World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« OC-150 Lombok Island YB9/JL3TOG plan | トップページ | 5月28日のIOTA日記 »

2014年5月29日 (木)

OC-191 A35JP/P Niuatoputapu Island QRVing

OC-191 A35JP/P Niuatoputapu Islandがいよいよでてきましたね。この朝も21005で快調にパイルを捌いています。JA0RQV田村さんが一度チャレンジされていけなかった島です。このOC-191とOC-123 A35 Niuatoputapu Islandはそれぞれクレジット率12.8%と18.3%とレアであります。

 
2006年12月にJA7GAX長嶋さんがA35TN/NのコールサインでQRVされて以来です。ここのたいへんさは電源の確保とお聞きしました。長嶋さんはトラックを借りてそのバッテリーにつないで運用されました。そのため、常時運用ができず、細切れの運用になったとお聞きしました。
 
今回のQRZ.comのA35JPのページにも「QRV will be limited and much depending on the availability of electric power since there is no commercial electric power at all. I must find genset or car battery....」との記載がありました。
 
ここは電源が勝負といっても過言ではないと思います。素早く見つけて素早く交信する。たくさんのバンドやモードで交信せずに世界中の他のIOTAチェイサーへ少しでも回してあげるという心遣いが欲しいところです。当然、私はクレジット済みのため、コールしません。未交信の局にたくさん交信していただくことを望みます。
 

« OC-150 Lombok Island YB9/JL3TOG plan | トップページ | 5月28日のIOTA日記 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-150 Lombok Island YB9/JL3TOG plan | トップページ | 5月28日のIOTA日記 »