World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« EU-099 GJ3RCV worked | トップページ | AS-200 JA5QYR Nao Island QSL received »

2014年7月29日 (火)

CLUBLOGにおけるログサーチ for OC-122

OC-122 YF1AR/5のCLUBLOGにおけるログサーチとOQRSがこの朝に稼働しました。YF1ARのQRZ.comから入るのが一番わかりやすいと思います。

また、http://www.yf1ar.com/  から入り込むことができます。
 
Log to search: YF1AR/5
4,268 QSOs logged between 2014-05-25 05:33Z and 2014-07-28 21:29Z
Callsign to check:
運用のポイントは2行目です。
 
2014年5月25日から2014年7月28日2129UTCまでのログがエントリされているという意味です。この期間で4,268QSOsが登録されているという意味です。
 
ペディションが終了し、すべてのログ登録が完了するまで、この数字と期間は延びていきます。残念なことにYF1AR Budiさんは5月に実施されたOC-219 YF1AR/5に合算してしまっています。そのために、個人ごとにOC-219 YF1AR/5の分を差し引いて確認しなければいけません。
 
今年の初めにYF1AR/8が同じ現象でありましたので、YB4IR Imamさんがしっかりと分けたCLUBLOGのログサーチでありましたので、ぜひ確認して欲しいとお願いしたのですが、どうも面倒くさいようです。そこで、OC-122 YB4IR/5もCLUBLOGのログサーチを作ってありました。

YB4IR/5_OC122

IOTA DXPEDITION 2014 TAMBELAN ISLAND OC-122

と、見事にYB4IR/5において、過去分のOC-109などと完全に分けてくれています。CLUBLOGにおいてきちっと分けますと、バンド別モード別大陸別などの分析表までCLUBLOGシステムが作成してくれています。残念ながらYF1ARはIOTA単位ではなく、コールサイン単位での分析しか見れません。
 
もちろん、ログサーチもYB4IRはIOTA単位で確認できますが、YF1ARはコールサイン単位となります。まあ、まとめて請求と言う場合は良いかもしれません。
 
CLUBLOGシステムの素晴らしさは、YB4IRの整備されチェックされた内容の中に入っていくと素晴らしい分析データを私たちユーザー側が得ることができます。素晴らしい情報です。
 
YB8XM Joppyさんにも2回ほど説明しました。今回のOC-070 Harukau IslandはCLUBLOGをトライしてほしかったです。YB9BU Kadekさんにはじっくりと説明して理解してほしいです。無料で使えますので、お互い便利に確実、着実、安全、素晴らしいデータ構築を実現してほしいと思います。
 

« EU-099 GJ3RCV worked | トップページ | AS-200 JA5QYR Nao Island QSL received »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EU-099 GJ3RCV worked | トップページ | AS-200 JA5QYR Nao Island QSL received »