World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« NA-050 K6VVA/KL7 Log search | トップページ | OC-237 YE3I Ketapang Island QSLについて »

2013年8月 9日 (金)

OC-285 H44AJ Stewart Island QSL card 到着

表題のQSLカードがさきほどK9AJ Mikeより届きました。封筒が高さがきちきちでしたので開封には神経を使いました。6月4日 18MHzCW、6月5日14MHzCWの2バンド分です。H44Sの21MHzSSB分は請求をしていません。

 
OQRSがwebsiteに掲示されました6月20日に請求のためのエントリを行いました。K9AJ Mikeには昨年のOC-271 YB8XM/Pのドネーションをいただいてからちょくちょく情報交換をするようになりました。ちょうど50日で到着しました。
 
QSLカードはIT9EJW製の二つ折りです。
Img876
 H44SとH44AJとの共通カードです。
 
Img877
QSOデータのシールは3QSOまでのようです。左下にwebsiteにもありますスケジュールが記載されています。
 
Img878MDXC  Club Log  DX World.net  IREF  等が支援しています。左側には島の説明があります。
 
Img879H44RK Ralphにもそっと伝えてみたいと思います。
 
私はようやくIOTA 670に到達しました。アパマンアンテナでは年間1ケタが続いていますが、今年はこれで6増加です。久々に二桁にのれるかもしれません。しかし、オセアニア、東アジアとKL7の近場ばかりです。
 
IOTAオセアニアは260番目の回収です。これにOC-168とOC-122が加わり今年は終わりそうです。しばらくしてOC-168の件をRalphへアプローチし、調整するつもりです。

« NA-050 K6VVA/KL7 Log search | トップページ | OC-237 YE3I Ketapang Island QSLについて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-050 K6VVA/KL7 Log search | トップページ | OC-237 YE3I Ketapang Island QSLについて »