World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« Nusantara Awardのルール徹底について | トップページ | OC-285 H44AJ QSL cardについて »

2013年8月 2日 (金)

H44IOTAの行方 その8(1st Aug 2013)

H44IOTAのRalphはいずこにという質問にお答えします。彼はようやくOC-047 Solomon Islands Groupの最も南東に位置するMakira IslandのKira Kiraという町からTemotu Islands(H40)へ向けて昨日出発したようです。

 
Ralph Kluge
昨日 (携帯より)
Fuel and smokes on board, leaving Kira Kira now for Santa Ana,another motor episode.
From there we will be able to sail to Temotu
 
Ralph Kluge
昨日 (携帯より)
[31/07/2013 11:49] We are safe and sound in Kira Kira, Makira island
 
H44iota_1aug2013
HoniaraやOC-158から声が聞こえなくて随分と時間が立ってしまいました。クラスターでのH44INDのラストレポートは7月13日1100UTCにM0BSVがQRT宣言しています。つまり19日後の隣りの島Makira Islandからのスタートになったことになります。
 
マップの通り、420kmの今までで一番長い距離の航海に出発しました。
 
RalphはホニアラでVHFの機材を積み込むと言っていました。そして、OC-100でセッティングのための技師が加わると聞いています。例の3Cプロジェクトの1つであるOC-100とOC-065の間の通信設備の設置が目的です。
 
スケジュールは明確に分かりませんが、OC-100とOC-065からのオンエアは必ず行うと思います。残りのOC-163も最初からの予定ではありますがどうなりますやら。

« Nusantara Awardのルール徹底について | トップページ | OC-285 H44AJ QSL cardについて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Nusantara Awardのルール徹底について | トップページ | OC-285 H44AJ QSL cardについて »