World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 5月28日のIOTA日記 | トップページ | OC-075 Riau IslandへのIOTAペディション実施の提案 »

2014年5月30日 (金)

OC-209 YB8RW/P QRV Plan(30 May 2014)

一昨日に第2目的地のSalibabu Islandからなかなかスケジュールどおりに出発しなかったために、Sara'a Besar Island以降のスケジュールを教えてほしい。特にNA各局に伝えたいと申し上げました。YB8RW Dinさんの回答は「以前に渡したプラン通りです」と戻りましたが、どう見ても最終日が第3目的地のSara'a Besar Islandになってしまいましたのでお手上げでした。

 
この朝のFacebookのYB8RWの情報はRain & Cool、そしてNo propagation。さらには発電機の調子が悪く止めているとのことでした。これは第4目的地のSara's Kecil Islandの到達は厳しいと思いました。午前中に用事がありましたので出かけました。
 
12時前に戻り、確認しましたら、OC-209 Sara'a Besar Islandからサービスを開始していました。さきほどYB8RW/Pを21MHzで見つけ交信できました。その時にSara'a Kecil Islandはどうするのかと質問しました。Dinさん曰く「Maybe tomorrow」と回答してくれました。
 
コンディションや諸事情があるとは思いますが、1日延期してSara'a Besar IslandとSara'a Kecil Islandを十分にサービスしてくれるようです。
 
【追記】
2014年5月30日、日本時間18:35JST現在。
Facebookに現在のテントの写真等が掲載されました。YB8RWのメッセージなどから判断して、今夜はこのまま宿泊し、OC-209 Sara'a Besar Islandをサービスするようです。明日の朝にSara'a Kecil Islandへ移動するか、全て引き上げるかになるでしょう。

« 5月28日のIOTA日記 | トップページ | OC-075 Riau IslandへのIOTAペディション実施の提案 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月28日のIOTA日記 | トップページ | OC-075 Riau IslandへのIOTAペディション実施の提案 »