World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« YB3MMのQSLマネジメントについて | トップページ | OC-208 Banggai Islandの進捗 (15.May.2013) »

2013年5月14日 (火)

OC-208 Banggai Islandの進捗 (14.May.2013) in Luwuk

いよいよ始まりますね。このタイトルにin Luwukと付けさせてもらいました。私は1997年にIOTAを始めましたが、残念ながら12メータハイのベランダアンテナAPA-4では遠くは限りがあり、近場であるオセアニアはなぜかAPA-4のバンド切り替えのしやすさによる機動力を生かしてよく飛び、IOTAオセアニアを中心に楽しんでまいりました。

 
IOTA Mapを作ったりしましたが、詰将棋のようにYB-IOTAをこなしてとうとうOC-122 Tambelan Island, OC-157 Banda Island, OC-208 Banggai Islandの3つを残すまでになりました。2006年4月のOC-161 YE6N Nias Island 以来、7年間この3つのIOTAからのQRVを可能とするためいろいろと調べ、いろいろな提案をしました。
 
OC-208 Banggai Islandには1局のYLステーションが住んでいました。さらにこのLuwukはBanggai Islandsの対岸に存在する町です。Luwukにはまるで日本の昔の電話級の講習会でもあったように数多くのアマチュア無線家が住んでいました。QRZ.comでメールアドレスを調べてほとんどにメールを送っています。150局はいたと思います。
 
現在、YB5NOF JohnさんはPaluから20時間の車の旅を終えて、このLuwukにいます。この朝のLuwukからの情報です。
 
John E. Daluas
We have in Luwuk in this morning at 05.00 local time...waiting for Anton,
Joni and Armen...tomorrow we going to Banggai at 11.00 by boat take 6 hours.
 
John E. Daluas
Until this moment we have antenna only for 14, 21 and 28...we will try to
make dipole on another band tomorrow when we have ben in Salakan Banggai Laut Island,
to day we tray to get material for it especially balloon hope we can get it.
 
John E. Daluas
All ok Shu san, I hope propagation and our equipment can support
our activity...the antenna is a big problem for me...I'm no activity sins last 2002...
my 5 element crush-craft 3 band and 2 element 40 m band was lost when I put it in my farm...that the story
 
昔使ったアンテナが愛おしいと言っています。郵便事情の悪さや、全QSOvsQSL請求率が12-13%であることなどが彼のペディション意欲を2006年で終わらせてしまったと思います。可能ならば2QSOで止めていただき、IOTA Marathonをされている場合は3バンドまでとし、QSLはQRZ.comの指示通りに請求していただくよう、無駄なQSOをされませんよう、ご協力をお願いしたいと思います。

« YB3MMのQSLマネジメントについて | トップページ | OC-208 Banggai Islandの進捗 (15.May.2013) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YB3MMのQSLマネジメントについて | トップページ | OC-208 Banggai Islandの進捗 (15.May.2013) »