World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« IOTA OC-248 パラオのソンソロル島へのDXペディションツアーその2 | トップページ | YB8RW/P関連 QSLカードデザインについて »

2014年5月25日 (日)

SM6CVX Hansさんからのメール

昨晩久しぶりにSM6CVX Hansよりメールをいただきました。内容は2013年11月に交信されたOC-157 YB8VのQSL受領に関しての質問でした。現在の知り得る情報を連絡し安心していただけました。

 
SM6CVX HansはG3KHZ Derekとともに数多くのP29-IOTAペディションを毎年実施され、世界中のIOTA chaserにP29のnew IOTAをプレゼントしてくださいました。2007年からJA有志のご協力をいただき、ドネーションを毎年支援し続けました。
 
2007年に続き、2008年、2009年のOC-205 P29NI Woodlark Islandを最後にP29-IOTAをすべて完成してしまいました。2010年は他のIOTAへ行った関係でP29-IOTAは実施されませんでしたが、2011年と2012年もP29 2011とP29 2012と続けられたために個人的にドネーションを送りました。
 
残念ながら、2013年は実施されず、あの忘れられないほどに素晴らしいP29-IOTAのサービスをすっかり忘れていました。Hansさんとのメールのなかに「Cu in September from  4 different P29-Islands,,,」とさらりと書いてありました。
 
なんと9月にP29 2014のプランを持っているようです。しかも4つもです。G3KHZ DerekさんもSM6CVX HansさんもWanted P29-IOTAをたくさんリクエストして、すべて実施してくださいました。まだ、プランの状態ですが、P29-IOTAのご希望をメールにてご一報ください。

« IOTA OC-248 パラオのソンソロル島へのDXペディションツアーその2 | トップページ | YB8RW/P関連 QSLカードデザインについて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA OC-248 パラオのソンソロル島へのDXペディションツアーその2 | トップページ | YB8RW/P関連 QSLカードデザインについて »