World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« EU-027 Bear Island JW2US worked | トップページ | OC-209/210 YB8RW/P 2014年2月3月運用スケジュール »

2014年5月19日 (月)

YB8BRIからの2枚のQSLカード

5月10日にYB8BRI Ramさんの来福を当ブログに掲載しましたらすぐにJP3AYQ眞田さんが昨年11月にマネジャとして依頼したOC-146 Selebes Island YB8HZのQSL回収を依頼してこられました。任しとけとすぐにYB8BRIへ相談し了解をいただきました。

 
さらに5月13日の夜にもJF4VZT澤山さんから2014年2月1日に交信されたOC-145 YB8HZ/P Ternata IslandのQSL依頼を引き受けましたが、15日の出発に間に合いませんでした。
 
そしてYB8BRI welcome partyの席では沢山の白紙のQSLを持ってこられました。コールは何ですか?QSOデータは?と聞いてこられましたが、OC-146とJP3AYQしかわかりません。QSOデータはそちらで書いてくださいと言うことで終わりました。
 
二日酔いの日曜日の朝に確認しましたが、なんとQSLカードはYB8HZではなく、YB8BRIのものでした。すぐに事情を説明したメッセージを送っておきました。
 
この月曜の朝にYB8BRI Ramさんからメッセージが送ってきました。今日か明日に福岡天神でお会いしましょう。電話を入れますとのことでした。そこで、JF4VZTさんのQSLをお願いするとともにお会いする日時と場所を決めましょうと依頼しましたが、ノーアンサーでした。
 
私の自宅から天神まで地下鉄で30分、徒歩で1時間かかります。午前中を待ちましたが何の返事もなく、午後からウォーキングとして天神へ向かいました。ちょうど中間地点の大濠公園を歩いているときに携帯に電話がかかりました。
 
福岡アクロスの1階でお待ちしますので来てくださいとのことでした。これがインドネシア流なんだと納得しながら歩き続け、30分後にお会いすることができました。YB8BRI Ramさんから2枚のQSLカードを受領しました。
 
今度はコールサインもQSOデータも間違いありませんでした。手帳に書き留めて持っていきましたのですべてチェックし有難くお預かりしました。そのあとはRamさんはハムショップへ行きたいとのことで私の方から春日市の福岡ハムセンターを紹介しました。
 
本当にありがとうございました。インドネシア流のやり方を痛いほど(?)体験したアイボールでした。YB8BRI Ramさんはお二人分ともに返信済みだったとのことです。その返信封筒が郵便事故に遭うようです。送って2カ月後に届かない場合は問い合わせください。
 
Img011
OC-146 YB8HZ Celebes IslandのQSLカードです。Hajarさんのごっついキーを写しています。裏面に島名が印刷されています。
 
Img013
OC-145 Ternate IslandのQSLカードです。この二人はいつも一緒にIOTAペディションを実施されます。
 
YB8BRI Ramさん、二度のアイボールをありがとうございました。

« EU-027 Bear Island JW2US worked | トップページ | OC-209/210 YB8RW/P 2014年2月3月運用スケジュール »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EU-027 Bear Island JW2US worked | トップページ | OC-209/210 YB8RW/P 2014年2月3月運用スケジュール »