World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« Next YB3MM IOTAペディション | トップページ | YF1AR関連QSLに関してのN2OOからのメッセージ »

2014年4月 5日 (土)

2014年7月に10個のNew IOTAが発表されます

4月4日付けでRSGB IOTA CommitteeのG3KMA Rogerより下記のIOTA newsが同websiteに掲載されました。

http://www.rsgbiota.org/
 
10 New IOTA's to be announced at IOTA Conventi   The key event at IOTA’s 50th Anniversary Convention, to be held from 4 to 6 ...
The key event at IOTA’s 50th Anniversary Convention, to be held from 4 to 6 July, will be the announcement of 10 new IOTA groups, the first new tranche to be added since year 2000. Two of these 10 will be left for final decision at the Convention on the basis of evidence-supported representations made in person by delegates. All additions to the list will conform with IOTA rules amended in a minor way in the new IOTA Directory to be published in early May. It is envisaged that much of the discussion between DXpeditioners attending the Convention will be on their plans to activate these new groups and achieve that NEW ONE badge. Join this exciting occasion by enrolling for the Convention on www.rsgbevents.org where the special discount price for attendance has been extended to 30 April. Decisions taken will be notified on the RSGB IOTA website after the Convention.
 
G3KMA, 04 Apr 2014
 
7月4日から6日にイギリスで開催されますIOTA50周年記念コンベンションで10個のNew IOTAが発表されます。2000年7月以来14年ぶりのNew IOTAになります。
 
ところで、IOTA DirectoryのIOTA PROGRAMME RULESの「E章 MORE ABOUT THE ISLAND LIST」のE.1.2を確認しましたら次のように記載されていました。
The IOTA Committee has decided, as part of the strategic planning, to review the island list every five years. The next such occasion will be in 2014 to coincide with the 50th anniversary of IOTA's launch. It is expected that any changes made will be very small.
 
2000年当時は私もIOTAを始めてまだ3年で、インターネットによる情報伝達力も今のように発達しておらず、いきなり世界中で50を超えるNew IOTAが増えたことを記憶しています。EUではすでに情報が流れているようで7月末のIOTAコンテストでは15個くらいのnew IOTA-EUから全てオンエアしてきたことを鮮明に覚えています。
 
Newと言っても全くノーマークの島がIOTA newになることはないと思います。基本的に分割になると思います。すでにIOTAナンバーが付いている島が二分されることになります。多分、南極を除いたAS/EU/NA/OCで2つずつ、AF/SAで1つずつの計10個が割り当てられるのではないかと私は予想します。
 
IOTA JA CPのJA9IFF中嶋さんより以前にお聞きしたときには島の面積や島の数の多いものが優先される傾向があると記憶があります。また、今後は積極的に増やさないともお聞きした記憶があります。
 
いずれにせよ7月の発表がたいへん楽しみです。年間1ケタしか増えなくなりましたので、なかなか素晴らしい企画と思います。
 

« Next YB3MM IOTAペディション | トップページ | YF1AR関連QSLに関してのN2OOからのメッセージ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Next YB3MM IOTAペディション | トップページ | YF1AR関連QSLに関してのN2OOからのメッセージ »