World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« YB8RW/Pのnew plan on late May 2014 | トップページ | OC-209 & OC-210 YB8RW/P の行動Mapについて »

2014年5月17日 (土)

OC-109 YB4IR/5 Midai Island(18-25 May 2014)

YB4IR Imamの5月2回目のペディションがOC-109 Midai Islandから18日(日)から25日(日)まで実施されます。前回のOC-107 Singkep Islandでは3539QSOsとなったようです。主にEUへの局数が伸びました。YB4IRによるペディションは多くの局にNew IOTAを与えたことでしょう。

 
OC-107から一度OC-075 Batam Islandへ飛行機で戻り、再び船でOC-109 Midai Islandへ渡っています。Facebookでは逐一、写真つきで報告されています。そのため、OC-109の到着とQRV開始予定時間が分かればfacebookに掲載してもらうようにお願いしました。
 
OC-109 Natuna Selatan Islandsはクレジット率が4.2%とYB-IOTAの中でも超珍の部類です。1989年のYB5NOC/Pと、すでにSKのYC5XIPが1997年にMidai Islandから、同じく1998年にSerasan IslandからQRVした3回のみでありました。今回のOC-109は16年ぶりのQRVとなります。
 
ちなみに私はYC5XIPをどちらも交信済みでMidai Islandでクレジット済み、Serasan Islandは当時2枚必要ないと判断し請求せず、現在I1WFFからの未回収となりました。YB5NOC/Pは島名不明のままです。
 
なお、YB4IRはミニマルチのHX52Aを気に入っているようで盛んにWarc bandsの18/24MHzと28MHz、ならびに10MHzもサービスしています。
 
QRV時間などの情報が入り次第、このページに追記します。

« YB8RW/Pのnew plan on late May 2014 | トップページ | OC-209 & OC-210 YB8RW/P の行動Mapについて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YB8RW/Pのnew plan on late May 2014 | トップページ | OC-209 & OC-210 YB8RW/P の行動Mapについて »