World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« OC-236 Balang Lompo Island info3(明日まで) | トップページ | OC-208 Banggai Islandの進捗 (30.Mar.2013) »

2013年3月30日 (土)

OC-236 Balang Lompo IslandがIOTA Directoryに載っていない!

OC-245 YB8HZ/P, YB8BRI/Pもいよいよ今日で終了し、日曜日の朝に離島します。ところで、表題の質問をここのところちょくちょく耳にします。2週間前に実施されましたOC-245 YB3MM/6, YF1AR/6 Breueh Islandの時も同様の質問が国内外から届きました。

 
特にNusantara Awardを一生懸命されはじめるとこのこんがらがった質問がでてくるようです。実はBalang Lompo IslandもBreueh IslandもインドネシアのアワードであるNusantara Awardのリストには存在しています。私はすでにOC-236もOC-245もIOTAクレジット済みのため、まったくIOTAの対象外と興味を失っていましたが、Nusantara Awardをやるようになって、ここでのNew oneとして強い興味がでてきます。以前説明しました。小分類になります。
 
そこで、ご心配はありません。YB3MM AdhiさんもYB8BRI RamさんもRSGB IOTA 委員会のG3KMA Rogerとはメールで十分に問い合わせています。つまりペディションの終了後にはエビデンスという島へ行った証明書を提出するということです。
 
このエビデンスに基づき、RSGB IOTA 委員会はRSGB IOTA website上のIOTA newsでクレジット可能となった旨を掲載し、さらにそれぞれの島がそれぞれのIOTAで申請エントリを可能としてくれます。さらにIOTA DirectoryのPDF版も一定時期ごとに追加してくれます。是非このあたりはRSGB IOTA websiteで一度確認されることをお勧めします。
 
IOTAルールが厳格に進められていることを感じると思います。また、W2FBとYB3MMにより発行されるNusantara AwardがIOTA Directory上の島数を増やす活動にもなっていることがお分かりになると思います。近いか遠いかわかりませんが、将来のIOTA分割も考えられるのではないかと思います。
 
ここのところのYB-IOTA活性化をNusantara Awardの発行が担っていると私は強く感じています。海外の局にも紹介しております。皆様もぜひNusantara Awardの入手をご検討ください。
 
ところで、インドネシアの島を10個増やすと言うのはたいへんなことですね。でも目標もできてYB-IOTAの活性に繋がると思います。私の目標は今年Nusantara Award 70ポイントです。

« OC-236 Balang Lompo Island info3(明日まで) | トップページ | OC-208 Banggai Islandの進捗 (30.Mar.2013) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-236 Balang Lompo Island info3(明日まで) | トップページ | OC-208 Banggai Islandの進捗 (30.Mar.2013) »