World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« H40IOTA RalphからのQSP(7.Aug 2013) | トップページ | P29 2013 はお流れか »

2013年8月 8日 (木)

OC-221 YB8Y、OC-177 YE0M焦げ付きQSL回収支援

昨年2012年3月のOC-221 YB8Yと同年7月のOC-177 YE0Mの焦げ付きの未回収QSL支援を当ブログでご案内しましたところ、5名より支援のご依頼をいただきましたので、友人のYB0ECT Priさんにお願いし、YB1GJS Jelさんより送付していただきました。

 
合計で18枚の二つ折りQSLカードが入っていました。ラベルに5QSO印刷でありましたので1IOTA5QSO以内のご報告のお願いをしましたが、全てを打ち出して1IOTA当たり3枚に達する方もおられました。
 
私は回収をスピーディに行い、事故を誘発する可能性を抑えるために2QSOないし3QSOを終了した時点で封筒をポストインするようにしております。QSOデータ数が増えれば増えるほど管理する時間、管理するQSLなどの実質的な負担が増えます。
 
2ないし3QSOを終わらせて、一刻も早くQSL回収体制を構築し、4QSOや5QSOの時間を省き、回収するための時間に当てるようにしております。例えば、QSO thanksメールの作成発信、ポストインのための時間です。九州と言う地の利の悪さはありますが、おそらく8割がたは私のQSL+SASEは先方のQSL発行者に5番以内に届けられていると考えております。
 
そのため、このような焦げ付きは遡及分を除いてはここ10年以上、まったく皆無です。焦げ付きがあること自体が相手の立場を考えに考えて行動していないと考えております。
 
5名のうち、3名はOC-122/OC-109のドナーのためにこのQSLに同封してお送りし10月中旬くらいにはお届けできると考えております。他の2名はSASEをいただいて対応いたします。なお、YB1GJSへは集まったIRCと私のIRC2枚を加え郵送で送りました。
 
計算根拠はJelさんからの郵便には30,000Rp分の切手が貼ってありました。日本円に換算して287円でした。IRC4枚で十分でしょう。貴重な体験と協力をいただいたインドネシアの友人へ送ります。

« H40IOTA RalphからのQSP(7.Aug 2013) | トップページ | P29 2013 はお流れか »

コメント

山本さん、中嶋です。

遅ればせながら、7月19日にQRZ.COMの住所宛 YB8Y と YE0M のカードを請求し、今日届きました。
封筒には印刷物扱いで 7,000 ルピーの切手が貼ってありました。
30,000ルピーは書留ですかね?

中嶋さん、こんばんは
いよいよNusantara Awardに本腰をいれられてきましたね。本当に中嶋さんが細かく交信されているのには頭が下がります。
30,000ルピーは普通郵便でした。18枚のQSLが入っていたため、重量比例でした。YB1GJSから往復とも無事に戻ったんですね。中嶋さんのネームバリューでしょうか。(笑い)
私はとてもダイレクトでは送れませんでした。YB9Yはリニア問題の風潮がなくなってから、再度考えるつもりでおります。まずはOC-122/OC-109へ全力投球です。

こんばんは。
私からも・・・・。

7/1発送 $2+SASE 8/9受領
YE0M×1枚、YB8Y×1枚
Printed Matter 4,000ルピーでした。

2枚折の豪華なカードだったのですね。

中嶋さんに続き、四十物さんも7月に請求され、無事に回収できたとのご報告をありがとうございました。
交信したら、2-3QSOでQSLカードを請求し事故を回避する方法もあれば、1年くらいたって請求がほとんどない時期に請求し回収成功があるということですね。
たいへん参考になりました。私は昨年11月に請求しようとしてYB1GJS Jelさんへ事故が起きているので安全に届けるためにセカンドアドレスを教えてくださいと依頼しましたら拒否されたためにYB0ECT Priさんへ相談したと言う具合でした。

以前、YB8Y,YE0M QSLのお礼メールを送っていましたが、本日
QSL Mgr Jel/YB1GJSさんから、次のようなメールが届きました。
Ohayo gozaimata ,Shinichi Takui San
Odomo arigatou for you information , Ok I will visit to Tokyo Ham Fair 2013 , at  Big Side Tokyo ,
and  I bring all QSL YB8Y and YE0M for JARL  , I hope to meet you , domo arigatou gazaimas ,
mata yoro shiku onegaishimasta , ............ de yb1gjs sayonara

ハムフェアに来日するようですね。また、その時にJA局分のYB8Y,YE0MのQSLカードをJARLに提出
するようです。

中嶋さんより、東京ハムフェアの1ブースとしてYB9Yのブースが設けられることになったとJA1PBV伊藤さんから連絡があったようです。そのためにORARI JakartaのメンバーであるYB1GJZも来日すると思います。
今回5人の方のQSLカード18枚が届きましたが、かなりの重さでした。QSO数が5QSOをほとんどの方が超えてしまい、重さが倍近くなったようです。可能ならばやはり1IOTA当たり3QSOが理想で気だと思います。

2007年前後に実施されましたYB1TC KardiさんのOC-237 YE1P, OC-269 YE7P, OC-270 YE6PのJA向けQSLをダンポール箱3つに入れて保管しているそうです。JAまで持参することが東京ハムフェアへ行く大きな業務になったようですね。YB9Yが終わった後に彼らのモチベーションが落ちないことを祈っています。これが成功すれば、来年はまたまたやるつもりでいるようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« H40IOTA RalphからのQSP(7.Aug 2013) | トップページ | P29 2013 はお流れか »