World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

OC-262 Sebesi Island Plan

YB3MM Adhiさんより表題のプランを考えているとの相談をいただきました。

しかしながら、
I am arranging OC-262 on October
Sebesi Island
But the boat rent to Sebesi usd 320 (one way) is too expensive.
とのことであります。
 
OC-262は2003年3月にYE5Aにて初アクティビィティがありましたが、現在のクレジットは17.9%と結構レアです。QSL via IZ8CCWのために回収できていない局も一部いると聞いています。
 
往復で640USDはかなりの負担になるようです。そこで、GDXFとIREFへ支援依頼をしていただくようアドバイスしました。たいへん喜んでくれました。しかし、640USDにはほど遠いと思いますし、結果がどうなるかまだ不明です。
 
今回のOC-262はすでにクレジット済みの方も多いと思いますのでご協力いただけます方はメールでご一報いただけませんでしょうか。GDXFとIREFの結果を考慮して判断させていただきたいと思いますので、入金には及ばずです。
 
また、私を経由しますと、Paypal手数料が倍かかりますので直接Paypalという方法に調整したいと思います。
 
ブログを停止中ですが、急ぎの内容でありましたので、掲載させていただきます。
 
【追加】10月末はWW contest SSBがあるので避けて欲しいとの要望をいただきました。私が思うにはYB3MM AdhiさんはすでにCWの腕前を上げられて、CWのメリットも体感されているようです。ケースバイケースでご本人が決定、また対応されると思います。私はNusantara Award newで楽しみにしております。
 

OC-239 Waigeo Island YB9WZJ/P, YD9RQX/P(16-22 Oct 2013)

Shu-san, ok no problem.

HOPE  we can do it.
Because we all are busy when end of the year. :)

We will happy can make to  all IOTA Hunter be happy can worked with 
this Island (Waigeo Island - Raja Ampat Group OC239) especialy Shu-san and. JA Friend.

Raja ampat is a nice place for domectic and foreign tourist. 

There have many diving spot and we can Saw bird of paradise (Cendrawasih Bird) :)
Also nice place for Fishing

Next year 
Raja Ampat have a big Event. 
Sail Raja Ampat 2014. 
Many forign poeple sign for joint this right now.. 

De yb9wzj


------Original Message------
From: jn6rzm@nifty.com
To: yc9wzj@yahoo.com
Subject: Re: Waigeo Island - Raja Ampat Grup. OC239
Sent: Sep 28, 2013 17:27

Hello Joni-san,

 Thank you very much for the nice information.
 If you permit, I'd like to pull on my Blog for this nice information.
 How about you?

Shu JN6RZM

----- Original Message -----
>Subject: Waigeo Island - Raja Ampat Grup. OC239
>To: jn6rzm@nifty.com
>From: yc9wzj@yahoo.com
>Date: Sat, 28 Sep 2013 07:49:38 +0000
>
>
>Hi Shu San
>
>I have news for you
>
>IF POSSIBLE
>
>We have schedule  QRV on Waigeo Island OC239 betwean 16-22 oct om 40m , 20m a
nd 15m use homecall and ssb only.
>
>Probably Lucky YD9RQX with be joint us.. 
>
>
>De yb9wzj
>Powered by Telkomsel BlackBerry?


Powered by Telkomsel BlackBerry�A�.


【追記】DX World.netにもMM0NDX Colさんが転記していただけました。
本当にありがとうございます。

			

2013年9月25日 (水)

Sorry, I have to be QRT about 2-3 weeks de JN6RZM Shu

8月5日夕方に漏水事故にあいました。9月24日に近所のレジデンススイート福岡に家族ごと引っ越しました。本日25日に漏水対応工事に入るために2-3週間QRTいたします。

メール等は日に1-2回チェックをしますが、工事の具合により入室できないケースもあります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
de JN6RZM Shu 山本修二

2013年9月24日 (火)

OC-276P YB9Yの運用は大丈夫?

表題のペディション企画が7月に発表され、2012年3月のOC-221 YB8Y、OC-177 YE0Mに続いて同じメンバーにて実施されます。企画書であるProposalが作られました。当初から他のYBステーションからORARIからの支援を羨ましがる声も届いていました。

 
ひとつのnew IOTAにあれだけの人数が参加すること自体に驚くとともに5月に既に5名ほどで事前チェックへ行ったと聞いてまた驚いてしまいました。リグとアンテナを持って行ってそのままオンエアすれば良いのにと多くの局が思われたことでしょう。
 
JA1PBV伊藤さんからも相談があり、YB9Yチームが東京ハムフェアでブースを設け、YBより10名ほど参加して、そこでドネーションの募金活動を行うと聞きましてますます驚いてしまいました。まず集まらないと直感的に思いました。むしろ、日本に来る費用をOC-276ペディションの費用に回せばよいのにと思ってしまいました。
 
JA Friendsでドネーションの支援をすることを決めましたところ、リニアが必要、レンタルでも良いとの相談を受けました。IOTA-Chasers Forumにリニアの相談のメッセージを入れたところ、世界中から私にドネーションが届き始め、イギリスのアルファリニアというメーカーからもカタログなどが送ってきました。このままにしておくと、私が日本円で50-60万円もするリニアアンプを提供しなければならない環境に追い込まれると判断しました。
 
そこで、ドネーションは全てストップし、JN6RZMを引っ込めることにしました。世界中から届いたドネーション5件はPaypalで返金しました。また、JA Friendsからのドネーションは、実はOQRSも実施するとありましたので、わざわざ私のところで手間をかけお金を集め、さらにQSLカード全員分をいただいて発送作業を請け負う必要はなく、YB側でやっていただけると思いました。さらに、Paypalを私を経由して2度送りするより、直接送って1度送りの方がPaypalの手数料も抑えられるのでわざわざ集める必要はないと判断しました。
 
YB側からJN6RZMだけでもして欲しいと依頼がありましたが、ペディション終了後に考えるようにしています。相当費用が足らないと言われていました。足らないならばコストを削るべきと考えることでしょう。当然のことと思います。
 
私はすでに期間も迫っていますので、今年の5月に実施されたOC-285 H44S & H44AJ方式でOQRSサービスを5USDにするよう提案しました。YB側からはその後、ご返事はありません。
 
図体の大き過ぎるプランをORARIや参加者がコスト吸収できずに不安定なドナーに強く求めるようでは危ういペディションと言わざるを得ないと思います。コストを吸収できる要素がなければ削減すべきと思っています。
 
IOTA newへのペディションがDXCCの超珍エンティティの感覚でおられるようで、運営コストに関しては本当に危ういと思わざるを得ませんね。現在の個人のドナーは8名程度。1名がUA0で他はEUです。JAやNAからは1局もありません。他のYB局からもはてなの意見が多いです。
 
このブログも諸外国からのアクセスが多いです。私が申し上げたいのは個人からのドネーションにYB9Yチームは力を入れるべきではないということです。洋服のサイズが大きく合わない感覚のペディションの様に思えます。
 

2013年9月23日 (月)

インドネシアのハム育成 from YB8XM

この朝、再びYB8XM JoppyさんよりFacebookメッセージにより声をかけてもらいました。前週のSeram Islandのペディションは600QSOを超えたそうです。JA friendsからいただいた声を伝えるとたいへん喜んでいました。

 
私が前々から提案しているOC-157 Banda Islandは頃を見てという反応です。他のOC-272/273/274などもありますが、特にOC-273は行くこと自体に大変なコストがかかるそうです。昨年、OC-271 Babar Islandへ行ってもらう時に調べたようです。年々変わってきますのでその辺りのアンテナも張っていることと思われます。
 
Joppyさんはたいへん忙しいようで現在ある資格取得のためにカレッジへ通っているそうです。今回のSeram IslandはOC-275 Kimaan Islandへ行けなかったことと、若手ハム育成に力をいれているそうです。そのため、JA等の反応を強く知りたがっていました。
 
578651_724568577570220_970759804_n
写真はMaruku州Maruku中央部のMasohi市のアマチュア無線試験会場でお話しするJoppyさんです。垂れ幕看板のインドネシア語を訳しました。
 
62462_724568547570223_1545946362_n受験者もたくさん集まり、皆さん真剣に聞き入っています。この中からYG/YDコールで続々と新しいハムが誕生してきそうですね。昭和40年代後半の日本で電話級(現4アマ)の講習会が開催されているような雰囲気を感じさせます。
 
1234148_724578904235854_556379574_n こちらはライセンスクラス別説明を行っているようです。結構若いYLさんも交じって参加しています。どんどん増えて欲しいですね。楽しみです。
 
946391_724579040902507_1635174891_nYBのCWを望まれる方も多いですが、キーを叩いている写真も何枚かありました。その内の1枚です。最近21MHzでYDのコールでオンエアしている局が多いです。インドネシアをよく知るW2FBの話しでは、YDからYCへライセンスアップするためには交信して何枚かのQSLを取得しなければいけないそうです。皆さんぜひ、Postcardで結構ですから送ってあげてください。私もこれからは積極的にCW交信に努め、QSLカードを送ることに決めました。
 
487956_724577410902670_517396248_nこれが当日お世話をされた役員の記念撮影のようです。Joppyさんは一番左側です。このユニフォームはORARIでまとめているようです。左胸にはYB8XMのコールサインが刺しゅうされていました。
 
インドネシアの各地各島から少しずつですが若いハムが出てきそうな感じがします。IOTAペディションというより若手育成のための移動が続々と実施されそうです。
Thanks for the nice information from YB-land, Joppy-san!
 

2013年9月22日 (日)

OC-070 YB8XM/P Seram Island trip

Facebookに表題の2013年9月18-21日のSeram IslandへのIOTAペディションの旅の初診の一部が掲載されました。その一部を公開させていただきます。

 
1238876_721726507854427_2127978170_
わずか3日前にペディション実行の報告をいただきました。Ambon Islandからバスと船とバスを乗り継いで現地へ向かったようです。とくに東インドネシアは10月から3月までモンスーンの影響で波が高くなり小さな船では欠航が多いと言っていました。
 
1238796_724562687570809_124425010_n
Seram Islandに到着する少し前の帰りの路線の船のようです。写真を写した側の船も同じ程度のようです。
 
14152_724562557570822_1665319547_n
これが載ってきた船のようです。30-50人乗りくらいでしょうか。高速艇のようですね。
 
1235970_724566867570391_533032239_n
Busを乗りついでと言っていました。これがSeram島のバスのようですね。しかもここがバスターミナルのようです。
 
1233441_724566977570380_344346398_2
宿泊ホテルでしょう。赤シャツの似あうJoppyです。
 
12046_724567054237039_1704176452_n
Seram Islandの現地に到着しました。以下、続く。結果は600QSOを超えたそうです。

OC-269 YE7P & OC-270 YE6P QSL support

新潟県三条市でIOTA chasingを楽しまれておりますJJ0NCC鈴木さんより9月11日に初めてお声をかけていただけました。本当に有難いです。表題のOC-269 YE'P & OC-270 YE6P QSLは当時交信されてビューローにvia YB1TCで送付されましたが回収できないままでおられたそうです。メール等でもアポイントが取れず困っておられました。

 
すぐに私の方からYB1TC Kardiさんに連絡を入れ、すぐにYE7PとYE6Pを送っていただけることになりました。しかし、鈴木さんの方からもやはり送付料金だけでも負担したいのでPaypalをということで再度連絡しましたら、KardiさんはPaypal accountを保有していました。
 
すでにJJ0NCC鈴木さんへのQSLは日本に向かっている途中と思います。そこで、当ブログでYB1TCがマネジメントしています、OC-237 YE1P/OC-269 YE7P/OC-270 YE6PのOQRSを提案してみましたが返事はきませんでした。大々的にPRするよりも私を経由して個別対応をするしかないようです。
 
OC-237 YE1P  Peucang Island (Jul 2004)
OC-269 YE7P  Karimata Island(Sep 2005)
OC-270 YE6P  Simeulue Island(May 2006) であります。
 
もし、焦げ付いている方がおられましたならばご一報ください。私とKardiさんはKardiさん曰く、兄弟だそうです。宗教上の教えに従って恩を受けた人には永遠にお返しをしなさいということだそうです。2005年6月にYB9BUよりYB1TC Kardiさんの紹介をいただいてOC-269のペディション支援のために徹底してサポートしました。最初でしたのでドネーションも10万円を軽く超えたと記憶しています。
 
もちろん、翌年のOC-270 YE6Pも多くの方からドネーションのご協力をいただき支援しました。その後にOC-122 Tambelan Islandの提案を続けましたが、環境が変わってしまいとうとうハムやIOTAペディションからも離れてしまいました。
 
その原因はJA局による多バンド多モードによる交信過多でありました。上記3つのIOTAからオンエアし、なんとJA向けQSLカードは段ボール3箱になったそうです。その送付コストも馬鹿にならず、自宅に山積みにしていると言っていました。つまり何千局も呼ばれて8割がたはQSLカードも必要としないことにがっかりきてしまっていました。
 
是非ともIOTAペディション局とは3QSO程度に留めていただきたいと思います。可能ならばQSLカードも是非請求していただきたいです。どうぞ、ご理解ご協力をお願いいたします。

2013年9月21日 (土)

OC-070 YB8XM/P Seram Island その2

昨日2013年9月20日は引っ越しの準備の合間にOC-070 YB8XM/Pを探していました。21日土曜日までのQRVのためにJA friendsのサポートです。Facebookにもメッセージをいれますが、反応がありませんでした。

 
W2FB Steveからも7メガで1030UTCにスケジュールを組んで欲しいとの要望が届いていました。
 
午後8時前に21255で出てきました。すぐに交信希望者へ連絡しましたが、ノイズが強く聞こえないとのこと、Facebookでも立て続けにメッセージを送りましたが反応がありません。私はすでに21MHzSSBでの交信を終えていましたのでブレークをかけて14260へQSYをお空でダイレクトにお願いしました。しばらくして14260でCQを出し始めましたが、交信希望者はほとんど聞こえないとの状況でした。
 
すぐにコールして55/55のレポート交換をするとともに交信希望者が待機していると伝えましたがノイズが強いことと、私も夕食の時間を引っ張っていたため私自身がQRTしてしまいました。
 
40分ほどで戻ると強い。14260のYB8XM/Pは57-59の信号にあがっていました。交信希望者からもできたようですとのコメントが届きました。Facebookで確認すると「交信OK」のコメントをいただけました。
 
その後ねOC-070 YB8XM/Pと交信できたとのメールなどを交信希望者からいただきました。
 
本日の朝にPCの電源を入れた途端にJoppyから昨晩の交信報告が届きました。本当にありがとうございます。いろいろありましたが、Nusantara Awardのnew oneをいただけました。
 
私は、QSLカードと返信用封筒をYB9BUへ本日送付するとともに、PaypalでYB3MMへ2USDを本日処理しました。いつも世界で一番に届けて、世界で一番に受領できるように対応しています。

2013年9月20日 (金)

OC-070 YB8XM/P Seram Island

昨日、2013年9月19日午後に14260で表題のYB8XM/P JoppyさんがSeram IslandからQRVを開始しました。私は不在のために夕方から14260/21260を行ったり来たりしていました。

 
OC-070はIOTA Directoryでは「Seram group」という名称で掲載されています。そのなかのAmbon Islandには多くのハムが住んでいます。過去のQRVもAmbon Islandからがほとんどです。IOTA creditedも30.9%とどちらかと言うと珍しくない方であります。グループの地形をみるとSeram Islandが最も大きくメインのような感じがしています。
 
しかしながら、このSeram IslandからのQRVは初めてなのです。Nusantara Awardをされている方はnew oneとなります。
 
昨夕も21260に日本時間18時15分くらいに出てきて19時近くまでサービスしていました。その後QRTしましたが、再び、20時30分に21260にでるとfacebookに「QRM 10 db Now」と投稿がありました。14260でもQRVがありましたが、数局のみでQRTしました。
 
残念ながらメッセージを送りましたが返信がないので、インターネットの接続がうまくいかないようです。この朝もWを中心にYB8XM/Pとつないで欲しいとのメッセージをいくつかいただきました。
 
QSLカードに関しての質問もありました。Joppyから確認は取っていませんが、YB9BUが扱うでしょう。その場合、SAE+QSLカードをYB9BUへ郵送する。そしてPaypalで2USDをYB3MMへ送金する。と、言うことであります。いろいろ思われる方がおられますが、2USDを同封してYB9BUへ送っても結構です。紛失の可能性が高いために2012年11月から実施している対応方法です。YB3MMのみとのやり方の違いがありますが、ご理解をお願いします。

2013年9月19日 (木)

YB3MM Adhiさん情報の活用方法について

2013年3月のOC-245 YB3MM/6 Breueh Islandから始まり、数多くのペディションを実施されましたYB3MM Adhiに感謝申し上げますとともに、ほぼ9月のOC-217 YB3MM/P Saobi Islandで今年のペディションを終了したようです。

 
インドネシアの中央部と東部は9月過ぎから良く年初めまで強いモンスーンが吹くそうです。そのため、大型の船や航空機で移動できる島を除いて、珍しいIOTAの島への渡島はたいへん困難性が高くなるようです。
 
今回延期されましたOC-197 Bawean IslandもYB3MMのQRZ.comでは「2014」と表示されました。多分、2014年3月以降になるでしょう。
そこで、Activites infoは来年になるでしょうが、QSL infoがありますので、「YB3MM Adhiさん情報」をまとめました。
 
①通常のweb
・ QRZ.com                        のYB3MM
・ http://www.yb3mm.com/   の"Souther Paradise"
 
②Facebook
・ Adhi Bimboo
・ YB3MM Amateur Radio Station
・ Nusanta Award
  以上ですが、Facebookはご自分のFacebookを開いて、その中にある検索フィールドで探し出す方法です。Adhiさんと友達登録すれば常時自動的にFacebookホームのニュースフィードで自動的に出てきます。
 
webやFacebookによる情報提供側はそれに書き込めば全ての人が見ていると言う感覚に陥ります。特にFacebookは当初は煩雑に考えてしまい、なかなか使いづらさが先行するようです。しかしながら、それを乗り越えれば島からの情報がダイレクトに受信できたり、写真が添付されたり、こちらからお願いを送るなどのやりとりも可能となります。
 
私は毎日この5つをチェックして、Adhiさんの情報をキャッチできるように努めています。そして付加価値を付けてブログに転載しています。
ここで、ひとつご紹介します。次の写真です。
 
1239023_10200684696336593_135857761
Adhiさんは9月15日に丸一日かけてOC-166とOC-217のQSL発送業務をされています。わずか2USDをOQRSで送るだけで封筒購入、封筒作成を大変な数をこなされました。前の分はすべて手書きでしたが、写真を見ると住所が封筒にダイレクトにプリントされています。
 
封筒の手書きはなくなり、転記ミスもなくなることでしょう。私もドナーの皆さんに同じように送っていますが、事前に住所チェックをやります。これからAdhiさんも住所管理をしなければいけないでしょう。たいへんなのがプリンタのインク代です。40-50枚も打ち出すと結構インク代がかかります。(笑い)
 
4月にAdhiさんへ提案して、それまでvia IZ8CCWオンリーでしたQSLカードをご本人が主体で発行して欲しいとの願いを受け入れてくれました。たいへん有難いことでした。しかし、ご本人にこれだけの負担を増やしたことも事実ですね。
 
Adhiさんの気持ちはNusantara Awardを楽しんで欲しいことが第一です。W2FBのQRZ.comに「なぜNusantara Awardを発行するに至ったか」とSteveさんが書いています。来春にAdhiさんがYB-IOTAペディションをロケットスタートで実施されるよう、どうぞ皆さん、インドネシアの最初のアワードNusantara Awardを育ててあげてください。

2013年9月18日 (水)

OC-275 Kimaan Island YF1AR/9 website調整の支援

YF1AR Budiさんのwebsiteがメンテナンスされていました。すぐに下記の質問等を行い、間違い等の訂正の支援を行いました。

 http://www.yf1ar.com/
 
 
すぐに訂正をしてくれました。夕方に再確認しましたら、RSGB IOTA Committrrへのevidenceとなる航空券のサンプルやMerauke Air port、Kimaan Islandそしてオペレーションの写真などが掲載されていました。ログサーチも急ぐようにお願いしておきました。 
 
私もSmall donationをさせていただきました。きっと、次につながると思います。Budiさん、本当にありがとうございました。
 
Img2013090800828
Merauke空港です。YD9RQX Luckyさん(左)、とYF1AR Budiさんです。
 
Img2013090900850
OC-275 Kimaan Islandに到着のYF1AR Budiさんです。
 
Img04665201309110822
OC-275 Kimaan Islandオペレーション中のYF1AR/9です。
webから転載しましたか、まだ沢山の写真が掲載されていますので是非ご覧ください。
 
【追加】
RSGB IOTA CommitteeのG3KMA Rogerよりevidence受領とIOTA acceptedのメールが転送されてきました。Budiさんのウェブにも貼りつけてありました。Budiさんは大仕事を成し遂げられました。本当におめでとうございます。

H44IOTA H44IOTA/MM H44IND QSL cards到着

昨日QSLマネジャのNR6M Rexさんより書留で63枚の表題のQSLカードが届きました。ただし、OC-168は含まれていません。並びにH40IOTAは2週間遅れて第2回目の発送になります。

 
2013年5月初めに37名よりお預かりしましたドネーション640USDのうち、600USDをH44RK Ralpfへ、40USDをNR6Mよりまとめて送っていただいたQSLカードの転送料として預かりました。
 
6月1日から始まったH44IOTAプロジェクトは5月末にOC-149に入ったRalph等に少し遅れたポーランドの2名がそろって2番目の地であるOC-168へ向かいました。ところが、船が故障し、一旦ホニアラ(OC-047)へ戻り、再びOC-168へ向かいました。この間にIT9YREとK9AJが第4の目的地でありましたOC-285からオンエアを開始したため、OC-168を終了してホニアラへ戻ったチームはOC-285のオペレーションを中止することにしました。
 
さらに、CW要員として合流したばかりのWL7HPやポーランドの二人もそのままホニアラに残り、Ralphとweb担当の女性二人でOC-158へ向かいました。この直後にDX-World.netのコメント欄でウクライナの局がOC-168のアクティビィティに疑問を呈し、さらにRSGB IOTA Committeeが特別に声明を出すことになりました。
 
たいへんおかしなことになったなと思ったとたん、H44IOTAのwebsiteがRalphによって削除されてしまい、さらにおかしくなってきました。そして、少し時間が経過してからRalphよりOC-168の交信データをPCクラッシュのために紛失した。復旧できるか否かわからないとの声明が出されました。
 
肝心な話し合いが私とRalphができないまま、OC-158をH44IOTAとH44INDとロングランでやるとともにOC-100へ向かいました。この時点でデータクラッシュしたならば普通ならばOC-158を切り上げて、もう一度OC-168へ戻るべきと思っていました。戻らない理由としてRalphはQSOデータをきちんとした使える状態で持っていると判断し、また信用しました。
 
Ralphが望んでいた3Cプロジェクトの一つ、ソロモン諸島への学用品提供の準備を私が所属しています自治会へ提案する準備を進めていました。7月中旬に戻る予定でしたので、7月下旬には自治会に提案しようと考えておりました。Ralphへはその旨を伝えています。
 
7月下旬にFacebookでQSLマネジャのRexが声をかけてくれました。2月に説明した内容を再びお話ししましたらびっくりしていました。しかし、ドナーのリストを送ればQSLカードを全員分送ると答えてくれました。残念なことはRalphへ提供した600USDからRexへ回る可能性もないことが分かりました。
 
RexからはOC-168の件で次の様に聞きました。「ホニアラでポーランドの二人とRalphの意見が合わなくなりグループが分裂したそうです。実際にはRalphがH44IOTA/MMを運用し、同時にポーランドの二人がOC-168に上陸しオペレートをやったとのこと。分裂するときにOC-168のQSOデータが入ったディスクをRalphが持っていったためにポーランドのDomさんはかなり立腹した結果になった」とのことです。
 
RalphはOC-100に着いた時にFacebookを通じてはじめてメッセージをくれましたが、あとはまったく一方通行でした。9月10日にRexへドナーのQSOデータとメッセージを送りましたら、「私はQSL業務に集中する。OC-168の件はこれ以上サポートできない」との返事が戻りました。
 
この朝にRexからPaypal accountが届きましたので27.85USDの書留分をこちらで負担する目的で30USDを即時に送りました。H44IOTA分が再び送ってきますが、これもこちらで負担するつもりです。Ralphと早く話しあう場を作りたいですね。OC-285が外れましたので、OC-168まで没になると40名のうち、35名は有効なペディションでなくなってしまいます。頑張ってみます。

2013年9月17日 (火)

OC-275 YF1AR Budiさん 帰着報告

2013年9月9-16日のOC-275 YF1AR/9 Kimaan Islandのペディションを終えて、Jakartaに17日の午前中に帰りついたとYF1AR Budiさんよりメッセージが届きました。

 
  • 今日
  • Budi Santoso

    you are most welcomed, TNX for Support OC275-Kimaan Island DXpedition

  • Shuji Yamamoto

    Congratulations for your OC-275 IOTA DXpeditions!

    I say to JA friend "Please send Budi-san your donation". Hi

    I think it's "Success"

  • Budi Santoso

    got almost 5000 qso almost 150 dxcc and confimed 5 continent the logsheet compiled from yf1ar, yb0ai adn yd9rqx not yet finished

  • Shuji Yamamoto

    Do you come back to Jakarta?

    Wow, big datas. Your OC-275 operation is success!

  • Budi Santoso

    yes, yesterday Sept 16 @ 12 utc landed at CKG Soekarno Hatta Airport, Jakarta

  • Shuji Yamamoto

    Thank you very much for your nice information. Arigatou-gozaimasu.

    Your signal was very strong on 14150 but 21MHz was not strong from here.

 
会話の文中にもありますとおり、3局合わせて5,000交信、150カ国、5大陸との交信に成功したそうです。結果的にはアフリカを残していると途中QSPがありましたので、アフリカ未交信の6大陸には届かなかったようです。5,000交信すれば1,000局は間違いなく達成しています。RSGB IOTAルールのProvisional IOTAの数字的条件は完全にクリアしているようです。
 
残りは書類や写真などのevidenceをRSGB IOTA Committeeへ送付できれば完全にOKとなります。Budiさん、本当にお疲れさまでした。皆様、ぜひBudiさんへのご支援をお願いいたします。彼はきっと、年に2-3回ほど珍しいYB-IOTAへ行ってくれるものと思います。 

OC-070 YB8XM/P Seram Island information(17 Sep 2013)

最近のYB-IOTAペディションはめざましいものがあります。そして、それに付随して登場するものがこのロゴマークです。OC-070 Seram Islandりロゴもできあがりました。島名がCERAMになっているのはご愛敬でしょうか。Mapの中の島名がSERAMとなっていますのでやはりご愛敬でしょう。
1238876_721726507854427_2127978170_ 
詳細情報が時間の経過とともに変わっていくところが最近の特徴ですが、YB8XM Joppyさんをリーダーに現地のYC8VDTと、同行のYD8VRS/P、YD8VRA/Pの4名で実行するようです。
 
Joppyさんの説明ではインドネシア東部は9月を過ぎると3月まで強いモンスーンが吹き始め、波が荒れるそうです。そのため、小型の船では目的地に着くことがたいへん不安定になるそうです。昨年のOC-271 Barbar Islandも行きが1日、帰りは1週間ずれた経験があります。そうなんです。予定は1週間だったのですが、結果は2週間超かかっているんです。
 
日程が19-21日となっています。18日は入島日と考えています。スムーズにいけば18日からオンエアもありますが、19日朝からのQRVが確実でしょう。
 
現地からJoppyさんがメッセージを送ってくれますので、可能な限り当ブログでQSPします。

OC-276P YB9Y進捗について

9月16日の昨夕、YB9YのメンバーであるYB0ECT Priさんよりメールが届きました。近状を聞いてくるとともに表題のOC-276P YB9Yのドネーション協力依頼を当ブログに掲載して欲しいとの依頼をいただきました。確かに1カ月ほど放りっぱなしでありましたのですぐにウェブを確認しました。http://yb9y.com/

 
私のPCが古い性もあるかもしれませんが、相変わらず初期画面が立ちあがるのに1分ほど待たなければいけませんでした。IREFとGDXFからのサポートをもらえたようでロゴマークを確認できました。ところが個人ベースのドナーはわずか7名でした。6名がEU、1名がUA0という状況です。
 
ペディションに唯一JAから参加されますJA1PBV伊藤さんと7月にお話ししました時に東京ハムフェアでYB9Yの紹介並びに募金活動をするのでブースの手配をしているお聞きしました。その時に私の意見として、「あのような場で募金をするのは無理です」とYB0AZへお伝えくださいと申し上げた記憶があります。その後、インドネシアとの相互運用協定を発表する場にもなることを知りました。
 
少し遅れて、PriさんよりYB9Yチームでリニアが欲しいのでドネートもしくはレンタルでもということでリニアアンプを調べましたところ、たいへん高額であるのでお断りしましたが、再度レンタルでも良いからなんとかして欲しいと言ってきました。IOTA-Chasers Forumでも相談のメールをしたところ、海外局3局から10-25USDのドネーションが届き、また、英国のリニアアンプメーカーからも盛んにメールが届くようになりました。
 
リニアアンプはとても手に届く金額ではありませんし、レンタルも滅多にないマシンのためお断りしましたが、結果的に本末転倒と考え、JA friendsから集めるドネーションもお断りした経緯があります。私も現在のJAからの個人ドネーションがゼロということに驚いてしまいました。因みにUSAからもありません。このブログが悪影響したのかと思いました。
 
この朝にPriさんへ返答しましたことは、私個人が9月24日より2-3週間引っ越しするためにYB9Yペディション開始前しか戻れないことを伝えるとともに、ドネーションの公平性として、H44S & H44AJの事例を紹介しました。
 
①今のやり方ですと、せいぜい50名協力、単価10USDとして500USDのドネーション。しかし、今のタイミングではメリットを感じさせない。
②H44S & H44AJ方式ですと、OQRSを処理する、つまり返信封筒作成のジョブが入るが、5USDにすると約1000名は堅い。5000USDとなると、提案しました。
 
5USDのOQRSは高いと言われる方もいますが、2USDよりは高いことは当然であり、今回のH44S & H44AJではクレームがあったと言うことを聞いていないと伝えました。Priさんより次の回答が戻ると思います。
 
もともと、1IOTAからnewではありますが、25名の大所帯で行く目的とその意義がしっかりしていませんので、そこを明確に伝えないと世界的なドネーション協力は無理だと思います。ニューギニア島の南反対側のOC-275P Kimman Islandは3人で実施しました。

2013年9月16日 (月)

Indonesian Islands list 2013 Sept エクセルファイルの提供

一昨日出てきましたOC-075 YD1NAA/5 Karimun Besar Islandまで収納しましたIndonesian Islands list 2013 9月版を下記添付ファイルにて提供します。

 
 
昨日ご連絡しました9月18日からのOC-070 YB8XM/P等 Sesam Islandは入っていませんのでご了解ください。
 
最近はNusantara Awardをなさっておられる方から、当ファイルの月次提供依頼がまいります。また、先日も当エクセルファイルの右側半分に過去のYB activitiesのコールサインと年月が掲載しています。それを参考に調べたら過去QSOの未コンファームYB-IOTAを見つけたという嬉しいご一報もありました。
 
もともとはIOTA DirectoryのYB-IOTA分を切りだして並べただけのリストですが、整備する中でいろいろな発見ができ、さらにYB-IOTAが面白くなってしまいました。IOTAだけの範疇が考えますと、私はほとんどあがりに近くなっていますが、Nusantara Awardのお陰でActivityが息を吹き返した感じです。今年中にNusantara Award 80のステッカー取得が当面の目標です。
 

OC-275 YB0AI/9, YD9RQX/P, YF1AR/9 QSL請求

YF1AR Budiさんの呼び掛けで実行されましたOC-275 Kimaan Islandのペディションが本日終了します。2週間前の運用公開、参加メンバーの追加並びに不参加と、スタート日前日までころころと変わってしまい、本当に実行されるかと心配しました。前日の9日夜に予想通り予定より早く開始されました。

 
私はIOTA newは2-3QSOで留めるようにしています。今回は、それでも
YD9RQX/P 40mSSB、YB0AI/9 20mSSBと12mSSB、YF1AR/9 15mSSBと20mSSBの5QSOとなり途中で止めました。
 
YD9RQX/P Luckyさんは家族のご不幸があり7MHzSSBのみのQRVで終わりました。そのため、すでにQRZ.comに次の写真が掲載されています。OC-275 Kimaan Islandの最初の写真です。
 
Rqx1QRZ.comにはYD9RQXとYB0AI(Fanさん)のツーショットと書いてあります。
 
QSLインフォメーションは、
YB0AI/9 via Home call
YD9RQX/P via W2FB (ビューローOK)
YF1AR/9 via N2OO                         です。
 
YD9RQX/PはQRZ.comにYDライセンスからYCライセンスにグレードアップするために皆さんのQSLカードが必要と書いてありますので是非ご協力ください。
 
私は昨日にW2FBへSAE(返信用封筒とQSLカード)を送りました。USDは同封せず、PaypalでW2FB宛へ送りました。(Paypal : sbusono(at)gmail.com)
私は2USD+QSLカード作成料などのドネーションとして3USDを加算しました。また、Paypal送金の場合は、SAE+QSLも郵送で送ったことを必ずメモしてください。
 
YF1AR BudiさんはYB3MM Adhiさんと大の仲良しです。弟分ですね。Nusantara Awardのwebsiteメンテナンスを担当されています。また、W2FB Steveからも航空券代や現場諸費用が手出しなので少しばかりでもドネーションを協力して欲しいとのアドバイスをいただきましたのでPaypal送金しました。ただし、webからのPaypalはうまくいかなかったために、直接にPaypal : yf1ar(at)yahoo.comを利用しました。
 
また、W2FBからはすぐにメール返信があり、一緒に請求しましたOC-075 YD1NAA/5は既に印刷にかけているが、OC-275 YD9RQX/Pはご家族に不幸があり、まだログを受け取っていないので少し送れるとありました。しかし、印刷、返信は一番早いと思います。
 
ぜひご参考ください。

2013年9月15日 (日)

OC-070 YB8XM Seram Island (18-21 Sept 2013)

本日、午後8時半過ぎにOC-070 Seram IslandのマップがFacebookの私のページに貼り付けられました。

 
1235217_10200456498004685_140463903
 
存じ上げない名前でしたので調べて行くとYD8VRAのコールサインを見つけました。ひょっとしてと思い、OC-070 Seram Islandを調べてみますと過去にQRVはありませんでした。さらに固定局がいないかQRZ.comでいろいろと調べてみましたが固定局は見つかりませんでした。Nusantara Award new oneとなるところですが、諦めかけているとYB8XM Joppyさんからメッセージが続けて入りました。
----------------------------------- 
あなたが「いいね!」と言っています。
 
Shuji Yamamoto Thank you very much for your Seram Island map. I checked my Indonesian Islands list. None operated in this IOTA OC-070 Seram Island. Do you have on the air from Seram Island? And do you have ham radio license? de JN6RZM Shu
約1時間前 · いいね!
 
Sihasale Jacob Yes, I am QRV 18 to 21 September 2012
17分前 · いいね!を取り消す · 1
 
Shuji Yamamoto Wow! Which year do you QRV on 2012 or 2013?
13分前 · いいね!
 
Sihasale Jacob sry rpit 2013
12分前 · いいね!
 
Sihasale Jacob agn 18 to 21 September 2013
12分前 · いいね! · 1
 
Shuji Yamamoto Hi Joppy, It's great news! May I announce this information on my Blog?
10分前 · いいね! · 1
 
四十物 英晴 Hi Joppy? YD8VRA will join you? Oh my god. I will leave my home on your QRV from there. GL!
6分前 · 編集済み · いいね! · 1
 
Shuji Yamamoto OC-070 YB8XM/P QSL via YB9BU. Is that OK?
7分前 · いいね! · 1
---------------------------------------------------
なんと、9月18日(水)から21日(土)まで、YB8XM/PにてOC-070 Seram IslandからQRVするそうです。
 
IOTA OC-070はSERAM groupという名称が付いていますが、このSeram Islandが面積では最も大きな島です。しかしながら過去にQRVは一度もなく、YB8XM Joppyさんが住むAmbon IslandからのQRVはたくさんあります。ハムもAmbon在住局ばかりです。3日後のQRVですので、まずは掲載いたします。
 
四十物さんがブレークして書き込んでありますが、中級クラスのYD8VRA等が同行してオペレートする可能性が高いと思います。Nusantara Award new oneです。
 
なお、2012年にJoppyさんへはused FT-847と新品のSpiderbeamを寄贈しました。OC-157 Banda Islandへ行ってもらう約束をしました。彼はOC-271 Babar Islandへ行ってもらったことは記憶に新しいところです。あくまでも強制はしていません。船の関係で2週間から3週間の旅行となるために仕事との兼ね合いの調整が難しいようです。

OC-122 & OC-109 の進捗について(15th Sep 2013)

この朝にYB5NOF JohnさんよりFacebookメッセージにてやり取りをしました。前回、YB5QZ Antonさんがどうしても年内の都合がつかず、Antonさん無しでOC-122 Tambelan Islandのみ実行するよう調整すると言っていました。

 
しかし、次の通りです。
John E. Daluas
Anambas island will on the air on the middle of October  but for TAMBELAN and SERASAN will do it on April or May at that time The wether and propagation seems to be ok,
Me and Anton can't joint on YE5R but many guy's from North abd South Sumatera will joint there. If my wife condition ok, i will try from pulau Jemur first.
 
来年の4月か5月に実行するとの申し出がありました。YB5QZのみならず、諸条件が一致せず無理して実行することよりも確実で成功率の高い方を選択したようです。私は、Johnさんの奥様の健康を最優先にして欲しいと延期決定時点より申し上げていました。「島は逃げません」これが効いたようです。
 
末長くお付き合いするためには無理して実行して貰うよりは長いタームで実行していただくよう考えております。
 
なお、その間、Johnさんが一人でも実行したいというJemur IslandはIOTA Directoryには掲載されていません。マレー半島とスマトラ半島のマラッカ海峡に位置します。OC-245に所属すると思います。2013年3月に実施されたOC-245 YB3MM/6、YF1AR/6 Breueh Islandと同じIOTAになります。もちろん、Nusantara Awardではnew oneです。

OC-075 YD1NAA/5 Karimun Besar Island operation

昨晩、2013年9月14日日本時間午後7時30分から表題のYD1NAA/5 InaさんとSkedを持ちました。すでにFacebookでやり取りをされているJP3AYQ眞田さんとサポート役としてJF4VZT澤山さんに入っていただけました。

 
夕食時間を大幅に遅らせることに成功し、7時15分くらいから7016で待ち構えていました。なかなか出てこず7時40分過ぎにFacebookを通して「今戻った。シャワーを浴びさせて」とメッセージが届きました。ところがすぐに7016.4を指定してきました。微かにしか聞こえません。
 
そこで、7031と指示が変わりました。残念ながらデジタル関係の強いQRMで全く聞こえません。さらにInaさんは7016を指定しました。QSYするとすでにJA1M**局が交信していました。続いて他のJA局が立て続けに呼び初め、誰かがクラスターへ上げていると思いました。
 
しばらくしてInaさんよりW2FBとやりとりしていますと言ってきました。クラスターを再度確認するとW2FB Steveが70.31や7016でレポートしていました。つまり、向こうが表かもしれませんが、私の裏側でInaさんとFacebookを通してやり取りをしていました。
 
残念ながら7016は私のアンテナではカスカスでした。家族と約束の夕食延長制限時間8時15分で一旦QRTしました。
 
9時前に食事から戻るとJAのお二人が待機されていました。Inaさんは完全にQRTしていました。多分、シャワーを浴びると言っていましたのでしばらく待つことにするとともに21MHzCWで出てきてもらうようにお願いしました。
 
午後9時過ぎに21016で出ますとの連絡がありました。こちらのコールを教えていないため、CQが339-559くらいで聞き取れました。YDプリフィックスのYLオペレータのCW、多分ノロノロと期待していましたら、なんとなんとスピーディでてきぱきしたオペレーションです。
 
私の信号が弱いことと、QSBがあったため、10回くらいコールを訂正してようやく559/559のレポート交換に成功しました。
 
これから、11月中旬まで他のBatamやBintan IslandからもQRVしそうです。ぜひこの近辺の周波数をチェックして下さい。QSLはW2FBが扱います。InaさんがYCコールへグレードアップするためにQSLカードが必要とのことです。ぜひ、W2FBへSASE+QSLカードを送ってあげてください。
 
296144_646680492016609_2117078168_n
 
これがInaさんのアンテナです。お陰でIOTA Marathon 1 point、Nusantara Award new oneをいただきました。

OC-237 YE3I Ketapang Island QSL received

昨日、2013年6月7日に交信しましたOC-237 YE3IのQSLカードをYB3EDD Ediさんより受領しました。なお、Ediさんは個人コールのQSLも合わせて送ってくれました。

 
Img889
 
Img890
 当初via IZ8CCWのみと案内していましたが、YB3MM Adhiさんの協力をもらい、YB3EDD Ediさん本人からもQSLを発行していただくことになりました。数回のメールやり取りをしました。その関係でQSLナンバー0001をいただけました。
 
IZ8CCWの方はMDXの会員向けを中心に発行していますので、滅多にJAには回してくれないようです。IZ8CCWからYB3EDDに要する日数は3ヶ月程度と見ていましたので9月20日前後には受領できると予測していました。これでvia YB3EDDでOKが証明できました。
 
Ediさんへも御礼のメールを入れて、ブログやFacebookで紹介していますと伝えるとたいへん喜んでいました。きっと別の島をやってくれることでしょう。
 
私はNusantara Award 74番目のコンファームとなりました。

2013年9月14日 (土)

インドネシアのライセンス・クラス別運用周波数割り当てについて

YB0NSI Joyさんより下記のファイルをいただきました。
1236763_10200683956287997_187729116 
今回、W2FBがQSLマネジメントを行いますOC-275 YD9RQX/PやOC-075 YD1NAA/5に関しまして、彼ら彼女らがYDからYCへクラスを上げたいのでOQRSは利用せずQSLカードを送付くださいとアナウンスがありましたので調べることにした次第です。
 
YH       PEMULAは初心者という意味
YD/YG GIAGAはスタンバイという意味
YC/YF PENGGALANGは調達者
YB/YE PENEGAKは支持者 でした。
 
YBとYEが同等のようで上級者、YC/YFが準上級者、YD/YGが中級者、YHが初級という感じでしょうね。ここで説明は省略しますがじっくり見ていただくと結構面白いです。
 
さきほど15時に外出から戻りましたが、前々回のOC-275の記事にも書きました通り、YF1ARは14150に出てくると予測していました。見事にYF1AR/9が14150でCQを出し始めましたのでもちろんすぐにコールしました。上記リストをご参考ください。
 
また、YDコールをYCコールへ上げるためにQSLカードをぜひ届ける協力をしたいと思います。

OC-217 Saobi Island YB3MM/P QSL card

YB3MM Adhiさんより表題のQSLカードができ上がったとのご報告をいただきました。下記websiteに運用写真などとともに掲載されています。今日からOC-166 YB3MM/7と合わせて発行するそうです。楽しみです。
 

http://www.yb3mm.com/

 
なお、この朝にG3KMA RogerからのRSGB IOTA Committee acceptのメールも届きました。
 
Hello Adhi
 
Many thanks for the validation material for your operation from OC-217. Everything is OK and we have added the operation to those accepted for IOTA. Congratulations.
 
Glad you received the card OK.
 
Best regards
 
Roger, G3KMA
 
毎月(?)のようにAdhiさんから申請されるので少々省略気味なところを感じますが、素晴らしいペディションでした。CWもかなりこなされますし、14MHz2エレ八木も加わりました。やはりSupermanです。有難いです。
 
Saobi_front
 Saobi_back 
Yb3mm_mm
YB3MM/MMと交信されたJAは1局もいなかったそうで残念がられていました。しかし、船をじっくりみるとAdhiさんの苦労が伝わってくるようです。
 
via IZ8CCW時代とは大きな様変わりです。9月12日にIZ8CCWより請求していないOC-245 YF1AR/6が届きました。2-3の局から届いたという報告もいただきました。

AS-036 JA6TBE/6 Iki Island Sked for W2FB

1週間ほど前にW2FB SteveよりJA-IOTAをたくさん残しているのでリストを送ってくださいとのメールをいただきました。2012年3月に作成し、IOTA-Chasers Forumへ投稿し、希望者にはJA-IOTA固定局とスケジュールを実施しますと案内し、たくさんの局とSkedを組み、交信成功を生みだしました。

 
そのお話しをSteveらしたところ、JA-IOTAごとの固定局リストに興味をしめしてくれました。この朝に表題のJA6TBE/6 also JS3CTQ稲葉さんのリズミカルなCWがN0CWRによりレポートされました。すぐに17086.6の信号を確認するとともにW2FB宛へメールを送りました。
 
Facebookのチャットでメッセージが戻り、しばらくしてシャックに着いたとありました。私は、次のwebsiteを開くよう指示させてもらいました。
http://homepage3.nifty.com/jf1kic/sakusaku/okkake/okkake2.htm/
あとは簡単に内容を説明しました。以下はJN6RZM、JA6TBE、W2FBのやり取りです。
 
JN6RZM : TBEさんGM, W2FBが14/18/21でお願いしたいとのことです。 (09/14 08:04)
TBE/4210 : RZMさんGM. 今PCトラブルに対応中です。ちょっとやっかいのため時間がかかりそう。 (09/14 08:18)
W2FB : Good morning JA6TBE Inaba san are you around for sked? (09/14 08:28)
TBE/4210 : W2FB GM. NW CQing on 21027.5. PSE LSN. (09/14 08:31)
W2FB : ok (09/14 08:31)
TBE/4210 : W2FB. FB signal here. TNX QSO. (09/14 08:33)
TBE/4210 : W2FB. FB signal here. TNX QSO. (09/14 08:33)
W2FB : Inaba San many tnx for new IOTA (09/14 08:36)
TBE/4210 : W2FB, U R welcome. (09/14 08:39)
TBE/4210 : qsy 24908 (09/14 08:46)
TBE/4210 : RNY FIO TU. QSY 18M AGN (09/14 08:50)
TBE/4210 : 18078.5 (09/14 08:51)
W2FB : what freq on 17m? (09/14 08:52)
TBE/4210 : W2FB 599 TU. (09/14 08:55)
W2FB : Tnx 2 band QSO Inaba San good morning. (09/14 08:56)
 
21MHzのみならず、18MHzでも交信できたようです。それにしてもW2FBの勘の良さとJA6TBE稲葉さんのスピーディさにはいつも感心させられます。339カスカスnetがUSAでも使われるようになるかもしれませんね。

祝 JP3AYQ 眞田さん IOTA100申請

昨日、RSGB IOTA JA check pointを担われておりますJA9IFF中嶋さんよりメールをいただき、JP3AYQ眞田さんがIOTA100の申請をされたとのご報告と私がフォローを継続して実施されたとの御礼をいただきました。

 
眞田さんは大阪で2年前に開局されました。すぐに2アマを合格され、誕生日のプレゼントがご主人からキーヤーとウェブでお見受けし、私の友人のVK4SWE/VK4EI OC-227に住むLynさんと嗜好が良く似ていると思いお声掛けしたのが2012年6月でした。
 
すぐに池田市で開催される関ハムのIOTAブースをご紹介し、JA9IFF中嶋さんを訪ねていただきました。私もフォローさせていただきましたが、IOTAを薦めて約1年後の申請でした。124で申請されたそうです。122枚のQSLと2件のIOTAコンテストによる申請とのことでした。
 
その間、2013年6月にはインドネシアのNusantara Awardも取得され、こちらはYBを除くDXで世界第1号YLのアワードを取得されました。その様な関係もあり、YB3MM Adhiさん、YB9WZJ Joniさん、YB9GV Adiさん等からも親しくお付き合いをされているようです。
 
最後はJARLからの8J1RL(AN-015)南極と南米のSA-006が到着して完成されたそうです。
 
私も多くの方にIOTA申請のお手伝いをしておりますが、最初からRSGB websiteの登録システムを利用され、エクセルでもきちんと管理されていました。かなりスムーズに管理されていました。IOTA申請は管理力と言っても良いと思います。
 
また、IOTA申請をすることにより爾後のIOTAに対しての付加価値が高くなると思います。QSL回収しかり、New oneの管理、DX情報の管理など見えないメリットが多くなります。
 
最後に眞田さんは7K3EOP戸倉さんに続く、IOTA申請JA YL第2号になられます。本当におめでとうございます。

OC-236 YB8S Gangga Island Validation

この朝にYB9BU Kadekより「

Validation Operation Gangga Island
」のタイトルの

メールが届きました。2013年8月29-31日に実施したOC-236 YB8S Gangga IslandのRSGB IOTA CommitteeのG3KMA RogerからのIOTA OC-236として認められたというメッセージでした。

 
これにより、RSGB IOTA Committeeはwegsiteでその旨を公表するとともに、IOTA申請時にOC-236 Gangga Islandでも申請受け付けができるようになります。
 
Dear Shu-san,
 
Thank's for you support for YB8S operation.
 
73 de Kadek,YB9BU.
 
----------------------------------------------------- 
Hi Kadek
 
Many thanks for the validation material for your YB8S operation from OC-236. Everything is OK and we have added the operation to those accepted for IOTA.
 
4251 QSOs is a great score, congratulations.
 
It was a pleasure to make contact with you.
 
Best regards
 
Roger
 
Roger Balister, G3KMA
RSGB IOTA Manager
------------------------------------------------------
4251のQSOですね。素晴らしい成果だと思います。YBのペディショナーはRSGB IOTA Committeeに積極的に連絡し、RSGBへはきちんと処理もされますので有難いです。
 
1236987_10201681277172161_862901084
 
写真はYB9BU Kadek(左)とYB8TK Kemiのツーショットです。Kemiさんは地元のハム育成に力を入れています。次もきっと実施されることでしょう。

2013年9月13日 (金)

OC-075 YD1NAA/5 Karimun Besar Island QSL card(Provisional)

この朝にYD1NAA InaさんからFacebookで声を掛けられました。途中で朝食のためにお別れしましたが、本日、Jakartaを離れKarimun Besar Islandへ向かわれました。お昼前にFacebookに空港でのスナップとQSLカード(案)が掲載されました。

 
577875_646519235366068_9265113_n
 
多分、W2FB Steveが強力にサポートしてくれているようです。IOTAチェイサーにはOC-075はあまりニーズは高くないかもしれませんが、OC-075 Karimun Besar IslandはNusantara Awardを楽しむ方には立派なNew Oneです。その他の島も企画しそうです。
 
Inaさんは学校の教師ですが、この旅行はバケーションと書いてありました。2カ月の予定です。私が9月24日より2-3週間ほど引っ越しするため従来のようにサポートができないと思います。彼女にも伝えました。
 
FT-80Cと言うold rig 100-120ワットにフルサイズダイポールを使うそうです。21CWと7SSBが主体のようです。たくさんQSLを集めるとクラスがあがる免許制度のようです。どうぞ、皆さん、お声掛けとW2FBへのQSL送付をお願いします。JARL経由も大丈夫です。

AS-061 RI0K & AS-092 RI0K/P QSL cardのグループ回収完了報告

2012年7-8月に実施されました表題のペディションはwebにSASEの受付データを掲載するなどQSL回収は2013年1月末に間に合うように感じていました。AS-061 RI0KはRW3RN、AS-092 RI0K/PはUA9OBAで受け付けられましたが、1月末を過ぎても多くの未着が報告されました。

 
RRC(Russian Robinson Club)関係はN3QQ YuriさんのKL7RRCペディションの絡みがあり、この2月にHさんより私に「N3QQ Yuriさんを一番知っているので、そこからRW3RN AlexとUA9OBA Yuriに掛けあって回収を支援して欲しい」との依頼をいただきました。
 
そこで、当ブログで募集をしましたところ、2013年2月末時点で23名がエントリしてこられました。N3QQ Yuriさんのお墨付きでRW3RNとの半年の長い付き合いが始まりました。毎月、23名の方から到着可否を確認し、1日にRW3RNへ報告しました。
 
その間に数名に届きましたが大半は未着状態でした。RW3RNからもご返事をもらっていました。8月19日20日に続けてお二人より届いたというメールがはいり、続いてRW3RNよりメールが届き、「UA9OBAから返信されていないことがほぼ間違いなく確認できたので8月3日に二人分、20日に残り全員を発信した」との内容でメールが戻りました。
 
このことを当ブログで報告しましたら、Tさんより「私もAS-092が未着です。支援してください」とメールをいただきました。すぐにRW3RNへメールを入れて「今からSASEを送る。OKか」とのメールを送ってくださいとご指導させていただきました。
 
なんと、このTさんの分は9月10日にAS-092が戻りました。そして、昨晩最も到着報告が遅れていましたHさんから届いたとのメールをいただき、完了しました。もちろんRW3RNへも熱い御礼のメールを送っておきました。
 
AS-061のQSLカードはRW3RNの処理が遅れているだけです。メールでお願いできるでしょう。AS-092のQSLカードはUA9OBAが受け付けたが、途中でRW3RNへ移ったためにUA9OBAが処理したのか否かが不明で確認していたためということがわかりました。
 
未回収の方がおられましたならばご参考ください。一件落着。

YD9RQX/P OC275 via W2FB

W2FB SteveのIOTA-Chaser Forum投稿分が続きます。

 
Lucky is having some problem with his coax, so he was not on the air yesterday. He told me that he will use W2FB as manager and I will have his log upon his return.
 
So please work him and send your qsl to W2FB, he needs your QSL so he can upgrade to the next class (YC). Unfortunately he does not do CW.
This morning YB0AI/9 is handling the 40M ssb again.
 
Hopefully once the coaxial issue is resolved YD9RQX can be the main 40M SSB operator. It will be nice if YB0AI does some CW as well.
 
73, Steve, W2FB
 
YD9RQX/PのQSLマネジャを受けることが決まったようです。OQRSも可能だったようですが、LuckyさんがYD9RQXからYC9RQXへクラスアップのためにQSLカードが必要とのことで2USDによるSASEを依頼しているようです。
 
私は7メガで最初にOC-275 YD9RQX/Pと交信できましたので、2USD+αをPaypalでW2FBへ送り、SAE+QSLカードを郵送で本日送ります。W2FBのPaypalは次の通りです。
E-mail / Paypal : sbusono(at)gmail.com

2013年9月12日 (木)

YB3MM Next activity (12 Sep 2013)

イタリアのIT9EJW AlfioさんがYB3MM AdhiさんのことをGreat operaterと賞賛していまとたが、私はYB3MMはSupermanだと言ってしまうほど、命がけでペディションを実施してくれます。「鳥だ、飛行機だ、いやスーパーマンだ」と言いたくなるほどです。

 
本日のYB3MMのQRZ.comには次とさらにその次のプランが掲載されていました。
 
Next activity :
 
OC-197 Bawean Island is still waiting for ship schedule confirmation
 
OC-186 Menjangan Besar Island is also on the planning
 
9月13-15日や20-22日には先日天候不良で船がでませんでしたOC-197を実行しようとされています。
さらにはOC-186は4月14-15日に実施されましたKarimunjawa Islandとは異なるMenjangan IslandからQRVを予定していると言うきめ細かな配慮をしてくれています。これは、OC-186の島はIOTA Directoryには①Karimunjawa、②Kemujan、③Parangの3つの島が認められていますが、航路を探したりかなりの努力をされて、Karimunjawa諸島の中のMenjangan Islandを見つけ出して実行してくれます。
 
つまり、Nusantara Award hunterのための対応なんです。素晴らしいですよ。OC-166 Derawan IslandもOC-217 Saobi Islandも同じ対応なんです。本当に素晴らしい行動力です。
 
ところで、JAのIOTAチェイサーは「Derawan IslandやMenjangan IslandがIOTA Directoryに掲載されていないではないか。QSLをもらったら、webエントリができないではないか」なんて言われる人はいないと思いますが、まだまだこういう質問をされる方が多いですね。
 
しっかりとIOTAルールを読んでおられないことが多いようです。このあたりのルールを理解するとますますIOTAプログラムの素晴らしさや面白さを理解できると思います。
 
Yb3mm_mm
 
SupermanのAdhiさんですが、少し危なっかしいところがありそうですのでみんなで支えましょう。よろしくお願いします。
 
FacebookにはYB3MM関係の情報がリアルに入ってきています。FacebookをあけていただいてAdhiさんかShuji Yamamotoを探し出し、友達登録を依頼して下さい。現地からの情報もばっちりリアルタイムで入手できます。

OC-122 & OC-109 の進捗について(12 Sep 2013)

昨晩とこの朝にYB5NOF Johnさんと話した内容です。

連絡が無かったのは一番弟子のYB5QZ Antonさんのスケジュールを調整していたためです。年内はどうしてもとれないということになりました。その代わりにBatamから別のオペレータを参加させることで進めることになりました。
 
まずはJohnさんの奥さんの健康ですが、ダメージがまだ残っているようですが、10月15-20日にOC-122 YE5T Tambelan Islandをぜひ実行したいとのことです。私からの条件としてはCWオペレータを必ず加えていただくことです。JohnさんはAntonクラスを連れてくると言ってくれました。
 
今日からメンバーの確定、船の確定、ライセンスの変更等を実施して連絡するそうです。10月15-20日の予定で進みます。

OC-275P YF1AR/9 YB0AI/9, YD9RQX/P information(12.Sep 2013)

相変わらずYF1AR/9の21メガは弱いですが、昨夜のEU方面のサービスはまずまず順調に思えました。この朝にW2FB SteveさんがIOTA-Chasers Forumに投稿がありましたので転載します。

 
Hello Island Chasers
 
Just made QSO with Budi YF1AR/9 on 15m, and he told me they now have electricity 24 hours a day, during the day they use generator.
 
On day 2, They have made over 1000 QSOs already and I think he said only needing Africa, so EA8 and ZS or other AF stns please call them.
 
73, Steve, W2FB
 
予想通り10日の日中にQRVできなかったのは公共電源が使えなかったためでした。現在は発電機を調達したのでしょう。SteveはBudiさんが1000交信とレポートしたとありますが、2.5日のオペレーションでしたらYF1AR/9、YB0AI/9、YD9RQX/Pのログ合計を言っていると思います。
 
落とし穴は1000交信ではなく、RSGB IOTAルールは1000局ですね。しかし、このペースで16日までサービスを続ければ1000局は多分、大丈夫と思われます。ただし、Budiさんが気を抜いたら難しくなると思います。
 
これから私たちが支援することは局数を多く交信する支援をしてもらうことです。
また、5大陸はすでに交信できたそうです。アフリカの件は6大陸を達成したいということだと思います。
 
W2FB Steveさんは医者のようです。毎日、忙しい間をぬってYB-IOTAの支援をしてくれています。16日からのOC-075 YD1NAA/5 Karimun IslandのInaさんも紹介いただきました。インドネシアに長くいたようでインドネシア語も堪能のようです。
 
毎日のようにやり取りをしています。OC-122 YE5T の件も親身に相談にのってくれています。単なるQSLマネジャではない人物です。

2013年9月11日 (水)

OC-275P YF1AR/9 YB0AI/9, YD9RQX/P information(11.Sep 2013)

YF1AR/9 Budiさん、YB0AI/9 Fanさん、YD9RQX/P Luckyさんの3人で9月9日(月)の夜9時からはじまりました。私のところは21280のYF1AR/9はたいへん弱く、コピーできずに断念し、14255のYB0AI/9もコピーはできるが完全コピーできないため、9月10日(火)の朝から頑張ることにしました。

 
9月10日朝は21260にYF1AR/9が出てきましたが、再び私のアンテナではほとんど聞こえずでした。そして、日中はまったくQRVはありませんでした。原因はここも公共電源に制約があるか、もしくは9月9日のセッティングを移動したかと考えられます。
 
10日午後5時過ぎに21260のOC-104 YJ0RKに被さって、YF1AR/9が出てきました。しかし、いつも弱い。アパマンハムでは相当厳しい。up5で強引(?)に21260でQRVを続けていました。一方、昨晩14255に出てきましたYB0AI/9は今夜も少し遅れて出てきました。W2FBがYB0AIは途中で帰ると言っていました。
 
その代わりYD9RQX/Pが7165に出てきました。オペレーションはQRMのせいか、スピーディさはまったくありません。本人はYD9RQX/OC-275と言っています。Luckyさんはウエストパプアの太平洋側にあるSentaniという町に住んでいるため、ライセンスはここにあるので、正式にはYD9RQX/Pと表記すべきと思います。
 
いずれにせよ、9月16日までYF1AR BudiさんとYD9RQX Luckyさんにトータルで1000局と5大陸の局にサービスしてもらうしかありません。なお、YF1AR/9はライセンスの関係で14150に出てくる可能性があります。できるだけ多くの局に呼んでいただきたいと思います。
 
9月11日(水)の朝は21260にYF1AR/9がQRVしてきました。しかし、ぎりぎり交信できるか否かくらいの信号です。NAと交信をしていましたので、ビームがJAに向いていないだけなのでしょうか。ここで、W2FB SteveさんがIOTA Chaser Forumに投稿された文章を転載します。
 
Hi Island Chasers,
 
the team started early which caught many of us by surprise, a pleasant one. First of all, the team was assembled in a very very short time.
Some of the more seasoned operators for one reason or another could not go namely: YB3MM, YB8XM, YB9WZJ and YB4IR. So in the end only 3 operators went.
YB0AI ( I do not know if he does CW, I heard that he does but not sure)
YF1AR no CW only SSB but he has activated and participated in other islands expeditions
YD9RQX a newcomer, novice license, only SSB on 40 and 80 and CW on 10,15,20,40,80M, but I am not sure he does CW either.
 
The group solicited internally within YB land and maybe to other dx groups, but yes most of the expenses are out of their pockets.
 
LIMITED POWER on the island, only available during night time and so I doubt that we will see reports of on air activity during the day, Papua is two hours ahead of Jakarta. YF1AR has to limit power to 50W.
Point your beam to P2 instead of YB, it makes a difference.
 
Finally, regarding QSL, I asked YB0AI if he wants to use USA manager, I can help and he wanted to handle his own.
YF1AR already has a manager N2OO.
YD9RQX might end up using W2FB, but I will wait until he comes back.
No cell phone reception on the island.
 
So hold on before sending your QSL and try to work YF1AR or YD9RQX, although this morning I ended up working YB0AI/9 on 40m SSB with lots of noise and QRM. Then I heard him on 14.260 conversing in Indonesian, then took one call K0AP (congrats Dragan), then he went QRT.
 
If you miss this one, do not worry, next year, a large scale operation is planned with the same group which will activate YB9Y and activated YB8Y last year. This group has been dubbed the one million dxpedition, by local YB ops because of its large budget.
 
SO I guess work as many as you can, and then decide later on the QSL.
 
73, Stephan W2FB
 
通読していただければお役にたつ情報があると思います。QSLはYB0AI分は本人が、YF1AR分はN2OO、YD9RQXはまだ未定のようですね。OC-276 YB9Yとは異なり、OC-275は自分たちの個人費用でやっているのでご支援を願いたいとあります。
 
【追記】
もう一つ情報を追加します。
 
One more thing about QSL,
Regarding YD9RQX/P, Please send QSL card.
If I end up becoming his manager, I will not do OQRS on this one, since he needs QSL cards to upgrade to the next level. So I want to get as many cards as possible from as many countries as possible for him so he can upgrade (it is one of the requirements, to show QSL cards from all Indonesian call areas and from DX at least 25 countries, I think).
For DXpedition, like this past YB8P, I have done OQRS because I really do not need the cards, the operators are not interested in the cards, no award will be applied.
Thanks and GL,
Steve, W2FB

2013年9月10日 (火)

OC-075 YD1NAA/5 Karimun Island

昨日、W2FB Steveより、I will manage YD1NAA/5. Hopefully I can help her go to Linggaとメッセージをいただきました。YD1NAA InaさんはインドネシアのYL局です。すぐにFacebookの友達登録をしましたら昨晩チャットをすることができました。

 
来週の9月16日から2カ月間YD1NAA/5のコールサインでOC-075 Karimun IslandからQRVするそうです。
 
FT-80C 100-120ワットにフルサイズダイポールを使用するとのことです。彼女は21MHzCWのオペレーションが多いようです。QSLはW2FBがマネジメントします。Nusantara Awardではnew oneになります。via W2FBでビューローも使えます。ぜひ聞こえましたら呼んでください。
 
なお、6月に実施されましたOC-177 YB0Dにも参加されていました。コールサインと写真が掲載されていました。
 
Oc075_karimun_island
 
OC-075グループの最も西側になります。大きな街もいくつかありました。マラッカ海峡の最東端に位置しています。

OC-275P YF1AR/9 YB0AI/9, YD9RQX/P information(10.Sep 2013)

予想通り9月9日の夜にYF1AR/9が21280に、YB0AI/9が14255に出てきました。1週間のロングランでありますので聞こえが良くなかったので翌朝以降に回すことにしました。それ以上に心配ごとはOC-275は事前にIOTA番号を付けられたProvisional IOTAナンバーであることです。

IOTAルールにも初めての島からのQRV条件が1000局と5大陸を含んだ交信をすることであります。昨年のIOTA OC-271 YB8XM/P Babar Island時にはJoppyさんに嫌になるほどこの条件を申し上げました。
 
その関係でこの朝にJoppyさんと繋がり、YF1AR Budiさんにこの条件を伝えてもらうようにお願いしました。Joppyさんはそれがたいへん重要なことであるとすぐに理解してくれましたが、日本のインドネシア大使館に勤めるシャリフさんからも質問がきましたので、説明をしました。
 
ひとつはYB0AIが途中で帰る点ですね。残りの二人は14260前後のオペレーションができなくなります。
 
私がお願いしたいのは、お一人で多モード、多バンドで彼らと交信することを控えていただき、家族やご友人に交信を依頼し、局数増加の協力をいただきたいと願っております。
 
【追記】YB3MM Adhiさんより連絡があり、IOTAルールは理解しているとのことでした。それより、最も重要なことはKimaan Islandオペレーションの条件を満たすことだとアドバイスがありました。

2013年9月 9日 (月)

OC-150 Bungin Island YB9GV/P等 QSLについて

YB9GV AdiさんとYB9KA KardiさんのコンビによるOC-150 Bungin Islandのペディションが9月6-8日まで実施されました。YCコールの新しいオペレータ5名を引き連れてのオペレーションですが、AdiさんのQSL via EA7FTRだけでしたので、YC9コール分のQSLの取り扱いに関して問い合わせましたら次の通り戻ってきました。

 
operator callsign YB9KA, YB9GV, YB9IUS, YC9JIN. YC9IPY, YC9GBO, YC9HKM, YC9GCC , ea7ftr will help create a special QSL for this activity
 
全コールともに共通のカードを作ってくれるのでしょう。EA7FTRにOQRS 3Euroで請求できました。私はYB9GV/Pを14MHzSSBで、YC9IUS/Pを21SSBで交信し、請求を完了しました。
 
Logo_bungin_5

OC-275P YF1AR/9 YB0AI/9, YD9RQX/P info from W2FB

この朝にW2FB SteveさんよりFacebookチャットによるコールがありました。YB5NOF等によるOC-122 YE5T, OC-109 YE5Sの運用を心配していました。YB5QZ Antonさんとは仲が良く、彼のスケジュールが合わないであろうとJohnさん一人では行かないので2014年になるのではないかと言っていました。そう言えば、10月15-20日のOC-122の再予定の件は進んでいません。SteveさんはOC-122だけでも年内にして欲しいという希望でした。

 
さて、本題のOC-275 Kimaan Islandですが、Steveさんからの情報では上記の3局のみだそうです。YB3MM、YB8XMに続いて、YB4IRやYB9WZJは参加しないとのことです。
 
荷物が結構あり、飛行機代がかさむのでぜひドネーションをお願いしたいといっていました。その場合、Paypal accountはYF1ARしかないので、必ずCcでYB0AIにも知らせて欲しいとのこと。さらに、YB0AIは途中で帰るようです。
 
そして、QSLマネジャですが、Nusantara AwardのFacebookページには、
Nusantara Award
QSL route:
YF1AR/9 via N2OO
YB0AI/9 via direct homecall
YD9RQX via N2OO
と、ありますが、YD9RQXはW2FBがQSLマネジャをするそうです。3人3様の関係で少し注意しなければいけません。これで従前のドネーションギャザリングとQSLサービスが入り混じるためにできないことになります。
 
さらにもう一つ、3人3様の注意点があるそうです。免許クラスの違いによる周波数です。
 
Only those 3
And they have 3 didferent class licenses. YD can not rx on 20 only 15 10 40 80 cw and 40 80 ssb
YC and YF can not above 14.150
YB0AIのみオールバンド、オールモード。ただし、途中で帰ります。
YF1ARは14150より上は使用できない。
YD9RQXは80/40/15/10mSSBとCW。
 
YF1ARのオペレーションをご存じの方も多いと思いますが、21260前後のSSBが中心になると思われます。今年実施されましたOC-237 YF1AR/3とOC-021 YF1AR/Pはたくさんの交信をした形跡がありません。5大陸1,000局以上の交信が必要です。

H44IOTA, H44IND & H40IOTA QSL cardについて その3

昨日、H44RK Ralphが立ち寄るかもしれないと言っていましたH44IOTAの残りOC-163を飛ばしてOC-104 YJ0RKとして14260でQRVを開始しました。これでH44IOTAシリーズはすべて終了したと判断しました。

 
7月下旬にQSLマネジャのNR6M Rexとお話しをしてドナー全員のH44IOTA/H44IND/H40IOTAのQSOデータを8月25日くらいに送付するよう調整していました。ところが、OC-163へもバヌアツへ行く途中に寄るとの情報を入手し、9月3日、さらに9月15日へとRexへの返信を変更しました。
 
昨日、QSLマネジャのRexへ連絡しましたところ、下記のメールが届きました。
 
Dear Shu,
I will start working on this list immediately. OC-168 will not be validated as we previous discussed the reasons. Very sorry for this.
 
I do not have the H40IOTA cards yet. I do not expect them for about 2 weeks. I will wait until I have them to mail these cards.
73 NR6M
 
一つはOC-168の問題です。もう一つはH40IOTAのQSLカードが2週間後にでき上がるそうです。
 
OC-168に関しましては、QSOデータは現存すると判断しています。ベストはRalphがホニアラに戻ってきて、私としっかり話をする時間をとってもらうことです。ポイントはOC-278とOC-163を実行せず、OC-168データを紛失(?)し、これらを放って、OC-104等を実行した、することは違うのではないかということです。
 
ソロモン諸島の小学校へ学用品をプレゼントする企画も私はRalphと話して進めています。いろんな意味で提案したいと思います。

2013年9月 8日 (日)

OC-275P YF1AR/9 and others information(8 Sep 2013)

9月8日(日)の朝にYB3MM Adhiさんから声をかけていただきました。チャットの中で表題のOC-275P Kimaan Islandペディションの情報をいただきましたので掲載いたします。

 
Adhi Bimbo
Shu san, ohayo gozaimasu
I have information that YF1AR, YB0AI and YD9RQX 2 hours ago were in Jayapura, waiting next flight to Merauke
Merauke is probably nearest airport to Kimaan Is OC-275
 
Adhi Bimbo
8-Sep-13 01:15 they just landed Merauke airport
 
チャットの中でOC-275の情報は二つのみですが、YF1AR, YB0AIとYD9RQXの3人はJayapuraでMarauke行きの飛行機を待っているそうです。
 
http://www.yf1ar.com/2013/08/oc-275-south-papua-coastal-new-iota.html
 
Oc275_kimaan_island1
MeraukeからOC-275 Kimaan Islandまでは直線で190kmほどです。Kimaan Islandにも飛行場が確認できました。空路、航路、陸路のいずれをとってもかなり費用がかかると思います。多分、9日月曜日には到着し、尾へレーション可能となると考えられます。
 
Kimaan Islandの経度は138.53.32Eですが、日本の伊豆半島の下田の東京寄りにある半島が同じ経度でした。富士山からちょうど真南と言うことでしょう。
 
【追記】9月8日0400UTCにW2FB SteveさんがIOTA-Chasers Forumに投稿しました。
 
We are all awaiting anxiously this all time new one.
Well, three operators YB0AI, YF1AR, and YD9RQX have arrived in Merauke, in the southern tip of Papua. They will spend the night there and fly to the island tomorrow. If all goes well, they will start on time September 10, 2013.
They will sign individual call sign /9 and the latest info  I have for QSL info is :
YB0AI/9 via home call
YF1AR/9 and YD9RQX/9 via N2OO
I do not know if they will have a single design card or different ones.
Please if you work one or two is enough, let someone else get a chance to work this new one. You need not work all three operators.
Thank you and GL
Steve, W2FB
 
QSLカードの送付先、それにもまして参加者がまだ確定していないようです。集まってみないと分からで感じです。8日にMeraukeに入りますので、9日にflyして現地に到着すると判断できます。多分、10日の朝からオンエアしてくることでしょう。
 
YB8XM Joppyさんから連絡があり、OC-275へは都合がつかず参加しないそうです。期待いただいた皆さんにごめんなさいとお伝えくださいとのことでした。

W2FBからのIOTA-chaser ForumでのYB-IOTA報告2点

この朝にIIHG(Indonesian Islands Hunter Group)を主宰するW2FB SteveよりIOTA-Chasers Forumに次の情報が投稿されました。

 
Hello island chasers,
 
Adhi wants to gauge the interest and demand for
OC262 He plans on operating from Sebesi Island (new point for Nusantara Indonesian Islands Award). THe last time 262 was active as YE5A Pulau Pisang.
 
OC186 Karimunjawa He plans to operate from a different island in the same group :Pulau Menjangan Besar. Earlier this year he was there but only made a hundred or so QSO with JA and EU.
 
His last two solo island expeditions were OC166 1450 QSO
and OC217 Saobi Island (Kangean Group) 1550 QSO
 
I will relay to Adhi, or maybe he will read this forum himself.
A more serious group expedition will be planned next year
hopefully to Banda OC157 and Masalembu OC250.
 
73 Steve, W2FB
 
Ina YD1NAA will be in Tanjung Balai Karimun on the Karimun Besar Island OC075 for two months during work assignment. She will bring her rig and antenna and plans to be on mostly CW. She holds a novice license (YD) so she can only do CW on 15 and 10 I think, and CW and SSB on 40 and 80M. She is a great YL CW operator.
 
Hopefully she will find time to operate and activate this different island in OC075 for Nusantara Indonesian Islands Award. Most operation from OC075 have been from Batam or Bintan Island.
 
Good luck
steve, w2fb
 
一つはYB3MM Adhiさんの今後のプランです。かなりIOTAを意識していますが、本質はNusantara Awardです。OC-217 Kangean IslandもわざわざKangean本島からのQRVではなく、すでにKangean Islandでクレジット済みの局もあることから、Kangean諸島のSaobi Islandを狙って実施されました。これからも十二分に楽しめます。
 
もう一つは21MHzCWで昨年の末くらいから良く聞くYD1NAAによるOC-075を中心としたペディションの情報です。YB5NOF Johnさんとバッティングする可能性はありますが、インドネシアからの島移動が大きく活性化してきました。

2013年9月 7日 (土)

OC-177 YB0D Damar Besar Island QSL received

2013年9月7日に表題のQSLカードがYB0JZS Dickyさんにより届きました。6月29日に交信し、7月4日にOQRSにて2USDをPaypalで送りました。ちょうど2カ月で到着となりました。

 
OQRSのために封筒も作成していただけましたが、JN6RZNと封筒に書かれたコールが間違っていました。恐る恐る開いてみました。二つ折りの表裏4面のカラーカードです。
Img885_2
 
Img886_2
 QSLマネジャはvia YB0JZSです。私のは特別にチームリーダーのJoyさん YB0NSIより送ってもらいました。

Img887_2
コールサインはJN6RZMと大丈夫でした。
Img888
 
RSGB IOTA Comiitteeでも承認済みです。Nusantara Awardでは73番目になりました。
 

2013年9月 6日 (金)

OC-150 Bungin Island operation その4

FacebookがインドネシアのIOTAペディションを大きく変えてきたようです。Bungin Islandの現場の状況が写真付きで送ってきます。

 
1239868_559284707471925_537870910_n
 
世界一人口密度の高い島の理由がこの写真で表現されています。海の上にもこんな感じで家が建っています。
 
1185463_559573254109737_807032702_n
海の向こうに見えるのは間違いなくSumbawa Islandです。この島でもQRVを提案と思ったのですが、二兎を追うものになりそうですねでBungin Islandに集中してもらいました。
 
1185916_559571540776575_123770813_2
21MHzモノバンド3エレ八木です。彼らは21.222を好んで使用します。
 
1233486_559591177441278_1716763227_
8月6日午前中、現地は午前9時台、の写真です。間もなく強い信号を送りこんでくるでしょう。過去には1992年にYE9IのコールでBungin島からQRVがありました。今回が21年ぶりの
2度目になります。
 
1231122_324367967709338_538380210_n

Logo_bungin_5

OC-108 YE5R Siantan Islandの行方

8月のお盆頃にYB5NOF JohnさんよりOC-122/OC-109に表題のOC-108を追加することになった。ORARI本部からの依頼です。というメッセージをいただきました。さらに、旅程ではOC-122からOC-108そしてOC-109へと話がありました。さらに、OC-075 Bintan Islandをくっつけるという話になりました。現時点ではJohnさんの奥様の入院ですべて延期です。

 
その前にYB4IR ImamさんがFacebookにOC-108 YE5Rに参加したいとFacebookに書きこんできました。私はYB5NOFにご相談くださいとアドバイスしました。そうしたら、YB4IRがOC-108 YE5Rのライセンスを入手したとFacebookに掲載していました。
 
YB5NOFとYB4IRにOC-108 YE5Rの件を問い合わせましたら、次の反応でした。YB5NOFへYB4IRの件を報告しましたら、「問題のあるライセンス」と言っていました。詳細は理解できませんでしたが、YB5NOFは「行かなければならない。プランを作らなければいけない」と言っていました。(9月2日現在)
 
YB4IRはFacebookに「OC-108は10月中旬まで延期」とレポートしていました。
 
以上がOC-108 YE5Rの私が存じ上げる経過報告です。まとめると、ORARI本部がOC-122等へペディションへ行くYB5NOFへついでならばという理由でOC-108のペディションを依頼したようです。それにORARI本部のメンバーであるYB4IR個人が参加を望んだようです。ORARI本部はYB5NOFへライセンスを渡すのではなく、YB4IRに渡してしまい、YB5NOFが筋違いと思っているのではないかと思われます。いずれにせよプランの主導権は現在、YB5NOFが持っているようです。
 
さらに、YB4IRはYF1AR Budiさんが進めるOC-275 Kimaan Islandへ参加するようになったようです。
 
YB5NOFはすでにリタイヤですが、皆さんお仕事大丈夫かなと思うほどYB-IOTAプランが過熱し過ぎていると思っています。

2013年9月 5日 (木)

OC-150 Bungin Island YB9KA/P operationその3

9月6-8日にOC-150 Bungin IslandからQRVすると報告しましたが、FacebookのYB9KA Kardiさんの写真付きの報告を見ていましたら、お昼過ぎにKayanganという港の前でのスナップ、時間の経過とともに船の上、と続けて写真が掲載されました。日本時間の6時過ぎに掲載された写真です。

1240025_559277707472625_1962321270_
 
すでにBungin Islandに到着した写真です。少し大型のバンで到着です。車の屋根には21MHzの3エレ八木が乗せられています。早ければ今晩から出てくるかもしれませんね。
 
なお、インドネシア時間は日本より2時間遅れです。明日からのQRVが楽しみです。世界一人口密度が高い島Bungin IslandからのQRV開始です。
 
なお、QSLマネジャーはEA7FTRです。調べましたらOQRSも利用できそうです。

OC-236 YB8S Gangga Island & OC-217 YB3MM/P QSLについて

2012年8月末に表題のインドネシアIOTAのペディションが同時に行われ、どちらも交信された方が多いと思われます。そこで、QSLカードを請求される段階で戸惑われる方も多いようですので説明させていただきます。

 
ご承知と思いますが、OC-236 YB8Sはvia YB9BU、OC-217 YB3MM/Pはvia YB3MMです。
 
昨年2012年に、YB9BUへ送付するSASEがドルのみならずIRCも抜き取られる割合が高いと言うことでYB9BUにPaypalアカウント取得を強く進めました。本人はCredit cardを保有しない主義とのことで一度断られました。11月に再度お願いし、SASEのうち、SAE+QSLカードを従来通りYB9BUへ送ってもらい、2USDやIRCはPaypalでYB3MM宛へ送るという対応に変えてもらいました。QRZ.comにもYB9BU取り扱いのQSLをすべて掲載してもらいました。
 
さらに、YB3MMはPaypalリストをすべてYB9BUへ報告し、その結果を持ってQSLカードを届いた返信用封筒により返信しています。
つまり、YB9BUは返信用封筒を準備したり、住所を書かないで返信料のみYB3MMのPaypalで受領する方式でやっています。私の友人のEU7AやYT7DXからOC-271 YB8XM/Pの請求でYB3MMへ2USD送ったけどまだ届かないと最近メールがきましたので、YB9BUへSAEを送ってくださいとお知らせしました。
 
私も本当はこれが正しいと思っています。QSLマネジャーにOQRSで封筒の購入、封筒への宛名書きをさせるというのは2USDではやらせ過ぎと思っています。1年に1回くらいしかペディションをしないのであれば手伝いを集めて一気にできると思います。しかし、今回のOC-166やOC-217を実施したYB3MM Adhiさんの負担はかなりきついと思います。
OQRSはQSLをいただく方はPaypalで送金するだけでたいへん便利ですが、ペディショナーが宛名書きまでやっているとどうなのでしょう。私は申し訳ないので封筒代、カード印刷代、封筒の住所書き代としてわずかですがプラスアルファを一緒に送っています。
 
今回、自信があるならば、YB8SとYB3MM/P分を合わせて送金し、その旨をPaypalメモに記載して下さい。そうでない場合は、二つ分を分けて2回送金されてください。ClobLogからでしたら別々になると思います。

OC-217 YB3MM/P Kangean Island データ協力者全員交信成功

先週末に前日にいきなりQRVが決定しましたYB3MM AdhiさんによるOC-217 Sabio Island Kangean Islands YB3MM/Pが8月29-31日に実施されました。見事にIOTA-YB wanted list 2013作成に協力いただき、OC-217未交信の23名のデータ協力者全員が交信に成功しました。

 
2008年にもIOTA-YB wanted list 2008を20数名の方からインドネシアの未交信IOTAをご報告いただき、エクセルにより作成し、YB9BUをはじめとする当時のペディショナーへNew IOTAへ行ってもらうための参考資料として提案に使っていました。
 
5年経過したために、IOTA-YB wanted list 2013を今年初めに作成しました。JA34名と海外3名のリストができ上がり、当初はペディショナーへの提案資料として使っていました。YB3MM YB5NOF YB8XM YB9BU YB9WZJ YB0ECTなどに送付していました。
 
これが本日現在のIOTA-YB wanted list 2013です。イメージです。
Iotayb_wanted
見づらくて申し訳ありませんが、縦にYB-IOTAをIOTA番号順に掲載し、横にデータ協力をいただいた各局を配置しています。中身は単純で未交信には1をエントリして縦計、横計をとっただけのリストです。JA1エリアからJA0エリア、続いて海外局という配列です。
 
2013年4月にYB3MM AdhiさんがOC-237 Madura Islandへ行くようになった時に、横一列に濃い青マーカーを入れて、そこに1が立っている局に、そのペディション情報をメールで知らせ続けました。同時にあったOC-161 YB6Nも同じ対応をしましたら、全員交信に成功されました。交信を確認しましたら、黄色マーカーで塗りつぶします。
 
個別にOC-144 YE4IJとSkedのお約束ができましたので、OC-144未交信局へ連絡してSkedを実施し、全員完了させることになりました。途中で、K6VVAも加わりさらに熱があがってきたのを記憶しています。さらに、SP5APWもぜひ登録して欲しいと懇願されました。
 
今回、OC-217がSP5APWは初めてだったのですが、見事にログがヒットしました。OC-217全員交信完了です。この後、YBのペディショナーへこの報告をします。きっと喜んでくれるとともに、次のYB IOTAのプランを作ってくれるでしょう。以上、報告いたします。
 

2013年9月 4日 (水)

YF1AR BudiさんとOC-275P Kimaan Island

YF1AR Budiさんのコールは以前からときどき聞いていました。YB3MM Adhiさんとも仲が良く、コールサインと名前もその関係で記憶するようになりました。今年初めにAdhiさんよりOC-245 YB3MM/6のペディションに参加しませんかと言ってきました。その中にYF1AR Budiさんもいました。

 
Adhiさんが以降、積極的にNusantara Awardの促進を兼ねたIOTAペディションを実施する中で、その影響を受けられたのがOC-237 YE3Iを実施したYB3EDD Ediさんと、YF1AR Budiさんです。
 
BudiさんはIndonesian Islands Hunter Group(IIHG)をAdhiさんとW2FB Steveさんが作られましたが、その中でweb担当を受けられました。
http://www.nusantaraaward.com/
のメンテナンスがBudiさんのお仕事です。
 
その影響もあり、IOTAコンテスト時にはOC-237 Madura IslandよりYF1AR/3のコールで、8月にはOC-021 YF1AR/1でジャワ島の灯台からオンエアされました。OC-237 Maduraは既にAdhiさんが2カ月続けてオンエアしたために多くの局数と交信には至って内容でした。
 
そして、先月8月24日に「OC-275P Kimaan IslandからのQRV」のメールが届き、JA friendsからのドネーションウェルカムがありました。事前情報が無くいきなりであったこと、実施までに2週間しかなくドネーションギャザリングの期間が無いために熟考の上、残念ながらお断りさせていただきました。
 
その代替案として、GDXFとIREFを紹介しました。Budiさんは「その二つはYB3MMが担当している」との回答をされました。
 
ほぼ、同時にYB8XM Joppyさんから相談があり、BudiさんからOC-275へ一緒に行かないかと相談があったがどう思うかと問い合わせがありました。この真意は2012年にJoppyさんとOC-157 Banda Islandへペディションへ行ってもらう約束をしていたからです。Joppyさんもその準備に入る入らないというぎりぎりの9月を迎えるにあたって、この誘いを受けたために私へ相談してきたと判断しました。
 
9月10日よりOC-275Pよりオンエアの予定ですが、YB8XM Joppyさんが加わったり、YB3MM Adhiさんが参加断念したり、さらには今日、その代わりかもしれませんが、YB4IR Imamさんがウェブに追加されていました。そういえば、YB9WZJ Joniさんも名前があがっていました。昨日メッセージのやりとりをしましたがもAll Asian contestの準備で忙しそうでした。
 
細かいことを心配しても仕方がありませんが、1週間を割ってしまいましたので無事にオンエアできることを祈りましょう。このKimaan Islandへは航路ではなく、航空路で行くことがスタンダードと思われますので、航空券キャンセルの基準が1週間、3日前までと考えると実施確率は95%くらいと思いました。私が把握しております。OC-275の全情報でした。
 
1
下の方にコールサインが3つ並んでいましたが、人の入れ替わりがあり、カットされました。また、デザインは8月に実施されましたYF1AR/1のロゴデザインをそのまま流用しています。 頑張れ、Budiさん!
 

2013年9月 3日 (火)

OC-217 Saobi Island Kangean Islands information

この朝にYB3MM AdhiさんのQRZ.comに表題の情報が掲載されました。

 
Udang5 
今度はエビのロゴマークです。先週の水曜日に明日からOC-217からQRVするとの連絡をいただき、9月1日の夜に島から引きあげられました。努めて後追いでもロゴマークを作成するということはAdhiさんのIOTAペディションを実行する強い意志ではないかと思います。
 
なお、9月10日からのOC-275P Kimaan Islandへの参加は中止すると補記されていました。引き続き、YB0AI、YF1AR Budiさんをご支援くださいとのことです。
 
なお、Adhiさんのこれだけペディションを実施する目的の第一は、やはりNusantara Awardの推進です。3月のOC-245 YB3MM/6 Breueh Islandを実施して以来、毎月のように実施されていますのはJAから16名の方がNusantara Awardを新規に申請された結果です。
 
http://www.nusantaraaward.com/2012/08/outstanding.html
 
Nusantara Awardの新規申請による皆様のご協力を節にお願いいたします。
 
 
【追記】9月3日よりクラブログが稼働しています。
http://www.yb3mm.com/2013/09/saobi-island.html

2013年9月 2日 (月)

Nusantara Award 70 Sticker到着

8月2日にYB3MM Adhiさんより送りましたとメールが届いて待つことちょうど1カ月。本日、Nusantara Awardの70IslandsのStickerが到着しました。

 
Nusantara_70_small_size
 
昨年8月に発行開始されたばかりでまだ取得者も少ないのですが、なぜかWorld Wideトップの状況となってしまいました。
 
本日現在、Worked 79 Islands、Confirmed 72 Islandsです。いろいろ仕掛けておりますので今年中には80まで回収できる予想でおります。
 
私のようなアパマンハムは遠方のIOTAはなかなか聞こえない、聞こえても飛ばない環境にありますので、近場のインドネシアのIOTAであるNusantara Awardで楽しむことができています。APA-4と100ワットで世界トップを少しの間だけでも走っている充実感があります。
 
本日、Nusantara Awardの主宰者でもあり、OC-122 YE5TのQSLmgrであるW2FB Steveと話しているときに間もなくNusantara 70 stickerが届き、80も視野に入っていると報告すると、「No one has gotten 80 Yb islands. I am not even sure if we printed sticker for 80 ! You are going to be the first.」と答えが戻り笑ってしまいました。
 
YB-IOTAのアクティビティ促進を含めて、沢山のインドネシアの島々からのQRVを進めています。ご一緒に楽しみましょう。ご興味あるからはご連絡ください。
 

OC-150 Bungin Island operation その2

YB9GV等が9月6-8日に訪問するBungin Islandを調べてみました。

「世界で最も人口密度の高い島」と言われるだけあってGoogle Mapの上空から見た航空写真は建物でびっしりです。
 
Bungin1
潮の満ち引きで海の中に建ってしまう家は全て石を何段か積んでその上に柱を立てた構造になっています。玄関はしたから潜る様な位置にあります。潮が満ちるときっと船で行き来するのでしょう。
気になるのはメイン・アイランドとの橋が土で盛ってあることです。真ん中に外海に水を流すための橋がかかっていました。
 
Bungin2
こんな小さな島がRSGB IOTA Directoryにも掲載されています。橋のたもとの島であるSumbawa IslandもIOTA DirectoryにOC-150の欄に並列に並んでいると思うとすごい格差を感じました。いかにインドネシアは島が多いかということがわかります。
 
Bungin4 
中央から東側までがSumbawa Islandです。かなり大きな島です。西側にAdiさん等が住むOC-150 Lombok Islandが存在します。ここから、フェリーでSumbawa Islandに渡って目的地のBungin Islandに達するのでしょう。
 
Bungin5
もう少しズームアウトすると西側にようやくBali島が現れました。さらに少し北側にOC-217 Kangean Islandも現れました。
毎週末のようにYBのIOTAペディションが続きます。IOTA インドネシアが少なくなりますと、Nusantara Awardで楽しむのもまた面白いです。Nusantara Award 80が見えてきそうです。

OC-150 Bungin Island operation その1

昨日の日曜日に東京ハムフェアに参加されましたYB9GV Adiさん、YB9KA Kardiさん、YB3LZのお三方の日本旅行の写真がFacebookに投稿されました。ハムフェアだけでなく、広島や大阪、京都、そして青森やその新幹線の中、さらに東京浅草寺の写真など1,500枚くらいの写真が楽しく拝見させて貰いました。

 
その御礼のやりとりをしておりましたら、表題のペディションが決定しました。YB9KA Kardiさんがハムフェアで購入されたIC-7000の筆おろしペディションです。OC-150 Lombok Islandに住んでいますが、その離島の世界一人口密度の高いBungin IslandからのQRVです。
 
Dear Shu-san
DX-pedition
6-8  September 2013
Bungin Island ,
OC-150 ,
ITU zone 54 Cq zone 28
koordinat 8°28'37.69"S 116°59'43.25" ( search google earth)
team member . Kardi - YB9KA , Adi-YB9GV , Jan-YC9JIN , Tris-YB9IUS
15 and 20 meter band
antena : 3 ele for 15m , rotary for 20m
Rig, Icom IC-7000 , Kenwood TS-450s , Icom IC-718 , Icom IC-703 , w/o PA ( barefoot )
QSL manager EA7FTR
thanks , Adi YB9GV
 
と、やる気満々です。IOTA creditedは20.3%とまずまずレアです。昨年実施されましたYE9IOTAが今年の申請に間に合わなかった局が結構いるようですが、Nusantara Awardではnewです。今週末もYB-IOTAが出てきます。ぜひ交信してください。
 
1231122_324367967709338_538380210_n
YB9GV Adiさん提供のBungin Islandです。

2013年9月 1日 (日)

OC-122 & OC-109 の進捗について(1st Sep 2013)

さきほどYB5NOF Johnさんよりコールがあり、チャットを行いました。

まず、奥様が快方に向かい2-3日中にも退院できそうとのことです。Johnさんには奥様の容体と健康が安定するまでペディションは延期しましょうと常に提案してきました。
 
意見交換を行いましたが10月から11月に実施したい。YB9Yと重ならないよう10月前半にやりたい。Oceanian Contestと重複するなど意見交換を行い、10月15日(火)から20日(日)の案でOC-122 YE5T Tambelan Islandのみを調整を開始することになりました。JohnさんとYB5QZ Antonさんが打ち合わせの上、オペレータの日程、船の調整、ライセンスの取り直しなどにとりかかります。
 
OC-109 Serasan Islandは2014年春へ持っていきたい。さらにOC-108 Siantan IslandもYB4IRがfacebookで掲示しているYE5Rとはまったく別に企画するそうです。多分、ORARI本部よりJohnさん個人が受けているような感じです。
 
全て決定ではなく、これから決定していくないようです。決定次第、随時お知らせします。
 

OC-217 YB3MM/P Saobi Island Kangean Islands (1st Sept 2013)

さきほどW2FB SteveさんがYB3MM Adhiさんと話された内容をIOTA-chasers Forumに投稿されました。

 
Adhi has left Saobi Kecil Island. He operated from Saobi Kecil Island in the Kangean Islands group. It counts for Kangean but for Indonesian Island Nusantara Award, it counts for a separate point. Adhi told me that he was planning on operating from Kangean (Saobi Besar Island) but en route to Kangean he had a conversation with a man on the small ferry and he was the head of the local village at Saobi Kecil and he convinced Adhi to operate from his village as his guest. The head of the village took care of all the logistics while Adhi was there. Electricity was available between 6pm and 5 am local time. During daytime he used low power generator and was operating QRP 5 W to conserve power. Adhi used 3 el monoband Yagi for 15 M and 2 el monoband for 20 M. I will post photos in the album section.
 
He is now on Saobi Besar aka Kangean Island. The boat back to Madura was cancelled so he is stranded until Monday evening. He is not sure if he can QRV from Saobi Besar (Kangean) since he did not make prior arrangement. Hopefully we hear him on the air if not he will leave the island on Monday evening local time back to Madura and drive to Java. He is very tired but I told him that he made a lot of people happy working a new IOTA counter.
 
Thank you Adhi, have a safe trip home. Thank you for activating OC217 and new counter for Nusantara Award, Saobi Kecil Island.
 
73, Steve, W2FB
 
PS: I also will post pictures sent by Kadek YB9BU from Gangga. Kadek reported several periods of strong winds on the island, and the team went QRX. There are many operators, some are new to island dxpedition, but this is one of the objectives of this expedition is to train new operators. Gangga island counts for OC236 but a separate counter for Nusantara Award. Thank you Kadek and the team. We all appreciate your effort.
 
島の電源使用時間のの読みはズバリ当たりました。但し30分ずれましたが。9月2日月曜日の朝までいるようですね。日曜日も日本時間6時から出てくる可能性があります。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »