World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

OC-150 Lombok Island YB9GV Adiさんの東京ハムフェア参加

この朝に以前よりスケジュールを組んでしましたYB9GV AdiさんよりFacebookで声を掛けられました。IOTA Marathonの3バンドのためSkedをお願いしていたものです。Adiさんが住むOC-150 Lombok Islandは、昨年YB9BU Kadekさん等がYE9IOTAのコールサインでOC-150 Trawangan Islandから大サービスしました。

 
そのAdiさんより、
「友人と二人で8月24-25日開催の東京ハムフェアへ参加する計画をしています。しかし、参加するための正確な情報を有していないため、東京ビッグサイトの近くに1日か2日の格安宿泊先や旅行パッケージに関する支援をしていただける所を教えてもらいたいです。もし教えていただければ有難いです」
とのメッセージをいただきました。
 
数日、時間をいただきましたので、詳しい方がおられましたならばご教授いただければ有難いです。
 
また、その後はOC-150 Lombok Islandとスケジュールを組みたいと願っております。

AS-069 Iony Island info from UA0AOZ

UA0AOZ Slavaさんより再びメールが送ってきました。

 
Shu-san, here a little bit about the future expedition
http://www.qrz.ru/webnews/10831.html
 
UA9OBAのAS-069 Ionyに関する記事がロシア語で掲載されていました。UA9OBAはIonyの最初のペディションへ参加した経験を持っています。そのため、これだけの記事を投稿するということは可能性があるようです。
 
しかしながらロシア語の文章をGoogle translateで翻訳すると、
「IC-706、バッテリー、ワイヤーホイップアンテナを持参し、主に14260/21260をしようするわうです。しかしながら、Iony Islandは最も複雑で最も困難である。それはこの領域では頻繁に霧(年に270以上の日数を航海することによって)、そして嵐がある。岩の島は、150メートルの高さ東西、南北に約400m、海岸に岩の複雑なアプローチは、多くの海洋動物が存在する。と、紹介しています。
 
いずれにせよ6月7日から9日に見守りましょう。

OC-237 Ketapang Island IOTA pedition

来週6月7日から9日まで予定のOC-237 Ketapang Island YE3Iのインフォメーションの追加がEdiさんより送ってきました。Nusantara Awardを楽しんでおられる方、もしくは予定の方はぜひコールしてあげてください。なお、Ketapang島からのQRVは初めてであります。
 
> Hallo shu sam,
>
> *Carried on: 7 to June 9, 2013 Freq: 160m, 80m, 40m, 20m, 17m, 15m, 12m,
> and 10m*
>
> http://qrzcq.com/call/YE3I  .http://www.iotadx-giliketapang.blogspot.com/
>
> http://www.facebook.com/yethree.india#
> Antena open dipole160 ,80 dan 40
> Antena Horison  20.17.15.12.and 10
> Modus SSB and CW
> Trims Shu San
>
Operatotr :: YB3EDD  Edi hari p
Radio trasmision : icom 740 Kenwood Ts 430 and yaesu Ft 757
【追記】
QRZ.comのYB3MM AdhiさんのBiography欄には、
 
Supporting YE3I on 8 - 9 June 2013 from Ketapang Island OC-237
 
と掲載されました。

2013年5月30日 (木)

OC-204 8A4EI QSL cardを必要な方はおられませんか?

JH1QVW 斉木さんより10年以上前に回収支援を依頼されました表題のQSLカードとログが見つかったようです。

 
dear shu,
i have one qsl of 8A4EI PSE ask kazu did he receive the qsl?????
PSE send me one IRC to reply the qsl
thanks a lot for your attention de yc0iem
> Date: Tue, 25 May 2010 22:18:32 +0900
> From: jn6rzm@nifty.com
> To: yc0iem@hotmail.com
> Subject: IOTA supporting
> CC: jh1qvw@jcom.home.ne.jp
>
> Hello Hotang-san,
>
> How have you been?
> My friend Kazu/JH1QVW would like to confirm for IOTA OC-204 8A4EI.
> This operation was gone for there on 1997 March.
> The QSL manager is YB0RX. And I QSLed from YB0RX.
> Kazu have sent YB0RX his SASE at March 2010.
> But He don't receive YB0RX's QSL card.
> If you can, please check for YB0RX information.
> Thanks a lot.
>
> Shu JN6RZM
 
いろいろやりました結果、インドネシアの情報通のYC0IEM Hotangさんに2010年5月に泣きつきました。斉木さんと諦め宣言までしました。3年後のさきほど当メールが届きました。1枚のみとありましたので確認の返信をしましたところ、2枚でも3枚でもと返信がありました。
 
なお、OC-204 Enggano Island 8A4EIは1995年3月に実施されました。OC-204はこれのみのQRVです。YB4IR Imamさんへ2回目のQRVを提案しています。
 
【追記】この朝にJA7BWT時田さんより紙ログにあったと連絡がありました。3月25日14MHzSSBです。ちなみに斉木さんのは3月25日21MHzSSBです。さらに私のは3月26日21MHzCWです。
 
Oc204_front

OC-109 Natuna Selantan Islands and OC-122 Tambelan Islandsドネーションについて

皆様、

 おはようございます。
 表題の件、下記の通りまとめました。ドネーションのご協力をお願い
 させていただきますとともに6月30日まで受け付けいたします。

1.実施予定日
 実施日程を次のように変更いたしました。
 OC-109 2013年10月18日-21日
 OC-122 2013年11月15日-18日

2.変更の理由
 当初の来月6月、7月より変更しました理由は次のとおりです。
 ①JAから提供するビームアンテナHX52Aの在庫が無く6月下旬提供
    となった。
 ②6月21日にOC-109を予定しましたが、ドネーションの募集をはじめ
  新しいアンテナなどの調整する準備期間が短すぎる。
 ③一番のポイントはハイバンドのパスがEU/NAの奥地にないことです。

3.今後のスケジュール

 5月末 ドネーション募集の発信 JN6RZM W2FBより(JN6RZMは6月末、W2FBは随時)
     GDXF並びにIREFへの申請準備
 6月上 ミニマルチ社 HX52A発注
 6月中 YB5NOF YB5QZによるパーソナルペディションの実施
     (Around Riau Archipelegos like Jemur island, Bengkalis,
           Tebing tinggi,Penyalai, and many Island around Rupat Island
           ~10月初めまで、IOTA OC-075,OC-245辺り)
 6月下 アンテナ、ジャカルタ到着
     (7月~9月の間、上記でのテスト運用とする)
 6月末 OC-208 YB8P Banggai Island QSL発行開始
     YB5NOF過去分のQSL発行をW2FBへ移行(予定)

4.ドネーションについて
 OC-109 Natuna Seltan IslandsとOC-122 Tambelan Islandsのドネーション募集を
  お一人1000円のドネーション支援を実施したいと思います。

 目標 5バンド2エレビームHX25A本体65,000円と送料11,800円の76,800円をJAで
 募集します。
 期間 6月1日から6月30日まで
 預かり金 (預かり金分が28,500円) 
    すでに7K3EOP,JA1EY,JA6TNY,JA7BWT,JA9GPG,JE3GUG,JF4VZT,JF6WTY,
    JI3DST,JI3MJK,JN6RZM,N5UR,UA0AOZ,VE6VK,W5BOSの15局よりドネーションを
    お預かりしています。待ちきれない方が結構おられます。
    よって差し引き48,300円を集めたいと思います。ご協力ください。
 送金先
 ①西日本シティ銀行 博多支店 普通 1889911 山本 修二
 ②ゆうちょ銀行  17410-29230291 山本 修二
 ③Paypal   jn6rzm@nifty.com

5.その他
 Johnさん関係のIOTAペディション支援はこれで終わりの予定です。今後彼らは
 YB5近辺のいろいろな島から気ままにIOTAペディションを実施したいとのことです。
 
 また、この次はYB8XM Joppyへの交渉に入ります。私が要望しましたOC-157 Banda
 Isandですが、彼はOC-272Pを考えているようです。船または航空機による旅のコス
 トの問題、休暇の長さの問題といろいろあるようです。
 
Hx52a
 
写真はミニマルチアンテナ社製のHX52A

H44IOTA プロジェクトの進捗(30.May.2013)

皆様よりご協力をいただきました表題のH44IOTAへのドネーションが受けつけられました。
ご報告しましたとおり5月1日より20日の募集期間を設け、39名より640USDをお預かりし、600USDをPaypalで送金しました。もちろん、自由参加であり、いつもご協力をいただいた方には2回目の再送付のみさせていただきました。督促はいたしません。40USDはNR6M RexからいただくQSLカードの転送費用として一人1USDを預かりました。
 
①6/01-6/04 OC-149 29.1%
②6/06-6/08 OC-168 11.7%
③6/10-6/13 OC-158 15.3%
④6/17-6/24 OC-285  0.0%
⑤7/01-7/07 OC-100 50.1%
⑥7/09-7/12 OC-163 13.9%
⑦7/14-7/16 OC-065 33.7%  のスケジュールです。
 
ここで、心配があります。全員がこの7つのIOTAを交信されQSLカードが1枚で収まった場合、39X7=273枚がカリフォルニアから届くことになります。おそらく、1IOTA当たり3交信以上の局がおられると思われますので、300枚を超える可能性が高いと思われます。
 
どうぞ、ご理解の上、1IOTA当たり2QSO程度で納められますようご協力いただけたら有難いです。
 
なお、ドネーションされていない方でもQSL請求時に余分を送られる方もおられると存じております。

2013年5月29日 (水)

OC-109 & OC-122 への支援について(29.May.2013)

この朝に相談役を担っていただいておりますJG1UKW 宮嶋さんへお送りしましたメールです。Johnとの打ち合わせ内容を掲載し、間に宮嶋さん宛のメッセージを日本語で書きいれています。

宮嶋さん、おはようございます。
 
 昨晩からこの朝にかけてYB5NOF Johnとお話しした内容です。
 ほぼすべて順調です。
 
今日
 
18:22
Shuji Yamamoto
John-san, Very sorry. Antenna pole CP-80L is not so good. It's weak for strong wind.
If you can, please get in Pecanbaru or Jakarta. Pole cost 510USD is sent you.
So sorry for our mistake. de Shu JN6RZM
 
20:57
John E. Daluas
Ok Shu san...I will try to find in Singapore may be I can get it...that IS vy closed from Batam.
For testing equipment I can go to small island around Riau Archipelegos like Jemur island, Bengkalis, Tebing tinggi, Penyalai, and many Island around Rupat Island
流石大物です。すぐに受け入れてくれました。プカンパルのみではなく、ジャカルタやマレーシアなども視野に入れて探してくれるようです。大船に乗ってよいと思います。
 
21:36
Shuji Yamamoto
Thank you very much for your understanding. Arigatou-Gozaimasu.
Anyway, it's great news for small Island expeditions. Please go there freely.
I would like to make a contact with all your Islands for my Nusantara Award. And OC-075 Batam Island is rare for Japanese friends. hi
Do you go to Batam Meeting this week? Do you decide to make a plans for OC-109
& OC-122? If you cancel for Batam Meeting, please make our schedule from now
to November with our event.
Thanks John-san.
 
21:46
John E. Daluas
I will chek for transporation to go there, and make my schedule hope on the midle of June I can try to make The FIRST trip.
 
Johnさん自身の夢が膨らんでいるようです。Riau州の小さな島を回りたいようです。
 
21:50
Shuji Yamamoto
Then, do you need HX52A antenna? Antenna maker says "I can send YB5NOF on 17th
June". You can received around 21th June.
 
日程も宮嶋さんからお聞きした内容を伝えています。
 
21:58
John E. Daluas
The ORARI metting was canceled, so I will try my first trip to the small Isl around Rupat Island there are 3 Islands. After then to Bengkalis, Tebing Tinggi. and Penyalai Island. After I get The antenna I will start my FIRST trip to small Island around Riau Archipelegos
 
今週のORARIの会議はいかないとのことです。気軽に行ける島々へ来月から言ってみた
いようです。Nusantara Awardをやっている私にはたいへん有難いです。
 
22:04
Shuji Yamamoto
OK! John-san. I will start to gather the donation for Japanese friends. And I make a plans for OC-109 and OC-122 for GDXF and IREF on Oct and Nov 2013. I send you my application for OC-109 and OC-122 after few days. Thanks John-san.
 
ドネーションを開始します。JA向けです。GDXFとIREF分の申請書も作ります。もちろん
たたき台を作ってJohnさんと調整します。6月のアンテナ購入時前にDL5ME Marioにも
相談して、GDXFとIREFへ申請を出します。
 
今日
 
06:24
John E. Daluas
If you send The antenna what address you used. I think better u send to my address in Jakarta.
 
ポールの関係も含めてアンテナはジャカルタの方に送って欲しいようです。やはり時間をゆったり使って、細かいこともチェックしていったほうが良いようです。
 
06:39
Shuji Yamamoto
Yes, John-san. I will order to Antenna maker soon. he says he build up on 17th June. I check how to send your Jakarta direct or via JN6RZM. I and Toshi JG1UKW are very interesting.
向こうの税金対策でミニマルチからの購入金額で申告すると結構とられると考えられま
す。
--------------------------------------------------------
 
 以上、宮嶋さんのアドバイスをいただき、アンテナ関係の準備を進めています。Johnさん
 へも報告し調整を図っています。
 
 海外からもドネーションを送りたいとのメールが数通入ってきています。6月1日付けでドネーションご協力のお願いを発信したいと考えております。

2013年5月28日 (火)

OC-237 Karangjamuang Island YB3MM/P

YB3MM Adhiさんが今週末の6月1日-2日にKarangjamuang Islandにチャレンジです。
Adhi will try to active as YB3MM/P from Karangjamuang Island OC-237 on 1-2 June 2013.
15m band SSB only using 3 ele yagi.
QSL oke via direct or Paypal transfer, as well as via IZ8CCW
 
AdhiさんはNusantara Awardの発行を担当されています。もちろん皆さんがIOTAを中心としたハムライフをエンジョイされていると思いますが、このNusantara AwardはそのIOTAのYB部分を支えるアワードだと思います。今回OC-208 YB8P Banggai IslandのQSLmgrを担当するようになったW2FB SteveさんもNusantara Awardの発行を合わせて担当されています。
 
当然、AdhiさんのこのQRVはNusantara Awardの促進を目的とし、しいてはIOTA OC-237の推進も含んでいます。残念ながら、このブログで新規申請を進めていますが、なかなか新規が増えていないのが現実です。いつまで続くAdhi powerと少し心配しながら一人Nusantara AwardのNew oneを楽しみ多くの方の申請を願っております。
 
QSLカードもPaypalで2USDをAdhiさんへ直接送るだけです。そのPaypalのメモの中にQSOデータと住所名前(漢字可)を記載して下さい。合わせてNusantara Awardも.....。
 
 
Karangjamuang Islandはジャワ島とマドゥラ島の間の北部側に浮かぶ小さな島です。大きなタワーが2基建っていますので、観測所があるようです。普通の家は4-5軒散見できます。6月1日の夕方と夜、ならびに2日の朝8時台が狙い目と思われます。
 
Adhiさんには継続して続けて欲しいですね。
 
Oc237_karabgjamuang
 
こんな小さな島です。Adhiさん、気を付けて行ってらっしゃい。

OC-109 & OC-122 への支援について(28.May.2013)

この朝にDX-World.netのColさんが、FacebookのDX-World.netに当ブログの日本語説明を繋がられました。Colさんは日本語もきっと勉強を始められたことでしょう。(笑い) その主旨を伝える私の下手な英文による日程や機材に関するメッセージとJohnさんの回答を掲載します。

 
Shuji Yamamoto
If you decide those plans, I begin to gather donation for JA friends.
I have now 230USD for OC-109 and OC-122. I think you are very popular. I will buy HX52A antenna and send to you or Anton-san. You may receive this antenna till 10th July.
And JG1UKW Toshi says we send you antenna-mast. But it's expensive. Please check this website. Sorry Japanese language only. Please check this pole.
http://store.shopping.yahoo.co.jp/angelhamshopjapan/cp-80l.html
You can set up this antenna very very easy!!
 
I think if you are OK, we will get the donations from Japanese friends(600USD), W2FB(250USD), GDXF(400USD)+IREF(500USD).
And I will use antenna(650USD)+postage(110USD)+Tax(100USD)+QSL card(300USD), Total 1,160USD.
 
The rest is 590USD.
Toshi proposed you may have CP-80L antenna pole.
It's cost are pole(410USD)+postage(50USD)+Tax(50USD),Total 510USD. Please check this antenna pole.
 
Please use this antenna for testing from July to September.
I think OC-109 date is OK for 18-21th October and OC-122 for 15-18th November.
This is OK for contacting with East coast.
If you can, please try to go near Island from June to September freely. How about my opinion?
 
http://store.shopping.yahoo.co.jp/angelhamshopjapan/cp-80l.html
store.shopping.yahoo.co.jp
 
今日
 
23:30
John E. Daluas
Your opinions is good and I agre for it Shu san, I will tell Anton I think he's OK too.
 
と、Johnさんレベルで了解を得ました。OC-208の実行結果として、AntonさんとSteveさんの位置づけもぐっと上がってきましたので、彼らの意思統一もたいへん重要となります。金額はあくまでも目標や予定です。GDXFやIREFは下がる可能性もあります。
 
私もOC-122/OC-157/OC-208の3つを10年以上追っかけてきました。このクラスのIOTAペディション実行になりますとこれくらいのサポートをしないと世界の隅々に電波とQSLカードを届けることは不可能と思っております。

GDXFのQSL serviceの仕組み

今回のOC-208 Banggai Islandペディションに関しましては、DL5ME Marioさんの推薦で表題のGDXF(German DX Foundation)からの寄付も300EURO(400USD)の支援をいただきました。YB5NOFのQRZ.com、E-mailアドレス、Papal accountなどの整備が途中でありましたので、GDXFより私のPaypal accountへ、そして3週間ほどおいて、JA friendsからのドネーションと合わせてYB5QZ AntonさんのPaypal accountへ5月1日に送金しました。

 
実質には当初からGDXF to YB5QZにすべきでした。これは2回の手数料を支払うことになったためです。3.4%+40円も2回の転送で倍ほどに跳ね上がり、結構馬鹿になりません。
 
昨日、GDXFのDK8UH Lutzさんから下記のメールを「YB8P DXpedition - QSL cards」のタイトルでいただきました。
 
Hello Shu and John,
 
After the end of your successful Banggai Island DXpedition we 
collected all QSO data of those GDXF members who were able to contact 
YB8P. Please, find enclosed a sorted data text file. I counted 94 QSOs 
from 51 different calls. The data should now be checked against your 
logs and should be confirmed by means of ypur QSL cards. All cards 
should be send in one package to my private address
 
    Dr. L. D. Schmadel, Hansjakobstr. 1, 69168 Wiesloch, GERMANY
 
for the further distribution to our members. Do you already haven an 
approximate time-table for sending the cards out?
 
According to our agreement you should provide us in due time with 
specimen cards for our archive. You should also prepare a short 
article an the DXpedition for the inclusion in our web page. The paper 
should be in the .doc format with .jpg pictures. Thank you for your 
kind cooperation and, please, confirm the receipt of this mail as soon 
as possible.
 
73,
Lutz, DK8UH
Secretary & QSL-Manager
German DX Foundation
 
このQSL serviceの存在は私が代理申請するときに存じ上げていました。Johnさんにも一応説明しましたが、多分覚えていないと思い、Johnさんへ私の説明と依頼文書を付したメールをAntonさんとW2FB Steveさんへ転送して対応するようお願いしました。
 
もちろん、私も初めての体験、おそらくJAでもGDXFへの申請や手続きをした人はおられるのか否かわかりませんが多分いないのではないかと思います。
 
GDXFのウェブサイト;  http://www.gdxf.de/main_en.php   に「QSL Service」の欄があります。
Current Status of the GDXF QSL Service at 28.05.2013 
We have upgraded our GDXF Online QSL Service to a new version on Feb 21, 2011. The new online form offers some enhancements and a better data security. For example your current QSL service account balance is shown after the login. QSO data can now be uploaded using an ADIF log file >> 
 
Status QSL Service for Note from to Deadline
expired YB8P   Banggai Isl. (OC-208)   13.05.2013   19.05.2013   expired at 26.05.2013
 
少し難しくなるかもしれませんが、既にOC-208 YB8Pの表示があり、5月26日に期限切れの表示がされていました。つまり、GDXFのメンバーがここにリクエストすることにより自動的にGDXFのDK8UH LutzさんからQSLが転送される仕組みとなっていました。文中にもありますとおり、51局94QSOが提出されていました。
 
確かにQSLマネジャーがYB5NOFからW2FBへ変わり、随分とQSL回収が楽にはなりますが、GDXFのシステムは私たちJA friendsがやっているシステムとほぼ同じということが分かります。個人でちまちまやっていますが、ドイツはGDXFという組織でできているんです。
 
ドイツの無線連盟DARCとは別組織で、任意加盟と聞いていますが、連携はとっているようです。JAでは残念ながらGDXFのような組織はありません。欧米と日本には寄付(Donation/Contribution)の感覚が少し違うと感じます。JARLとDARCはその環境が大きく異なりますが、アマチュア無線家のニーズは変わらないと思います。日本のJARLではアメリカのIREFも含め研究する価値はあると思います。

[IOTA-chasers] AS-044 and AS-069

昨日DX.World.netに表題の情報が掲載されましたことはご存じの方も多いと思います。さっそく、ロシアの友人であるUA0AOZ Slavaさんから「Shu-san, unexpected but good news:」と、期待はしないが良いニュースですとメールが届きました。

 
1999年に私はUA0IAS/0として3つのオホーツク沿岸のIOTAと交信できました。AS-044,AS-059,AS-069でした。ところが3つともにCreditedが10%未満のためにRSGB IOTA Committeeへエビデンスの提出が義務付けられているにも関わらず、Vladは提出しませんでした。
 
私はどうしてもエビデンスを提出してもらうようVladに手紙を2回ほど出した記憶があります。結果としてUA0IAS/0のオペレーションは全てIOTAには無効となってしまいました。IOTA CP JAのJA9IFF中嶋さんにも相談しましたところ、この様な未提出局へはRSGBからエビデンス提出のお願い文書が定期的かつ自動的に送付されているとのアドバイスをいただきました。その時、強くIOTAプログラムの素晴らしさを感じました。
 
AS-059とAS-044はUA0IDZ等の他のチームにより無事運営されCreditを受けることができました。残るはAS-069 Iony Islandのみとなりました。2011年2月に425DXnewsにUS0IWによるAS-069 Iony Islandのプランが発表されました。すぐにアポイントをとりました。
 
当初は2011年春に考えているが資金が不足しているとのことで有志によりドネーションを集めることができました。ところが、US0IW Sergeさんの環境が変化していき、とうとう今年の2月に集まったドネーションは保留2年間をすぎ、OC-208やH44IOTAへ流用することにしました。
 
一方、US0IW Sergeさんは9月にロシアで開催されるイベントでUA9OBA Yuriさん等に会うのでそこで彼らに持ちかけてみるということでした。ご存じの方も多いでしょうが、Yuriさんは唯一AS-069を実施したメンバーの一人です。
 
話しが戻りますが、UA0AOZ Slavaさんへは「  Yes, I know this info. But, but, but. Probably it will be cancel, because he is not able to go alone. He need the team. I think so.」と回答しました。
 
Slavaさんも「I agree! one to do it hard...  I tried to find information about RA9ODD ... I
could not ... Time will tell :) but it would be nice」と感想を返信されました。
 
Iony Islandは十数年にわたって調べました。複数人での上陸でないと、複数のサポーターが絶対に必要です。気軽に島に寄ると言うことができなかったためになかなかQRVがなかった島です。さらに最初のUA0IAS/0も本物のオペレーションとして怪しいと私は判断しています。一人ではほぼ無理との判断です。また、複数での上陸は準備と資金の問題が必ず出てくると思います。

2013年5月27日 (月)

OC-109 & OC-122 への支援について(27.May.2013)

先週末よりJG1UKW宮嶋さんの支援をいただき、沢山のビームアンテナを検討しました。Spiderbeam antennaで考えていましたがYB5NOF Johnさんがどうも日本製のアンテナを欲しがっているようでした。数種類に絞って提案したところ、ミニマルチアンテナのHX52Aを選択してくれました。YB5QZ Antonさんの意見が強かったようです。11kgと軽量でありセットアップの簡易性と5バンド(14/18/21/24/28MHz)の2エレ八木として使用できます。

 
この決定を受けて本日、宮嶋さんの方からポールの提案がありました。金額の調査やいろいろなチェックを行いました。そして、具体的にスケジュールを調整しましたが、OC-109を6月下旬に、またOC-122を7月中旬に実施することに無理があることが判明しました。
 
それはアンテナ納期とテストなどの時間の関係、そしてドネーションの募集期間が3週間しかなく短すぎること、さらに最も大切なことは6月下旬から秋口までのペディションがOC-208 Banggai Islandのような成果を上げられる時期の問題がでてきました。特にNAの東海岸が14MHz以上のハイバンドでパスがあるかでありました。
 
これをまとめ昼過ぎにJohnさんへそのまま検討事項を提案しました。夕方に回答が届きました。貴方のプランを了解しました。ところで、日程を確定して欲しいとのことですが、具体的な日程をあなたが決めてくださいと返信がまいりました。ちょうど6月にOC-106の特別コールによるイベントにJohnさんとAntonさんが参加しなければならなくなりそうとのこと。
 
そこで、OC-109は10月18日(金)-21(月)まで、OC-122は11月15日(金)-18日(月)で提案しました。もちろん、少しずらしたり、1週間ほど動いたりする可能性はあります。また、ドネーションの目標総額とそれに対するアンテナ並びに伸縮ポールの見積もりを提案しました。
 
すぐにやって欲しいという当初の予定は変わりそうですが、より効率的、効果的に実施するために敢えて決断し、了解をいただけそうです。なお、決定次第、ドネーションのお願いを発信いたします。そして、アンテナ関係を7月初めに届けられるよう進めます。
 

2013年5月26日 (日)

OC-271 YB8XM/P Babar Island QSL card への御礼

5月10日にYB9BU Kadekより届きましたドナーへのQSLカードを5月11日に投函しました。そのOC-271 YB8XM/P Babar Islandの海外ドナーの皆様からのQSL到着の御礼が届き始めました。

 
5月24日到着
 
Hello Shu San,
 
I just wanted to let you know the qsl cards arrived yesterday for OC271. This one makes me 1096 confirmed and I have one outstanding. Thank you very much.
 
Best wishes...Russ.
 
5月22日到着
 
Hello Shu,
 
Today I received my YB8XM/p QSL card!
 
Thank you very much for your help.
 
73....Mike, K9AJ
 
世界第4位のVE6VK Russはなんと1096番目のIOTAコンファームに厚い御礼をいただきました。100歳まで頑張ってと言えるほど交流を深めています。
 
K9AJ Mikeは100USDをすぐに送ってくれました。多くのIOTAペディションへも実施し、ほんとうにIOTA大好き人間ですね。昔はIOTAはEU中心の傾向が強かったのですが、最近は圧倒的にNAの方が強い、活発と言う感じがしています。
 
かれらとW2FB Steveのお陰でNA/EUへのドネーションをJAスタイルを参考に実施するようです。Steveからは毎日のように張りきったメールが届いています。
 
来週にOC-109 Nasuna Saletan IslandsとOC-122 Tambelan Islandsのプランが確定します。すでにJG1UKW宮嶋さんより推薦いただきました5バンド2エレ八木ビームの購入をほぼ決定しました。
なお、W2FBからはOC-208 Banggai IslandのQSLはUX5UOへ発注し、6月下旬から発行に入れるとのことです。

2013年5月25日 (土)

OC-208 YB8P Peleng Island Banggai Islands QSL card design

インドネシアの友人達の意気ごみを感じます。QSLカードのデザインが完成したようです。

「早い」!
 
早く片付けなければ次のOC-109/OC-122に取り掛かれません。素晴らしい。
 
Orari_yb8p_front_rev3
YB5QZ Anton-sanからのメッセージです。
 
Hi Shu san,
QSL card design results from YB2TJV looks like the picture attached,
makeup team from left to right;
YB8OFU, YC5RA, YF8MAL, YB9WZJ, YB8NLF, YB5QZ, YB8NHQ YB5NOF
 

QSLカードにロゴマークを貼りつけるのではなく、横断幕をそのまま利用しているデザインが自然体の感じでいいですね。OC-208 YB8P teamの皆さんに感謝、ありがとうございました。






YB5NOF JohnのQSLマネジメントに対する新たな展開

この朝にYB5NOF JohnからFacebookによるメッセージが届きました。

 
Now I'm in Jakarta I find to day QSL card from
: * VE3VHB for OC-245
I reply it tomorrow *
 
2月にMike VE3VHBはLost QSL OC-245 YB5NOF/Pを見つけ2USDで請求しましたが、届かない状態が続いていました。VE3VHBのOC-245 YB5NOF/Pを明日にでも送るとのメッセージでした。すぐにMike VE3VHBへ転送してくらせました。
 

Thank you, Shu-san!!  Maybe I will get it this time...........maybe........maybe.......! I will surely let you know when (if?) it arrives. I have also sent $5 to W2FB for OC-208 and asked if he could help, so perhaps I may get OC-245 card after all! Mike VE3VHB

 
Mikeの私へのOC-245が回収できないがどうしたらよいかというIOTA-chasers Forumでの質問がOC-208 YB8PのQSL via W2FBの結果となりました。
 
YB5NOF Johnへ御礼と提案をしました。第1にYB8Pがvia W2FBにしていただいた御礼、第2にOC-109/122以降のQSLマネジャをどうするか、第3に上記のMikeの御礼と期待、さらに先日お預かりしましたJA7BWT時田さんのJA7DOT似内さんの焦げ付き発見にある過去のペディションのQSL発行について。これらを明確にすれば世界中のハムに大きな付加価値を与えることを伝えました。好結果が見込まれます。きっと。

OC-208 YB8P Peleng Island Banggai Islands 裏話

昨晩、京都に2時間遅れで到着したDL5ME Marioよりメールが届きました。その前の晩の飛騨高山のホテルではインターネット設備がなく、連絡をできなかったとのこと。彼の連絡はOC-208 YB8Pと無事交信できたとの返事でありました。

 
今回のOC-208 YB8P Banggai IslandsのペディションはJA38名、海外12名の50名のドネーション支援により支えられました。このDL5MEの交信確認で全員交信が完成しました。
 
DL5ME Marioご夫妻の日本旅行はすでに一部のウェブで紹介されています。今月初めにJR0DLU大堀さんから19日にMr & Mrs Mario Meetingを東京で開催するので参加しませんかとお誘いがありました。
 
「えっ、Marioが日本にくるんだ」とびっくりしました。それは、今回のOC-208に関してはじめてGDXF(German DX Foundation)の申請に関する手ほどきをMarioから受け、見事に300EUROのご寄付をいただけたのです。さらにMario個人からもドネーションをいただいていました。
 
大堀さんからお誘いをいただいた時は私がそのMeetingへ参加することよりもOC-208のペディションが不安定で5月18日から23日でほぼ決定したばかりでありました。つまり、功労のお一人であるMarioは日本にいることがわかりました。
 
直ちにYB5NOF Johnへ交渉し、一度18日からスタートであったペディションを16日へ変更してもらいました。そのときにOC-213 YE8P Togian Islandsへ行くことになり、その日程も正式に決定しました。Johnからは良き相談役として、メール、SkypeそしてFacebookを使用したパイロットステーションとして全ての日程においてフォローする約束をするとともに、OC-109/OC-122の調整にも入りました。
 
その翌日に実際には前日の15日の現地時間夕方5時に到着し、JN6RZMと第1号交信、そしてDL5ME Marioと第2号交信をしていただける約束をしました。その前後に大堀さんへは19日はYB8PのフォローでMario Meetingへの参加は無理とのお断りをしました。
 
続いてMarioよりメールが届き、Skypeの登録の件、YB8Pとのスケジュールの件、さらにMarioは26日が京都滞在で日程が埋まっていないのでぜひ会いたいと伝えてきました。なんと間が悪いことかと思いました。Johnとの約束をしてしまいましたので、本心は会いたかった、いや会うべきと思いましたが、世界中からのOC-208/OC-109/OC-122/OC-213への期待を優先しなければいけないと判断しました。
 
5月15日夕方から約3時間ほどMarioとSkypeでつないでチャットをしながらYB8PのQRVを待ちました。残念ながらMarioは親戚が来ているとのことで離れてしまい、私は夜の11時まで待ったのですが、QRTのサインをJohnへ送り就寝しました。
 
朝は早朝からYB8Pチェイシングでありましたが、Marioからの連絡はなし、YB8Pは15日の23時30分日本時間くらいからサービスを開始したようで、16日も一日中Marioとは繋がらないままで彼がYB8Pと繋がったのかいなか分からないままでありました。
 
ところが二日後にはOC-213 YE8P Togian Islandsが正式にキャンセルとなり、Marioとは連絡つかないままでありました。26日の件は偶然にJI3DST舟木さんやJP3AYQ眞田さんさんより関西の有志でMario Meetingをやることを知り、私は東京の親戚が来福することになり安心して26日に墓参りなどを入れてしまいました。
 
間が悪いことか長野に滞在中のMarioから26日に京都では会えたら良いのですが、と最初のメールが届きました。Marioとはもう10年くらいお付き合いしています。このブログの古いファンでありまして、本当に大切なドイツの友人です。当初から早めに全体スケジュールなどを知らせていただき、会いたいと言ってもらえば日程調整は簡単でありました。
 
昭和51年5月のことです。学生時代に毎週金曜に14MHzSSBでスケジュールを組んで英語と日本語のちゃんぽんで情報交換をしていましたZL1BGU Les夫妻が来日されることになり大阪のホテルで会うお約束をしました。しかし、タイミング悪く、私が熊本へ転勤となりその日にオープン祝賀会が開催されることになってしまいました。ところが、大阪からニュージーランドの土産をもって熊本まで会いに来てくれました。昨日のことのように思い出します。その土産はいまでも私のシャックの横に飾っています。
 
いずれにせよ、OC-208 YB8Pは大成功に終わり、OC-109/122の企画へ進んでいます。
 
P1030967_1280x960
2013年2月21日に撮影し、送ってきてくれたMarioの写真です。

2013年5月24日 (金)

YB5NOF Johnへ御礼のメッセージを送ろう

OC-208 YB8Pのペディションの写真がQRZ.comやDX World.netに掲載されましたが、ご覧になられましたでしょうか。YB5NOF Johnはご承知のとおりこのチームのボスであります。
 
私が初めてFacebookでJF6WTY林さんの焦げ付きQSLの相談をしてからちょうど7カ月が経過しました。現在でもFacebookの操作はパーフェクトではありませんが、いまではウェブとメールとSkypeの機能を持ったFacebookからの情報が重要なデータベースとなってしまいました。
 
2月にOC-122 Tambelan Islandsへのペディションの依頼をして、Johnをはじめとするインドネシアの皆さんの風習や考え方を知る機会を得ました。下記にまとめてみました。
 
①QRZ.comはあまり使われていない。地域のQRZ.com担当者がいて、免許取得時にその担当者が登録しているようです。そのため本人はQRZ.comに登録していると言う意識が弱いです。そのため、パスワードを最初から管理しておらず、e-mail addressは古い情報が多いです。Johnはこの7カ月の間にe-mail addressを3回変更しました。私が注意して、ようやく変更を辞めたくらいです。そのアドレスをQRZ.com変更にトライしましたがえらく難儀しました。
 
②リグが古い。20年から30年くらい前のままが多いです。そのため、10MHz, 18MHz, 24MHzのWarc bandsを希望してもリグについていないケースが多い。よって、ワークバンドのビームアンテナはまだ少ないと思われます。日本の感覚とはほど遠いです。
 
③ペディションは大人数。JAから見るとピクニックのような感じですが、実際は最近気付いたのですが、インドのカースト制度的なものがあるようです。オペレータが最上階級で、アンテナやリグメンテナンス・セットアップ係、食事係などがあります。それはかれらはヌサンタラを使っていますが、世界的にはインドネシアであります。大英帝国時代に英国から見たインドの先の島々の地というのがインドネシアの語源であることからも分かります。インドからの情報が伝わっています。ちょっと移動すればコンビニやレストランがある日本とは大きく環境がことなります。
 
④インターネットの利用には、場所によってはまだダイヤル回線の場合があるようだ。YB5NOF John、YB3MM Adhi、YB8BRI Ram各局はiPad利用でIOTAペディションの現地から直接連絡をとれましたが、YB9BU Kadekの住まいはダイヤル回線のまま、あるいはADSLやひかりにしているが頭がダイヤル回線のままかもしれません。
 
4ヶ月の糖尿病生活後に最近は精力的にQSL発行にとりかかっていますが、私も重要なメールを届けられずYB8XM Joppyへ連絡してようやくメールを開封してもらいました。彼のところには世界中から物凄い量のメールが届いています。ダイヤル回線ならば、またダイヤル回線の頭のままならば、すべてのメールを開封することはありえません。物凄い時間がかかるからです。コストもかかるかもしれません。
 
 
多くのメールがご自分のSASEがどうなっているかという問い合わせ内容のため、返事を書くよりQSL発行をした方が良いということに当然になってしまいます。そのような意味で、JohnもメールよりはFacebook利用になったのではないかと思います。
 
多くの皆さんがカードが欲しくなると盛んにメールを送るようになります。今回、ようやく、YB8PのQSL発行の心配がW2FBが担っていただくことになり安心しました。ところが、Johnは大好きなQSL発行業務を移した、いや取られたという気分かもしれません。
 
どうぞお願いでありますが、YB5NOF Johnさんへ御礼のメッセージを送付されませんか。簡単で結構です。来週にOC-109/OC-122のMeetingでBatam Islandへ出かけます。現在のQRZ.comのメールアドレスで繋がりますので、OC-208の御礼とOC-109/122への期待をメインに多くの方にお願いしたいと考えます。
 

2013年5月23日 (木)

OC-208 BanggaiからOC-109 Natuna Selatan、そしてOC-122 Tambelanへ

さきほどQRZ.comのYB8P OC-208 Banggai Islandに写真が掲載されました。

ナガラの5エレトライバンダー八木、約5メータくらいの高さと推測されます。5名と思いましたら9名のメンバーでした。YB5のメンバーと地元のYB8のメンバー合同です。フェリーもまずまずの大きさですね。写真からはいろいろな情報を見つけることができます。日本で使っていた中古のフェリーが走っていたりするんですよ。
 
1995年10月YE8I以来18年ぶりのペディションも大成功に終わりました。この朝はJG1UKW宮嶋さんにご協力をいただき、Skypeのキーボードチャットにより来週Batamで開催されますOC-109 Natuna Selatan IslandsとOC-122 Tambelan Islandsの企画会議に提出するための支援の打ち合わせを行いました。
 
特にOC-208 YB8Pの写真などを参考に、アンテナ、リグ、それらの提供方法など。現在保有しているリグの状況などいろんな角度から確認しました。特にOC-109は現時点では来月6月21日くらいからで進むと考えられますので、ここまでのスケジュールを宮嶋さんにアドバイスをいただきながら進めました。
 
本日中に議事録を作成し、要点を英文化し、Johnへ送付する予定です。来週はじめにプランのご紹介をいたします。
 
969314_553303488049179_204007251_n
 
全員は分かりませんが、向かって左から2番目がYB5QZ Antonさん、二人おいてサングラスをしているのがYB5NOF John親分、その隣りがYB9WZJ Joniさん、隣りがYB8NLF Johanaさん、次の二人はわかりません。そのうちに聞いておきます。

YB5NOF QSLマネジメントに関するお伺い その2

昨日、表題の件に関しましてYB5NOF JohnのQSLマネジメントで焦げ付き分のご報告を2-3集めたいとご協力を求めました。

 
1時間ほどでJA7BWT 時田さんより2件のQSOデータ報告をいただきました。
 
OC-108 YB5NOF/P   2001 09  24  1038z  14 SSB
OC-245 YB5NOF/P   2001  07  29  0904z  21 SSB
 
さらに夜になりまして、JA7DOT 似内(にたない)さんより下記のメールをいただきました。
 
標題の件ですが、私も調べてみました。そうしたら何と、OC106 YB5NOF/pが出てきました。
 
2002/07/27 1240Z 21 SSB  59#009AS007 Rcv#025OC106
 
びっくりしました。IOTA Test中のQSOです。New one です。信じられませんが、当時もIOTAには興味を持っておりましたが、それほどレアーとは思わず、BuroでQSLを送付しております。当然ながら帰ってきておりません。そのときのクラスターを調べたところ多くのスポットはありませんが、たぶん、OC106でOKと思います。焦げ付きではなく、BUROでしたので参考にはならないとは思いますが、今になれば、貴局ガ提案しているvia W2FB になるとQSL回収の望みが出てきそうです。積極的に働きかけていただければ幸いです。
しかし、貴局の話題提供がなければ、十年以上前のQSOですのでチェックしなかったと思っております。
どうか今後ともあらゆる話題を載せていただきたいと願っております。
 
似内さんもそうだと思いますが、私も身震いしました。あるんですよね、このようなNew oneが。それにもまして、似内さんの心温まるメッセージでした。あらゆる話題を掲載してとありましたので、敢えて似内さんのメッセージも該当すると判断し、許可なく掲載いたしました。事後承認でお願いいたします。
 
すぐに似内さんへ昨年、Nusantara Awardのために私が作成しましたIndonesian Island list 2013 Mayを御礼に添付して送りました。右半分に該当のIOTAに対するQRV下局のコールサイン、QRV年月、QSLマネジャを埋め込んでいます。ご理解できる方には素晴らしいデータであることが分かります。なお、YB5NOFはクラブコールでもQRVしていますので、今一度ご確認ください。このリストでYB5/YB8エリアを確認すればすぐに分かります。
 
Johnへの提案として、あと1-2ほど欲しいですね。これで確定できると思います。
なお、Indonesian Island list 2013 MAYをエクセルファイルでご参考に添付しました。
 
さらに現在、JG1UKW宮嶋さんにお手伝いいただき、YB5NOF Johnへのアンテナ調達を調整しております。ほぼ確定しそうです。(14/18/21/24/28MHz 5バンドで進めています)

2013年5月22日 (水)

YB5NOF QSLマネジメントに関するお伺い

OC-208 YB8Pが終了した時点で、VE3VHB MikeよりこのOC-208と別にOC-245も未回収であるのでどうしたらよいかとIOTA chasers Forumを通して問い合わせてきました。私は本気で至急に6USDをJakartaの住所へと回答しましたところ、EUを中心に喧々諤々の意見が書き込み始められました。 

 
結果として、YB5NOF JohnさんがW2FB SteveへOC-208のQSLマネジャを依頼することになりました。しかしながら、今後Johnが実施するIOTAペディションの分をW2FBが引き受けることは決定していません。さらに1980年代から2006年まで実施されたYB5NOF分マネジャ分も明解になっていません。
 
昨日の朝に小旅行から戻ったVE3VHB Mikeから再びメールが届きました。Forumで起きたYB8P via W2FBの経緯に驚くとともに、なぜ6USDと言ったのか、またOC-245 YB5NOF/P回収の支援を強く依頼してきました。
 
6USDは事実であり、Johnの住むPekanbaru(プカンパル)では届くSASEも無くなるし、返信するQSLのみの封筒も事故に遭うとのことです。Johnは昨年から今年の初めに私に送ってきたQSLはすべて書留のExpress mailでした。この費用が6USDかかるというものでした。
 
昨日、JohnへはMikeの2002年交信のOC-245 YB5NOF/P QSL支援を求めましたところ、やはり6USDの書留で送らなければ安心できない、かと言って気安く6USDは支払えないと考えたようで、すべてのYB5NOFマネジメント分をW2FBへ移したいなと言い始めました。もちろん、まだ確定ではありません。
 
そこでYB5NOF分の焦げ付きをお持ちの局がおられましたならば至急ご一報いただけませんか。もしよろしければQSOデータもメールで送ってくださいましたら有難いです。2-3局ご報告をいただければ、ほぼ間違いなくJohnはSteveへ移すことを意思決定すると思います。また、W2FB側の了解も必要ですが、今後の分もW2FBにまとめられると思われます。ぜひご協力ください。

NA-064 Attu Island KL7NWR(2-5 June 2013)

昨年2012年7月から8月にかけてNA-039 Adak IslandからKL2HDのコールでサービスしてくれましたJeffからメールが届きました。同報メールでたくさんの所へ送っていますのでそのうちあちらこちらで紹介されるでしょう。
 
KL2HD will be active as KL7NWR on Attu Island, Aleutian Islands,
Alaska NA-064 on 2-5 June 2013.  Actual dates depend on ship schedule and
weather.  This is a relatively rare IOTA that many would like to contact.
I will try to send out a mail from satellite phone when I begin operating
if you are interested.  Look for KL7NWR on 20, 17, and 15 m as propagation
allows.  Details on QRZ.com under KL7NWR.  Spotting assistance
appreciated.  Please distribute to interested amateurs.
 
73,
Jeff
 
昨年は14/18MHzSSBでメールでつなぎながらNA-039をていただきました。NA-064はすでにクレジット済みですが、IOTA Marathonではニューです。KL7NWRはクラブコールです。National Wildlife Refuge の頭文字を使っています。QRZ.comにも詳細が掲載されました。Club logも利用できます。Facebookも利用できるようです。さっそくJeffへ御礼のメールを送っておきました。

2013年5月21日 (火)

拝啓 ドナーの皆様、私のOC-208 YB8P業務をお知らせします

JA7BWT 時田さんからアドバイスをいただきましたので、表題のOC-208 YB8Pにかかわった私の業務をお知らせいたします。

 
2006年のOC-161 YE6Nが終わって以来、私のIOTA-YBの残りはOC-122 Tambelan、OC-157 Banda、OC-208 Banggaiの3つとOC-271P/272P/273P/274P/275P276PのProvisional IOTA-YBの6個となれました。OC-157 Banda IslandをYB8XM Joppyさんへ提案し、OC-271 Babar Islandが実行されたのは記憶に新しいところです。この分のドナー分QSLカードも5月10日に到着し、11日にオーバーシーを含む54局への送付を終了しました。ただし、1局のみコールサインが間違いOE6がOE3となった。これのみ保留です。
 
YB5NOF JohnさんとはJF6WTY林さんのQSL回収支援時に明確に知り合いました。JH2IEE荻原さんのアドバイスでFacebookだったら繋がり易いということを教えてチャレンジしました。他の方からも、またEU7A Andyからもリクエストがありました。この様な支援を行うとJohnさんはすっかり信用と信頼をしていただけるようになりました。
 
そこで、同じYB5の超レアのOC-122 Tambelan Islandへのペディションを提案しました。彼はOC-122へ行くのは私の夢だったと言います。ところがYB8にも長く住んでいたので、OC-208を先にやろうと言うことになりました。続いてOC-109とOC-122となった訳です。
 
業務その1:国内外の約60名へOC-208支援開始の案内を同報メールします。並びに当ブログに掲載します。メールは従来からの支援者向け、ブログは全体です。じわりじわりですが、2-3局ずつ入れ換わっていきます。離れられる局の特徴として、IOTA supportingに飽きたということがまず上げられます。そして、QSL回収を目的として支援参加される方も長く続かない傾向を感じています。新しく入ってこられる方の特徴として、当ブログを良く読んでおられることだと思います。
 
業務その2: Donationリストの作成。コールサインとハンドルを縦に申し込み額をエントリします。入金を確認したら、黄色マーカーを付します。Yenのみならず、USD、EUROも管理しなければいけません。当初Paypal送金が困りました。送金額=受領額にならないからです。現在は差し引かれる手数料を全額合計し、経費として計上するようにしました。この会計処理は悩んだ末に考えだしました。USDやEUROの処理も大変です。キャッシュカードの取り扱い銀行にUSDとEUROを換金するたびに別途205円の手数料がかかるんです。さらにEUROは30日以内に入金処理をしないと返金される仕組みになっています。
 
業務その3:当日は「ドナー全員交信」を目指します。国外のドナーへはYB8Pと交信できたときには交信報告メールを配信します。もちろん全ての時間に聞いている訳ではありません。また、IOTA-YB wanted list 2013のリストにおいてOC-208横一行にマーカを入れ、交信済みが確認できましたら、黄色マーカーを入れます。前述のドナーリストと合わせてチェックします。ドナー等の未交信者へは優先的にJohnさんからいただいた情報をメールやFacebookへ流します。逆に未交信者へは督促?のメールを流し、情報が得られましたら、Johnさんへ直接知らせます。今回は目指した目標のドナー全員交信を達成できました。
 
業務その4:交信データの回収。ドナーへはvia JN6RZM経由でQSLカードをお送りします。そのために交信データをドナーの皆さんへ同報メールを行い期限までに回収します。様式を決めて、そのフォーマットで国内外より回収します。当ブログでも心配していましたドナー以外の方のQSLはvia W2FBとなりました。私がJohnと調整し、Steveが受けていただくことになりました。まだ、未決定ですが、さきほどJohnと話しましたが、過去分のYB5NOF QSL分をすべてW2FBへ移すことになりそうです。
 
業務その5:QSLカードが届く前にドナーの住所変更確認のメールを送ります。そして終了後に全員分の封筒をPCで作成します。国内はクロネコメール便、海外はエアメールで送付しますが、料金は一人当たり100円の預かり金を使用します。
 
この朝にW2FB Steveさんへ言いました。「Need QSLmgr, need Paypal, need OQRS, need cheep USD」と回りのハムはQSL回収レベルのことばかり要求してくる。私と私のJA friendの目的はペディションの企画を創造し、その運営を支援することであると。その結果としてQSLカードがあると考えていますと伝えました。2004年よりドネーションを集めた支援もそろそろ10年になろうとしておりますが、私の個人的な得は「英語力向上」です。それ以上に支援実行レベルの皆様が集まっていただくことにやっている意義を感じております。
 
昨日、H44IOTAへの支援を締めきりました。午後に銀行へ行ってきます。そして、来週にはOC-109/OC-122の支援のためのドネーション募集のご案内をできる予定です。

2013年5月20日 (月)

After OC-208, Next OC-109 & OC-122

本日の夕方にYB5NOF Johnさんからメッセージが届きました。メッセージが来るたびに少しずつ内容が変わるのでしっかり把握しておかねばいけません。
 
John E. Daluas

Yes Shu san...I will qsp to Steve...first I tell him that you manage only for JA land btw I believe Steve can manage all our QSL card.
Next week I want to go to Batam for ur planning to OC 109 and 122, perhaps 109 start on the end of June and 122 in the middle July, how so you think Shu san

 
OC-208 YB8PのQSLマネジャをJA/EUを私にやって欲しかったようですが、For JA landだけと言ってきましたので、再び、JA IOTA friends onlyと訂正し、全てのQSLをW2FB Steveさんがやっていただくことにほぼ決まりました。詳細はQRZ.comのYB8Pを参照ください。
 
そして、After OC-208 Peleng Island Banggai Islands groupの次です。元気な67歳のJohnさんは来週にも動きます。OC-075 Batam Islandへ行ってOC-109 Natuna Saletan IslandsとOC-122 Tambelan Islandsの計画の打ちあわせを行います。
 
OC-109を6月下旬に、そして一旦終了し、OC-122を7月中旬に実施の方向で進める予定であるとのこと。
 
これに対して私は金曜日中に到着してセッティング、そして土日をまたいで運用するスケジュールを強くお願いしています。そのため、OC-109は6月21日(金)から23日(日)、OC-122は7月12日(金)から14日(日)+15日(祭)で進めることになります。
 
先日のOC-208は当初18日(土)から23日(木)とJohnは企画しようとしましたが、ドナーのある方が18日から海外旅行とのことで、16日(木)スタートとなりました。その様な事情、例えば海外出張の予定がある方などおられましたらご一報ください。
 
5月28日過ぎには日程の決定をはじめ、GDXFやIREFへの申請の有無、メンバーの決定、ビームアンテナの手配などが確定していくと思います。JohnがMeetingの途中でも確認のメッセージを送ってきますので、当ブログで報告いたします。
 
なお、当初ドナーの皆さんへメールでお知らせしようとしましたが、Facebookを利用させていただきました。このあたりもご意見がありましたらいただきたいです。再び、いや三度「ドナー全員交信」です。

OC-208 YB8P Peleng Island Banggai Islands QSL information

急の変更です。お知らせします。QRZ.comのYB8Pを確認してください。

  YB8P is now via W2FB

 
Please make a note of this change. I have confirmed this change with YB5QZ and YB5NOF who are still en route to Palu from Luwuk after their successful IOTA Expedition to Peleng Island in the Banggai Islands Group OC 208. Thank you for your interest. We hope the change in QSL route venue will make it easier for IOTA chasers to confirm this island and get a QSL. Donations are accepted via paypal or cash with a note : FOR BANGGAI ISLAND OC 208. The fund will be collected and forwarded to the team. QRZ page has been updated.
 
Steve, W2FB
 
昨年10月よりYB5NOF Johnさんに対しQSL焦げ付きの対応を実施するなかで、信用と信頼をいただきました。そこで2013年2月に思い切って私の未交信であるYB5エリアであるOC-122 Tambelan Islandへのペディションを依頼してみました。
 
Johnさんは1980年代からインドネシアの島移動を地道に実施しており、彼自身もOC-122へ行くことが夢でありました。そこで、私の未交信OC-157とOC-208を話しするとトントン拍子にOC-208 Banggai Islandsへのペディションが決まった次第です。
 
もちろん運用資金が必要です。JA friendsの支援、IREFへの申請を考えていましたところDL5ME MarioさんからGDXFへの申請支援をいただいてようやく実行できました。多くの方にご支援をいただき、成功裏に終了しました。
 
昨日の朝に私の心配ごとである一般の局からのQSLルートがたいへん危険であり、帰路途中のJohnさんへ次々と提案しました。彼の回答はW2FB SteveにNorth Amereicaを、JAとEUをJN6RZMにお願いできたら最高だという返事をいただきました。
 
残念ながら私はIOTA supportingとIOTA planningへの参画でとてもQSLマネジャを担える時間は取れないと判断しました。JO1CRA四十物さんへも確認するとともに、IOTA-chasers ForumへPlease help me for OC-208 QSL supportingのタイトルでEU/NAの各局へアナウンスしました。
 
この朝は大変でした。特にUSAの局から多くの問い合わせが届きました。10時から検診のために病院へ行って戻りましたら、表題の文書がSteveから、さらにQRZ.comのYB8Pの内容もすべて変更されました。(Steveがパスワード管理の了解を得たようです。)
 
USAを中心としたIOTA chaser各局のたいへんなるご配慮をQRZ.comの文章に感じました。書いてはありませんが、JN6RZM Shu一人におんぶにだっこ状態ではならない、みんなで協力しようという配慮を沢山感じるメッセージでありました。
 
私とYB5NOF JohnさんとだけのYB8Pではなく、世界中から支援を受けられるYB8Pに一気に変わってしまいました。
 
 IOTA OC-208 YB8Pペディションが世界中のIOTA chasersのfriendship高揚に繋がったようです。素晴らしいです。ハイ
 
なお、W2FB SteveはIIHG(Indonesian Islands Hunter Group)の理事です。Nusantara Awardの発行者でもあります。 Thanks Steve-san!

2013年5月19日 (日)

OC-271 YB8XM/P Babar Island QSL card への御礼

昨日、オーストリアのOE3/// //さんに心温まる御礼のメールをいただきました。

昨年11月に実施されましたOC-271 YB8XM/P Babar Islandへのドネーションをお預かりし、5月10日にvia JN6RZM経由で届いた//さんのカードを翌日ポストインしたものが届いた御礼です。タイトルは「BABAR ISL」です。気付けにYB9BU Kadekへのメールアドレスがありました。
 
Hello Kadek & Shu,
 
Willy the leader in (OE 1076 islands) and myself received your beautifull qsl .
It's now my thousend sixtieth confirmed Island or groups for my Iota Award.
 
Many thanks for all your work, and all the best for health dear kadek. I am now 81 years old and some problem with my boudy and soul, however that may be,would like to continue to work in the wonderfull
IOTA family.
 
Kind regards Kadek & Shu
 
73,de Willy OE3WWB & Gus OE3SGA
 
Kadekの健康への気遣いと激励を中心とした御礼です。この様なメールをいただくと本当にご支援して良かったと励まされます。また、友情も芽生えます。Kadekと合わせて送っていただけましたので、彼とその気持ちが共有できる素晴らしさも感じました。ドネーション集金係のJN6RZM、QSL発行係のYB9BUにしない高尚さを感じました。
 
だれですか、まだ届いたのメールも送ってこないJAのドナーは。(笑い)

2013年5月18日 (土)

H44IOTA プロジェクトの進捗(18.May.2013)

今週初めにH44RK RalphはOC-149よりQRVを開始しました。ドネーションの集まり具合の報告とIOTA Marathonの1pointのために21MHzSSBで見つけコールをしましたが、JAのパイルを抜けずに2回続けて交信できませんでした。すぐにその旨をメールしました。

 
そのメールの中には3Cプロジェクトの中のソロモンの子供たちに学用品を送るプロジェクトを個人的に支援したい旨を書き込みました。下記の返事が届きました。
 
Hi Shu, thanks for your mail and great ideas.
 
We are still waiting for our transport ship that will bring us yagi from
Honiara, then we will have No problem to reach you :-)
This should come before the weekend, hi hi
 
If you have surplus items for school, please send to my postal address.
Ralph kluge
PO box R150
Honiara
Solomon Islands.
Thank you for generous offer, it will be much appreciated.
You can use the PayPal option on the web site for any accumulated donations
so far, and please send a list of all call signs that made a donation, so
we can be sure to mention them in the website and to listen out for them on
air.
 
Aregato
 
Ralph

ペディションには八木を準備するようですね。学用品の支援やドネーションの支援方法の案内もありました。

そして、昨日の夕方に21270でたいへん強力なH44RKの信号をとらえました。Ralphは大変喜んでくれました。メールではまだ5-6回やり取りをしただけですが、覚えてくれていたようです。彼は何度もビームアンテナを準備すると言っていました。OC-208 YB8Pがようやく終了しましたので、H44IOTA支援の整理を明日から行います。

なお、ドネーションはちょうど5万円に達したところです。もう少々のところです。ぜひご協力をお願いいたします。20日月曜日に締めてRalphへPaypalで送付します。今回も同様にあれだけの数のIOTAの範囲ですべてQSLカードを提供していただく約束をしていただけました。1000円ではあまりにも安すぎでしょうかね。

OC-208 Banggai Islandの進捗 (18.May.2013)  For QRT !

いよいよ週末にはいりましたが、21260で始まったYLオペレータのYB8NLF Johanaさんのオペレーションも1時間ほどでJoniさん YB9WZJに代わり28460へQSYしましたが全く聞こえなくなりました。Johanaさんもゆったりとサービスを行い、すでにYB8Pのオペレーションも峠を越えて後半戦に入ったと思われます。

 
前ページに貼りつけました通り、日本時間の月曜日の早朝まで(少し怪しい)多分オペレーションをするのではないかと思われます。
 
5月10日にQRZ.comに掲載されましたOC-208 YB8P、OC-213 YE8Pの2枚並びにYB5NOFの修正がされましたが、すでにOC-213 YE8PのQRZ.comはこの朝に削除されていました。
 
OC-213は7月以降に実施されるものと思われます。それは4月にOC-213へ行った時に失敗しましたJohnさんの友人のリグをJakartaに修理のために持ち帰ったためです。また、YE8Pのライセンスも5月末までですので取り直すか、YB5NOF/8で実施すると思います。しかし、今回のような5エレトライバンダーはありません。
 
昨日の朝にカナダの友人のVE3VHB MikeさんからOC-208のQSLに関しましてIOTA-chasers Forum上で回収方法のアドバイスを求めてきました。そこで、数日前に「心配ごと」として書きました内容を伝えました。
 
昨日からこの朝にかけて6USDに関してIOTA-chasers Forum内で物議が巻き起こりました。私への批判的なメッセージもありましたが、詳細を伝えるとさらに不安感を醸成するために取り巻きの方への詳細説明はやめました。私も返信に6USDを使うのは理不尽と思っていますが、事実、昨年の秋から今年の春の間にJohnさんは私のQSL回収支援にすべて書留で送ってきてくれました。
 
そのたびに普通郵便で結構だと申し上げましたが、「なくなるんだよ」という返答だったんです。書留で送らないと届かないんだと回答してきました。VE3VHB Mikeへはその気持ちで6USDを早急に送ってくださいと伝えました。理解できない方は何度もSASEを送ることになる確率が高いと思います。
 
もう一つアドバイスさせていただきます。今日、明日中にJakartaの住所でポストインすると言うことです。プカンパルの郵便局のJohnさんのPOBには早くて5月23日頃から届き始めるでしょう。当初は数が数通ですが、その後一気に世界中から届き始めます。そのPOBは現実に異常なほど郵便が毎日のように世界各国から届きます。つまみぐいでUSDが見つかったらと仮定のお話でした。あとは想像のとおりなんです。
 
QRZ.comの整備、e-mailアドレスの修正、Paypalアカウントの取得、OQRSの導入、YBビューローの利用性、JAのQSLマネジャーの設置など、OC-122 Tambelan Islandの提案をして以来、ほとんどの事項をJohnさんに説明した結果が今の状態です。QRZ.comの内容が刷新される可能性もありますので、チェックをお願いします。
 
運よくQSLカードを受領されることを節に希望いたします。
 
【追記】5月18日夕方に5エレ八木を片付けDX向けのサービスを終了するとのことです。
 
Shu aan today the last day for DX stn, we will on 40 meter for YB station on all mode....
 
To morrow we will back to Luwuk and then to Palu, our Togian I must canceled because has an urgent traffic on my office in Pekanbaru next week...I'll be back again to Togian on the next after Serasan Natuna Selatan Island and Tambelan island, may be I can do it on August

2013年5月17日 (金)

OC-208 Banggai Islandの進捗 (17.May.2013)

この朝、午前1時47分にYB5NOF JohnからFacebookにより下記のメッセージを受信しました。

 
John E. Daluas

We have not signal to Japan at The moment on 28 meter. Our Togian will be cancelled because we - Anton and I must be back to Pekanbaru for urgent traffic on our office, we can planning again on the next, after Natuna Selatan and Tambelan Island. Sorry for this case.

Now Joni on 14.260 on phone.

 
残念ながらOC-213 YE8P Togian Islandsを中止するようです。急の変更です。このOC-208 YB8Pの後にOC-109 Natuna Selatan IslandsとOC-122 Tambelan Islandsを実行予定ですが、その後に企画しようと考えています。
 
残念ながらOC-213 YE8Pのライセンスは5月31日までと聞いていましたので、まったく別のペディションとなります。誠に申し訳ありませんが、ドナーから預かりましたドネーションから一人100円ずつ返信料として預かっています。これもOC-208送付用とさせていただきます。
 
もっと大きな点として、OC-208に持参した5エレ八木はPaluの友人に返さなければいけません。そのため、有志のご協力を従来通り1000円で集めさせていただければ幸いです。YB5NOF JohnさんがPekanbaruに戻って調整後に発表、ご案内いたします。このビームがないと彼らは移動しないと思います。
 
なお、Johnさんへはペディションのポリシィとして土日の週末をまたぐ運用を持ってもらっています。そのため、エンディングの19日を守っていただくこと、何時までの運用かを問い合わせています。
 
【追記】5月17日 17時51分受領
John E. Daluas

Our last operation on 19/05 and we back to Palu at the moment...after then going to Jakarta

OC-262 Sebesi Island YB3MM/4 Survey

この朝、IOTA-chasers Forumに我らがYB3MM Adhiさんが登場されました。昨晩遅くに公開されていますので転載します。

 
Hello, from YB3MM

Hello everyone,
 
Nice to meet you all here.
This night will depart to Sebesi Island OC-262 for survey.
I hope I can QRV from there in the near future.
 
Adhi YB3MM
yb3mm@...
www.nusantaraaward.com
Indonesian Islands Award Program
 
なんとサーベイのために今日、OC-262 Sumatra's Coastal Islands South グループ(YB4)のSebesi Islandに行くそうです。今日は多分QRVしないと思いますが、近い将来QRVできるとのことです。
 
そこでOC-262はスマトラ島の南側の沿岸地区の島です。スマトラ島とジャワ島の間のスンダ海峡のスマトラ島寄りに位置しています。グループはYB4/YB5エリアですが、Sebesi島はYB4に属しIOTA creditedは17.9%となかなかのrareです。
 
それもそのはず、過去には2003年5月に実施されましたYE5Aのみです。さらにQSL via IZ8CCWとQSL回収に難儀されている方が多いところです。YE5AはPisang IslandですのでNusantara Award上ではNewになります。Adhiさんの発表が楽しみですね。やはりコンパクトHF機を見つけてあげなければいけないようです。

2013年5月16日 (木)

OC-208 Banggai Islandの進捗 (16.May.2013)

5月16日午後11時30分にQRVを開始しました。私のスケジュールQSOはお断りして、本日の朝から開始しました。21MHzSSBでは朝の6時台に21260でサービスしていました。7時30分過ぎには私のアンテナでも57くらいに上がりました。8時過ぎにCQ連発となり3回ほど呼ぶ局がいなくなったのを確認し、8時10分に無事終了しました。相手はYB9WZJ Joniさんでした。オペレーションもうまく、効率よくこなしていました。Thank you Shu-sanと来ましたので間違いなく本物とわかりました。

 
その後はYLオペレーターのYB8NLF Johanaさんが2時間以上オペレーションを行いました。耳も良くテキパキと進められました。10時過ぎにYB5NOF リーダーのJohnさんからメッセージが届きました。10時30分過ぎにJohanaさんの上手なオペレーションに疲れを感じましたのでJohnさんにCWに移って欲しいとメッセージを送りました。21045で今度はYB5QZ Antonさんが引き続きサービスを行い、11時45分にQRTしました。
 
以下、私が日曜日にPaluのJohnさんと交信したときに28MHzのOC-146が欲しいと言ったのを覚えていたようで、28MHzチャレンジする旨のメッセージが入っていましたが、聞こえませんでした。
 
夕方5時30分過ぎには14040で、そして6時30分には14260でサービスを続けています。
 
JA1EY戸倉さんよりQSLはどの様にするかとのメールをいただきました。すぐにJAのドナーと海外のドナー向けへOC-208 YB8PとOC-213 YE8PのQSOデータを5月31日までに返信していただく案内を本日お送りしました。
 
昨年11月のOC-271 YB8XM/P が10日届き、ドナーの皆様へは11日に発信完了しましたので、スムーズに対応ができました。皆様のご協力に感謝いたします。なお、6月から7月にかけて実施されますH44IOTAへも5月20日期限でドネーションのお願いを発信しております。
 
また、YB5NOF Johnさんはナガラ製の5エレ八木をPaluの友人達から借りていますが、6月あるいは7月に実施するOC-109 Natuna Selatan IslandsとOC-122 Tambrlan Islandsのビームアンテナがありませんので、ご支援するドネーションをアンテナ購入に充てさせていただく予定です。

2013年5月15日 (水)

OC-208 Banggai Islandの進捗 (15.May.2013)

YB5NOF Johnの現地からの報告によりますと彼らはナガラの5エレトライバンド八木ビームを使用し、14/21/28MHzにQRVします。他のバンドはバルンを付けたダイポールで対応します。基本的に2局+1と思われます。なお、1kwリニアも準備しています。

 
YB5QZ Antonさん等の先発隊は0900UTC前後にBanggai諸島のPeleng IslandのSalatanという町に到着します。到着してすぐにアンテナ、リグなどのセッティングを行いテスト運用を行います。Peleng IslandはIOTA DirectoryのOC-208 Banggai Islandsの中の島として掲載されています。
 
なお、後発隊のYB5NOF Johnさんはマカッサルから飛んでくるYB9WZJ JoniさんとLuwukで合流後にPeleng Islandへ向かい1300UTC頃に到着します。
 
テスト運用はJN6RZMと実施するとのことです。
 
問題がなければ明日の朝から大々的にサービスが開始される予定です。
多くの皆様にご協力をいただき、ようやくここまで辿りつけることができました。OC-271 YB8XM/P Babar Islandに続くプランから準備等含めてご支援できました。
 
JohnさんとはすでにOC-109 Natuna Saltan IslandとOC-122 Tambelan Islandのためのビームアンテナ調達の話しに入っております。今年6月から7月の間、続けて実施の予定です。
 
【追記】1kwに5エレトライバンダーで安心されないようにご注意ください。彼らは高さが4-5メータというのが多いです。

2013年5月14日 (火)

OC-208 Banggai Islandの進捗 (14.May.2013) in Luwuk

いよいよ始まりますね。このタイトルにin Luwukと付けさせてもらいました。私は1997年にIOTAを始めましたが、残念ながら12メータハイのベランダアンテナAPA-4では遠くは限りがあり、近場であるオセアニアはなぜかAPA-4のバンド切り替えのしやすさによる機動力を生かしてよく飛び、IOTAオセアニアを中心に楽しんでまいりました。

 
IOTA Mapを作ったりしましたが、詰将棋のようにYB-IOTAをこなしてとうとうOC-122 Tambelan Island, OC-157 Banda Island, OC-208 Banggai Islandの3つを残すまでになりました。2006年4月のOC-161 YE6N Nias Island 以来、7年間この3つのIOTAからのQRVを可能とするためいろいろと調べ、いろいろな提案をしました。
 
OC-208 Banggai Islandには1局のYLステーションが住んでいました。さらにこのLuwukはBanggai Islandsの対岸に存在する町です。Luwukにはまるで日本の昔の電話級の講習会でもあったように数多くのアマチュア無線家が住んでいました。QRZ.comでメールアドレスを調べてほとんどにメールを送っています。150局はいたと思います。
 
現在、YB5NOF JohnさんはPaluから20時間の車の旅を終えて、このLuwukにいます。この朝のLuwukからの情報です。
 
John E. Daluas
We have in Luwuk in this morning at 05.00 local time...waiting for Anton,
Joni and Armen...tomorrow we going to Banggai at 11.00 by boat take 6 hours.
 
John E. Daluas
Until this moment we have antenna only for 14, 21 and 28...we will try to
make dipole on another band tomorrow when we have ben in Salakan Banggai Laut Island,
to day we tray to get material for it especially balloon hope we can get it.
 
John E. Daluas
All ok Shu san, I hope propagation and our equipment can support
our activity...the antenna is a big problem for me...I'm no activity sins last 2002...
my 5 element crush-craft 3 band and 2 element 40 m band was lost when I put it in my farm...that the story
 
昔使ったアンテナが愛おしいと言っています。郵便事情の悪さや、全QSOvsQSL請求率が12-13%であることなどが彼のペディション意欲を2006年で終わらせてしまったと思います。可能ならば2QSOで止めていただき、IOTA Marathonをされている場合は3バンドまでとし、QSLはQRZ.comの指示通りに請求していただくよう、無駄なQSOをされませんよう、ご協力をお願いしたいと思います。

2013年5月13日 (月)

YB3MMのQSLマネジメントについて

5月7日に日本語でYB3MM Adhiさん宛に皆さんからいただきましたIZ8CCWのQSL回収状況に関しましてのご報告を集約して送付しました。一昨日、昨日とOC-237 Madura Islandペディションへ行かれていましたので、本日Facebookのメール機能を使用し確認しました。以下、私とのやり取りと回答の報告です。英文を和訳しています。

----------------------------
「はいShuさん、どうぞJAのご友人に通してください。Paypal支払いを使うことができます。
Paypal支払いができるのはYB3MM, YB3MM/2 and YB3MM/Pです。(残念ですがBreueh Is以来のYB3MM/6は手持ちカードがありません)しかし、皆さんのQSLはBureauで送っていただければ幸いです。私はQSLカードを集めております。私はこの新しいQSL提供方法はJAの友人達の問題を救済するものと希望します。
 
Adhiさん、OC-237マドゥラ島からのアクティブとQSLingをありがとうございます。JAからは2USDをPaypalで送ります。その場合、Paypal memoにQSO dataと住所氏名を記載して送ればよいですか?良い考えがあります。1USDをPaypalで送りSAE+QSLカードを郵送で送っては如何でしょう。
 
間違いを避けるために、Paypalで2USDとそれにQSOデータとアドレスを送ってください。
QSLカードと返信封筒はこちらで準備します。アドレスはローマ字、漢字でもOKです。」
----------------------------
 
なんと、YB3MM, YB3MM/2, YB3MM/Pは2USDをPaypalで送金し、Paypal memoにQSOデータとアドレスを送るのみとなりました。ただし、2013年3月のOC-245 YB3MM/6は手持ちのQSLがないとのことで、IZ8CCWのままとなります。
 
そこで、再度QRZ.comのYB3MMのBiographyに掲載されている運用一覧をコピーし、Adhiさんに○×を付けていただけるようお願いしました。返信がありましたら、ここに追記します。また、YB3MM/6がなければ作ってもらうための企画を作成しお願いしようかと考えています。例えば1USD多く送る。30局から40局ほど挙手していただき、3USDを送り印刷代をドネーションするなどです。もちろんIZ8CCWとの関係がありますのでAdhiさんの相談しませんといけません。1USDを寄付希望の方は私宛へメールをください。(これは中止します)Adhiさんきっと燃えますよ。
 
なお、YB3MM AdhiさんのPaypal accountは「yb3mm@mdxc.org」です。また、3月にすでにIZ8CCWへ1件当たり3USDのYB3MM/6以外のOQRSを利用されました方には、事情をご理解いただきご容赦いただきたくお詫び申し上げます。
 
【追記】2013年5月14日早朝5時過ぎにAdhiさんよりメッセージが届いていました。(感謝)
 
Adhi Bimbo

YB3MM, YC3MM (Java OC-021) --- OK
YD3BMB (Java OC-021) --- No (stop QSLing)
YE2R (Java OC-021) --- OK
YE9BALI (Bali OC-022) --- No (via YB9BU only)
YB3MM/9 (Menjangan OC-022) --- OK
YC3MM/5 (Batam OC-075) --- OK
YE32OB (Batam OC-075) --- No (via buro only)
YE5XMD (Batam OC-075) --- No (via IZ8CCW only)
YE5X (Galang OC-075) --- No (via IZ8CCW only)
YC3MM/5 (Galangbaru, Nongsa OC-075) --- OK
YB3MM/5 (Sumatra OC-143) --- OK
YB3MM/9 (Timor OC-148) --- OK
YB3MM/9 (Lombok OC-150) --- OK
YB3MM/9 (Nanggu OC-150) --- OK
YE9IOTA (Gili Trawangan OC-150) --- No (via YB9BU only)
YB3MM/2 (Karimunjawa OC-186) --- OK
8A3B, YC3MM/P (Bawean OC-197) --- OK
YE5M (Siberut OC-215) --- No (via YB9BU or IZ8CCW)
YE3K (Kangean OC-217) --- No (via YB9BU or IZ8CCW)
YC3MM/P, YC3MM/M, YB3MM/P (Madura OC-237) --- OK
YC3MM/5 (Bengkalis, Tebingtinggi OC-245) --- OK
YB3MM/6 (Breueh OC-245) --- No (via IZ8CCW)*
YE5A (Pisang OC-262) --- No (via IZ8CCW)

*Note: Currently I have not QSL of YB3MM/6. After receive from printer company in Italy, it will OK. Maybe its need months.

 
 

OC-237 Ketapang Island YE3I operation

DX World.netに紹介されました表題の局へ詳細を教えてほしいとメールを送りました。この朝にご返事をいただきました。

Hallo shu sam,

*Carried on: 7 to June 9, 2013 Freq: 160m, 80m, 40m, 20m, 17m, 15m, 12m,and 10m*

http://qrzcq.com/call/YE3I

http://www.iotadx-giliketapang.blogspot.com/

http://www.facebook.com/yethree.india#

Antena open dipole160 ,80 dan 40

Antena Horison  20.17.15.12.and 10

Modus SSB and CW

Trims Shu San

一昨日と昨日にYB3MM Adhiさんが再びOC-237 Madura IslandからQRVされ不得意(?)なCWで大サービスでした。私は昨年末からNusantara Awardを楽しんでおりますので、このKatepang Islandも是非交信したいと思っております。3つのウェブサイトには詳細な情報が掲載されています。

 

2013年5月12日 (日)

東京のインドネシア大使館勤務のハムとの交流

4月にYB4IR ImamさんにYB-land DX-Clubのグループに招待いただきました。ほとんどインドネシア語ですので出番がほとんどなかったのですが、お一人ヒダヤット シヤリフというカタカナ名のインドネシアの方がおられました。英語でのやりとりで、JG1のコールサインをお持ちだと言われていました。そのままにしていましたら、本日Facebookに「My Nagara Antenna seen from Hatanodai Station」というタイトルで写真を掲載してこられました。

 
933992_10200184765565135_249534242_
Hatanodaiって?と思い、写真の右下に東京都品川近辺と書いてあり、ようやく意味が分かりました。そうなんです。ヒダヤット シヤリフさんは東京品川のインドネシア大使館にお勤めだったのです。しかもJAのコールもお持ちで本国と連絡のためにビームアンテナをあげてありました。この写真は東急池上線の旗の台駅から北側のご自宅に上げたビームの写真のようです。(Google Map)で確認しました。
 
そこでFacebookにシャリフさん宛に日本語で問うてみました。
 
Shuji Yamamoto シャリフさんは、インドネシア大使館におられたんですね。納得しました。
2時間前 · いいね! · 1
ヒダヤット シャリフ Hai so Desu,.. watashi wa ima indonesia taishikan de hatarakimasu desu, yoroshiku onegaishimasu shuji yamamoto san .de jg1wct
2時間前 · 編集済み · いいね!
Shuji Yamamoto I like Indonesian people. The reason are very kindly, gentlemanly and accepting me thru IOTA program. Last year, finally, I and Japanese friends supported for sending rigs and antenna. We will build up our friendship between Indonesia and Japan. de Shu JN6RZM
2時間前 · いいね! · 1
ヒダヤット シャリフ Dear Shu San, I already heard the information about you and other japanese amateur radio station that support every IOTA DX pedition. Thank you for that support... If you visit tokyo please dont hesitate to come to my office or home ,.. my mobil number is 090********,... I really more than happy to welcome you and other japanese amateur
シャリフさんは私たちJAのYB-IOTAへの支援をよくご存じのようでした。東京へ来られる時には是非、事務所または自宅にきてくださいと。もちろんご友人達もご一緒にとのことでした。事務所とはインドネシア大使館かもしれませんね。
 
私はYB-IOTA支援の目的として、インドネシアと日本の友好の交流を目指しております。こういう方と意見交換できる場を作るということはたいへん重要と思います。ぜひ機会を作りたいと思いました。同伴希望者を求めたいです。お話を進めてみます。

OC-208 Banggai Islandの進捗 (12.May.2013) QRZ.comオープン

OC-208 Banggai Island YB8P、OC-213 Togian Island YE8P、そしてQSLマネジャのYB5NOFのQRZ.comがようやく新規にまた修正されて掲載を開始しました。

 
参加メンバーにYB9WZJ Joniさんも参加するようです。SASEにはそれぞれ3USDをお願いしているようです。メールアドレスも最新分に変更されました。詳細をQRZ.comでご確認ください。
 
ただし、個人的意見ですが、このPOBは昨年まで使用していたものと同じです。私がJohnとお付き合いを始めるきっかけとなったPOBなんです。つまりこの住所が事故が多いからセカンドアドレスを準備し回収支援をやったんです。危険だと思いましたPOBをそのまま使用するとはHW?というのが正直な気持ちです。
 
また、OC-208 YB8PとOC-213 YE8Pを交信して、別々でも合わせてでも3USDX2の6USDを送った方がよいと思います。なぜならば書留料金の6USDで送ってくれるからです。私でしたら、プカンパルの住所は使用せず、ジャカルタの住所に6USDを送ります。郵便事故が多いプカンパルでありましたので心配しました。あくまでもご参考であります。
 
なお、ドネーションを私に送られました局はSASE(QSL+SAE+USD)は不要です。絶対に送付されませんようお願いします。
 
Orari_yb8p_banggai_island
 
【追記】12日 日曜日の14時30分頃にスラウェシ島のPaluにいますJohnさんよりメッセージが届きました。ナガラ製の5エレ八木と1kwリニアをテストしたいのでスケジュールをお願いしたいとのことでした。YB5NOF/8とJN6RZMとで交信しましたが私がもらったレポートが46でした。そして送ったレポートは57でした。

2013年5月11日 (土)

This morning conversation for YB5NOF John

昨晩OC-271 YB8XM/P babar IslandのQSLカード56局分63枚が届きましたので発送処理をするとともにJA並びにEU/NAのドナーの皆様とYB5NOF Johnさんにメールを送りました。この朝、PCをあけるとえらいこと。EU/NAからのメールがどんと届いていました。さらにJohnさんからもいよいよ出発だが問題が一つあるといつもの独特な言い回しでメッセージが届いていました。残念ながらお膝元のJA各局からは1通のメールも届いていないという不思議な現象でありました。

 
当然、Johnの問題を片付けることに傾注し、下記の内容のとおりとしました。さらにEU/NA各局へ返事を書きましたが、Johnさんの問題の回答がEU/NAへ電波を届けるということでありましたので、IOTA-chasers Forumへ表題のタイトルで書き込みを実施し詳細情報の伝達を試みました。
 
Hi all,
 
This is the conversation for me and YB5NOF John on Facebook.
For OC-271 QSL cards and OC-208 Banggai Island plan, and OC-109 and OC-122 next plan.
 
Shuji Yamamoto
I just received OC-271 YB8XM/P Babar Island QSL cards from YB9BU Kadek yesterday evening from Japan postal. Just 63 QSL cards for 56 stations. I made 50 envelopes last evening. Here are our plesures from 56 stations. I am very very happy now. And I have worked the No.1 contact for Joppy on Babar Island. Also I have received OC-271 QSL card for No.1 QSL card in the world. Happy! I would like to make your OC-208 contact for No.1 QSO in the world as OC-271. Ahahahaha
I will be watching all day on 16th May. Hi
And please be safty!! Have your nice trip. John-san, Thanks, thanks!
 
07:00
John E. Daluas
Good morning Shu San, last night, we have meeting with Member of Orari Palu, we will go to Luwuk mobile at 13/05 05.00 lokal time, our big problem is ANTENA, and to day we try to get it, on this case I hope you can help us with a good antenna for my next activity.
 
07:21
Shuji Yamamoto
Hi John-san, OK. I try to gather the donation for Spiderbeamantenna same as YB8XM Joppy. Transportation fee from Spiderbeam antenna company(Germany) and the mast and Spiderbeamantenna body is 600-700USD. I can gather the cost from Japanese friends. But Failure of Joppy's Project was a storage fee of Customs.Nobody did not go to pick up the Jakarta airport. If Anyone go to Jakarta Customs, we did not need to pay 500USD. Ahahahaha
 
07:23
Shuji Yamamoto
It's very easy, I think so. The GDXF and IREF are supporting for your travel cost. We will be supporting for Spiderbeam antanna cost. Do not worry.
 
I would like to deliver the strongest radio waves for East coast anytime. I and John will make their plan for OC-109 and OC-122 after OC-208.
Thanks for your reading.
 
Shu JN6RZM
 
 IOTA-chasers Forumへ殴り込みをかけるような文書になってしまいましたが、K0AP DraganさんやDX-World.netのColさんが応援して下さると信じていますので、YBのActivityが全世界に伝わると思います。ますます面白くなりそうです。

2013年5月10日 (金)

OC-271 YB8XM/P Babar Island QSL card received

本日Kadekさんより航空便が届きました。全部で53局63枚です。私の分をどうぞ。

 
Img853_1280x982
二つ折りの1面(右半分)と4面(左半分)です。
 
Img854_1280x982
同じく2面(左半分)と3面(右半分)です。QSOデータの上にはドナーの皆さんのコールサインが掲載されています。
 
明日、国内はクロネコヤマトのメール便で送ります。(31通) 海外はエアメールで送ります。(19通)
発送作業と確認作業、封詰め作業など約2時間かかりました。
皆さんのご協力に感謝します。

IOTA Marathon ranking list (9th May 2013)

「IOTA Marathonを盛り上げよう」と当ブログでご案内しましたところ、4名の皆さんにデータ提供をいただけました。どの様に運用し、どのくらいの期間でやるかは走りながら考えます。
 
IOTA Marathon points list         (From 1st Jan 2012 to  9th May 2013)
-------------IOTA--/-points----------------------------------
 
-------------(‘Diamond’ certificate 1000 points )-----------------
AC0A  Bill        ***    /  787p
PT7WA Luciano 355   /  750p
-------------(‘Gold’ certificate 750 points        )-----------------
JF4VZT Yuu     325   /   623p
JA7MGP Toshi  ***   /   604p
JK1TCV Kazu   ***   /   536p
-------------(‘Silver’ certificate 500 points      )-----------------
JN6RZM Shu    191   /   436p
JA4-4665        158   /   370p
-------------(‘Bronze’ certificate 250 points    )-----------------
 
-------------(Participation certificate 100 points)-----------------
 
IOTA2004アワード時にはChiltan DX clubのwebsiteにweb ranking 表が掲載され、自由にいつでね自己申告ができ、どなたでも見ることができました。少し真似していますが、IOTA Marathonを楽しんでおられる方はぜひエントリをお願いいたします。

OC-208 Banggai Islandの進捗 (10..May.2013) QSL請求

表題の件、QSOできた局がYB5NOF JohnさんへSASEを送りますが、その調整を昨朝行いましたが、結果として何も変わっておりません。すでにJohnさんはQRZ.comの修正をYB5QZ Antonさんに任せてスラウェシ島のPaluへ向かってしまいました。Antonさんからのメールでは現在Passwordを探しているとのことでした。Antonさんも15日にはBanggai Islandの対岸の町Luwukに入ります。16日には交信が始まりSASEが世界中から発信されることになります。

 
実は現在のQRZ.comの住所は、
 
YB5NOF Indonesia
JOHN E. DALUAS
P.O.BOX 1094
Pekanbaru 28010
Indonesia
 
Email: johndaluas@yahoo.com と、なっています。すでに私書箱の料金を払っていないそうです。それ以前に私がJohnさんと接することになったのがQSLカード回収の支援でした。その原因はこの住所でした。一言で「事故が起きる私書箱」とはっきり言っていました。そのためにセカンド アドレスを準備してもらい、そちらにSASEを送ってもらいました。
 
一昨日、Johnさんから送ってきましたアドレスです。
 
My address :
PO BOX 194/CPA
CIPUTAT 15401
Jakarta
 
INDONESIA
PO BOX 1094
PEKANBARU 28010
RIAU INDONESIA
 
PAMULANG PERMAI 1,
BLok I/12
Jl. Rajawali
RT 02/RW
 
彼はジャカルタにもご自分の事務所を持っています。それが第1グループです。そして、真中が危険な私書箱です。3月に同じ番号で料金を支払い取りなおしたと言っていました。さらに、3番目がセカンドアドレスです。RT 02/RWの次の行にPEKANBARU 28010RIAU INDONESIAを付しなければいけないと思いますが、この時は省略して送ってきました。
 
また、e-mailアドレスに関してはここ半年で3回ほど変更されました。要因はインドネシア風なんです。JohnさんにとってQRZ.comとかe-mailアドレスは関心がほとんどないのです。ここのところが、欧米人や日本人の考え方と大きく違うところですね。
 
本当は現時点でQRZ.comは修正されているべきでしたが、昨日朝に打ち合わせられたことはまったく実現していませんでした。私の心配ごとをぜひご理解ください。
 
いま私が100%回収するならばJakartaの住所に6USDで請求し、「Express mail, please」とメモを入れます。それが確実と考えます。
 
【追記】YB5QZ Antonさんにより、QRZ.comのbiographyに正しいQSLカードの請求方法が掲載されることを念じております。もちろんYB5NOFのBiography欄です。

EU-125 OZ1RDP information

17年間IOTA chasingをやっていましてベランダアンテナの限界を感じていますが、デンマークのIOTA EU-125は毎年狙ってはいますが、いまだに交信できません。毎年このOZ1RDPはボーイスカウトの活動としてこのEU-125 Romo IslandからQRVします。昨年5月にこの信号を21SSBで捕えましたが交信に至りませんでした。
 
そこで、数回ほどDL9BCP Guenterさんに事情をお話しし、Skedを組めるようお願いしました。2013年の5月初めにメールを送る約束をしていました。5月2日にメール送付しましたところ、昨日下記文章が戻ってきました。有難いです。
 
 
Dear Shu,
 
Many thanks for your kind e-mail!
 
Now we stay nearly ready for our next annual Pentecost-radio-activity since
1995 from Kongsmark on Romo-Island, OZFF-004 (EU-125, DIA NS-001). In all we
will be group of about 10-11 people (all German Radio-Scouts) and will run
several stations in time. We will reach the island Friday noon and try to be
on air from 18:00 UTC until Tuesday, 02:00 UTC (some breaks during local
nighttime).
 
Call: OZ1RDP
Time: Fri may, 17th - Tue may, 21st, 2013
Bands/antenna/power:  80m (3,7-3,8) vertical
100-500W
 60m (       ) vertical
100-500W
 40m ( >7,140 ) 4 Square
Array  >500W
 30m ( 10,140 ) 4 Square
Array  100W (BPSK31)
 20m (+/-14,26) 4 Square
Array/Moxon  100-500W
 17m (        )
vertical/Moxon    100W
 15m (>21,150 ) 4 Square
Array/Moxon 500W
 10m (28,4-28,5)
vertical/Moxon 100-500W
  6m (       ) ???
>100W
 
Modes: SSB, PSK31, maybe some CW
 
Propagation-forecast between EU and JA shows, that contacts on 15m
(excellent), 20m (good) and 40m (maybe) should be possible to realize. Other
bands have to test online during the weekend. How we can give actual
informations to you and your friends during our expedition?
 
For communication and so on we will put up a temporary (Fri-Tue)
Echolink-Node "OZ1RDP-L", node: 841659. This will be a better solution than
to use p.ex. SKYPE. We have W-LAN Internet present in our camp.
 
During far-east band-openings we will try to call especially in your
direction! Please QSL only via manager (via bureau). If you have any news,
please let me know.
 
 
Hope to make a lot of JA-contacts! Hope to hear you on the bands!
 
Vy 73's
Guenter, DL9BCP
manager OZ1RDP
 
E-Mail:          gerdmann@gmx.de
 
Web:             www.gerdmann.de
                 www.oz1rdp.de
                 http://home.scoutnet.de/guenni
 
御礼のメールを送るとともに、Skypeでつなぐことに成功しました。Guenterさんもたいへん紳士的な方で、ただし、Skypeの写真はたいへんごつい感じでした。5月17日からのQRVでSkypeでつないでSkedを実施することにしました。また、当文書はJAの皆様へ配信して欲しいとの許可ももらいました。
 
全てのリグのテント基地がEcholinkでつながっているそうです。本当はSkypeよりそちらが良いと言っていましたが、Skypeで情報交換しながらSkedを進めることになりました。EU-125は珍しくないかもしれませんがSked希望がありましたら、ご一報ください。

2013年5月 9日 (木)

OC-149 H44RK とのレスポンス

5月8日夕方に21270でH44RK RalphがOC-149からQRVし、サービスを始めました。5月1日にRalphよりメールが届き、ドネーションの依頼をいただき、当ブログで目標500USD、5月20日締めの案内を発信しました。現在400USDを超えましたので気軽に伝えようと思い、声を掛けましたら私の非力なアンテナでは届かずでした。

 
そうこうしているうちにクラスターにもアップされ、EUからもコールがかかり始めました。そこでメールを送りましたら自動的に不在メールが戻りました。夕食コールのために伝えることを断念しました。OC-149はIOTA Marathonで欲しいところですが、6月からのH44IOTAのサービスでも実施されますので、諦めました。
 
本日11時過ぎにRalphよりメールが戻りました。
 
Sorry Shu'
Please try tonight agn around the same time, will hopefully get you there.
Aregato
Ralph
Www.h44iota.com
sent from my xoom tablet with mny typos
On May 8, 2013 8:17 PM, <jn6rzm@nifty.com> wrote:
> Hi Ralph,
>
>  I am calling you on 21270 up5.
>  But no picked up.
>  Very very sorry.
>
> Shu JN6RZM
>
> P.S. I gathered 400USD over now.
>
 
と、言うことですが、OC-149のRalphとネットでつながることが分かりました。これはたいへん重要なことです。全てのH44とつながるかは不明ですが、事前に問い合わせたいと思います。ネットがつなげられれば、私のようなアパマンハムでも比較的簡単に交信できる可能性が高くなります。
 
ドネーションも好調に集まっています。目標の500USDとドナーへのQSL転送費用5,000円までもう一息です。お早めにお手続きをお願いします。

インドネシアのアクティビィティ by YB3MM

昨日の朝にJA3UCO細川さんよりメールをいただきました。細川さんはJA3関西地区のトップIOTA chaserです。
 
当ブログのご評価とご希望をいただきました。インドネシアのIOTAアクティビィティが上昇しているとともに当ブログにもっと分かりやすいようにとの提案でありました。その回答として、ブログでの限界とウェブ方式での掲載検討、そしてインドネシアのお国柄の日本との違いを説明しました。
 
細川さんからはご丁寧な御礼と今後ともご協力をいただける再送信を昨晩いただきました。
 
そして、この朝にYB3MM Adhiさんより「熱く燃えるインドネシアのアクティビィティ」のメールが届きました。その前にIZ8CCWの件で相談しましたが、その回答の前に届きました。たいへん重要でありますので公開させていただきます。ちょっとすごい、いやすごすぎる情報です。
 
Shu san, (CC: OM Steve W2FB)
 
I don't know why in this moment there is so many activity on Indonesian IOTA.
Maybe due to Nusantara Award ? I hope so...
Very FB !!!
 
Already done
Breueh Is OC-245, YB3MM/6 etc, Mar 2013
Nias Is OC-161, YB6N, Mar 2013
Balang Lompo OC-236, YB8HZ/P etc, Mar 2013
Karimunjawa Is OC-186, Apr 2013
Madura Is OC-237, YB3MM/P, May 2013
 
Planning
Banggai Is OC-208, YE8P, May 2013
Togian Is OC-213, YB8P, May 2013
Ketapang Is OC-237, YE3I, Jun 2013
Anambas Is OC-108, ???, Jul 2013 (by group of Orari Kepulauan Riau, in charge YE5YE)
Sabalana Is OC-242, YB8HZ/P etc, Sep 2013
Tarakan / Nunukan Is OC-166, arranging by YB4IR and YF1AR
 
My Planning
Sebesi Is OC-262, YB3MM/4 (I will strongly negotiate on 18 May 2013)
Lombok Is OC-150, YB3MM/9 (with YB2TET honey moon again)
Borneo East Coast OC-166, YB3MM/7 (waiting special package from Shu san) Hi hi hi
 
Lets burn burn burn spirit of IOTA !!!
Adhi YB3MM
yb3mm@mdxc.org
 
じっくり読んでいただけましたでしょうか? Adhiさん自身もなぜIOTA-YBのアクティビィティがこんなにあがっているのかわからない。ひょっとしてNusantara Awardのせいなのか、そうであるならばVY FBと。
 
まだ確定していない出してはいけないプランまで細川さんが泣いて喜びそうなインドネシアのIOTA一覧表を送っていただけました。熱く燃えましょうと言っています。途中に私からの特別パッケージを待っていますと言うのはコンパクトHFリグを待っていると言う意味でしょうか。
 
Adhiさんの移動のためのコンパクトHFリグをプレゼントすれば、この勢いはもっとますでしょう。一口1,000円でやりましょうか?
 
【追記】JK1TCVくりばらさんが、いよいよNusantara Awardの申請をするとの一報をいただきました。本当はここが目的です。きっと、IOTAも当然ですが、Nusantara AwardにチャレンジすればIOTA-YBは自動的に活性化します。Thanks Kazuさん。

OC-208 YB8P Banggai Islandペディションの心配ごとの対応

昨晩、当ブログに心配ごとを掲載しましたが、合わせてJohnさんへQRZ.comの訂正依頼をしました。案の定、この朝にはMy addressとかいた返事が戻りました。何度もQRZ.comにはパスワードが存在し本人でなければ修正できないことを説明しましたが通じませんでした。

 
すぐにYB5QZ Antonさんへ支援依頼のメールを送りました。Antonさんからも返信がありましたが、YB5NOFのQRZ.comはYB5QZ Antonさんが担当することになりました。
 
さらにAddressはJakartaとPekanbaruの2か所設けるようです。そのため、Bureau利用も考慮して下さるようです。この朝にJA7BWT時田さんより心温まるメールをいただきました。その中にOC-208が終わったら過去のYB5NOF関係の焦げ付きを請求したいとありましたので、そのままJohnさんに伝えました。過去のペディションでログ、QSLカード対応ができるものはすべてQRZ.comのBiographyに掲載することになりました。
 
過去のYB5NOFの交信数に対するQSLの請求率は12-13%程度とJohnさんも悩んでいました。その対応でもあります。
 
また、まさかと思われるでしょうが、Pekanbaruから発信した封書が紛失する件ですが、実際に起きているそうです。そのためRegular mail希望の場合は2USDの返信料、express mail(書留)希望の場合は6USDを表記すると言っていました。昨晩、JF4VZT澤山さんと調整しているときにハガキで返信してはどうかという案があがりました。1USDに20mmX40mmの返信用シールをSASEで送付すればpost cardで返信するという案です。これはまだ提案前です。お互いの負担が少ない方がベストだと思いますし、OC-208のみならず、過去分と将来分も対応できると思います。Post cardに対応するGS/IRCが不明ですが、研究する価値はあります。
 
Johnさんは明日いよいよ出発します。まずはスラウェシ島のPaluで現地の参加者とMeetingを実施し、12日にPaluからBanggai Island対岸のLuwukへ車で20時間かけて移動するそうです。YB5QZ Antonさんは15日に直接Luwuk空港へ入るそうです。Johnさんとは全てipadで繋がりますのでドナー46名の全員交信達成の支援を行います。アパマンハムの私がご支援申し上げます。いよいよ1週間後にせまってきました。

2013年5月 8日 (水)

OC-208 YB8P Banggai Islandペディションの心配ごと

いよいよ来週2013年5月16日より表題のペディションがスタートします。ここに来るまではいろいろな方のご支援においてYB5NOF Johnさんの信用と信頼を得ることが成功要点でした。ただし、次の心配ごとが残っています。
 
2013年5月にJH2IEE荻原さんのOC-075 Batam Island支援するなかで荻原さんよりFacebook利用によりYE5TA AgusさんやYB5NOF Johnさんと簡単にアクセスできることを教えていただけました。
 
2013年10月15日が私のFacebook活用のスタート日になりました。Johnさんが実施した過去のIOTAペディションOC-108の焦げ付き回収支援をJF6WTY林さんから依頼をいただき、Johnさんに初めてメッセージを送りました。
 
その成功事例をブログに掲載しました。すぐにEU7A Adnyさんが飛びついてこられました。その後も私がNusantara Awardを開始することになり、Indonesian Island list 2013を作成することにより、①OC-075 YB5NOF/P Kundur Island 2001、OC-107 YB5NOF/P Singkep Island、③OC-245 YE5R     Rupat Island 2007の3枚のQSLを見つけました。
 
Johnさんはたいへん喜んでくれましたが、今年に入ってJH4GJR田岡さんの焦げ付きも対応してくださいました。ただし、Johnさんは必ず書留で送ってくれました。ここが心配の第1点なんです。
 
2月の末にJohnさんより全幅の信頼をいただきましたので、思い切ってYB5の未交信IOTAであるOC-122 Tambelan Islandの提案をした訳です。OC-208 Banggai Islandも未交信と申し上げますと、まずそれから開始しようと向こうから提案がありました。
 
焦げ付きを含めたQSLはQRZ.comのYB5NOFのPOBではなく、セカンドアドレスを利用しました。ここが心配の2点目です。
 
OC-208 Banggai Islandペディションに関してはJAのQSLマネジャーを準備提案しましたが、
自分でやりたいとのことで、そうさせていただきました。そこでQRZ.comのアドレスを訂正するようお願いしました。また、メールアドレスも変わりましたので、それも訂正するようお願いしました。さらに、BiographyにQSLを確実に回収できる方法を記載するようお願いしました。
 
ところがご自身でQRZ.comの修正ができないとのことで、パスワード不明のためそこから入手する方法を提案させてもらいましたが、すでに2カ月が経過しました。Johnさんの過去のペディションにおいて、QSO数に対するQSL請求率はなんと12-13%くらいだそうです。
Johnさんは多くの郵便事故が起きていると想像されていました。私は要するにオールバンド、オールモード感覚で交信される方が多く、YBではあまり価値が無いので請求していない
局が多いと判断しています。
 
ですからDXCC感覚でQSL請求しないQSOはできるだけ交信を控えませんと、100枚印刷して12-13枚しか請求しないと、2006年にペディションを最後にしたJohnさんのようなペディショナーを増加させてしまうと考えます。
 
さらに、Credit cardを持っておられるのでPaypal accountの実用性、そして取り方を簡易マニュアルまで作成して送りました。もう1カ月になります。ドネーションはYB5QZ AntonさんがPaypal accountを持っていたので向こうの指示でAntonさんへ送金済みです。早くQRZ.comのメンテナンスを強く希望しています。送っても結構ですが、事故率はかなり高いと言うPOBです。
 
さらに先週、カナダの友人VE3VHB MikeさんのQSLサポートを依頼しましたが、普通郵便で
YBから送ると事故に遭うそうです。そのため、書留で送っていると言われていました。
その場合、もちろん2USDでは足らず6USD必要だと言っていました。いずれにせよ、QRZ.comの住所に送ると事故に遭う確率が高く、インドネシアのプナンパルからの送付も事故に遭うというところです。
 
Johnさんがどの様に対応するか、またアナウンスさせていただきます。もちろん、ドナー
はvia JN6RZM経由で送らせていただきます。以上、ご参考ください。

YB9BU Kadekさんと私の関係とOC-271 YB8XM/P QSLについて

ようやくOC-271 YB8XM/P Babar IslandのQSLカードが発行開始となり、まずvia JN6RZM経由でドナーに送付されます。5月6日にEMSで送られました。数名の方から問い合わせがまいりました。そのうち、Kadekさんと私の関係並びにKadekさんの今後の動向を返信しましたので、その文章を掲載いたします。
 
おはようございます。
 
 私は2004年にOC-217 Kangean Islandがどうしても欲しくてYB9BU Kadekにメールで
 お願いしました。その費用として当時としては破格の1万円を清水の舞台から
 飛び降りるつもりでJPの国際為替(当時手数料1000円)をKadekへ送りました。
 
 Kadekは翌年の3月にOC-217 YE3KとOC-268P YB7Mの二つを実施してくれました。
 YE3Kはなんと第1号の交信に成功しました。お金を取り戻さなければならないので
 その日は朝から1日中見張っていた訳です。実行の直前にJA1EY, JE2QYZ, JF4VZTの
 3局にドネーションの追加支援をいただきました。
 
 それが縁でKadekよりYB1TC Kardiを紹介していただき、OC-269 YE7P Karimata Isの
 ペディションを支援することになりました。前述のお三方はすぐに協力するとの
 ことで他にも募集をかけ、以来現在まで、30局を超えるIOTA支援、なかにはプラン
 にまで参画するようになってしまいました。
 
 今回のOC-271は昨年2月にJoppyへ私の未交信のOC-157 Banda Islandの提案でした。
 リグが古いとのことで中古リグを提供しました。OC-249 Wamar Islandをすぐに
 実施してくれましたが、すでにCFM済みでしたので、次の企画としてOC-271 Babarを
 決定してくれました。
 
 私はK0APが主宰するIOTA-chasers Forumに参画しました関係でJAのみならずNA/EU  の有志からもドネーションが届き始めましたのでJoppyへSpiderbeamantennaを提供し、
 より強い電波をEU/NAへ送れるよう支援しました。
 
 これまた、11月4日に私はOC-271 Babar Islandと第1号交信に成功することができま
  した。アパマンアンテナでやっていますので、自分でもその執念に驚きました。
 QSLマネジャのKadekからもJE9UZB?さんから寄付していただいたDM-330MVが落雷で
 壊れたことと、自分もペディションのためにTS100くらいのリグ提供をできないかと
 相談をもらい、JAとNA/EU有志に相談しましたところ、JR4CLN乃木さんから中古で
 DM-330MVとIC-706mk2を無償提供いただきました。IC-706mk2はICOMに直談判し、
 低価格でオーバーホールができました。すべて皆様のドネーションで実施しました。
 
 12月1日にKadekへ発送しました。17日にメールがとどき、しばらく休養したいとのこと。
 リグは届いて税金などは弟が支払ったと言っていました。1月に税金や見舞金として
 ドネーションの残り350USDをAdhiさんのPaypalへ送金した訳です。
 
 Paypalによる送金が進む中でJoppyやKadekへ昨年の6月にPaypal取得を依頼しました。
 残念ながらクレジットカードは使わないとのことでした。Joppyの住むAmbon島では
 クレジットカードを使う習慣はないとのこと。また、Kadekの住むバリ島では観光
 エリアやスポットでは使っているが住人が生活に使うことは稀でほぼ必要ないと
 断られてしまいました。
 
 しかしながら、5月に実施したOC-249 YB8XM/PのQSLはかなりの事故が出ていると
 いうことで昨年の11月にYB3MM AdhiさんのPaypalを流用するという変則利用になり
 ました。
 
 以上が○○さんへの説明です。
 
 この朝にKadekからメールが届きました。
 
Dear Shu-san,
Pse send e-mail to www.rsgbiota.org (activations calendar) a little mistake ab
out Udin call sign ( YB9RW )
Now in Bunaken Island,Udin using YB8RW/P anot YB9RW.
Thank's in advance Shu-san.
73 & Kind Regards,
Kadek,YB9BU.
 
 RSGB IOTA websiteに掲載されたOC-236 YB8RW/PのコールサインがYB9RW/Pと間違っているので訂正の対応をお願いしたいとの内容です。
 
 Kadekさんの体調が随分とよくなっています。
 誠に申し訳ありませんが、まだQSLの問い合わせはKadekに負担をかけますので、
 1カ月ほど待っていただけませんか。
 5ヶ月間休業していましたので、彼自身は早く送ってあげたいという気持ちだと
 思います。Paypalで沢山きているので早く返したいと最初の文面にありました。
 どうぞ、ご理解のほどをお願いいたします。
 
 1カ月後にかならず問い合わせしますので、その時点でQSOデータ等をお預かり
 したいと思います。
 
 私も来週からのOC-208 YB8P Banggai Islandの支援に入ります。こちらの方も
 私がJohnに提案して生まれました。OC-109とOC-122を連続して6月か7月にやると
 言っていますので大忙しです。しかし、こちらの方がQSL回収は大変だと思います。
 
 最初のころは3000円のドネーションでやっていました。○○さんも2-3回協力
 いただいた記憶があります。現在は1000円で募集しておりますので、ぜひご検討
 くださいますようお願い申し上げます。すみません、PRしてしまいました。
 
 しかしながら、1000円のドネーションでお手元にQSLカードを私がお届けして
 いますので、決して高いとは思いません。世界で一番早く確実にQSLは届きます。
 しかし、QSLカードを回収することが目的ではなく、企画、プラン作りの支援
 から交流を図ることが目的でございます。
 
 以上、たいへん長くなりました。
 
Shu JN6RZM
 
 以上がご返事申し上げたKadekさんJoppyさんとの関係、OC-271 QSLカードの返信予定状況です。最後に昨日いただいたメールに、
 
 I try to send all of the other requested in direct or via paypal service sooner.
 
 と、ありました。皆さん、今しばらくお待ちください。

2013年5月 7日 (火)

OC-236 YB8RW/P Bunaken Island (09-12 May 2013)その2

直接YB8RW Udinさんへ問い合わせてみました。7-8年前からUdinさんへはOC-208 Banggai Islandへのペディションをお願いしていたのを思い出したようです。

Dear Shu - san,
Apologized me please, cause for OC-208 Banggai Island, still in our program later, don't worried for go on step by step...he he he
I hope your have many patient for waiting OC-208 may need a long time to take of Banggai Island in this bad condition till now.
By the way, inform for you that Mr. Kadek YB9BU as manager of Bunaken island OC-236 his as also my manager.
His instruction to me with Team to go to the Island like Bunaken island for get new operator & new chaser he he he...
so i think that nice and good planning...
ok Shu-sun, inform for you of Bunaken Island (Celebes Coastal Island) OC-236 detail information above :
 
1. Coordinate ;
  1°40′N 124°39′E
 
2. Position : less than 5 miles from Main Land Celebes (please looking to Bunaken Island web side) :
 
3. TR/RX : Standard Powered by the Rig TRx (Icom -Kenwood - Yaesu)
 
4. Antenna : Omny directional (not Beaming), Dipole.
 
5. QRV ; 160, 80, 40, 20, 17, 15, 10 mtrband in Amateur band DX window ; Mode :LSB-USB (2 way ssb), CW if any.
 
6. This DXpedition and operational will be handlingby 15th operators memberof ORARI (Indonesian Amateur Radio Organization) by :
 
 * YB8RW/P,  YB8RB/P, YB8UFL/P, YB8TK/P, YB8STP/P, YB8TON/P,    
     YB8REY/P, YC1BPO/P, YC8RRC/P,
 * YC8TV/P, YC8RU/P, YC8RUC/P, YC8RUU/P, YD8ROQ/P, YD8UBY/P
 
7. On site to the Bunaken Island : 09 May 2013 morning, TX 12.00 UTC. to be continue every time in the band than will be finish 12 May 2013 ; 24.00 UTC. 
 
No Internet line in this island  (surveyed, 3 may 2013) but we will be effort to get solution in this case.
 
Pse help to relay this message to all IOTA chaser's worldwide
 
Thank you for attention, supporting and helping.... my best friend Shu-san...
 
Remember me to your family, good health, hope success, I am waiting you on the air...see u 73
 
Thank you,
Regards,
Syariefudin Syah - YB8RW
 
私はBunaken IslandはNusantara Awardのニューになりますので是非交信したいと思います。

OC-271 YB8XM/P Babar Island QSL card まもなく

昨年2012年2月にYB8XM Joppyさんへ私が未交信のIOTA-YBの3つ(OC-122 Tambelan, OC-157 Banda, OC-208 Banggai)のうち、OC-157 Banda Islandへ行っていただく提案から始まってFT-847の提供、OC-249 Wamar Islandの実施、OC-271P Babar Islandプラン、Spiderbeamantennaの提供と続き、11月に実施されました。QSLマネジャのYB9BU Kadekの入院加療により随分と遅くなりましたが、第1段階が終了しようとしています。

 
本日はドナーの送付用封筒をパソコンでプリントアウトしました。
 
Oc271_001_1280x960
 
国内が33局、海外が15局です。一枚一枚感謝の気持ちで丁寧に打ち出しました。こんな面倒なことができるかと一般の人は思われるかと思いますが、ここまでやるとドナーの皆さんだけでなく、ペディショナーやQSLマネジャーも誇りを持って信頼、信用していただけるのです。
 
さきほどウォーキングに出かけて海外分の110円切手分15セットを購入してまいりました。すべて予算化してドネーションの収入に対し、支出として計上しております。国内はクロネコヤマトのメール便でお送りします。あとはカード到着を待つのみです。
 
たくさんの思い出を作ってくれました。YB8XM Joppyさん、YB9BU Kadekさん、そしてドネーション支援をいただいた55名の皆様に感謝いたします。
 
つぎはYB8XM JoppyさんとのNext IOTA planに取り掛かります。

2013年5月 6日 (月)

OC-208 Banggai Islandの進捗 (6.May.2013)

数日前よりYB5QZ AntonさんよりOC-208 YB8PのQSLカード作成のためのSponsor logoの送付依頼をいただきました。GDXF, IREF, そしてDX-World.netの3つです。GDXFはwebsiteの中に「GDXF LOGO」とありました。IREFとDX-World.netはjpgファイルをそれぞれに送ってもらい集約してAntonさんへ送りました。

 
この朝にAntonさんに確認して欲しいとQSLカードに使用するBannerのデザインが仮の状態で送ってきました。進捗報告として掲載します。私は誤脱字のみチェックしまして「素晴らしい」とご返事申し上げました。
 
Orari_yb8p_banggai_island_banner_5x
 
やっとここまできたかというのが実感でした。ドナーの皆様のご協力でいよいよ来週からスタートです。なお、このバナーはあくまでも私に送られた確認用ですので、あくまでも仮です。変更の可能性が十分にありますので、転載をなさらないようにお願いします。
 
以前にも書きました通り、郵便がうまく流通するか、とても心配しております。ドナー分はOC-213 Togian Islands分を含めてJN6RZMへすべて送付されますので転送します。

OC-236 YB8RW/P Bunaken Island (09-12 May 2013)

もうひとつの重要事項です。YB9BU KadekさんからのQSPです。
 
Dear Shu-san,
 
(前略)
 
And now,here is the good news :
 
YB8RW and his friends will be QRV from Bunaken Island OC-236 in 09 May to 12 May 2013 using the home calls like YB8RW/P.
Just for you know,the previous call of Udin,YB8RW is YC8RSW/P from Lembeh Island OC-236 (New IOTA on 2000)
 
The Qsl Mgr for this activity is YB9BU.
Pse help to relay this message to all IOTA chaser's worldwide.
Thank's in advance.
 
73 & Kind Regards,
YB9BU Kadek
 
YB8RW Udinさんの前のコールはYC8RSWで/PでLembeh Islandから2000年10月にYC8TXWとYC8UFFとペディションを実施しています。私は2005年ころからUdinさんに毎年メールを送っていました。かれのQTHは実はOC-208 Banggai Islandの近くなのです。Banggai Islandペディションの提案をし続けていたのです。
 
Bunaken Islandは1988年9月にYE8IT並びにYE88ITのコールでペディションが実施されています。私にとりましてはNusantara Awardのnewとなります。皆さん、Nusantara Awardを申請されませんか? 本当に面白いですよ。

OC-271 YB8XM/P Babar Island QSL card 発送

さきほどシャックに戻りましたならばYB9BU Kadekさんより以下のメールが届きました。二つの内容でありますので当ブログの掲示を分けます。

Dear Shu-san,

First,I'm getting better now.

Yes,I was sent the cards for OC-271 in to your address via EMS this morning from all your list,pse wait.

I try to send all of the other requested in direct or via paypal service sooner.

Thank's in advance.

73 & Kind Regards,

Doc_ems_to_jn6rzma

 

Doc_to_jn6rzma

Doc_to_jn6rzma_1

OC-271 YB8XM/P Babar IslandのQSLカードのドナー51局分が本日朝にBali島から発送されました。すべてJN6RZMへ送られ私の方から転送いたします。大昔は私のポケットマネーで50局へ送付しておりましたが、いろんな工夫により1ドナー当たり100円を集まったドネーションより控除し預かってペディショナーへ送金しております。

また、ドナーの皆様からお送りいただいたQSOデータのうち1QSOだけがNILでした。しかし、reQSOがありますので救われていることを報告いたします。

本当にドネーションのご支援をいただきました皆様へは感謝申し上げます。また、ドネーションをされなくても多くの方へOC-271をプレゼントできるきっかけをつくれてたいへん嬉しく思います。OC-271のQSLカードはこれを機にKadekさんは返信作業にはいると思います。御礼を含めて体調を伺ってみたいと思います。

なお、私は2012年11月4日0117UTCに21MHzSSBでOC-271 YB8XM/Pと交信しましたが、これはOC-271の第1号コンタクトでありました。QSLカードも第1号がここに届きますので、WorkedもConfirmedも世界第1号の記録を作りました。ご参考まで。

 

OC-237 Madura Island QRV information 2

YB3MM/Pにて2013年5月4-5日に予定された表題のペディションは、4日の朝にAdhiさんに急用ができたようです。

 
Adhi Bimbo Sorry everybody. Due to urgent job issue, I must rush back to Jawa to my job place to solve job's problem.
I will back again to Madura within this month.
 
Facebook 「Adhi Bimbo」で検索可能です。
 
http://www.facebook.com/adhibimbo?fref=ts
 
このFacebookのタイムラインの過去(下の方)を見ていただくとAdhiさんは高校から大学にかけて日本で生活していたことがわかります。いまもハンサムですが、若いころのさらにスマートなAdhiさんの写真がたくさん掲載してあります。1991年に鹿児島の磯庭園での写真にはびっくりでした。その頃は私も鹿児島の磯庭園の近くに住んでいました。
 
なお、今回交信できたとのご報告をいただけました方は、7K1CPT JK1TCV  JO1CRA  JP1EWY  JE2VFX  JA6BLX  JA6FIO  JF6WTY  JA7MGPの9局より新規に交信できたとのことでした。13局のうち4局からご報告はありませんが、多分5月18日19日にリピートできると思います。
 
なお、今日にでもIZ8CCW AntさんのQSL提供の件でAdhiさんへメールを入れます。ただし、QRZ.comのYB3MMを見れば、QSLをDirectでAdhiさんへ送っても良いような書き方に変わっていました。ここのところを明確にしますので2-3日ほどしばらくお待ちください。

OC-034 YE30PK

JA1PBV伊藤さんが参加されるようです。

 
179178_545277392185122_936169848_n
 
 すでにDX-World.netでも紹介されていますが、表題のコールで15日からJA1PBV伊藤さんが参加されるとのメッセージをいただきました。インドネシアのパプア州のなにかの30周年記念局でMeraukeからQRVします。
 
昨年からYBならびにVK9からQRVされた伊藤さんですが、今回もYE30Pの後にこっそりとどちらかに寄られる可能性もあります。
 
インドネシアのアワード、Nusantara Awardでは①OC-021 ジャワ、②OC-143 スマトラ、③OC-088 ボルネオ、④OC-146 スラウェシ、⑤OC-022 パリ、⑥OC-034イリアンジャヤの6大島の中で5島のQSLをコンファームし含むことがルールにあります。ところが、意外と③のOC-088と⑥のOC-034を持たないケースが多いようです。OC-088は9M6/8とV8で、OC-034はP29でコンファームされているケースが多いようです。ぜひこの機会にOC-034 YE30Pと交信されることをお勧めします。

2013年5月 5日 (日)

IOTA Marathonを盛り上げよう

2012年1月1日から2013年12月31日の2年間実施されています表題のIOTA Marathonはすでに1年4ヶ月が経過し、残すところあと8カ月になりました。ご本家のRSGB IOTA委員会でも活性化策としての新しい情報もなく、なかには本当にやっているのかと疑問がでるような運営です。
 
IOTA2004のイベントの時には自己申告のランキングwebが稼働し、毎日増えた分をエントリし、自分自身の世界的な位置を確認することが楽しみでした。そこで、自前ではありますが、IOTA Marathonを盛り上げるために当ブログでランキング表を公表してみたいと思います。
 
数日前にIOTA-chasers ForumにPT7WA Lucianoさんが750ポイント到達とレポートがありました。そうしましたら、AC0A Billさんが「私は787ポイントだ」と掲載してきました。このようなイメージで勧めたいと考えます。皆様のエントリをお願いします。jn6rzm@nifty.comのメールアドレスへ申告値をご送付ください。
 
 
-------------(‘Diamond’ certificate 1000 points)-----------------
AC0A Bill 787point
PT7WA Luciano 355IOTA 750point
-------------(‘Gold’ certificate 750 points)-----------------
-------------(‘Silver’ certificate 500 points)-----------------
JN6RZM Shu  191IOTA 436point
-------------(‘Bronze’ certificate 250 points)-----------------
-------------(Participation certificate 100 points)-----------------

OC-236 YB8RBI/P & YB8HZ/P Balang Lompo Island QSL received

表題のOC-236 YB8BRI/P & YB8HZ/P Balang Lompo IslandのQSLカードが5月4日に届きました。2013年3月29-31日の予定でした。3月31日にQSLmgrのYB8BRI RamさんへSASEを送付しました。無事到着し返送されました。私はIOTAではOC-236はクレジット済みですが、Nusantara Awardのために請求しました。

 
Img849
QSLカードの表面です。共通カードになっています。
 
Img850
 
YB8BRI RamさんがSSBを担当したようです。IOTA Marathonとして3バンド欲しかったのですが、残念ながら2バンドに終わりました。
 
Img851
 
YB8HZ Hajarさんとも交信しました。CW運用です。
 
Nusantara Awardのコンファームは64島となりました。なお、IOTAの申請は、RSGB IOTA webにおいて該当コールサインとBalang Lampo Islandがクレジットされたことが発表された時点でwebに登録できます。つまりNusantara Awardの小分類からIOTAの中分類へ昇格します。

2013年5月 4日 (土)

AS-073 9M2/SP5APW とのスケジュール

AS-073からQRVしていますSP5APW Jacekさんよりメッセージが届きました。そんなに難しいところではありませんが、5月1日から3日まで9M2SEがサービスしましたが、引き続きJacekさんは7日まで残ってサービスしてくれます。

 
以前より希望されていました方とのSkedを本日の正午くらいから実施したいようです。他に希望者がありましたら、jn6rzm@nifty.comへメールにてご一報ください。
5月7日までの希望は大丈夫と思います。

2013年5月 3日 (金)

OC-247 Salabana Island QRV plan

Facebookは2009年にYB1TC Kardiさんのお誘いで登録しましたが、ずっと放っていました。昨年の秋口よりJA6TNY/0藤村さんの口利きとYB5NOF JohnさんよのQSL回収のためにFacebookを使うようになりました。
 
昨日、Facebookに「Hajarsas YbeightHzさんがあなたのタイムラインに投稿しました」とのメッセージが入りましたのですぐに返信し、下記の情報交換をさせていただきました。
 
 
HajarさんはYB8HZのコールサインを持つインドネシア、スラウェシ島のマカッサルに住んでいるIOTAペディショナーです。3月末にYB8BRI Ramさんと一緒にOC-236 Balang Lompo Islandのサービスを終えたばかりです。
 
Hajarさんは過去に数回のIOTAペディションを実施していますが、その時に2-3回メールのやりとりをしていましたが長いこと沈黙を守っていました。一昨年にJA1AML古家さんのQSL回収の支援をHajarさんへ行いましたが、回答がなく、Ramさんに手伝ってもらい成功しました。そして、さらにこの3月にペディションに参加されてきました。
 
FacebookでHajarさんの写真を拝見すると結構若いのに驚きました。なかなかのイケメンですね。30歳ちょっとという感じです。Ramさんが60歳手前ですので良い具合に引き継いでいる感じです。大いに楽しみです。
 
Hajarさんの用件は9月にOC-247 Salabana Islandへ行くというものでした。多分、YB3MM AdhiさんがJN6RZMを通すといろいろフォローしてくれると言われたのではないかと思いました。
 
OC-247はRSGB IOTA webでは、「グループ名: Salabana and Tengah Islands クレジット率:申請者の12.4%」とまずまずのレアIOTAです。過去には2001年6月にSalabana IslandからYB8HZ/PとYC8HU/Pの1回のみのQRVでした。Hajarさん実施のペディションですが、ちょうど12年ぶりのQRVになりそうですね。
 
また新しい若いインドネシアのIOTAペディショナーが復活して出てきました。しっかりとフォローしてあげたいです。なお、Salabana Islandは2回目になりますので、Nusantara Awardでもリピートです。私もNusantara Awardのお陰で楽しみが増え、サポートにも力がはいります。
 
Oc242_sabalana_island
また、QRZ.comのYB3MMのページに残念ながらOC-262はキャンセルとありました。
 
YB3MM/4 from Sebesi Is. OC-262, 18-19 May 2013 (cancelled, no permit from the hotel)

2013年5月 2日 (木)

OC-237 Madura Island QRV information

突然ですが、YB3MM Adhiさんより、「Madura Island by YB3MM/P, 4-5 May 2013」というメッセージが入ってきました。Jawa coastal IslandsのグループとしてIOTA OC-237が付与されています。

 
ジャワ島東部のスラバヤ市の対岸に大きな島が東西に横たわっています。これがMadura Islandです。2009年にインドネシアで一番長い橋マドゥラ大橋が完成しました。住所は変わったかもしれませんが、スラバヤ市南部の郊外にAdhiさんは住んでおられました。ここから車でマドゥラ島まで30分くらいで着くと思います。
 
4日の開始時間と5日終了時間を問い合わせていますが、OC-186 Karimunjawa Islandのように電源や時間の制約はおそらくないものと思います。今回はIOTA-YB wanted list 2013上では13名が未交信でしたので、こりリストに基づくQSOを成功させたいと思います。もちろん、現地とのインターネットのやり取りは十分に可能です。詳細は追記します。
 
946373_4870092546955_1434637140_n

AS-073 9M2SE and 9M2/SP5APW report

昨日よりAS-073 9M2SEが21026でQRVを開始しました。私は偶然に夕方ワッチをしていましたら昼間に出ました21026でCQを出していた9M2SEを見つけて交信することができました。5分ほどCQを出し続けていましたがVK2DXが交信しただけでしたのでクラスターアップしました。

 
結構なパイルになってしまったため、知り合いの方が交信し損なう結果になりましたが、9M2SEとしては3日まで、引き続き9M2/SP5APWとしてJacekさんが7日まで運用します。そこで、Facebookを通じて昨日の1915JSTに彼に確認をいれました状況です。
 
 
と言う具合で見事に現地とつながることが分かりました。
さらにこの朝にJacekさんはAS-073から4枚の写真をFacebookへ投稿してくれました。
 
赤い水着がJacekさんです。Skedをしなくても自力で交信できると思いますが、万一Skedを望まれる方がおられましたら、早めにご一報ください。
 
Logo_9m2_sp5_przezrocz

OC-295 Sebatik Island QRVinformation 1

この朝のYB3MM AdhiさんとのFacebookでのやり取りです。
 
 
2008年にOC-295 9M8SEBとしてマレーシア側からのQRVがありましたが、Indonesia側からのQRVが実施されそうとのこと。ボルネオ島の最東端に位置しますのでYB7エリアです。Nusantara Awardのためにはぜひ交信したいところです。間もなく詳細が発表されるでしょう。

OC-208 Banggai Islandの進捗 (2.May.2013)

OC-208 YB8P Banggai Island  16-19th May

OC-213 YE8P Togian Island    22-26th May     のプランがようやく確定しました。
 
インドネシアのスラウェシ(セレベス)島の中部スラウェシ半島を挟んで南側のTolo湾に浮かぶBanggai Islandsと、北側のTomoni湾に浮かぶTogian Islandsより実施されることになりました。
 
この朝に相方のYB5QZ Antonさんより「LOGO SPONCER」のタイトルで下記メールが届きました。
 
Hi Shu,
We are planning to design a Banner for YB8P and YE8P DXpedition, we would like to know
do you have a ideas to add your sponsor club Logo to our IOTA DX-pedition Banner ?
We will put Logos as ORARI, IOTA ,IREF,  if you have a logo club and wish to add it
together please send it to me ASAP.
Thanks
Anton
 
早いですね。すでにQSLカードの作成に取り掛かりました。彼らの予定ではOC-109とOC-122を同時期に連続で6月あるいは7月に実施したいと言っていたために早く発行してくれるようです。
 
心配ごととして、JohnはJAやVEの私の友人には書留で送ってくれます。普通郵便で結構だと言っているのですが、なんと向こうから投函した封書が紛失する事件が頻発していると言っていました。USDを同封してこちらから送った封書が盗難に遭うとは聞いたことがありますが、逆の現象もインドネシアでは発生しているようです。
 
書留にする場合は2USDでは足らず6USD必要と言っていました。このあたりは私もJAにマネジャを置く、2nd addressを設けるなど提案し続けました。確実にQSLを回収するためには6USDを送り書留を希望したほうがよいかもしれません。Paypal account取得に関しては彼の耳にタコができているほど提案しました。That's all. 
 
ドナーにはJN6RZM経由でお送りします。
 

2013年5月 1日 (水)

求む! A Digital Board for TRCV Kenwood TS-950SDX

OC-208 Banggai Island YB8PとOC-213 Togian Island YE8Pが一段落しましたので、集まったドネーション960USDをYB5NOF Johnさんではなく相棒のYB5QZ Antonさんへ送金しました。AntonさんはインドネシアのトップDXerです。お二人は近所どうしてPecanbaruに住んでいます。AntonさんのPaypal accountへ送金終了するとともにJohnさん個人のPaypal accountを取っていただくようお願いしました。

 
その返事に表題のDigital Boardの入手支援依頼がとどきました。
 
Hi Shu san,
Thank again ur help much greatly appreciated,
On the other hand I need ur help, I am looking for
A Digital Board for TRCV Kenwood TS-950SDX, I've tried to order
From Kenwood unfortunately this part not available Kenwood
Has been discontinued this model, I've heard in JA
Has a junk and selling for partial, If you have this info
Pse let me know and I wonder are you registered for Yahoo japan Auction ?
BTW I will always monitor if available in Yahoo Auction.
Probably shu san can help to bid it. I will pay for the expense.
Tnx es 73
Anton YB5QZ


Hi Shu san,
Very nice Blog websites I've been put on my bookmark, so will always
watching to get any latest update IOTA News,
Regarding a Digital board for Kenwood TS-950SDX  I mention the part number
is X46-3130-11,  sharing to others hope someone can helps to obtain this
Digital board.
Thanks es Your help much appreciated.
73
Anton YB5QZ
 
ヤフオクのwebで当製品が見当たらないかいつも確認しているようです。IOTAとは直接関係はありませんが、どなたかお世話ができませんでしょうか。

H44IOTAへの支援を開始します(From 1st May to 20th May)

2013年1月にOC-285P Stewart Islandプラスアルファのプランが発表され、2月にH44RK RalphとQSLマネジャーのNR6M Rexにメールをいれ支援することの了解をいただきました。訪問先のIOTA決定にH4-IOTA wanted list 2013を作成提供しました。Ralphkの5W出張が長くなる間にウェブが立ちあげられましたが、その内容に複雑さを感じてしまいました。また、VK4SWE Sweers IslandのLynさんがドネーションを開始していました。

 
本日、Ralphさんよりメールが届きました。
 
Hi Shu, hope you are your family are well
as you know, out trip of the Solomon is getting closer.
as well as helping the people of Sikaiana with the delivery of medical and
school supplies, we are planning to install a vhf marine safety network to
help the people of Nendo in the Temotu province.
http://h44iota.com/projects/future-projects/
To carry out this work, we will need much support from the DX and IOTA
community.
 
if you can, could you please check with your IOTA chaser group whether they
are still interested in committing themselves to a sponsorship for this
very important project.
 
my very best wishes and good DX to you all
 
Ralph
5W0W / H44RK
www.H44IOTA.com
 
彼らの目的はIOTAペディションと合わせて現地にVHF海洋安全ネットワークの構築と医療品、学用品などを提供することにありました。
 
そこで、このプロジェクトにOC-208 Banggai Islandに続いて、お一人1000円のドネーション支援を実施したいと思います。5月20日に締めてRalphへ送ります。なお、すでに過払いで預かり金がある方がおられますので個別に連絡いたします。
 
また、すでにStewart Island OC-285Pを始め、New Georgia OC-149、Russell Islands OC-168、Solomons OC-047、Rennell Island OC-127と5つのIOTAからサービスしますので、追加ドネーションも承ります。
 
従来のQSLカード回収を目的とした支援のみならず学用品、医療品提供にも使われますのでご協力ください。
 
送金先
①西日本シティ銀行 博多支店 普通 1889911 山本 修二
②ゆうちょ銀行  17410-29230291 山本 修二
③Paypal   jn6rzm@nifty.com
 
【追記】Ralphへ昨日に当ブログに掲載しましたANNニュース「日本とインドネシアが防災情報分野で協力へ(13/04/30)」の情報も簡潔に英文説明を付してYoutubeのURLを連絡しました。個人の支援のみならず、日本政府とソロモン諸島政府との接点をもっと持って欲しいと提案しました。日本の幸せの輪が広がるといいですね。

OC-208 Banggai Islandの進捗 (1.May.2013)

昨日、YB5NOF JohnさんはJakartaのORARI本部へ出向き、ようやくYE8Pともう一つYB8Pの二つのコールサイン免許を手にされました。以前、ここに書きました通りBanggai Islandの帰路にOC-213 Togian Islandに寄ると言っていた分も合わせて取得されました。昨晩、関係者にメールを送りましたが、Johnさんのフライイングで逆に報告してしまい、この朝に訂正をするという状況でした。

 
His plan for OC-208 Banggai Island YB8P is stating 16th to 19th, and for OC-213 Togian Island YE8P is starting 22th to 26th. By YB5NOF John, YB5QZ Anton and 2 persons.
 
と決定しました。但し、昨日誤ってOC-208 YE8P、OC-213 YB8Pと流してしまいました。こちらのOC-208 YB8P、OC-213 YE8Pが正しいです。ご注意ください。
Banggai IslandのBがYB8Pと覚えてください。
 
Nusantara Awardのためにそれぞれの島名を聞きましたところ、「そんなに沢山の島で構成されているんですか?」と私が提示したことにびっくりしていました。現時点ではそこまで言っていないと言っていました。
 
この決定の前に、まだアンテナやリグ、アンプが準備できていないと言っていました。特にアンテナはビームを使いたいが調達できない可能性の方が高いようでした。まさか、今からJAからアンテナを調達して送る支援は無理と申し上げました。
 
一案として昨年YB8XM Joppyさんへ提供したSpiderbeam antennaと伸縮マストを貸与する方法を提案しました。インドネシア国内の輸送料など細かい点は分かりませんが、JAからのドネーションの一部を使用することで、さらにSpiderbeam提供の支援者もたいへん喜ぶことを伝えました。JohnさんとJoppyさんは因みに知り合いであり友人です。
 
またJohnさんからはOC-109とOC-122は続けて実施すること、6月か7月にやりたいこと、ライセンスの手続きもしっかりやることの報告をいただきました。いよいよ、最終段階に近づいてきました。皆様のご協力に感謝します。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »