオペレーションも順調に進んでいるようです。朝に別件でYB8BRI Ramさんにメールを入れましたらご返事をいただきました。さらに、再度メールを送ると下記の通りもどりました。ご参照ください。

 
Shu san, domou arigatou gozaimasu. Cotto propogation wa youwai desu. Yotei wa doyoubi yoru made. Nichi youbi 10.00 ji kaeru yotei desu. Kyo to asita made gambarimasu. Ima made 850 qso on phone to 650 qso on cw. Hokano mondai wa dengki no koto, genset tsukau toki wa kekko qrm takakute, yoru wa kekko yoku nasimasu.
Mata waishimasou, 73
 
Sent from my iPad
Prof. Dr-Eng. Ramli Rahim, YB8BRI
Department of Architecture Faculty of Engineering
Hasanuddin University, Makassar-Indonesia
 
On Mar 29, 2013, at 15:59, jn6rzm@nifty.com wrote:
> Ram-san, Thanks. Thank you very much desu.
> Kinishinaide kudasai. North America no minasanga taihen yorokonde imasu.
> Taihendeshouga North America wo sagashite saabisu kudasai.
> Watashi wa 14/21MHz de Koushin dekimashita. Soreigai no bando wo sagashite
> imasu. Ganbatte kudasai.
>
> Shu JN6RZM
>
 
日本語のローマ字でたいへん読みづらいと思います。
現在、29日の1100UTC頃はコンディションが弱いようです。予定は土曜日の夜まで(till 1500UTC 30th)に切り上げて日曜日0100UTCに島を離れるようです。今日明日まで頑張るとのこと。Phoneで850局、CWで650局に達しています。発電機(?)を使うときはノイズが多くなり、地元の電源(1000-1600UTC)を使うときは結構良くなるとのことです。
 
未交信の方はご一報ください。ただし、明日は花見で10時から16時くらいまで外出します。

2013年3月27日 (水)

OC-208 Banggai Islandの進捗 (27.Mar.2013)

YB5NOF Johnさんより資金が足らないためキャンセルしたいとの申し出がありました。すぐにこのブログでの報告、さらにIOTA-chasers Forumにおける報告を実施しました。主宰者のK0AP Draganさんより心配したメールが届きました。彼もドナーですが、状況を報告しました。しかしながら一般の方130名はまったく反応がありません。と、いうより関心が無い状態でした。

 
QSLカード情報やQRV情報を流すと蜂の巣を付いたようになりますが、ドネーションの話をすると見事に静まり返ってしまいました。(笑い)JA側もその後新規のお申し出もまったくない状態です。
 
JA有志のお二方に相談しました結果は次の通りです。
 
資金が足らない対応は週末まで実施し、2番目のOC-109と3番目のOC-122はJohnさんが言われる通りキャンセルすることにします。
 
さらに、OC-208はYB8エリアに存在し、YB5からは一人400USDかかり4名で足らないということでした。Johnさんが2006年に実施したOC-245 YE5RのQSLは次の通りです。
 
Img834_1280x820
写真では14名の団体です。右下にop : YB5QZ & YB5NOFとあり、次にSupport Teamとして8名のコールサインが掲載されています。差し引くと他にも4名います。カメラマンもいますので実際は15名。アンテナ係、食事係、その他などなどという運営スタイルのために人数が多くなるようです。欧米やJAのように携帯食などが発達していないので、どうしても強力な信号を世界中に送りこむには大人数になるようです。
 
残りのOC-208は基本的には現在のドネーション総額でできなければ、つまり人員の削減&コスト削減ができなければ支援をお断りすることになると思います。特にお金の件がこじれると修復できなくなりますので、残念ながら私がドネーションを集めきれなかったという結果で週末にJohnさんへ報告し、決定したいと考えます。

2013年3月25日 (月)

求む! コンパクトHF100ワット機 by YB3MM

OC-245 Breueh Islandを先週終了したYB3MM Adhiさんよりメールが届きました。コンパクトHF機を2ndリグとして入手したいとのことです。IC-706のような100ワット機を準備したいそうです。どなたか安価でお譲りいただけるリグはありませんでしょうか。下記を参照ください。
また、YB9BU Kadekさんの状況を追伸で伝えてきました。退院して自宅療養のようです。OC-271等QSL発行までもう少し我慢して下さい。
 
Shu san,
 
Can you please help me to check, how much the price of
small HF transceiver 100 watt, such as IC-706.
2m band and UHF are not necessary. 
An old and 2nd trx is good enough, the low prize is much priority.
 
I need a small transceiver since my current is too big to bring to island.
Hi hi hi.
 
Thank you for your kindness
Adhi YB3MM
 
P.S.
I got a special call from Kadek yesterday.
He is in his house now, but is still lying in bed
QSL card of YB8XM/P have arrive, and he will start to process
after getting well in health.
 
リグの件は私までメールでご一報ください。YB-IOTAがすべて雑魚と言われるほど
活発に動いてくれるでしょう。

2013年3月24日 (日)

苦戦?、キャンセル? OC-208 Bangai Island進捗

昨日はYB5NOF Johnさんへ3月20日に締めきったドネーションの報告を朝一番にしました。その前に、一昨日に問い合わせたCash cardを持っているか否かの問い合わせの対応と、YB4IR Imamさんの動きを報告しました。

 
Cash cardに関しまして、Johnさんの過去分のQSL問い合わせが私の方にも届き始めたこと。OC-245 YB3MM/6&YF1AR/6 Breueh Island 2013のQSLマネジャーIZ8CCW Antさんとの間でOQRSを利用することに成功したため、JohnさんにもOQRSを利用できないかを提案しました。もちろん、私に送っていただいたドネーション全額からQSLカード転送費100円/人とJPでの送金料2,500円を差し引きますが、この2,500円分がPaypalで「総額の3.9%+40円」の費用を受信者が引かれるのみで経費節減に貢献することを提案しました。
 
続いて2番目のメッセードにはYB4IR Imamさんの動向を伝えました。かれはOC-161 YB6Nを実行するときに知り合いました。YB5NOF Johnさんの動向も伝えながらIOTA-chaser ForumへのPR等により支援しました。OC-161終了後に次はOC-106へ行きたいと言ってきました。そこはJohnさんが7月にOC-109へ行く途中に予定していますとアドバイスしました。Imamさんからは「そのようなことは知りません。私はORARIの指示でOC-106, OC-107そしてOC-109へ行くことを検討しています。情報があればもっとください」との回答でした。
 
そのまま放っておくこともおかしくなる可能性がありましたので、Imamさんの「 」の部分をコピーして送りました。
 
3番目のメッセージはJAフレンド+EU/NAの有志からのドネーションが目標の500USDを超えて620USDとなったこと。Paypal accountを登録していただければ送金料が相当に節減できることを伝えました。
 
23日土曜日のお昼過ぎにかなり感情的になった感じでJohnさんからメッセージが戻りました。「3つともにキャンセルしたい。(OC-208/OC-109/OC-122)これは単なる趣味ですから。ぺカンパルからバンガイまで一人当たり400USDかかります。キャンセルすることは簡単です。もしくは私が一人で行ってBanggai IslandでJA friendsのみにサービスすることもできます。貴方の意見を聞かせてください。云々」といきなりでありました。
 
その感情的になった一つは彼の企画(インドネシアのペディションは大人数で実行する)と私の集金力不足が彼のストレスを生み、ドネーション不足を嘆いたのか。二つにはYB4IRの行動が癪の種になったのか、よく理解できませんでした。
 
そこで私は二点に関してJohnさんへ詳細を送りました。ドネーションに関してはたいへん難しいところがあります。今回から1000円に下げましたのはGDXFとIREFを私が折衝し、トータル化を図りました。さらに一人当たりドネーションの平準化とドナーの拡大をはかったものでした。残念ながら45名のご協力のみで目標の60名には達しませんでした。
 
NAからのお付き合いも多くなり、西海岸だけでなく、東海岸、中央部アメリカからのニーズも高くなり、どうしてもペディショナーにビームアンテナやリニアなどを準備して欲しいと考えていました。残念ながら、NAからの支援はからっきし少なかったです。(笑い)
 
JAからの新規ドナーも単価を下げても、それが参加する要因とななりませんでした。少し影を落とし始めましたが、ここ数日の対応がポイントのようです。
 
この朝にはJohnさんからのメッセージが二つ届いていました。ひとつは「まだYE8Pのライセンスが届きません。月曜日の朝にYB1PRへ直接問い合わせます」と。もう一つは「For OC-109 better on the end of July to August we can joint IOTA CONTEST」と私のアドバイスに素直に応えてくれ、機嫌が直ったような感じではあります。
 
方法論としては全力で交渉していますが、ドネーションの追加募集くらいしかないですね。
まずはすべての皆様に報告します。

2013年3月23日 (土)

SA-049 Redonda Island LT5X QRVing

表題の局、LT5XがQRVを開始しました。クラスターではPSKしかあがっていないようですが、Facebookには多くの写真やQRV情報が掲載されています。その一部をご紹介します。

 
Radioclub Ushuaia
CW 28040 21040 14040 7030 3530
SSB 28560 28460 21260 14260 7055 3765
PSK 7.040 14.070 21.070 28.120
 
追加情報があればここに掲示いたします。
 
Sa049_redonda_island
23日24日の二日間です。

2013年3月22日 (金)

Indonesian Islands list 2013 Mar for Nusantara Awardの公開

2013年1月末に提供をしました表題のIndonesian Island listの2013年3月末版を提供します。

 
 
1シート目は私個人のデータを記入しています。すでにお知らせしました通りNusantara Award 60Islands CFMを達成し70Islandsへ向かっています。じっくり見られる方はご自分のオペレーションと比較し、何だかの新しい発見をされると思います。
 
2シート目はNusantara Award申請のためのシートです。1シート目と様式は同じものです。
 
3シート目にメンテナンスリストを設けました。新しいYB-IOTAのオペレーションや新しい島からのQRVなどを順を追って記載してまいります。
 
一人で作成しておりますので、もっと多くのアイディアなどをいただければ幸いです。
(2013年3月31日に再掲載しました)

2013年3月21日 (木)

OC-236 YB8RBI/P & YB8HZ/P Balang Lompo Island info2

詳細が分かっていませんでしたので来週3月28日から31日まで実施されます表題のペディションの内容をYB8BRI Ramさんへ問い合わせてみました。1時間もたたないうちに返信が戻りました。Ramさんとは日本語でのやりとりです。ただし、ローマ字です。なんとなく疲れます。(笑い)

Shu san, email itadaki arigatou gozaimasu. Youtei wa 7-10-14-18-21-28 Mc ssb-cw-rtty yaru tsumori desu. Antena wa 5band hexbeam, 7Mc antena dipole desu. Qsl card via yb8bri, as on qrz.com. Anounsa wa yarimashita, yoroshiku onengai simasu.

de yb8bri

 

アンテナは5バンドのHexbeamアンテナ(10-14-18-21-28MHz)、と7MHzダイポールです。SSB/CW/RTTYの3モードをやるそうです。QSL via YB8BRI on QRZ.com。他のDXnewsを調べましたが、このあたりは何も書いてありませんでした。

さらに、RamさんがもっているiPadにより島とのメールの送受が可能か問い合わせています。当インフォはすでにW5GAI Skipへ送りスケジュール化を図っています。

私はIOTA OC-236はすでにクレジット済みですが、Nusantara Awardのnewとしてぜひ交信したいところです。当アワードをやっていなければここまで意欲はわかなかったと思います。

【追記】続いてRamさんより2つの質問に関して回答がきました。

Shu san, 26nichi iku yotei desu. Makassar asa kara kuruma de Pangkep Futoo e iku, 2jikan kakarimasu. Tsugi wa fune de mata 2 jikan kakari, tabun hiru ni narimasu. Hiru gohan owattara, antena o setting shite, dekimashitara yoru ni cq tesuto nombiri yarimasu haha. Mondaiwa dengki no kotodesuga, 18.00-24.00 sika arimasen. Nokori jikan wa gen-set to solar cell de tsukaimasu. Email wa dekiru toomoimasu. Watashi ga ipad to internet computaa motte ikimasu. 30-31nichi WPX contest mo sangka suru tsumori desu.

Yoroshiku onengai simasu.

de yb8bri

DXnewsには28-31 Marと記載されていますが、私が先にいただいたメールに27-31とありましたので質問しました。なんと26日を予備と準備で考えているようです。27日の朝から本格的サービスをするつもりのようですね。しかし、島の電源は18時-24時までとのこと。現地時間はJST+1時間です。それ以外の時間帯はソーラーセルを利用するとのこと。Ramさんがいつも使っているiPadも持参するそうです。メールのやり取りができます。

私個人としては、IOTA-YB wanted list 2013上で未交信の方、ならびにNusantara Awardを申請されている方を中心にフォローの予定です。全員、交信を楽しみます。

2013年3月20日 (水)

OC-245 Breueh Island QSL請求について その3/3

YB3MM Adhiさんのご協力によりIZ8CCW関連のQSL回収にOQRSを使用することが可能となりましたのでお知らせします。さきほど、Adhiさん、Antさんと調整しました。このブログで紹介することも了解いただきました。

 
①1コールにつき、3USDまたは2EUROをPaypalで送金してください。(ただしJAの場合)
  Paypal accountは pay@mdxc.org です。
 なお、今回のOC-245 Breueh Island YB3MM/6とYF1AR/6は1コールでカウントします。
 
②Paypal送金時のエントリフィールド「受取人にメールを送る」において下記の形態で
 エントリして下さい。(サンプルはさきほど私がIZ8CCWへ送ったデータです)
 
件名:
OC-088 YC7SKM QSL request
メッセージ(オプション):
QSO data
From JN6RZM, To YC7SKM 06-10-2002 06:04 21MHz 59 SSB
Name & Address
 
Shuji Yamamoto
2-23-24-402 Nishijin Sawara
Fukuoka 814-0002
Japan
 
Thanks again, Ant-san
 
Shu JN6RZM
 このままコピーして上書き、保存していただければIZ8CCW用として継続できます。
 
 なお、今回6名の方が未交信データをお送りいただきました。1コールごとにOQRSで請求して下さい。
 
 OC-088 YC7SKM  10-2002
 OC-237 YB3ZMI   10-2000
 OC-237 YB3ZMI   07-2005
 OC-237 YC3MM/M 03-2004
 OC-245 YC3MM/5 07-2002
 OC-245 YB3MM/6 03-2013
 OC-250 8A3M     08-2002
 OC-262 YE5A     05-2003 などのデータがIZ8CCW取り扱いでした。
 またMDXCのwebを確認するとOC-245 Breueh Island分も受付をしていました。

OC-208 Banggai Island スケジュールプラン

さきほどYB5NOF Johnよりメッセージが届きました。スケジュールプランができあがりました。

いよいよです。また、本日OC-208 Banggai Islandのドネーションを締めきりさせていただきます。予算書や各種準備にはいりますので誠に申し訳ありませんが、途中からのドネーションは受け付けられませんのでご了解ください。
 
今回よりお一人1000円といたしましたが、残念ながらドナー自体は44名とOC-271の時よりも7名減となりました。
 
John E. Daluas Tomorrow I will be back to Jakarta, on Friday going to ORARI try to check our call sign in Banggai, I hope still ok with YE8P after then I go to Pekanbaru for prepare our plan and. equipment to Banggai include my office meeting it take a week there and back agn to Jakarta waiting for going to Banggai starting from Pekanbaru at 20/04, the schedule :
* 20/04 Pekanbaru - Palu
* 21/04 meting with Orari Palu and then in the afternoon going by car to Luwuk
* 22/04 morning going to Banggai Isl
* 23/04 checking equipment and build the antenna
* 24/04 radio check and testing propagation
* 25/04 final checking
* 26/04 starting our operation until 02/05 until 17.00 GMT
This is my plan how do you think Shu san.
 
明日にほぼ間違いなくコールサインが決定すると思われます。W5エリアのテキサスとルイジアナに電波が届くようJohnさんとAntonさんに頑張ってもらいましょう。いよいよです。
 
もちろんドナーにはYB5NOFよりvia JN6RZMにて自動的にQSLカードが送付されます。

OC-245 Breueh Island QSL請求について その2/3

IZ8CCW Antさんへの焦げ付きを事前にYB3MM Adhiさんへ送って相談しましたところ、次の様な回答が戻りました。

------------------------------------------------------------------------- 
Shu さん、
IZ8CCW Ant からQSLカードを回収の問題が良くわかりました。
Ant に聞いてみまして、一番多い問題はQSLカードがイタリアの彼の住所に到着していないようです。
彼からの返事ならば殆ど問題がありません。
そこで彼と相談しまして、新しい方法でPaypalの送金はいかがでしょうか。
多分この方法で一番安全でしょうか?
私にとってひとつ欠点がありまして、QSLカード(紙カード)がもらわないことです。Hi hi hi
No problem. そのかわりに、Paypal で送金の後でも、紙カードをBureauで送ってください。
以上で、ありがとうございました。
アディ YB3MM
--------------------------------------------------------------------------
驚きました。JAから普通に送るSASE(QSLカード+SAE+返信料)が届いていないそうです。
Paypal利用の提案がありますが、紙カードをBureauへ送った後がどうなるか、今回複数の焦げ付きがある局はどうすればよいか、すでにOC-245 YB3MM/6やYF1AR/6のSASEを送る場合もどうするかを再度問い合わせています。
 
回答文書にはっきりと届いていないそうですとありますので、普通のSASEは送っても事故になるということだと思います。勇気ある方は送ってください。まずは送付を保留していただき次のAdhiさんのアドバイスをお待ちください。
-------------------------------------------------------------------------
Adhiさんより回答をいただきました。要するにAntの住所へ郵送しても届かないと思った方がよいとのこと。そのため、Paypalで送金くださいとのことです。今回のOC-245はYB3MM/6とYF1AR/6の2枚で2USDを送ればPaypal送付時の余白にQSOデータと送り先を記入すれば直接送ってくれるようです。過去の焦げ付き回収も同様になります。
 
詳細は今からIZ8CCW Antへいろいろなパターンを作成して彼の了解を得たいと思います。いましばらく待っていただければ完璧な方法をお知らせします。

W5からの叫び

OC-245 IOTA DXpedition (YB3MM/6 and YF1AR/6)のタイトルでW5GAI Skipよりメールが届きました。Skipとは昨年10月にIOTA-chasers ForumにOC-271 YB8XM/P Babar Islandへのドネーション支援を求めた時に、私の文章にほとんど反応が無く、唯一Skipが個別に呼びかけてNA/EUから10名ほどのご協力をいただきました。以下、テキサス・ルイジアナのIOTAチェイサーの叫びです。
 
このオペレーションはAl W5IZを除くテキサスとルイジアナのほとんど全ての熱心なIOTAチェイサーの一人にも交信できませんでした。
 
私たちの電波伝搬、ロケーション、アンテナ、パワーを操作することもなく、おそらくこれにもかかわらず、限界の伝搬だったのでしょう。
 
少し奇妙に思えましたが、他地域から他の低電力でささやかなアンテナであるのに簡単に複数バンドで交信できていました。
 
Skip W5GAI
 
淡々とした内容なのですが、W6/W7のウエストコーストやW1/W2/W3/W4/W8/W9などのイーストコーストには気を使いますが、W5/W0の中央USAにはほとんど気を使っていませんでした。私たちができることは次のことでしょう。
 
①開始前にペディション側とW5側とコミュニケーションをはかる。
②YBならびにJAにパイロットステーションを設ける。(ビーム使用、7/10/14MHzCW可能)
③IOTAペディション局とは極力2交信にとどめる。
④いろいろな要素が絡みますが、EU/NAなどのエリア指定はしっかり守る。
 
①はAdhiさんとしっかり打ち合わせしていませんでした。彼からスマトラ本土の出発前の写真がつぎつぎと送ってきましたが、Breueh Islandから連絡ができるかわからなかった。しかし、本人も行ってみないと分からないというケースもあります。今後は通信に関して可能な限りしつこいほど確認しましょう。
 
②これはK6VVA Rickからの提案でした。JAで私と心中される方はおられませんか。
 
③DXCCのバンド別モード別一覧表の感覚で交信されるケースがあります。さらにQSLカードを請求されないのにQSOはガンガンされる局がいます。どうぞ、IOTAペディションは2回で納めていただくようお願いしたいです。また、QSLカードは海外のマネジャがBuro OK以外は基本的にYBはDirectとお考えください。
 
④これは当然のマナーです。
 
以上、W5GAI Skipからのメールをもとに書かせていただきました。
世界中、みんなで楽しみましょう。

get info for Natuna Island (OC-106)

OC-161 YB6Nを終了し、QSLカードも今週末に開始するとスピーディな対応をしていますYB4IR Imamさんより表題のタイトルでメールが届きました。

 
IOTA-YB wanted list 2013が大きな影響を与えていると思いますが、Imamは次のプランをOC-106 Natuna Islandを企画してきました。wanted list上、多くのニーズがあること。YB5のBatam Island(OC-075)からNatuna Island(OC-106)へ直行便の飛行機があることを候補として相談してきました。
 
私の意見として、2004年からのYB-IOTAの支援をJAの有志とともに続けていること、昨年はOC-271 Babar Islandの支援を実施したこと、現在YB5NOFとOC-208/OC-109/OC-122の計画を進めていること、そして10日ほど前にYB5NOFがOC-109へ行く途中でOC-106へ寄るため、ここからのQRVも考えたいと言っていることを伝えました。
 
私からYB5NOFへ相談してもよいか伝えました。YB5NOFもOC-109がメインであり、OC-106はついでの感じであるので調整してくれるであろうと伝えました。
 
さらに、Imamが住んでいるYB4エリアではOC-204 Enggaro Islandが8A4EIの1回のみのQRVであること、交信済みでもQSLmgrがSKとなり未回収局もいることを伝えました。1島のみですのでNusantara Awardには1pointのみで残念です。
 
長年、OC-122/OC-157/OC-208のQRVを提案し続けました。OC-161 YE6N Nias Island以降YBのペディションが5年ほど止まってしまい昨年ようやくOC-271で復活傾向がでましたが、YB5NOFとYB4IRというCWマンによるIOTAペディションが二人の優秀なオペレータにより盛んに計画され驚いていますと締めくくりました。
 
再び、大きな動きがでてくるでしょう。
 
【追伸】YB4IRよりメールが戻りました。
YB5NOF Johnのプランとは関係なく、ORARI HQとORARI Kepri Areaは今年中にOC-106, OC-107そしてOC-109の企画を持っているので、そちらにしたがって実行したいようです。
OC-109とOC-106はYB5NOFから離れてYB4IRの方で実施されるかもしれませんね。
 
もともと私のJohnへのリクエストは個人的なニーズから相談にはいり、OC-122が第1義、OC-208もできないかと相談したなかにOC-109がOC-122にくっついた感覚でありました。そのため、YB4IRの動向次第で、4月にOC-208とOC-213、7月に本命のOC-122にシフトする可能性があります。
 
OC-106, OC-107, OC-108はYB4IRチームが別途企画することになるでしょう。ImamにはNusantara Awardも意識してもらうようアドバイスしたいです。そこでやはりNusantara Awardをねっと多くの方に申請して欲しいですね。絶対に有利になります。わずかな手間と少しのコストです。

2013年3月19日 (火)

OC-161 YB6N Nias Island QSL card

YB4IR ImamさんよりQSL cardがもうすぐ出来上がるのでinformationして欲しいとのメールが届きました。

Dear Shu, Please info to all DXer that YB6N Card under Printing process and I hope in this week end already finish. Thank you 73 de YB4IR Imam QSL Manager of YB6N by BlackBerry YB4IR®

早いですね。今週末には準備できているようです。詳細はQRZ.comのYB6NとYB4IR両方を確認してください。
 
【追伸】JA6FIO西園寺さんよりinfoをいただきました。
 
YB4IR Imamさんからのメールです。
昨日(月曜日)届きました。
Dear JA6FIO,
The QSL Card sent today to your address:
カードがくるのが楽しみです。
JA6FIO
 
【追追記】ImamにQSLのpictureがあれば一緒にPRさせて欲しいとメールを返信しましたらすぐに送ってきました。
 
Orari_qsl_yb6n_nias_2013_alt_4
 
なかなか素敵なQSLカードですね。インドネシアのイメージが変わりそうです。

 

YB-IOTAに動きが! JG1UKWさんからのレポート

千葉でIOTA chasingを楽しまれていますJG1UKW宮嶋さんから貴重なご報告をいただきました。

諦めていたインドネシア関係のカードが戻って来ました。

①YB8HZ/P  OC-247 Sabalana Island.
 2000/12/16 21-SSBで交信しました。
 2006/11/04に1回目のSASEを本人送付  2008/11/14に2回目のSASEを本人送付
 本日、本人よりカードが送られて来ました。なんと、4年半振りにCFMです。
 これで、1upです。 (^^♪
 
②YB8ZC  OC-236 Celebes Coastal Island. (Kodingareng keke Island)
 2005/12/17 21-SSBで交信しました。  2012/12/24にSASEを本人送付
 このカードも一緒に同封されていました。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③YE5B  OC-075. Galang Is.  1998/10/24 -SSBで交信しました。
 2012/12/31にYE5TAに送付する。本日、CFMです。
 3枚のQSL Card添付しますね。  なんとなくインドネシアの局が動き出しました。
 諦めていたQSL Cardが戻って来ています。  いつもお世話になっている、山本さんに情 報としてお知らせします。  どぉ~思いますか ?
 
はい、YB8HZ Hajarさんは5年ほど前くらいまではメールの返信がありました。昨年、あることがきっかけでYB8BRI RamさんにHajarさんのQSL支援をお願いし成功しました。今ではYB8BRIのQRZ.comにHajarさん関連のQSLマネジャとして掲載されています。その影響で溜まったSASEの処理をHajarさんが実施していると判断しました。
 
さらに、2013年3月27日からはOC-236 Balang Lompo IslandからYB8HZ/P, YB8BRI/Pのお二人でサービスされます。YB8HZ HajarさんがYB8BRI Ramさんの影響を受け、ペディションへ出かけられます。YB8HZが活動を復活しましたね。最近のYBのIOTAペディションが動き始めたのは、その大元にNusantara Awardが影響しているものと思います。
 
まだまだ少ないNusantara Awardの申請者ですが多くのJAからの申請が継続してあって欲しいものです。必ず新しいYB-IOTAペディションに影響してくると思います。
以下、宮嶋さんが回収されたQSLs 3連発です。
 
Yb8hzp_640
 
Yb8zc_640
 
Ye5b_640
Nusantara Awardの視点で見るともちろん3つともにヨダレがでるほどレアです。IOTAの視点でもまずまずレアです。

2013年3月18日 (月)

OC-213 Togian Islands YB5NOF/8

3月16日にYB5NOF Johnさんよりメッセージをいただき、17日の日曜日20時(現地時間)にTogian Ialands Linda Islandから19日火曜日の朝まで14MHzSSBのみでQRVするとの情報をいただきました。貴方のグループの中で未交信の方というニュアンスがありましたので、IOTA-YB wanted list 2013のデータ提供協力者36名中、OC-213未交信の17名へ連絡し日曜日の夜に待機していただきました。

 
その間に17名中2名が14MHzに出れないので他のバンドにもチャレンジしていただくようお願いしました。そして、日曜日の午後8時にメッセージが届きました。
 
John E. Daluas

GE Shu San I get trouble on the equipment here...can't use the trx because 5 year he (my friend) didn't use it so may be any trouble on it and I must bring the trx to Palu or Jakarta for repir...would you qsp to all friend there about this trouble I hope after Banggai I will go back to Togian again...phone no Internet conection so it's a big problem for me to contact with you. I'm vy sorry for this case.

 
Togian諸島のLinda Islandで開局している友人の無線機を使う予定でしたがトラブルが発生したそうです。このままJakartaに修理のために持ち帰るそうです。そして、4月から5月予定のOC-208 Banggai Islandが終わって帰る際に再び無線機を持参しQRVしたいということになりました。再アナウンスをお待ちください。
 
結果として、OC-208 Banggai Islandでのコールサインはまだ分かっていません。
今回もローカルコンディションを見る予定でBanggai Islandへ確認に行く予定がありましたが、いきなり中止になりました。そして、OC-213 Togian Islandsへ行くことになりました。スケジュールが急変しますが、これがインドネシア風のスケジューリングです。情報をもらえるようになっただけでも良しとしましょう。
 
その後、YB5QZ Antonさんからも下記のお詫びのメールも届きました。
 
Hello Shu san,
John San Called me by phone few minutes ago told me that to QSP to Shu san,
today he has been arrived in Togian Isl. and visited his friend house in Togian
and tried to operate QRV over there, unfortunately has transceiver Issue,  no power output so he can’t operate accordingly as promised, and said very sorry caused inconvenience.
FYI.
73
de Anton YB5QZ
 
ご承知の通りYB5QZ AntonさんもOC-208 Banggai Islandへオペレータとして参加します。YB5NOFと同じ町に住んでいます。帰路は一緒にOC-213 Togian諸島によってサービスをしてくれるとますますパワーアップされますが。さてどうなりますやら。17名以外のOC-213未交信の方も参加できるようにしたいですね。

2013年3月17日 (日)

OC-245 Breueh Island YB3MM/6, YF1AR/6 QSL請求について1/3

表題のペディションが予定よりも1日早く3月16日午前中に終了しました。2月にJA friendsのご協力によりIOTA-YB wanted list 2013を36名のご協力により作成(NA2名、EU1名含む)しました。

 
そのリストの中でOC-161 YB6Nは14名の未交信全員が交信に成功しました。続いて、OC-245は未交信10名おられましたが9名が交信に成功されました。素晴らしい成果をあげました。次はOC-236の9名が月末に待っているので楽しみです。
 
そこで、OC-245 Breueh IslandのQSLマネジャはIZ8CCW Antさんが担当されます。彼とはメールのやりとりを時々していますが、その8割がQSL未着の対応であります。昔からなかなか請求したQSLカードが戻らず苦労しています。
 
昨年の9月29日にIOTA Meetingで知り合いましたJF6WTY林さんのQSL焦げ付き支援を実施しました。28件ほどあった未回収の半数ほどの対応をしましたが、IZ8CCWがマネージするものが2件ありました。やはりあったかという気持ちでしたが、ちょうどV8へのペディションへでかけるために保留しました。
 
今度は私のものですが、10月にNusantara Awardを始めて11月にそのチェックリストを作成するとたいへん面白くなり、数を増やしたくなりました。OC-088ボルネオ島が未回収であることが分かりました。IOTA OC-088は9M6やV8でクレジットを受けるためにインドネシア側のYB7を探しました。YC7SKMを見つけ、マネジャがIZ8CCWでありました。一瞬やめようかなと思いました。
 
Antさんへ12月1日にメールを送ったところ、すぐに返信がありYou are on the logのメッセージが戻りましたのでQSLカードとSASEを12月2日に送りました。年内到着を希望したのですが届かず、New yearメールにその旨を入れて送りました。さらに1月31日に届かない旨のメールを入れましたが2回連続の返信なしでした。
 
2月にはOC-245 QRVが発表されIZ8CCWがマネジャとなりました。そこで、2月28日にNusantara Awardの関係でぜひ協力して欲しい旨のメールをAnt宛へ送りました。すぐに返信がありアドレスを求めてきました。「なんだ、私のSASEを管理していないのか」と一瞬思いましたが、送ってくれるということなので住所をメールで送り返しました。
案の定というか、3月も中旬を過ぎましたが、いつものAntさんであります。ハイ
 
そこで、IZ8CCWのQSLは、
①OC-237 YB3ZMI 2000年10月
②OC-197 YB3MM/P 2002年6月
③OC-250 8A3M 2002年8月
④OC-262 YE5A 2003年5月 が主だったものです。
 
当ブログをご覧になられた方でIZ8CCWからの未回収を集めて、YB3MM Adhiさんのアドバイスを受け、IZ8CCW Antさんへ交渉したいと思います。
 
該当カードがある方は次のフォーマットを上書きして3月20日までにjn6rzm@nifty.comへお送りください。Antさんから回収条件(費用など)がでるかもしれません。自己流のフォーマットはご遠慮ください。必ず下記のフォーマットで返信ください。上の4つのQSLに合わせています。
 
OC-237 YB3ZMI JN6RZM 21-10-2000 00:00 21 59 SSB

OC-271 YB8XM/P Babar Island QSL card pre-print

YB8XM Joppyさんより表題のQSLカードの版下が届きました。IT9EJW製のBeautiful QSLカードでIREFよりの出資で印刷されたものの版下と思います。

 
14日に私がIT9EJW Alfioさんに問い合わせてから事態が動き始めました。初回の答えは守秘義務の話でしたが、AlfioさんもKadekと連絡がつかず困っていたようです。すでに版下ができていると言っていました。私JN6RZMは第3者であり、版下を送る訳にもいかず、ペディショナー本人のYB8XM Joppyへ送ったようです。
 
JoppyさんはKadekから了解を求める必要もないと思います。本人であり最終決定者ですから。しかし、変わる可能性もありますのでご注意ください。要するにQSLの準備ができていることをお知らせしたいということです。
 
Oc271_qsl_card 
IT9EJW製のQSLカードは綺麗ですね。まだ版下です。
 

2013年3月16日 (土)

NA-161 Pleasant Islandのプレゼント

2013年2月にNA-036 Vancouver Islandを沢山のJAにプレゼントしてくれましたVE7DP Frankさんが「それではVE7のIOTAを回りましょう」と言ってくれましたので、当ブログでIOTA-VE7 wanted list 2013の作成のため自由参加で募集しましたところ20名よりwantedデータをいただきました。すでにのしを付けて送りましたが昨日返事がありました。

 
要点は
①エクセルファイルが開けないとの要望。すぐにjpgにして送りました。必ずや反応があるでしょう。この秋からのIOTAペディションに参考データとしてくれるものと思います。
 
②昨年、お願いして8月に実行してくれましたNA-161 Pleasant Islandは見事聞こえませんでした。その旨をwanted list送付メッセージの最後にPast senderで書きましたところ、なんと次の回答をいただきました。
 
Regarding  NA-161 :  I am  in contact with KL7XK  an I think  he will be  QRV from Pleasant  Island again . His  QTH is very close to that island and he has his own  transportation , the same small boat we used  to travel to the island during our  activation in  Aug/2012 . 
 
When the schedule for next  QRV is  in  place , I will email you the information ;  please QRX
 
なんと、驚き、桃の木です。また行ってくれるとのことです。Pleasant Islandのプレゼントです。KL7XKはこの島の対岸であるGustavusに住んでいます。すでにほとんどの方がQSOされていますが、たいへんお恥ずかしいところですが、これがアパマンハムの実力です。
 
まだ、日程等詳細は決まっていませんが、昨年は8月17-19日、KL7XK/P、VE7DP/WL9等のコールで30/20/17/15mでQRVしていました。万一、未交信の局がおられましたらご連絡ください。Sked化や他のバンド、日程などをFrankへ提案したいと思います。
 
NA-036とのSkedに参加された方のお陰で、その延長で生まれました。感謝します。

2013年3月15日 (金)

OC-213 Togian Islands Linda Island operation YB5NOF/8

この朝にスラウェシ島のPaluのORARIチームとのTechnical meetingにおいてコールサインが決定するとYB5NOF Johnさんのメッセージを待っていたところ、なんと表題のオペレーションを実施する連絡が届きました。

 
  • John E. Daluas

    GA Shu san...after I go back from Banggai may be the day after tomorrow I will go to Togian isl for 2 or 3 days on the air from this island just for checking propagation with my home call sign YB5NOF/8...on phone mode...my friend there in island the name is LINDA ISLAND have transceiver and log periodic ant...there. This is my extra d'expedition especially for your group...so how can I contact Roger for confirmed my activity...to TOGIAN ISLAND's group and the name of this island is LINDA ISLAND this is private island for his KARAMBA (Indonesian language)...it's a special place for fish with net for protect it...I don't know what's the word in English...hi hi hi

    • John E. Daluas

      May be NOUN FISH in English

     
    数日内にやはりOC-208 Banggai IslandへLocation checkのために訪問するようです。そのとき無線機を持って行って私だけ交信してもらえば良いのだけどと思ったりもしました。(笑い)
     
    そのBanggai Islandの後にOC-213 Togian IslandsのLinda Islandの友人のシャックより、電波伝搬の状況確認を目的に訪問するとのことです。しかも私の友人グループとYB5NOF/8にて交信したいそうです。完璧にJohnさんは先日作成しましたIOTA-YB wanted list 2013を意識してくれています。この情報はOC-213未交信の18名へメールで連絡しました。
     
    Linda IslandはRSGB IOTA DirectoryのOC-213には掲載されていません。そのためにRSGB IOTA 委員会のRoger G3KMAへ証明書等を提出しなければいけません。その方法を知らないとありましたので、すぐにハウツーを返信しました。
     
    まだ日程が確定していませんが、18名とのSkedを実施する予定です。私はNusantara AwardのNew oneとなりますのでたいへん楽しみです。FacebookでつないでオンラインでSkedができますので、QSOの成功率はたいへん高くなるとわくわくしております。
     
    18名の中にはあのK6VVA Rickもいます。Johnさんは本気でYB-IOTA全てを廻るつもりでいるようです。

    OC-245 Breueh Island info (15.Mar.2013)

    You can see OC-245 Breueh Island QRV information.
     
    http://www.facebook.com/RondoIsland2013
     
    Their operation have 2 locations;
     
    The reason are;

    OC-208 Banggai Island いよいよcallsign決定

    昨晩いただいたメッセージの続きです。コールサインがYE8Bのまま進んでいますので早期に訂正しなければいけません。

     
    Shuji Yamamoto (7:39JST)

    GM John-san, Thanks for the nice information. Do you have new license or yourself callsign in April? I must correct callsign for GDXF and IREF. Please send me any information for OC-208 project.

     
    YB5NOF/8の個人のコールサインを使うのか特別コールを使うのか確認しました。 
     
     John E. Daluas  (8:02JST)

    On technical meeting to day, we will get the call sign, I suggest the call is YE8P...for Central Celebes they have 4 one digit letter used for special activity etc M N O and P so what's letter you think better for our OC-208...Shu san ???

     
    前のOC-208 Banggai IslandのコールはYE8Iでしたので、J,K,Lあたりと思っていましたらM,N,O,Pときました。JohnさんはYE8Pを予想してきましたが、私にどれにするか求めてきました。 
     
     Shuji Yamamoto  (8:12JST)

    Wow, YE8P is very nice. In 2005, I have supported for YB1TC Kardi-san for their OC-269 YE7P Karimata Island and OC-270 YE6P Simeulue Island. I like "P"series. hi hi
    But if it's not YE8P, YE8M,YE8N and YE8O is very nice, too. Those callsign are useful for CW operation. hi hi
    This is my personal opinion. All YE8 callsign are GOOD!

     
    このメッセージはJohnさんが見ていない可能性がありますが、2005年のYB9BU Kadekさんから紹介いただいたYB1TCが実行したOC-269がYE7P、2006年のOC-270 YE6Pで実行されましたので、Pシリーズが演技が良いと思いました。でもMでもNでもOであってもCWで打ちやすいと思いました。このMeetingで決定するでしょう。夕方には判明します。しかし、二度間違えはできませんので、免許状を見せていただいて変更の手続きに入ります。
    【つづく】 
     
     

    OC-208 Banggai Islandの進捗 (15.Mar.2013)

    2013年3月14日の2359JST(1459UTC)にYB5NOF Johnさんより下記の連絡がありました。

    John E. Daluas

    OM Shu...now I have been in Palu and tomorrow morning we will make a technical meeting with ORARI CENTRAL of CELEBES after then we going to Banggai Isl for checking the location we will use. I will give my report after then. 

    14日の朝にスラウェシ島のPaluに到着したそうです。そして、この朝にORARIの中央スラウェシ支部のメンバーとの技術的なミーティングに参加し、その後、Banggai Islandへ現地視察へ行くとのこと。アンテナの設置場所、電源などなどチェックするようですね。

    1997年5月連休に日本語版IOTA Directoryを購入し、IOTAは現在のようにあまり呼ばれない状態でしたので、アパマンでも面白いほどIOTAを増やしていきのめり込んでしまいました。アンテナがベランダアンテナのため、主にオセアニアと東アジアを中心に楽しんでいました。

    2004年にYB9BU Kadekさんと知り合い、それまで1円でも経費を削るような楽しみ方のハムをしていたのですが、思いっ切って1万円をドネーションとして送り、翌2005年にOC-217 YE3K Kangean IslandとOC-268 YB7M Moresses Islandの実現に繋がりびっくりしたことでした。その後、OC-269 YE7P, OC-270 YE6PそしてOC-161 YE6NとYB-IOTAを支援し続けて、YB-IOTAの残りがOC-122 Tambelan Island, OC-157 Banda Island, OC-208 Banggai Islandの3つとなりました。

    こんなに簡単にOC-208 Banggai Islandに彼らは今日を含めて近日中に訪問するそうです。ネクストレポートが楽しみです。なお、ドネーションは3月20日に締めきりJohnさんへ報告します。

    2013年3月14日 (木)

    OC-245 Breueh Island YB3MM/6, YF1AR/6 Log search

    表題のYB3MM/6のwebsiteは、http://www.mdxc.org/oc-245/ であります。

    すでにLog Searchも開始されています。The last Log update (QSLs status); 2013.03.12 10:08
    未交信の方やバンド、モードが必要な方は、当ウェブの「Diary of board」にペディションの進捗日記が掲載されていますのでご参考ください。
     
    Sponsorには私のコールも掲載されていますので、ご確認ください。(笑い)
    また、Log on lineにはSSB/CW/RTTYが記載されています。さらにTeam紹介にはYB6AFはCW Specialistとありますので後半戦でCWやRTTY、さらには160/80mのQRV可能性もあります。
    【追記】
    3月15日の朝にAdhiさんからFacebookに投稿したK6VVAに対するアンテナ移動への説明がありました。

    OC-161 YB6N Nias Island result

    2013年3月8日から13日まで実施されましたYB6Nが終了しました。すでにQRZ.comのYB6NにログサーチのClunLogに「5284 QSOs logged up to 12/Mar/2013 19:40Z」とほぼ全てのQSOがログインされ、かつQSL requestも可能となりました。
     
    2月末にJA等有志で作成しましたIOTA-YB wanted list 2013上で36名中14名がOC-161を未交信でした。Imamへも参考ですでに送っていました。今回14名すべてが交信されましたので、交信済みマークをいれて「Perfect Service」と書いて送りました。皆さんによろしくお伝えくださいと下記メッセージが届きました。
     
    Hi Shu,
    More than 14 stations from JA has make QSO with YB6N and already in log.
     
    Many station of JA is good operator and they do not make QRM, long YB6N activities and  I like JA HAMs spirit.
     
    For the next I will be QRV again to others island.
     
    CU on The Band.
     
    73 de YB4IR Imam
     
    JAのオペレーションの評価も高く、たいへん満足しているようです。次回のために他の島から再びQRVするでしょうと、メッセージをいただきました。皆さん、ご協力をありがとうございます。
     
    なお、QRZ.comのYB4IRにQSL請求の詳細情報が掲載されていますので必ずご一読ください。

    OC-271 YB8XM/P Babar Island QSL card

    2013年11月上旬に終了しました表題のペディションに関しまして、QSLマネジャのYB9BU Kadekへ12月末には印刷完了し、1月初めにはドナー分を発送してもらう提案をしました。彼はOC-150 YE9IOTAのQSLカードを初めてIT9EJW printで作成し12月10日過ぎに届きました。間違えて、YE9IOTAドナーリストをメールでもう一度送って欲しいと言ってきました。

     
    その後、音信不通になりましたが、YB8XM Joppyより「いまKadekと電話を終えた。血糖値が高いそうです。」と連絡メールが届きました。入院していることが判明し、1月末のIOTAクレジット締めには間に合わないことになりました。2月にはYB3MM AdhiがKadekの見舞いに行った写真を入手できました。
     
    そして、3月1日にKadek本人よりメールをもらい、入院中であることを皆さんへお伝えくださいとのメール。さらに、血糖値データなどを紹介するメールを続けてもらいました。残念ながらそれ以上の情報はなく、一体OC-271のQSLはどうなっているのだろう、退院してから作成作業、発送作業と考えると年内も厳しくなるかもしれないと思いました。
     
    JF4VZT澤山さんより、OC-271 QSLの進捗が無ければQSLカードの印刷作成、発行などすべて引き受けても良いとの提案をいただきました。しかし、いろいろ検討した結果、Joppyに相談することで落ち着きました。
     
    3月11日にFacebookでJoppy YB8XMと連絡がつき、表題の件で話し合い、JoppyがKadekへ電話連絡をいれること、私がIT9EJW AlfioさんへOC-271 QSLに関して問い合わせることにしました。
     
    Alfioさんとは10年来のお付き合いをしております。QSLカードの作成会社を経営されているとともにCWの大好きなIOTAペディショナーです。IT9EJW製のQSLカードはBeautiful QSL cardとして有名です。この朝にAlfioからメールが戻りました。
     
    まず、顧客情報は出すことはできないとの当然の回答がありました。KadekからのOC-271を受けていることのみ公表して良いとの許可をいただきました。詳細は個人情報、企業情報保持のために出せませんが、結構進んでいるようです。ただし、AlfioもKadekと連絡とれていないようで、私とAlfioさんとお互いKadekの件で情報交換することとしました。
     
    皆さん、もう少しご辛抱ください。間違いなく進んでいます。なお、昨年11月に実施しましたKadekへIOTAペディション用のIC-706mk2等を送るKadek Projectは3月初めにリグ到着時の諸費用並びに病気見舞金としてYB3MMのPaypal accountへ365USDを送金済みです。Kadek退院時には必ず御礼のメールが届くと思います。
     
    皆様の大切なご厚意はかならずYB IOTAのアクティビティを高めるものと信じます。

    2013年3月13日 (水)

    IOTA-YB wanted list 2013の効用

    OC-161 YB6Nのペディションも本日で無事終了したようです。すでにQRZ.comのYB6NのページにLog searchが途中までですが稼働しています。

     
    そこで、2月に皆さんのご協力をもとに作成しましたIOTA-YB wanted list 2013にデータご提供の36名中14名が未交信でしたのでのでOC-161 YB6Nのログサーチをかけて確認しました。
    海外からの提供者であるK6VVAを含む14名全員がヒットしました。素晴らしい成果です。
     
    QSLマネジャーのYB4IRへ2月完成時に当エクセルファイルを渡しておきました。彼はしっかりと見てくれていますが、未交信全員の交信が確認できましたので、最終ログ掲載を確認し、パーフェクトであったことを伝えたいと思います。きっと、YB4IR Imamは次を企画してくれるはずです。ハイ
     
    さらに、日曜日のYB5NOF Johnとの打ち合わせ中の一文をご紹介します。
     
    John E. Daluas
    All ok om Shu san...we thank's for all participate on our pedition...and I will try to do the best...this activity have I do long time ago alone or with group, if posible I will do it from all rare island in my country hi hi just in my dreamed. Before I go to Sarasan or Tambelan we must stop in Ranai Natuna Besa OC 106, waiting our boat go to Sarasan South Natuna...if I have chance I will on the air special for Japanish station who's no wkd with this island...just for killing time hi hi may be for 6 hour...I think it's enough for 100 stn by the way it's not my schedule according to dxpedition.
     
    要は7月以降のOC-109/OC-122などの実行前に停泊するOC-106 Ranai Natuna Besarで6時間ほど時間があるので未交信のJAステーションのために云々ということです。
    Johnは明らかにIOTA-YB wanted list 2013を意識してくれていることが分かります。有難いですね。大成功ですね。
     
    実現すればデータ協力者を優先に6時間のSkedを組むことになるでしょう。いろいろな要素が絡みますので十分な打ち合わせを実施したいと思います。
     
    なお、OC-245 Breueh Islandも未交信者のリスト消し込みをやっておりますので、交信された該当者は私宛にご一報ください。

    OC-208 Banggai Islandの進捗 (13.Mar.2013)

    YB5NOF Johnは明日からスラウェシ島のPaluにはいりOC-208 Banggai Islandの準備にはいります。多分、新しい正式のコールサインもまもなく決定するのではないかと思います。2度は間違えられませんので正確にアナウンスしなければいけません。

     
    IOTA-chasers Forumにはこのペディションへのドネーションを依頼したわけではなく、VE6VK Russへ送ったOC-208ペディションの詳細メールを掲載させていただきました。今回はOC-271 YB8XM/Pと異なりW5GAI Skipの協力は無かったのですが、EU/NAからもドネーションが集まり始めました。
     
    金額が1,000円程度としたため、気軽に参加していただくようにしました。ほとんどがPaypal送金ですが、その特徴としてほとんどがPaypalメッセージを書かれており、力強いご支援を感じます。3月20日にドネーションを締めきらせていただき、これらのメッセージをJohnへお知らせするつもりです。
     
    Paypal送金時にはメッセージを記入し、さらに相手を励ませるとたいへん効果的と思いました。ご参考ください。
     
    Hi Shu san,
    Thank you for the information on Kadek. Congratulations on your Nusantara Award.
    I am sending you $15 USD via PayPal to help with Kadek's taxes etc.  I hope this little helps. 73
    Best wishes-Russ.
     
    Shu, I send small donation to help John with his expeditions.  Also sent some to Imam.
    Thanks for all your help.
    Don, W9DC
     
    Trevor G Smith様からのメッセージ: Support for OC208, OC109 & OC122
    73 de Trevor AB5EU
     
    Mario Borstel様からのメッセージ: Hi Shu, here the donation for John YB5NOF and his OC-208 mission.
    73 Mario, DL5ME
     
    Michael McGirr様からのメッセージ: YE8B, OC-208 support from Mike, K9AJ
     
    Shu,
    Today Wednesday March 6th I mailed to your Fukuoka
    address an envelope from me Tom W0GLG, with a 20
    Euro Note inside, it is a small contribution to the proposed
    IOTA trip you e-mailed me about.  Good Luck and Good DX.
     
    Dragan Davkovski様からのメッセージ: Hi Shu,
    I sent you $15 for the YB IOTA trip support by YB5NOF and YB5QZ.
    73 Dragan K0AP
     
    Colin McGowan様からのメッセージ: Best wishes!
    I ask you display the DX World.net logo on your QSL card / website. (logo can be provided if required)
    GL !
    Col, MM0NDX
    DX World.net
     
    Raymond Benny様からのメッセージ: Shu,
    Here's a donation for the YE8B operation.
    I also need OC109 and OC122.
    GL to John!
    Ray,
    N6VR
     
    ほとんどがお願いしたわけではなく、自然な行為です。私のみならずJohnも有難いと言っておりました。それに応えてOC-109ペディション時にOC-106も合わせてやりたいと言っておりました。3月20日に締めきります。どうぞご協力ください。なお、ドナーへのQSLサービスもQSL+SASE無しで自動的に私の方からお送りします。よろしくお願いいたします。

    2013年3月12日 (火)

    OC-245 Breueh Islandの情報

    2月末のOC-234 Bunta Islandはテスト的運用だった、から始まり、3月9日からのOC-245はいきなり許可が取れずRondo IslandからBreueh Islandに変わる等と不安定な立ち上がりを見せたペディションが10日夜遅くから開始されましたが、私のアンテナではさっぱり聞こえません。

     
    同様にUSAチームからも続々とメールが飛んできます。私もそのうち聞こえるだろうと思っていましたが、11日の21MHzSSBでは21250でOC-161 YB6Nが58-59でサービスしているにも関わらず、OC-245は21260でクラスタレポートはあがるものの私のところから聞こえず、JAからのレポートもあがりませんでした。
     
    スマトラ本島から出発するまではYB3MM AdhiさんからFacebookを通して写真が続々と送ってきました。しかし、ペディション開始後はまったく来なかったので通信設備が無いのではと思っていました。K6VVA Rickへもそのように相談しました。昨晩からこの朝7時くらいです。
     
    7時55分にRickよりなんとメールが戻りました。彼はOC-245を欲しくて必死なんですね。その文章のなかに;
     
    Adhi said first antenna location has a big hill blocking to "NA" (which is
    what I guessed).

    とありました。NA方面がブロックされているならばJA方面も同じだと思いました。それで私もAdhiさんへメールを送りました。(00:34UTC)  AdhiさんはJN6RZMのNusantara Awardの1 new oneとして彼も私同様に交信したがっていますのでJA/NA方面が開いたアンテナ設置のお願いを強くしました。

     

    04:30UTCにAdhiさんよりメールが戻りました。

     

    Hi Shu san.

    Yes, we consider to move our location to take more distance from the hill in north-east side of current location.

    Will inform you again later

    Adhi YB3MM

    Sent from my Jadul-Phone

     

    間もなく強い電波が届けられると思います。皆さん、頑張りましょう。

    2013年3月10日 (日)

    OC-236 YB8RBI/P & YB8HZ/P Balang Lompo Island QSL card

    表題の2013年3月末のOC-236ペディションの情報が戻ってきました。

    Shu san

      Email arigato gozaimasu. Denwano info wa wakarimashita. Tsugino yotei wa OC236 Balang Lompo Island Dxpedition 27-31 March 2013. Minasan yoroshiku onengaishimasu.   de yb8bri

     
    Ramさんは日本語が流ちょうです。YE8B のQRZ.comの登録の件でこの情報が入りました。一日長くなったようです。3月27日から31日の5日間になったようです。
     
    QSLカードのデザインも終わったとPDFファイルを送ってくれました。ご覧ください。カラーのカードを作るようです。バックアップのロゴマークも参考になります。
     
     
    クラスターのスポットデータを確認しましたところ、YB8HZ Hajarさんの方は14CWが少しある程度でほとんどがSSBでした。YB8BRI Ramさんは2年ほど前からQRVしたようです。SSBのみのようです。
     
    私は昨年秋よりNusantara Awardを楽しむようになりました。このBalang Lompo IslandはIOTA Directoryには掲載されていません。しかし、RamさんはもちろんRSGBへ申請されると思います。Nusantara Awardのnewとして楽しめます。

    2013年3月 9日 (土)

    OC-245 Rondo IslandからBreueh Islandへ変更のようです

    さきほどFacebookに次のテロップがYB3MM Adhiさんにより貼りつけられました。

     
    Oc245_breueh_island
     
    予定のOC-245から変更になったようです。本日9日より17日と日数もありますので、まもなく信号は聞けると思います。Breueh IslandはOC-245のIOTA Directoryに掲載されている島です。
     
    Oc245_breueh_island_2
     
    一番上の小さな固まりがRondo Islandです。Breueh Islandは一番左側、つまりインドネシア最西端の島になります。すぐ北側にアンダマンIslandsが続きます。
     
    インドネシアという国名はイギリスが付けた名称で「インドの先にある諸島」、つまり、インド+ネシアと言う意味だそうです。インドネシアの人達はそうです「ヌサンタラ」と言います。いま私が進めているインドネシアのアワード名がNusantara Awardであります。
     
    コールサインはYE6Aは使わないようですね。始まるまではっきりしませんが。
    Adhiさんよりメッセージが届きました。
    Very sorry. Until this time we could not get landing permit to Rondo Island from the authority.
    Therefore, we switched to Breueh Island OC-245, which do not need special landing permit.

    【追記】Facebookが立ちあげられました。
    http://www.facebook.com/RondoIsland2013

    OC-208 Banggai Island へのDX World.netよりの支援

    この朝にMM0NDX Colさんよりメールが届いていました。DX World.netとしてドネーションを送りたいが貴方のPaypal accountを教えてほしいというものでした。すぐに御礼を兼ねてMy paypalを連絡しました。すぐに日本円で3,500円の送金をいただきました。

     
    DX World.netでは最近web運営にかかるドネーションを依頼するメッセージが掲載されました。逆にDX World.netからドネーションをいただいてしまいました。すべてのドネーションは私がいただく訳ではなく、あくまでも預かり金でありますが、本当に有難く、メジャーのGDXF, IREFそしてDX World.netからのご支援を受けることになりました。さらにJA IOTA friendsからも1000円で40人を目標に3月20日締め切りでやっています。
     
    OC-208 Banggai Islandの貴重な点もありますが、JA IOTA friends有志のご支援が世界的に認められたと言っても過言ではないと思います。多くの方々に感謝し、ColさんのメッセージをYB5NOF Johnさんへ下記のとおり送りました。
     
    Shuji Yamamoto

    GM John-san,
    Do you know DX world news? Please see this website.
    http://dx-world.net/

    MM0NDX Col is the editor of DX World. He sent me your donation as DX World for 3,500yen(about 38USD). His message to you.
    -------------------------------------------------------------------------
    Colin McGowan様からのメッセージ: Best wishes!

    I ask you display the DX World.net logo on your QSL card / website. (logo can be provided if required)

    GL !

    Col, MM0NDX
    DX World.net
    ---------------------------------------------------------------------------
    Please use the DX World logo on the QSL card.
    I think it's great news.
    Shu

     
    OC-208のQSL作成準備にも入りました。GDXF, IREF, DX World.netのコロが並んだQSLカードができることがたいへん楽しみです。Johnさんの了解をもらってColさんへご返事します。
     
    John E. Daluas

    I will do it with no problem..,I tell Anton for design our card after we got the licenses tnx for info Shu san GM es GL cu later arigatou

     
    Johnからの返事が戻りました。YB5QZ Antonさんがコールサインが決定したらすぐにQSLカードのデザインに入るそうです。ペディション開催前にデザインはできあがりそうです。

    2013年3月 8日 (金)

    Strong windows

    Windows8のことではありません。アメリカの友人であるW5GAI Skipさんのタワーが2月25日の強風にやられてしまいました。建っているアンテナやタワーというのは沢山見ることができますが、Strong Windowsにやられたタワーというのは、ご本人はたいへんでしょうが、なかなか見ることはできません。私はベランダアンテナのアパマンハムですのでほぼ影響はないのですが、是非タワーを建てられている局におかれましては予防としての一見の価値があると思います。

     
    Wind Storm Damage 2/25/13 NW Austin
    Here's the pictures on the March 5th removal of the February 25, 2013 clear weather
    wind storm damaged ham radio tower and antennas at our house at 8711 Bluegrass Drive
    in Austin, TX
    http://tinyurl.com/axahrcr
    Click on Slide show and adjust time in seconds or step through manually using arrows.
    
    Skip W5GAI
    

    本日より3月度のインドネシアンIOTA activityがはじまります

    本日よのインドネシアのIOTAアクティビィティがスタートします。
    まずは、OC-161 YB6N Nias Islandです。3月8日(金)から13日(水)の予定です。
    QRZ.comのYB4IRに詳細が掲載されています。大人数ですので強い電波が期待できます。YB4IR Imamの性格上、早めに切り上げる可能性が高いと思います。また、QSLカードの請求も3カ月以内という期間限定になっていますので、ご注意ください。
     
    続いて、OC-245 YB6AR/P等 Rondo Islandです。3月9日(土)から16(土)までです。これも早く切り上げる可能性があります。QSL via IZ8CCWです。当初YE6Aを使う予定だと言っていましたが、最近の正式案内ではYE6Aを表示していません。個人コール/P or /6を使うようです。
     
    さらに、OC-236 Balang Lompo Islandです。YB8HZ/P, YB8BRI/Pのコールで3月28日(木)より31日(日)まで実施の予定です。
     
    OC-208 Banggai Islandは4月26日(金)より5月2日(木)の予定で現在調整中です。コールサインはYE8Bが使えなくなり、数日中に決まる予定です。この分は私が100%企画に入っています。GDXF、IREFからのFoundationを受けることに成功しました。JAからも支援を行います。今回より1000円のご支援にしてお願いしております。3月20日に締めて、YB5NOFへ送金いたします。また、支援者にはSASE不要でJN6RZM経由でQSLカード提供を実施します。
     
    YB5NOF Johnさんはこれを踏まえ、OC-109とOC-122のインドネシアでは最も珍しいと言われるIOTA企画に入ってもらいます。OC-109が7月のIOTAコンテスト時、OC-122は10月で提案しています。OC-208はYB8エリアで移動コストがかかります。OC-109とOC-122はYB5エリアで比較的近いですが、船自体をチャーターしないといけないようです。個人負担で実行することは余程のお金持ちでないと無理です。Johnさんもアップアップ言いながら実行されますので、皆様のご支援を引き続きお願いいたします。

    OC-075 YF5PQM QSL

    この朝にポーランドの友人であるSP5APW Jacekよりメールが届きました。

     
    Hello Shu-san, Today I received QSL from YF5PQM confirming OC-075. Thanks for your help! 73, Jacek SP5APW
    OC-075 YF5PQMのQSLカードが届いたとの御礼のメールでした。メールを受けた時にすっかりお世話をしたことを忘れていました。
    今年に入ったお正月明けにJacekより表題のカード未回収の相談を受け、私の友人である同じOC-075 Batam IslandよりQRVしているYE5TA Agusさんへ相談していました。2月14日にAgusよりYE5PQM(exYF5PQM)へ相談した結果の連絡をもらいました。
     
    Agusさんにお願いして、YF5PQMのQSLカードを回収してもらいました。そして、JacekへAgusさんへ請求するようお願いしたものでした。あくまでもYE5TAはマネジャーではなく、お手伝いをしてくれたという位置づけです。
     
    最近のYBはYB3MMが主宰するNusantara Awardを前面に出すといろいろと協力してくれます。日本人の考え方として、YE5PQMがしっかりQSLマネジメントをすれば良いということでしょうが、それがうまくいけばこのようなことはないのですが。
     
    YB8HZ Hajarさんも同じで最近は全くQSLに関して反応がありません。そこで、YB8BRIに転送で手伝ってもらいました。最近はYB8BRIのQRZ.comにHajarさんのQSL発行をすべてやるようになったと掲載しています。さらに3月28日からはOC-236から一緒にペディションをやるようです。QSLカード発行の興味と言うか必要性を感じていないためではないかと思われます。

    2013年3月 7日 (木)

    OC-208 Banggai Islandの進捗 (7.Mar.2013)

    本日早朝にJakartaに着いたYB5NOF Johnさんより二つのメッセージをいただきました。

     
    John E. Daluas
    I go to Palu 14/03/2013 for final checking direct to Banggai, technical meeting with ORARI team in Palu and process the recomend for our license, after there back to Jakarta for process the license from ORARI HEAD QUARTER.
     
    John E. Daluas
    To day I have been in Jakarta and this morning I go to ORARI HEAD QUARTER.
     
    来週14日よりスラウェシ島のPaluへ行くことが決まったようです。ジャカルタのORARI本部で免許状の調整後、それに従い、Paluで、Banggai Islandへの最終チェックを行い、Paluチームと技術的な打ち合わせを行うそうです。
    今日はこの朝にジャカルタへ行き、ORARI本部を訪問するそうです。
     
    良く分かりませんが、そこから足を伸ばしてBanggai Islandまで行くかもしれません。免許に関しては前回開催分はYE8Iで実施されていますので、このコールやYE8JやYE8Jなどになる可能性があります。
     
    なお、コール決定後にGDXF、IREF、そしてDX newsなどに早めに連絡したい旨を送信しておきました。また、JH4GJRさんの間違いQSLカードの対応も忘れないよう伝えました。
     
    さらにメールではなかなか返事が来ていなかったYB8XM JoppyともFacebookで友達登録ができました。JoppyのFBにはJohnも登録されていましたので、JoppyへJohnによるOC-208 Banggai Islandの支援状況を報告しました。GDXFの新規利用を特に伝えましたが、2013年も頑張ってやりましょう。ドネーションも準備しますということを伝えました。Joppyより良い返事が戻ってくると思います。

    2013年3月 6日 (水)

    OC-236 YB8RBI/P & YB8HZ/P Balang Lompo Island

    昨晩にYB8RBI Ramさんからいただいたメールは日本語のローマ字文章でしたので、一生懸命に日本文、和文に変更して掲載しました。Ramさんへも当ブログへOC-236の情報を掲載したい旨を返信しました。すでにColさんが頑張られてDX WorldにはこのQRV情報が掲載されていました。素晴らしいですね。びっくりです。

     
    早速ですが、地図をどうぞ。
    Oc236_balang_lompo_is_map1
    YB8RBI Ramさん、YB8HZ Hajarさんともにスラウェシ島の南スラウェシのMakassarに住んでいます。このマップのど真ん中です。
     
    Oc236_balang_lompo_is_map2
    Makassarの沖に6つの島があります。上から3番目のスラウェシ島寄りの島がBalang Lompo Islandです。Makassarより直線で11.2kmです。
     
    Oc236_balang_lompo_is_map3
    これがBalang Lompo Islandです。有人無人、電気等インフラの説明は見ていただければ一切不要と思います。昨年実施されましたOC-239 YB9WZJ/P等のDoom Islandとよく似ていますね。今月3月28日から31日に実施予定です。
     
    QSLはYB8BRI Ramさんがどちらのコールもマネジャを実施するでしょう。アドレスはQRZ.comのYB8BRIのBiographyに掲載されていますので自宅へ送らないよう注意してください。Nusantara Award的にはBlang Lompo IslandはNewです。RSGBへ申請するようアドバイスしておきます。
     

    OC-236 YE8Bの実情

    YB8BRI RamさんよりYE8Bのコールサインに関して返事をいただきました。
     
    1.YE8Bは西Slawesiに割り当てられている。因みにYE8A - YE8Hだそうです。
     
    2.Banggai Islandは中央Sulawesiになり、YE8MからYE8Pに当たるようです。少し広がるかも知れません。
     
    3.JohnさんはYB5エリアに住んでおり分からなかったのでYE8BでORARIのYB5担当に申請されたのでしょう。
     
    4.10年ほど前からBalabalakang Island dxpeditionを予定していました。しかし、IOTA mapでは西Sulawesiではなく東カリマンタンに入ってます。実際は西Sulawesiなんです。
     
    5.IOTA DerectorのMr.Balisterに相談し、変更の手続きをしています。
     
    6.Balabalakang Island dxpeditionはYB8HZ Hajarさんと一緒にやる予定ですがまだ決めていません。
     
    7.しかし、3月28-31日にかけてYB8BRI/PとYB8HZ/PのコールでBalang Lompo Island OC236 Celebes coastalへ行くつもりです。
     
    8.なにかあったら私の携帯+6285344755***に連絡ください。Shuさんの携帯番号もお教え下さい。
     
    以上がRamさんからのメッセージでした。YB5NOF Johnも上記のことを言っていました。近いうちにコールサインははっきりするでしょう。
    OC-236 Balabalakang Islandへ行くプランが10年前からあるそうですが、いきなり今月3月28日から31日にOC-236 Balang Lompo Islandから出てくると言ってきました。いずれの島もIOTA DirectoryのOC-236の欄には掲載されていません。
     
    Nusantara Awardのlistにはあります。以前私が当ブログで申し上げました小分類に入った状態ですが、彼らがこれらの島のペディションから戻り、RSGB IOTA委員会へ申請を出しますので、Rogerより承認連絡があり次第、RSGB IOTA web listに追加され、中分類に昇格します。
     
    その様な意味でNusantara Awardは自動的にIOTAに繋がっていきます。OC-236はJAでは多くの方が交信済みですが、最近IOTAを始められた方にはNew IOTAをプレゼントしてくれると思います。詳細が入り次第ご紹介します。

    2013年3月 5日 (火)

    AS-069 Iony Island by US0IW2013 その2

    この朝にUS0IW Sergeさんよりメールが届きました。まだ、彼の夢は続いているようです。2年前に集めましたドネーションをすべて処理しドナーへ戻しました。もし本当に実行したいならば再度プランを出していただければ、支援できますと返信したものです。

    「はい Shuさん、3月3日に4人の友人とIony Islandの件で話しました。(その中にはUA9OBAもはいっています) 今年2013年9月にサンクトペテルスブルグでIOTAコンファレンスが開催され、全員集まるのでより具体的な話をします。ところで、貴方もIony Islandへ来られませんか? MY all the best Shu -san Sayonara 73!」という内容です。

     
    UA9OBAは唯一のIony Islandへ行った経験の持ち主です。他の二人はモスクワ在住のDXerです。そして、地元のMagadanの1名でした。たしかにウクライナやモスクワからIonyは遠く、JAからはたいへん近い距離にあります。プランとしてこの話が成長するか引き続き見守りたいと思います。
     
    JAからの免許の関係などまったく知識がありません。研究したいと考えますので、アドバイスをいただければ幸いであります。

    2013年3月 4日 (月)

    QRZ.comジャック? for YE8B

    2013年3月2日の土曜日の午前9時30分過ぎにYB5NOF Johnさんが近日中に取得するであろうOC-208 Banggai Island のコールサインYE8BがQRZ.comに登録されているのを見つけびっくりしました。Johnさんは自分ではできないと逃げていたので、すぐにイタズラだと判断しました。

     
    YB5NOF Johnさんへ連絡しましたところ、QRZ.comのYE8Bを確認してもらうとともに、すぐにORARIの担当のYB1BRへ確認してくれました。YE8Bは間違いなく過去に使われていないと確認してくれました。調整しました結果、QRZ.comへ私が連絡し、削除してもらってすぐにJohnさんに新規登録してもらうことになりました。
     
    QRZ.comのヘルプデスクへその旨を英文で土曜日の午後に連絡しました。3日午前3時にQRZ.comのヘルプデスクよりJA6XZSへ連絡して下さいとの指示が戻ってきました。なるほどQRZ.comのヘルプデスクアシスタントのJA6XZS/1立石さんへ事情を説明し、私が全責任を負うので、イタズラ登録のYE8Bを削除して下さいと依頼しました。
     
    YE8B Indonesia
    Balabalakang islands Dxpeditioner
    Mamuju
    West Celebes 95000
    Indonesia
    Email: yb8hz@yahoo.com
    Last modified: 2013-03-02 00:27:17, 0 bytes
     
    これが削除依頼したQRZ.comの内容です。Detailの中にIOTA OC-236 CELEBES'S COASTAL ISLANDSとありました。
    そして、タイミングが良いと言うか、悪いと言うか、JO1CRAさんより、「QRZ.comのYE8BがOC-236で登録されていましたが、内紛でも起きているのでは」とメールが届きました。流石いつも貴重なアドバイスをいただいておりますが、するどいチェック力と思いました。「大丈夫です。イタズラですよ。すでにhelpデスクに削除依頼をだしております」とお答えしました。
     
    そして、3月4日の朝にJA6XZS立石さんよりメールが戻っていました。上記データが削除されたので、再度書き込まれないように作業に取り掛かりました。そして、Johnの新しいメールアドレスを登録したところ、パスワードがJohnへ送られました。Johnと調整をやっているとなんと、再び、YE8Bが登録されてしまいました。
     
    削除された内容がすべて再登録され、Emailのみyb8bri@yahoo.comQSL: VIA YB8BRIとRamさんに変わりました。なんだか変だ。どうも本物のように思えてきました。すぐにJohnさんへ連絡し今後の対応を話し合ってJohnさんが出張先から戻った6日に対応することにしました。
     
    しばらくしてJohnさんからお詫びのメッセージが届きました。YB8RBI Ramさん等がOC-236 Balabalakang IslandsからQRVのプランを持っているそうです。ほぼ同時に申請されたようです。Johnさんの受付担当はまさか同じコールでほぼ同時に申請されるとは思わず、口頭了解を出したようです。いずれにせよYE8BはOC-236で正式免許が出てしまったようです。そのため、OC-208 Banggai Islandのコールサインは変更となります。近日中に判明します。
     
    それにしてもこれがインドネシアのお国柄でしょう。GDXFやIREFへも変更手続きをしたいと思います。いずれにせよ、インドネシアのアクティビティが上がってきたことも確かです。YB8RBI Ramさんへすでに問い合わせ中です。

    2013年3月 3日 (日)

    YB5NOF QSL management

    この朝にYB5NOF Johnさんより、彼がマネジメントするQSLカードの一覧表を送付いただきました。ご参考ください。

     
    John E. Daluas
    Below my record for operator & QSL MGR for IOTA
    ① 1979-1984 OC 75 YC/YB5NOF oprtr & QSL MGR
    ② 1984-1992 OC 143 YB5NOF oprtr & QSL MGR
    ③ 1989 OC 107 YE5R QSL MGR
    ④ 1992. OC 161 YB5NC. QSL MGR
    ⑤ 1992. OC 217. YB3SPS/p. QSL MGR
     
    ⑥ 1995. OC 208. YE8I. oprtr&QSL MGR
    ⑦ 1997. OC 222. YC8YZ/p. QSL MGR(注 YB9BU重複)
    ⑧ 1997. OC 221. YC8YR. QSL MGR(new)
    ⑨ 1997. OC 209. YC8TZR. QSL MGR(リストなし)
    ⑩ 1997. OC 210. YC8TXW QSL MGR(注 YB9BU重複)
     
    ⑪ 1997. OC 210. YB5NOF/8. oprtr&QSL MGR
    ⑫ 1995-1997 OC YB5NOF/8. oprtr&QSL MGR(IOTA nr 欠落)
    ⑬ 1999-2001 OC 143 YB5NOF. oprtr&QSL MGR
    ⑭ 2000 OC 75. YB5NOF/p. oprtr&QSL MGR
    ⑮ 2001 Kundur isl OC 75 YB5NOF/p oprtr&QSL MGR
     
    ⑯ 2001 OC 108 YB5NOF/p. oprtr&QSL MGR
    ⑰ 2000 OC-107 YB5NOF. oprtr&QSL MGR
    ⑱ 2001 OC-106. YB5NOF. oprtr&QSL MGR
    ⑲ 2001. OC-245 YE5R oprtr&QSL MGR
    This is my activity for IOTA and the next OC 208, 109 and 122...and the other island.
     
    私が作成しましたNusantara AwardのためのIndonesian Islands check listと比較しました。一部YB9BUと重複しているもの、最近他のMGRから引き受けたものなどが含まれていました。Johnさんが出してきましたので、このログとQSLカードを持っておりQSLの発行が可能ということになります。
     
    QRZ.comのBiographyに貼りつけるようお願いしました。近日中に実施されると思います。YB9BU KadekさんのQRZ.comのBiographyも昨年11月に大きく書き換えてもらいました。インドネシアではあまりQRZ.comに関しての利用方法が今一つでありました。QSLカードの請求方法を含めて、内容が充実するものと思います。

    2013年3月 2日 (土)

    AS-061 RI0K並びにAS-092 RI0K/PのQSLカード

    表題の件につき、QSLカード未着のお話しを耳にしました。そこで、ご支援としてRW3RNとN3QQへ連絡しましたところ、N3QQ Yuriさんが全部面倒見ていただけることになりましたので、下記メールを発信しました。ご参考ください。

     昨年実施されましたAS-061 RI0K並びにAS-092 RI0K/PのQSLカードがいまだに届かないとの声がたくさん届き始めました。昨日、RW3RN Alexへその旨を伝えるとともにN3QQ Yuri、UA9OBA YuriへCcでご参考としてメールを送りました。
     
    (中略)原因はドネーションの送り方の不統一と、それに二つのIOTAが絡んで混乱していると考えます。この朝にN3QQ Yuriさんより、貴方のご友人のQSLカードをまとめて送ってあげますとの下記のメールが届きました。
    Hello Shu-san, Would you prefer to receive all cards at your address and distribute them insi de Japan? Please let us know. My big apology regarding delay with cards. 73, Yuri N3QQ
     
    3月10日(日)までに添付の記入例を上書きしてQSO dataを添付ファイルもしくはメール貼り付けでご返信ください。添付ファイルの場合はファイル名も合わせて変更ください。基本的には4月下旬から実施されるOC-208 YE8BのQSLカードと合わせて返送します。
    Shu JN6RZM
     
    P.S. 数が多ければどこかを削ってでも20-50USDくらいAlexへ送ろうとも思います。

    2013年3月 1日 (金)

    QSLカード記載のメッセージについて

    昨年10月よりお付き合いを開始しましたYB5NOF JohnさんへのQSLカード回収の支援を求められましたJH4GJR 田岡さんより昨日届いたとのメールをいただきましたが、残念ながらOC-245 YB5NOF/Pで請求したカードがOC-107 YB5NOF/Pで戻ってきたとの報告をいただきました。

     
    すぐにYB5NOF Johnへ連絡しました。来週Jakartaに戻った時に再度送付するとの回答をいただき、田岡さんへ連絡しました。ところがJohnのミスはこれだけではなかったのです。私も実は同じようなミスに遭い、再度1月初めに送り直してもらったら、それが届かず1週間ほど前に届いたばかりでした。
     
    そこで、たいへん失礼なことは分かっていたのですが、次のリストを送付しました。2月1日の当ブログにも掲載しました。この直後にOC-208、OC-109、OC-122を提案するきっかけとなったものです。
     
    Many thanks!! I understand for your hard QSL managements very well. I made a list for YB5NOF QSLing.
     
    ①OC-245 Rupat Island YB5NOF/P Jul 2001
    ②OC-245 Rupat Island YE5R Jul 2006
    ③OC-075 Bintan Island YB5NOF/P 2000
    ④OC-075 Bintan Island YB5NOF/P 2007
    ⑤OC-075 Kundur Island YB5NOF/P Feb/Mar 2001
     
    ⑥OC-107 Singkep Island YB5NOF/P Jul 2000
    ⑦OC-107 Singkep Island YB5NOF/P 2007
    ⑧OC-108 Siantan Island YB5NOF/P Sep 2001
    ⑨OC-106 Natuna Besar Island YB5NOF/P Sep 2001
    ⑩OC-210 Sangihe Island YB5NOF/8 Mar 2000
     
    ⑪OC-213 Togian Island YE8T Mar 1997
     
    シャックにでも貼ってもらうようにしました。田岡さんが請求されたものが①です。ところが、Johnが間違えて送付したものが、⑥です。しかも日付が1年違いの同じ7月27日だったのです。送る側からの発想ではなく、受け取る側の立場で考えますと、たいへん間違え易いことが分かると思います。
     
    そこで提案ですが、発送するQSLカードの余白には「Thanks for ur 1st OC-245 Rupat Island YB5NOF/P 」欲しい内容をすべて記入することを提案したいと思います。間違ったデータで戻ってきたときはたいへんがっかりするものです。少しでも相手の立場に立って記載すると防げる割合が高くなると考えます。
     
    ちなみに私の分の間違いは②を請求したら、①が来たのです。なんとなく間違えそうですよね。また、このリストはNusantara AwardのためのチェックリストからJohnのQRV分を抽出しました。
     
    さらに、JohnはOC-208, OC-109, OC-102を含めた共通カードを多分作成しているのではないかと感じております。まあ、きらびやかなQSLカードもたいへん素晴らしいですが、絶対に確実で素早い返信のQSLカードも良いかもしれません。

    SA-049 Redonda Island

    2012年11月27日の当ブログ「Facebookから出てきたSA-049 IOTA pedition plan」を掲載し、①2013年2月に計画されていること、②My SA-049 LU8XW/X Redonda Islandの出来事の二つを紹介しました。すると、いきなりDX Worldに2013年2月に実行、Tnx JN6RZMと紹介されてしまいました。
     
    そのため、ずっとFacebookの彼らのページを確認していましたが、とうとう計画月の2月も終わってしまいました。その2月の末にK4MZU Bobわり「どうなってるの」とメールをいただきました。それで2月だったなと思い起こし、プランの窓口でしたLU1XU Miguelさんへ昨晩メールを送りました。この朝に状況説明のメールが戻りました。K4MZUへも転送しましたので、ここにご紹介します。
     
    Dear friend Shu:
    In Facebook announced LU8XW preparations for expeditions in 2013, mentioning
    IOTA SA049 but we do not need a specific date. We are still defining the
    date when we will announce it.
    Miguel LU1XU
    73
     
    向こうは日本の真反対に位置し、夏から秋に季節が変わるところでしょう。つまり、2月は夏だったのですが、2月に実施されなかったということはお流れと考えた方がよいと思います。2014年にご期待ください。

    AS-069 Iony Island by US0IWの中止

    2011年2月にUS0IW Sergeさんによる表題のプランが発表されました。AS-069 Iony Islandは樺太の北側のオホーツク海のほぼ中央に位置する無人島です。1990年にEK0ACのコールサインでUA9OBA Yuriさんらにより1回のみのQRVです。2012年のクレジット率は3.5%と超レアです。
     
    Sergeさんと十分に調整したうえで、JAからのドネーション支援を開始しました。しかし、2011年2012年、そして2013年も具体的に話がすすまず、預かりましたドネーションをドナーに戻す処理をする旨をSergeさんへ伝え、前週に処理を完了しました。
     
    昨晩、その旨をUS0IW Sergeさんへ連絡しました。他のドネーションとの関係もあり、3期に渡って実行計画が動かないプランに対し、ドネーションを預かっておくことは限界であること。さらに、AS-069 Iony Islandへのペディションを望んでいますので、計画の実効性を高めて再度ドネーション募集を行うことを約束しました。
    この朝にSergeさんからメールが戻りましたので皆様へ報告いたします。
     
    Hello Shu-san.
    I also verry sorry, you want help me
    but we have problems,but I DREAM DREAM AND DREAM.
    Tomorrow i going my friend and speak for  AS-069
    73 my friend in Japan Shu-san your friend in Russia Sergey-san.
     
    Sergeさんは積極的、協力的でたいへん素敵な方です。しかし、この間にご長男を事故で失ったり、大きな環境の変化がありました。一度差し戻して再度計画し直しというところでしょう。また、昨年AS-061/AS-092 RI0Kを実施したUA9OBA YuriさんがAS-069のプランを持っているという風のたよりもあります。確かに昨年、YuriさんへAS-069の件を相談したこともあります。

    « 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »