World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« OC-070 YB8XM/P Haruku Island 終了 | トップページ | OC-075 YF5WM Bintan Island 発見 »

2014年7月22日 (火)

OC-122 YF1AR/5 Tambelan Island plan

一体どうなっているのかわかりません。昨日、表題のOC-122 Tambelan IslandからのQRVが7月24日から8月3日までのスケジュールでYF1AR Budiさんから発表されました。

 
 
YB4IR Imamさんが正式発表直前で8月2-9日のプランを予定でしたので一緒の日付と思いました。しかし、こちらはまだのままです。一部の局とドネーションを考えていましたが、保留せざるをえません。明後日からのスタートです。一般局と同様に状況を見守るしかありません。
 
ひょっとして一緒に行くのかなとも思ったりしています。
YB4IRと今年2月くらいにお話ししましたが、どのペディションも概ね日本円で最低10万円くらいは手出しをしていると言われていました。YF1AR Budiさんも同じと思います。しかし、3日前の突然なる発表ですね。
 
YB3MM、YB4IR、YF1ARのYB-IOTAペディションによりQSL回収の条件が飛躍的に向上しています。CLUBLOGによるLOG search、PaypalによるOQRSがスタンダードになってきました。YB8XMへはCLUBLOG使用の提案、YB9BUへはYB8RWを介してPaypalアカウント取得とCLUBLOG利用の提案を先週に実施しました。回答待ちです。
 
いずれにせよ、QSL請求時に10USDを送るつもりです。
 
YF1ARのウエブには、OC-122 Tambelan Island Tambelan Islandsと書いてあります。
Oc122_tambelan_1IOTA Directoryでは、Badas Isls、Dumdum、Mendarik、Pejantan、Tambelan Besar、Uwiの7つの島が掲載されています。このMapの一番右上の島がTambelan Besar Islandです。ここからQRVします。全体で4500人くらいの住人がいます。まずまず大きな島ですが、甲差う機関が厳しかったのでしょう。

« OC-070 YB8XM/P Haruku Island 終了 | トップページ | OC-075 YF5WM Bintan Island 発見 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-070 YB8XM/P Haruku Island 終了 | トップページ | OC-075 YF5WM Bintan Island 発見 »