World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 求む! コンパクトHF100ワット機 by YB3MM | トップページ | OC-236 Balang Lompo Island info3(明日まで) »

2013年3月27日 (水)

OC-208 Banggai Islandの進捗 (27.Mar.2013)

YB5NOF Johnさんより資金が足らないためキャンセルしたいとの申し出がありました。すぐにこのブログでの報告、さらにIOTA-chasers Forumにおける報告を実施しました。主宰者のK0AP Draganさんより心配したメールが届きました。彼もドナーですが、状況を報告しました。しかしながら一般の方130名はまったく反応がありません。と、いうより関心が無い状態でした。

 
QSLカード情報やQRV情報を流すと蜂の巣を付いたようになりますが、ドネーションの話をすると見事に静まり返ってしまいました。(笑い)JA側もその後新規のお申し出もまったくない状態です。
 
JA有志のお二方に相談しました結果は次の通りです。
 
資金が足らない対応は週末まで実施し、2番目のOC-109と3番目のOC-122はJohnさんが言われる通りキャンセルすることにします。
 
さらに、OC-208はYB8エリアに存在し、YB5からは一人400USDかかり4名で足らないということでした。Johnさんが2006年に実施したOC-245 YE5RのQSLは次の通りです。
 
Img834_1280x820
写真では14名の団体です。右下にop : YB5QZ & YB5NOFとあり、次にSupport Teamとして8名のコールサインが掲載されています。差し引くと他にも4名います。カメラマンもいますので実際は15名。アンテナ係、食事係、その他などなどという運営スタイルのために人数が多くなるようです。欧米やJAのように携帯食などが発達していないので、どうしても強力な信号を世界中に送りこむには大人数になるようです。
 
残りのOC-208は基本的には現在のドネーション総額でできなければ、つまり人員の削減&コスト削減ができなければ支援をお断りすることになると思います。特にお金の件がこじれると修復できなくなりますので、残念ながら私がドネーションを集めきれなかったという結果で週末にJohnさんへ報告し、決定したいと考えます。

« 求む! コンパクトHF100ワット機 by YB3MM | トップページ | OC-236 Balang Lompo Island info3(明日まで) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 求む! コンパクトHF100ワット機 by YB3MM | トップページ | OC-236 Balang Lompo Island info3(明日まで) »