World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« OC-177 YF1AR/0 Payung Besar Island 3回目のプラン | トップページ | 過去のYB-IOTA QSL回収状況 »

2014年4月 7日 (月)

10 New IOTA Groups to be announced その1

7月始めのIOTA50周年記念コンベンションで10個の新しいIOTAが誕生することになりましたが、14年前の2000年7月にいくつ増えたか知りたくなってきました。14年もたつと結構あやふやになってしまいましたが、67-68件くらいあったようななかったような、早速過去のデータを調べてみました。
 
2002年並びに2004年発行のIOTA Directoryでは増加分は空欄表示されて、従前の空欄と入交り判断ができかねました。2007年発行分で初めてProvisionalの「P」がIOTA numberの後に付けられました。そのため、2000年から2007年初めまでに実施された分がこれまた入り混じっていました。
 
AFはAF-102からAF-117の18個、ANはAN-019からAN-021の3個、ASはAS-175からAS-198の24個、EUはPなしですが、EU-170からEU-189までの19個と記憶しています。NAはNA-229からNA-246の18個、OCはOC-271からOC-294までの24個、SAがSA-095からSA-098の3個のProvisionalがありました。
 
合計で109個です。実際は2000年7月からこのDirectory2007が出版される間にペディションが実施されPが外れた島がいくつかありましたのでもう少し増えると思います。
 
Directoryには2000年、2005年、2010年と5年ごとに見直すと記載されていますが、この2000年に設定された100余りのNew IOTA以来、一部調整のために2-3増加しましたが、増加することは実施されませんでした。
 
AF18、AN3、AS24、EU19、NA18、OC-24、SA3という大まかではありますが、この数字の割合は10個の配分に参考とされるのではないかと思います。
 
ASはJAのAS-117が太平洋側と日本海側に分かれるのでは、JA5 四国沿岸グループが誕生するのではないか。OCはYBのここのところのアクティビィティ増加で最低1つくらいは増えるのではないか等と昨日も話題となりました。たいへん楽しみです。

« OC-177 YF1AR/0 Payung Besar Island 3回目のプラン | トップページ | 過去のYB-IOTA QSL回収状況 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-177 YF1AR/0 Payung Besar Island 3回目のプラン | トップページ | 過去のYB-IOTA QSL回収状況 »