World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« AS-200 Shodo Island JA5FOPのIOTAコンテストへの参加 | トップページ | YB-IOTAの友人たちのIOTAコンテスト参加 »

2014年7月26日 (土)

OC-070 YB8XM/P Haruku Island QSL card

この朝にYB8XM JoppyさんをいつもサポートされるYC0MVP Andyさんにより、表題のQSLカードデザインが掲載されました。

 
Oc070_haruku_island_qsl
今回はYB8XM、その人をズバリだしたQSLカードになったようです。
 
昨年10月にOC-157 Banda Islandを企画しましたときに発電機支援の依頼があり、現地調達で送金することになりました。YB8XMはPaypalアカウントを当時は保有しておらず、YB3MM Adhiさんのご協力で送金しました。その関係でYB8XMは12月に新規にPaypalアカウントを取得しました。
 
2014年1月にOC-224 Yamdena Island、2月にOC-076 Sulabesi IslandをYB8XM/Pにて実行してくれました。そして、初めてYB9BUから独立してYB8XM自身がQSLingをすることになりました。
 
私はいずれの島も保有していましたので、請求はしませんでしたが、Joppyさんは2回ともに書留でOC-224とOC-076のカードを送ってくれました。
 
そして、今回のOC-070 Haruku Islandの実行でした。OC-224、OC-076並びにOC-070ともにそのウエブサイトには、
 
Please send your QSL card directly to :
 
JACOB SIHASALE  - YB8XM
P.O. BOX 151
AMBON INDONESIA 97001
 
1.  All QSL Cards are handled by our Manager –  JACOB  - YB8XM
 
2.  QSL direct  with SAE + 2 IRC's -
      No Green Stamps and No via Bureau
 
3.  Paypal to yb8xm2010@gmail.com
 
と、掲載されています。
素直に2のSAE+2IRCsで請求すればよいかもしれませんが、JAからの請求者負担が①送料90円+IRC2枚代金300円の計390円になります。
 
ところが、Paypalで2USDを送金した場合は約200円で済みます。単純に390円と200円の倍の違いが出てきます。返信封筒代などとして3USDでも構いませんが、これから長くお付き合いするとかなりの金額差になります。
 
さらにOC-070 Haruku Islandの価値観も影響します。IOTAまでの興味の局は別のOC-070で対応される可能性も高いと思います。あまりにも請求コストがかかり過ぎると、今後のOC-070へのニーズは低くなります。Nusantara Awardニーズの局は欲しがるでしょう。しかし、高コストがネックになると考えられます。
 
このあたりは数日前にYB8XMへ問い合わせていますが、問い合わせの意図が理解されないのか返事が戻りません。
 
IOTA-chasers Forumでも同じ質問が出ていましたが、N6VRが前回Paypalで2USD送ったらOC-224もOC-076もQSLを受領できたとコメントしていました。このメッセージもYB8XMへ知らせましたが回答が戻りません。
 
その以前にYB8XMへはCLUBLOGとOQRSの利用を提案しています。これもすでに登録していると回答がありましたが、ひょっとしてCLUBLOGによるLog Searchができるようになるかもしれません。
 
もう一つはYB8XMのCLUBLOG利用が達成されたならば、YB9BUへもPaypalアカウントの取得とCLUBLOG利用を提案したいと思います。うまくいきますか。
 
なお、OC-224とOC-076をどのようにして受領されたか、メールで教えていただけますとありがたいです。一部の方はOC-076をvia JN6RZMで送ったことを理解しています。
 
【追記】たくさんのメールをありがとうございました。
Papalで2USD送金するとともに、郵送(90円)でQSLカードとSAEを送ることにしました。

« AS-200 Shodo Island JA5FOPのIOTAコンテストへの参加 | トップページ | YB-IOTAの友人たちのIOTAコンテスト参加 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-200 Shodo Island JA5FOPのIOTAコンテストへの参加 | トップページ | YB-IOTAの友人たちのIOTAコンテスト参加 »