World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« OC-191 A35JP/P Niuatoputapu Island QRVing | トップページ | OC-209 YB8RW/P QRV Plan(30 May 2014) »

2014年5月29日 (木)

5月28日のIOTA日記

その1

Nusantara Awardを取得されたF5NHQ Lionelに「Congratulation」とメッセージを送ったことがきっかけで「Shuがやり残しているフランスのIOTAを全てサポートする」と言ってこられましたが、EU-094 TM4Uを初めとして早起きとワッチ強化が進んでいます。昨晩よりEU-095 TM5FIが始まり、Lionelよりレポートが求められるほど盛んにやりとりしています。
 
昨晩の21258、この朝の14037、18160を聞いておりましたが、やはりビーム使用のJA局と盛んにレポート交換していました。運よく信号が上がれば交信できそうですが、私のAPA-4では相手がビームでないと厳しいです。
 
その2
JL3TOG岩田さんがいよいよ30日にインドネシアのバリ島経由でOC-150 Lombok Islandへはいられ、5/31-6/1にYB9/JL3TOGのコールでオンエアされます。昨年YB-JA間の相互運用協定が実施され、第1号としてYB0/JA8VEが運用されています。岩田さんは第2号ですが、YB9GVやYB9KA等の協力により運用されますので強力な電波が発信されるでしょう。
 
これからJAコールの/YBが増えると思いますがそのパイオニアでもありますので、無事に運用できることを願っております。Lombok Islandはそう珍しくもなくなりつつありますが、ぜひ記念に交信したいものです。
 
その3
YB8XM Joppy OMの友人であるYC0MVP AndyさんのFacebookのコメントのなかに3つのURLが書き込まれていました。二つは2014年1月と2月に実施されましたOC-224とOC-076のウエブですが、もうひとつはOC-070 Haruku Islandで2014年5月2日付けの作成中のウエブでした。
 
http://oc70.blogspot.jp/ 画面はOC-224のウエブからコピーしてタイトル等一部変更しただけです。Joppyが住むAmbon Islandのすぐ東側の島です。IOTA DirectoryのOC-070の中に独立して掲載されております。
 
その4
5月17日にIOTA Meeting in Fukuokaの来賓でありましたYB8BRI Ramさんとそのペディション連れでありますYB8HZ Hajarさんへお願いのメッセージを送りました。それはIndonesian Island listに掲載されすでに運用済みのSalayar Island(スラヤル)へ行くお願いをしてみました。
 
2000年12月にYB8HZ Hajarさんが一度QRVしていますが、ほとんど認識されていません。また、お二人の住むMaccasarからたいへん近い距離に位置し交通も便利のようです。
 
その5
この朝午前7時過ぎにYB8RW Dinさんの今後のスケジュールを確認のメッセージをいれましたら、「予定どおり」と回答をもらいました。2時間ほど経過して出てきたのはSalibabu Islandでした。予定では昨晩もしくはこの朝からSara'a Besar Islandとなっており、今日の夜から明日の夕方までSara'a Kecil Islandになっています。ホールドアップします。

« OC-191 A35JP/P Niuatoputapu Island QRVing | トップページ | OC-209 YB8RW/P QRV Plan(30 May 2014) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-191 A35JP/P Niuatoputapu Island QRVing | トップページ | OC-209 YB8RW/P QRV Plan(30 May 2014) »