World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« YB5NOF Johnさんの情報OC-109/OC-122(2014.04.13) | トップページ | OC-106 YB4IR/5 QRT, 新しいペディションスタイル »

2014年4月14日 (月)

JA6BJV 野口さんのSK

昨晩、ひょんなことからJA6BJV野口さんが2013年12月12日に交通事故で亡くなられたことを知りました。74歳とのことでした。ご冥福をお祈りします。

 
明確ではありませんが、JF3のコールをお持ちで10年ほど前に故郷の熊本県荒尾市に戻られJA6BJVでオンエアを開始されていました。IOTAを結構呼ばれていましたので時々メールを差し上げ情報交換をするようになりました。このブログも参考にしているとのことでした。
 
KCJの会長をしているとか、160mDXCCに凝っているとか言われていました。JG3LGD松久さんのお知り合いで松久さんからIOTAを勧められ適度にやっているとのことでした。
 
2012年9月30日にRSGB IOTA CP JAのJA9IFF中嶋さんをお招きして福岡で第一回九州IOTA Meetingを開催しましたときにお誘いしました。ご返事は欠席でコメントに「IOTAはDXCCの手すきの時にやる程度のものでわざわざ福岡まで云々」とのお応えでした。
 
それ以来、逆に疎遠になっていました。昨日、YB3MM Adhiさんのウエブを確認しておりました。http://www.yb3mm.com/ です。OC-219 Wangiwangi Island YB3MM/8に私は遅れてドネーションをしたためにその確認をしていました。
 
過去分のドナーの増減を確認していましたら、昨年の5月くらいからJA6BJV野口さんがドネーションをしていることに明確に気づきました。全部チェックするとずっと継続して昨年12月までドネーション支援をされていることに気づきました。
 
「なんだ、IOTAを楽しんでおられるじゃないか」と思いました。しかし、今回の今年初めてのOC-219 Wangiwangi IslandにはJA6BJVのコールが掲載されていませんでした。
 
そこで、ネットで調べて表題の事件を知りました。確かにあれだけ聞こえていたCWによるコールサインも最近は全く聞いていないことに気が付きました。深くもないお付き合いでしたが、Meeting誘いのお断りにカチンと来て以来、お声掛けしなかったこと、それに反して間違いなくYB3MMのwebを楽しみに見ていただいていたことを思い、たいへん残念な気持ちになってしまいました。
 
JA6BJV野口さんのご冥福をあらためてお祈りしたいです。

« YB5NOF Johnさんの情報OC-109/OC-122(2014.04.13) | トップページ | OC-106 YB4IR/5 QRT, 新しいペディションスタイル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YB5NOF Johnさんの情報OC-109/OC-122(2014.04.13) | トップページ | OC-106 YB4IR/5 QRT, 新しいペディションスタイル »