World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« Google MapのStreetviewに出演 | トップページ | French IOTAへの挑戦 »

2014年6月14日 (土)

OC-148 YB3MM/9 Timor Island QRVing

OC-148 Timor Islandに出張中のAdhiさんからFacebookのNusantara Awardに表題の件にて下記投稿がありました。

 
Adhi YB3MM now is in Kupang, Timor Is OC-148. He will try to QRV from home station of YC9MKF as YB3MM/9.
Probably 15m and 20m, SSB only
 
OC-148はTimor Leste(東チモール)4Wと、通常のインドネシアYB9で構成されています。それぞれポルトガル領とオランダ領の違いから国際的には別々の国になります。IOTA chasingでは4WのQSLカードを使用する方が多いと思われます。EU/NAからのDXペディションスタイルが多く、QSLも比較的受領しやすいようです。
 
逆にYB9側のチモールはQRVもそんなに多くなく、QSLもダイレクトやYB9BU扱いがほとんどです。私は4Wの前のCR8でIOTA申請を1997年にしました。比較的4WのQSL回収が多かったのですが、一昨年2012年11月にNusantara Awardに取り掛かった時に過去ログからYC9MKFとの交信を見つけ、via YB9BUで回収しました。貴重なNusantara Award 1ポイントでした。
 
QRVはあまり多くないと思います。ぜひ交信されてください。日程の表記はありませんが、今週末と思われます。長くても月曜日朝まででしょうか。
 
【追記】結果として、実施されなかったようです。

« Google MapのStreetviewに出演 | トップページ | French IOTAへの挑戦 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Google MapのStreetviewに出演 | トップページ | French IOTAへの挑戦 »