World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« OC-237 Madura Island QRV information | トップページ | AS-073 9M2/SP5APW とのスケジュール »

2013年5月 3日 (金)

OC-247 Salabana Island QRV plan

Facebookは2009年にYB1TC Kardiさんのお誘いで登録しましたが、ずっと放っていました。昨年の秋口よりJA6TNY/0藤村さんの口利きとYB5NOF JohnさんよのQSL回収のためにFacebookを使うようになりました。
 
昨日、Facebookに「Hajarsas YbeightHzさんがあなたのタイムラインに投稿しました」とのメッセージが入りましたのですぐに返信し、下記の情報交換をさせていただきました。
 
 
HajarさんはYB8HZのコールサインを持つインドネシア、スラウェシ島のマカッサルに住んでいるIOTAペディショナーです。3月末にYB8BRI Ramさんと一緒にOC-236 Balang Lompo Islandのサービスを終えたばかりです。
 
Hajarさんは過去に数回のIOTAペディションを実施していますが、その時に2-3回メールのやりとりをしていましたが長いこと沈黙を守っていました。一昨年にJA1AML古家さんのQSL回収の支援をHajarさんへ行いましたが、回答がなく、Ramさんに手伝ってもらい成功しました。そして、さらにこの3月にペディションに参加されてきました。
 
FacebookでHajarさんの写真を拝見すると結構若いのに驚きました。なかなかのイケメンですね。30歳ちょっとという感じです。Ramさんが60歳手前ですので良い具合に引き継いでいる感じです。大いに楽しみです。
 
Hajarさんの用件は9月にOC-247 Salabana Islandへ行くというものでした。多分、YB3MM AdhiさんがJN6RZMを通すといろいろフォローしてくれると言われたのではないかと思いました。
 
OC-247はRSGB IOTA webでは、「グループ名: Salabana and Tengah Islands クレジット率:申請者の12.4%」とまずまずのレアIOTAです。過去には2001年6月にSalabana IslandからYB8HZ/PとYC8HU/Pの1回のみのQRVでした。Hajarさん実施のペディションですが、ちょうど12年ぶりのQRVになりそうですね。
 
また新しい若いインドネシアのIOTAペディショナーが復活して出てきました。しっかりとフォローしてあげたいです。なお、Salabana Islandは2回目になりますので、Nusantara Awardでもリピートです。私もNusantara Awardのお陰で楽しみが増え、サポートにも力がはいります。
 
Oc242_sabalana_island
また、QRZ.comのYB3MMのページに残念ながらOC-262はキャンセルとありました。
 
YB3MM/4 from Sebesi Is. OC-262, 18-19 May 2013 (cancelled, no permit from the hotel)

« OC-237 Madura Island QRV information | トップページ | AS-073 9M2/SP5APW とのスケジュール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-237 Madura Island QRV information | トップページ | AS-073 9M2/SP5APW とのスケジュール »