World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« OC-145 YB8RW/P Halmahera & Kahatola Island QSL card | トップページ | AS-200 Shikoku Coastal Islandsにおける「Resident」の扱いについて »

2014年7月20日 (日)

AS-200 JA5QYR Nao Island QRV

この日曜日の朝にJA5QYR佐々木さんよりメールをいただきました。ALL JA5 Contestに参加していますのでいつでもどうぞということでした。昨晩21時からコンテストがスタートしていますが、昨晩だけで150局と3.5/7MHzCWで交信されたそうです。

 
しばらくすると7時40分くらいにJA1SKE片柳さんが7017でクラスターアップをしていただきました。すぐにAll JA5 Contestの要領を調べて599+都道府県コード+空中線電力(H, M, L, P)を送るそうです。(Hは100ワット以上、Mは100未満10ワット以上、Lは10未満5ワット以上、Pは5ワット未満)
 
ワンコールでコンテストのレポート交換ができました。私のことが分かられました。有難いですね。すぐに14054でクラスターレポートをあげてずっと10時20分くらいまでワッチしていました。その間に、JAのIOTA Chaserの皆さまが交信され続けていました。DS4DREやRA0CWなども、NL7Vも交信しました。
 
その間、国内のみならず海外からもメールが入ってきました。概ね、交信できたという御礼メールと1000局5大陸のIOTAルールは大丈夫かという内容が多かったです。現在、JA9IFF中嶋さんがG3KMAへ調整されています。私は固定局だから大丈夫と思っています。
 
ところが、昨晩の150局に加え、この朝の7/14MHzCWの2時間半ではそのペースから見て合計で500局を軽く超えられたと考えます。さらにASアジア、NA北米と交信を終えられました。午後のオペレーションは分かりませんが、VK/YBあたりのOCオセアニア、そしてUR/UA3などのヨーロッパはこのまま進めば可能ではないかと思われます。
 
JA5QYR佐々木さん次第ですが、SA南米は私の知り合いPT7WAとSkedを組んでみてはどうかと思います。そして、JA5CPJ滝川さんも含め、来週末のIOTAコンテストに参加していただいてはどうでしょうね。
 
JA5QYRさんは夜勤があるとおっしゃっていましたが、継続して局数を1000局までカウントしていただき、合わせて5大陸に達成した時点で、目標8月末まででRSGBへ提出してはいかがでしょうね。JA9IFF中嶋さんにご相談してみます。
 
本日、JA5QYR佐々木さんを見つけられましたら、ぜひクラスターにあげていただけますようご協力をお願いいたします。それが1000局カウントに貢献するものと思います。しかしながら、私自身は固定局であればAS-200PのPは外せると考えております。万一の対応と言うことで。

« OC-145 YB8RW/P Halmahera & Kahatola Island QSL card | トップページ | AS-200 Shikoku Coastal Islandsにおける「Resident」の扱いについて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-145 YB8RW/P Halmahera & Kahatola Island QSL card | トップページ | AS-200 Shikoku Coastal Islandsにおける「Resident」の扱いについて »