World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« OC-157 YB8V QSL 到着情報 | トップページ | OC-157 YB8V QSL cards for donors "SOON" »

2014年6月12日 (木)

OC-218 TX4A Matthew Island donation送金

2014年9月に表題のOC-218 TX4A Matthew IslandのIOTAペディションが実施されます。JA1EY, 7K3EOPさんご夫妻の分と合わせてVE3LYCへドネーションを送りました。

 
VE3LYC Cezarもよくやるものです。本当に素晴らしいです。彼とは10年くらいお付き合いしていますが、残念ながらネット上ばかりでお空でつながることはほぼありませんでした。しかし、VE西海岸のIOTA支援をしていただいたり、情報交換をする中です。
 
数年前からVE3LYCはカナダ東部、北部のIOTAペディションを行うようになりました。私にも常にこえをかけてくれますが、アパマンアンテナでは逆立ちしても聞こえない状態でしたので彼のIOTAペディションを少し離れて見るだけの状態でありました。
 
ところが昨年2013年1月に実施されましたSA-094 LU6W Escondida Islandも同様に傍観のみでありましたが、いつもと違う感覚でサービスを開始していました。ご存知の方も多いと思いますが、事前に前夜にセッティングしたIC-7000の2セットやバーティカルアンテナが波に触られてしまいました。
 
私ならばこれで諦めてペディションは中止したでしょうが、バックアップ用のリグ1台とアンテナで出てきました。しかもCWは行えず、SSBオンリーで出てきました。アパマンハムの感覚として、SSBよりCWの方がといつもの通り思いました。
 
詳細は、「http://lu6w.yolasite.com/」に記載されています。交信することははなから無理と思い聞いていましたところ、SSBの信号が急にあがり0632UTCで初めてCezarの声を聞き、しかも交信することができてしまいました。感激しました。
 
ペディションの終了後にCezarから交信お礼のメールが届きましたが、リグ2台とアンテナ等の機材を失ったこと、キーが無くなってしまいSSBのみの運用になってしまったことが書いてありました。Cezarの復活は厳しいかなと思い、40USDを支援として送りました。
 
6月1日に「http://tx4a.yolasite.com/」が発表されました。懲りもせずにと思いましたが、一番気になるEquipmentをウエブの中で確認しましたら、
Two Icom IC-7000 transceivers
Two multiband verticals
One laptop for logging
Three deep cycle 100 Ah gel batteries
Two generators with gas
 
と、新規にIC-7000を2台準備していました。素晴らしいですね。懲りもせず。(笑い)
 
ここで最も重要なことはドネーション支援のお願いもありますが、彼らの電源です。9月1日から10日までの間の4日間実施で調整されています。電源はフルに使えないと思います。彼らは可能な限り世界中のIsland chaserにサービスしたいと考えています。
 
ぜひぜひ、このOC-218 TX4Aとの交信は2QSO以内におさめてくださいますようご協力ください。JAのビッグガン局が5回、6回、7回とQSOを重ねれば重ねるほど、遠くの弱い局の交信チャンスを取り上げてしまいます。ご協力くださいますようお願いいたします。

« OC-157 YB8V QSL 到着情報 | トップページ | OC-157 YB8V QSL cards for donors "SOON" »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-157 YB8V QSL 到着情報 | トップページ | OC-157 YB8V QSL cards for donors "SOON" »