World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« OC-122 & OC-109 の進捗について(30th Aug 2013) | トップページ | OC-217 YB3MM/P Kangean Islandについて(その2) »

2013年8月30日 (金)

OC-217 YB3MM/P Kangean Islandについて

一昨日にOC-197の代替としてOC-217 Kangean Islandを選択し、同じ設備でYB3MM Adhiさんは出発しました。その状況はNusantara AwardのFacebookページに書き込みされています。

Saobi Island OC-217 will be activated on Aug 29-31, 2013 using callsign YB3MM/P.
15m and 20m bands, SSB with some CW & PSK31.

 

昨晩29日夜9時30分に21250でオンエアを開始しました。最初から呼び始めましたがすぐに世界中からのパイルになってしまいました。翌日以降の昼間の空いているときに交信すれば良いと考え、第一日は諦めました。

本日30日は朝から待ち受けました。OC-236 YB8Sが盛んにでてきましたので、Adhiさんもと思いきや夕方になってもその形跡すらありませんでした。昨晩も上記の通り0600zについてなかなか出てきませんでしたのでひょっとしてOC-186 Karimunjawa Islandと同様に夜しか電気が通電しないのではと思いだしました。

JAより2時間遅れなので、日本時間の19時、19時30分、20時、20時30分の21260/21040/14260/14040をしっかりワッチすることにしました。さらにAdhiさんはSSBのときは260と250/255/265/270を。CWの時は040と041/045/050をワッチするようにしました。

思った通り19時40分に14041で弱い信号を見つけました。QSBがありましたが、YB3MM/Pとコールが取れましたので呼びましたら一発で戻りました。Shu sanと打っていましたので間違いありません。交信後、2回ほどCQを出されましたが呼ぶ局がなかったのでクラスターへ上げさせていただきました。

明らかに上記に書いてありますOC-217 Saobi Islandでは電気の制限があり夜の19時30分からのようでした。昨晩は夜中の日本時間2時30分までサービスしていたようです。しかし、現地時間では0時30分ですからそんなに遅くはないようです。

しかし、朝のQRVが無かったので寝過したのか、それとも通電時間が早朝だったのかが不明です。さらに島ごとで火力発電機で電気を通電させる時間が異なっていると思います。曜日によっても違うかもしれません。つまり今晩は多分遅くまでサービスする可能性が高いと思います。さらに明日は発電機やバッテリーなどを使ってやる可能性もあります。

2005年に実施されましたYE3KはKangean IslandsのKangean Islandでした。今回はAdhiさんのメッセージにもありますSaobi Islandとなっています。IOTA DirectoryではSaubi Islandとなっていますが、マップで調べるとどちらの島もあるようで明確な資料を見つけきれていません。場合によってはNusantara AwardのNewとなる可能性がありますのでご留意ください。

« OC-122 & OC-109 の進捗について(30th Aug 2013) | トップページ | OC-217 YB3MM/P Kangean Islandについて(その2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-122 & OC-109 の進捗について(30th Aug 2013) | トップページ | OC-217 YB3MM/P Kangean Islandについて(その2) »