World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« OC-157 YB8XM/P Banda Island activation(29th Oct 2013) | トップページ | サラリーマンのための新しいIOTA chasingの一方法 »

2013年10月29日 (火)

YB5NOF Johnさんの近況について(OC-209 & OC-210 plan)

本日、YB5NOF Johnさんと久しぶりに会話ができました。
当然ですが、奥様の体調も普段と変わらないほど良くなってきたそうです。いろいろお話ししていましたら2022年4月22日に金婚式を盛大にされるそうです。そこに、私を招待していただけることになりました。私も頑張って参加したいと申し上げました。
 
さらに、基本的には、「I hope on May 2014 we can make our planning to OC109 122.」と、OC-109とOC-122は来年5月に実行する強い意志であります。
 
そして加えてJohn-sanは、「I will back to my Home land Sangihe on Februari 2014 AND will try from small island there for 1 month...Hope it will be ok especialy for all Japanis friend.」
と、来年2月に奥様の休養をかねてJohnさんの出身地であるOC-210 Sangihe Islandで1月ほど過ごすそうです。もちろんオンエアするそうです。
 
「So we will go to Marore Miangas and 2 small Island on OC209 and then Kawio, Para' and Mahengetang also Siau, Taghulandang AND Biaro...on OC 210.
If i can get The licence we tuning with YE call sign but if can't we used Home call/P.」 と、OC-209の二つの島と、OC-210の6つのプランを持っています。サポートにどなたか加わるようですね。
 
JA friendsで寄贈しましたミニマルチアンテナHX52Aをもちろん使ってのQRVです。IOTAでOC-209とOC-210を未交信の局にとってよりもNusantara AwardハンターにはほとんどがNewになりそうです。まさに涎がでそうな情報です。
 
QSLマネジャなどまだ未決定の部分が多いようですが、決定の都度、当ブログで紹介してまいります。お楽しみに。
 
Oc209_oc210
 
場所はフィリピンとインドネシアのスラウェシ島の間に位置しています。

« OC-157 YB8XM/P Banda Island activation(29th Oct 2013) | トップページ | サラリーマンのための新しいIOTA chasingの一方法 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-157 YB8XM/P Banda Island activation(29th Oct 2013) | トップページ | サラリーマンのための新しいIOTA chasingの一方法 »