World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« YF1AR関連QSLについて 2 | トップページ | YB9BU Kadekさんとのコンタクトまとめ »

2014年4月20日 (日)

OC-109 Serasan & OC-122 Tambelan Island plan 20.Apr.2014

昨年2013年5月のOC-208 YB8P Banggai IslandsのQSLマネジャをされましたW2FB SteveさんがYB5NOF、YB5QZ、そしてYB4IRの間に入っていただき調整役として活動を開始されました。W2FBはIndonesian Islands Hunter Group(IIHG)の主宰者をYB3MM Adhiさんと一緒にされています。

 
以前にも紹介しましたがアメリカニュージャージー州にお住まいでインドネシア語が堪能です。そのため、私のたどたどしい英語力でYB局と調整するよりはスピーディに事か進む次第です。YB4IRのOC-109 Midai IslandのキャンセルもW2FBとの調整結果です。
 
昨晩メールをいただき、昨年のOC-208 YB8P同様にドネーションのご支援をお願いしたいと言ってこられました。昨年同様に10USD以上のドネーション協力をいただいた局にはvia JN6RZM経由でQSLカードを無償提供するシステムで進めてほしいとの依頼です。
 
昨年のOC-109/OC-122実施時はYB5NOF Johnさんはビームアンテナの支援を求められました。ミニマルチアンテナHX52AをJA+DXの有志により寄贈しました。それのみで良いとのことでしたが、今回、旅費等の支援を含みドネーション支援の依頼をYB5NOFからもらいました。
 
多分、ご承知の通り奥様のご病気により経済的な環境が大きく変わったものと判断しました。そこでYB5NOFには再度協力する旨を伝えました。今回ご協力をされず前回アンテナ寄贈に協力された局にももちろんQSLカード無償提供を行います。
 
しかし、ここはぜひ、前回はOC-109分、今回はOC-122分と考えていただき再度のご協力をぜひお願いしたいと思っております。
 
また、昨年11月に実施しましたOC-157 YB8V Banda Besar IslandのQSLカード処理が済んでいないことがたいへん心痛であります。こちらもYB9BUを動かすべく対応しています。
 
最後にドネーションのお願いメール等は、あくまでもYB5NOF Johnさんが日程を決定し、私に知らせていただいた時点で実施したいと思います。多くの皆様のご理解とご協力をお願い申しあげます。

« YF1AR関連QSLについて 2 | トップページ | YB9BU Kadekさんとのコンタクトまとめ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YF1AR関連QSLについて 2 | トップページ | YB9BU Kadekさんとのコンタクトまとめ »