World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« YB-IOTAのQSLマネジャ別平均回収日数 | トップページ | YB9BUとの10年 »

2014年6月 8日 (日)

2014年1月以降のYB8RW/P等のQSLingの再度変更について

2014年6月7日午後11時51分にYB3MM Adhiさんよりメールが届きました。合わせて同じメッセージがIOTA-chasers Forumにも発信されました。ここに転載します。

 
Dear all IOTA Chasers
 
I have been informed by Kadek YB9BU himself that his health condition now OK, and he is able to do QSL ing fully now.
As requested by him, I have stopped the request of YB9BU QSLing using my Paypal address.
From now on, please QSL direct to YB9BU postal address with SAE + IRC. No green stamp please.
 
The request using my Paypal address until 7-Jun-2014 for:
- YB8RW/P, YB8RXA/P, YB8SX/P, YB8SNX/P will be answered by myself
- Other callsigns managed by YB9BU, have been already forwarded to Kadek
 
The request using my Paypal address from 8-Jun-2014
- YB8RW/P, YB8RXA/P, YB8SX/P, YB8SNX/P etc : refund
- Other callsigns managed by YB9BU : refund
 
Very sorry for this unconvenience.
Tnx, 73
 
Adhi YB3MM
yb3mm@mdxc.org
 
1月からのOC-236, OC-209, OC-210のYB8RW/P関係のQSLはすべてYB9BUが取り扱うことになりました。また、一昨年12月から実施されていましたYB9BUへQSL+SAE郵送とvia YB3MM paypal accountへ2USDはすべて中止されることになりました。
 
過去に送付されました via YB3MM paypal accountへの2USDは2014年6月7日までの分は上記のとおりコールサインによってYB3MMとYB9BUが分けて処理します。また6月8日以降YB3MM Paypal accountにて送られた2USDは返金処理(注)されます。
 
(注)Paypalの返金処理に関しまして、ご参考ですが、昨年12月にYB8XM JoppyさんにPaypal account取得を勧めましたときにデビットカードを持っておられたのでこれを登録して私から試験的に2USDを送金しました。しかし、口座にいれることはできず、返金処理をされましたが、手数料が2度引かれたために差し引きが0.5USDくらいしか残らなかったと記憶しています。ご注意ください。
 
私見ですが、YB9BUのQRZ.comではQSL cardが必要と強く(?)うたっています。さらにSAEと2new IRCと指定されています。実質的費用がYBへの郵送費90円+2IRC300円の約400円のコストになってしまいます。Nusantara Awardファンにはちょっと痛すぎる出費に変わりそうです。
 
前ページの記事に書きました通り、この1年でYBからのQSL請求から受領までの日数はPaypalやOQRSによって大幅に改善されています。さらにQSL回転率の悪いYB9BUが旧来の方法でQSLingを続行することがはたして吉と出るか心配です。
 
いずれにせよ、すでに送った分がYB9BUとYB3MMからどのように処理されるかの結果を見てから行動した方がよさそうです。多くの局が変更を理解できないうちに、また変更されましたので、絡んだ糸がさらに絡んでしまうような感じです。
 
多くのIsland chaserが費用負担が2倍になるという時代に逆行する行為であることをYB9BUが早く理解しないと世界中のYB9BUファンががっかりくると思います。まずはドナー分のOC-157 YB8V QSL回収を待ちます。
 
再び変更の変更がでないとも限りません。慌てて請求しても数カ月はかかる可能性が高いのでしばらく保留して同行を見守ることをお勧めします。

« YB-IOTAのQSLマネジャ別平均回収日数 | トップページ | YB9BUとの10年 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YB-IOTAのQSLマネジャ別平均回収日数 | トップページ | YB9BUとの10年 »