World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« OC-245 Breueh Island YB3MM/6, YF1AR/6 Log search | トップページ | OC-208 Banggai Island いよいよcallsign決定 »

2013年3月15日 (金)

OC-208 Banggai Islandの進捗 (15.Mar.2013)

2013年3月14日の2359JST(1459UTC)にYB5NOF Johnさんより下記の連絡がありました。

John E. Daluas

OM Shu...now I have been in Palu and tomorrow morning we will make a technical meeting with ORARI CENTRAL of CELEBES after then we going to Banggai Isl for checking the location we will use. I will give my report after then. 

14日の朝にスラウェシ島のPaluに到着したそうです。そして、この朝にORARIの中央スラウェシ支部のメンバーとの技術的なミーティングに参加し、その後、Banggai Islandへ現地視察へ行くとのこと。アンテナの設置場所、電源などなどチェックするようですね。

1997年5月連休に日本語版IOTA Directoryを購入し、IOTAは現在のようにあまり呼ばれない状態でしたので、アパマンでも面白いほどIOTAを増やしていきのめり込んでしまいました。アンテナがベランダアンテナのため、主にオセアニアと東アジアを中心に楽しんでいました。

2004年にYB9BU Kadekさんと知り合い、それまで1円でも経費を削るような楽しみ方のハムをしていたのですが、思いっ切って1万円をドネーションとして送り、翌2005年にOC-217 YE3K Kangean IslandとOC-268 YB7M Moresses Islandの実現に繋がりびっくりしたことでした。その後、OC-269 YE7P, OC-270 YE6PそしてOC-161 YE6NとYB-IOTAを支援し続けて、YB-IOTAの残りがOC-122 Tambelan Island, OC-157 Banda Island, OC-208 Banggai Islandの3つとなりました。

こんなに簡単にOC-208 Banggai Islandに彼らは今日を含めて近日中に訪問するそうです。ネクストレポートが楽しみです。なお、ドネーションは3月20日に締めきりJohnさんへ報告します。

« OC-245 Breueh Island YB3MM/6, YF1AR/6 Log search | トップページ | OC-208 Banggai Island いよいよcallsign決定 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-245 Breueh Island YB3MM/6, YF1AR/6 Log search | トップページ | OC-208 Banggai Island いよいよcallsign決定 »