World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« IOTA Directory - 50th Anniversary Edition新発売 | トップページ | YB8BRIからの2枚のQSLカード »

2014年5月19日 (月)

EU-027 Bear Island JW2US worked

土曜日のYB8BRI welcome partyで飲みすぎたお酒のせいで翌日の日曜日はなんとなくさえない一日になっていました。夕食後も眠気に襲われうとうととしていますと夜9時過ぎにSkypeコールがかかりチャットに応じますと目がさえてきました。

 
YB関連の整備や支援などを話題としましたが、話題豊富のために10時30分を軽く過ぎてしまいました。いつもなら10時に終わるところでした。そろそろ終わろうかと言う時にクラスターに21044 JW2USのレポートを見つけました。それと同時に友人にはお休みのファイナルを送りました。
 
IOTA番号はありませんでしたが、以前から探していましたEU-027で21044でゆったりとさばいていました。なかなかコールを打たなかったのですが、JW2USを確認後、up1でコールするとあっけなくコールバックがありました。
 
10年ほど前からEU-027を探していましたが本年2月にクラスターにJW2USがかなりレポートされていましたので5月の夜だったら交信できるだろうと狙っていましたが、3か月も経過するとすっかり忘れていました。JW2USは今月まで滞在し6月には本土に戻ると書いてありました。
 
アパマンアンテナではなかなか交信できず10年ほどかかりましたが、まだ来週末くらいまではチャンスはあると思われますのでここに書き記しました。

« IOTA Directory - 50th Anniversary Edition新発売 | トップページ | YB8BRIからの2枚のQSLカード »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA Directory - 50th Anniversary Edition新発売 | トップページ | YB8BRIからの2枚のQSLカード »