World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« P29 2013 はお流れか | トップページ | OC-285 H44AJ Stewart Island QSL card 到着 »

2013年8月 9日 (金)

NA-050 K6VVA/KL7 Log search

7月31日から8月4日まで実施されました表題のペディションが実施されました。無事に10MHzと14MHzの2BandsのQSOを確認できました。

 
http://www.k6vva.com/iota/logsearch/
前回の6月25-28日に実施されたNA-152 K6VVA/KL7と同じURLアドレスです。
NA-152はなんとか10MHzで交信に成功しました。しかし、たいへん弱かったようでRickからいただいたメールには下記の文章とほとんど聞こえないに等しい(?)オーディオファイルが送ってきました。
 
I want to work you from ALL of my KL7 IOTA Expeditions, but those buildings are NOT good for the JN6RZM signal to KL7 ;-(
 
So I want to encourage you again to find a way to put a Vertical with MANY Radials on TOP of your apartment building roof !!!!!!!  You will be very happy !!!!!!!  You can do it !!!!!!!
 
結構厳しい依頼です。私がアンテナを屋上を使って沢山のラジアルを張って云々と、これをやらなければRickはたくさんのKL7-IOTAをしない、できないとも受け止められます。しかし、残念ながら私はアパマンハムとしては恵まれていると思っておりますし、これ以上のアンテナ増強はさっぱりできないという状況でした。
 
そういうプレッシャーの中でなんとか、パイルの隙間を狙ってNA-050の方は2バンドで交信できました。いずれもカスカスでありました。IOTA Marathonに2ポイント加算でき、たいへん嬉しく思っています。
 
Rickは次は予定通りNA-172を実施することと思われます。

« P29 2013 はお流れか | トップページ | OC-285 H44AJ Stewart Island QSL card 到着 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« P29 2013 はお流れか | トップページ | OC-285 H44AJ Stewart Island QSL card 到着 »